FC2ブログ
2018-01-31(Wed)

広島「むさし・新幹線店」(おにぎり)若鶏むすび

広島に来ました

JR西日本の山陽本線広島駅から歩いて1分ほどです

おにぎり「むさし・新幹線店」です

ロケーションとしては広島駅構内と接続している広島新幹線名店街の1階です

荒夜の酒場ハンター 広島むさし・新幹線店」編
平成29年(2017年)11月24日(金曜日)の様子

20171124-1-01.jpg

店内は入り口入って左側にレジや厨房、右側中央に仕切りのある向かい合ったカウンターが13席ほど、

右側に4人掛けテーブル席が6卓と2人掛けテーブル席、一番奥にも4人掛けテーブル席があります

店員は厨房に50代頃の男性、ホールに20と30代頃の女性、売店やレジに30代頃の女性もいます

BGM季節柄かクリスマスソング、テレビはなく、灰皿はなく禁煙でしょう

ルールとしては特に書くような事はありません

フード&ドリンクメニュー
20171124-1-02.jpg

おむすびのセットやうどん、生ビールもあります

フードメニュー
20171124-1-03.jpg

松茸天麩羅や元気うどんもあります

店内メニュー
20171124-1-05.jpg

日本酒や焼酎もあります

若鶏むすび(820円)
20171124-1-06.jpg

おにぎりセットから唐揚げが付いているコレで枝豆に塩の小袋付きなんて珍しいですね

おにぎり2個と赤ウインナーとキャベツと黄色いたくあん2切れとカットみかんと枝豆です

手巻きむすび
20171124-1-07.jpg

あったかご飯のおにぎりはデカっとして具は昆布と梅干しがそれぞれ入っています

梅肉はやや赤身を帯びて優しい味と言うか昆布と比較して具が少ない目ですね

鳥唐揚げが3個あり普通に美味しくおにぎりほど温かくないですよ

この盛り合わせで枝豆の意味が良くわかりません

広島駅名店街で朝食を食べるのも良いですね

会計は820円で地元の味が食べられる広島のおにぎり屋さんでした

住所:広島県広島市南区松原町1-2 広島新幹線名店街

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-30(Tue)

広島・胡町「LORO|ローロ」(ワインバル)野菜のラタトゥイユ温泉卵とクラッカーぞえ

銀山町「薬軒堀・八昌」で食べ胡町に来ました

広島電鉄の市内線胡町停留場から歩いて4分ほどです

ワインバー「LORO」です

ロケーションとしては胡町停留場から流川通北口の信号を南進し3分ほど歩いて行き左側にある「広島つけ麺・弁慶」の

角を左折し少しすると左側にあります

荒夜の酒場ハンター 胡町LORO」編
平成29年(2017年)11月23日(木曜日)の様子

20171123-6-01.jpg

店内は入り口入って右側に厨房、厨房沿いにカウンターが7席ほど、2階もあります

店員は厨房に店長と思しき30代頃の男性がいます

BGMは洋楽ポップス、テレビはなく、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171123-6-02.jpg

生ビールの銘柄はキリン一番搾り、赤・白・スパークリングワイン等あります

フードメニュー
20171123-6-03.jpg

本日の前菜盛り合わせ、チーズ等あります

フードメニュー
20171123-6-04.jpg

前菜は肉、魚、野菜もあります

フードメニュー
20171123-6-05.jpg

アヒージョ、グリル料理もあります

ドリンクメニュー
20171123-6-06.jpg

ボトルワインもあります

ボードメニュー
20171123-6-07.jpg

黒板には本日のおすすめでしょうか、バル的なツマミもあります

生ビール・キリン一番搾り(300円)
20171123-6-09.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

野菜のラタトゥイユ温泉卵とクラッカーぞえ(400円)
20171123-6-10.jpg

カキのくん製はまだ出来ていなくコレにして、ズッキーニとなすと玉ねぎとパプリカが入って少しミートソースっぽい味で

食べやすいですよ

白ワイン・すっきり辛口(400円)
20171123-6-12.jpg

2杯目はコレで確かにやや辛いよりのワインです

カキオイル漬けは仕込み中で店員さんが目を離している間にガスコンロがオイルで炎上しています

胡町のワイン酒場でおすすめ料理を食べながらワインを飲むのも良いですね

会計は1100円でフランスの料理も食べられる胡町の酒場でした

住所:広島県広島市中区流川町7-29

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-29(Mon)

広島・銀山町「薬軒堀・八昌」(鉄板焼)お好み焼き・そば肉玉

銀山町に来ました

広島電鉄の市内線銀山町停留場から歩いて4,5分ほどです

鉄板焼「薬軒堀・八昌」です

ロケーションとしては銀山町停留場から薬研堀通北の信号から4分ほど南進し左角に無料風俗案内所の

トライアングルがある角を左折し少しすると左側にあります

荒夜の酒場ハンター 銀山町薬軒堀・八昌」編
平成29年(2017年)11月23日(木曜日)の様子

20171123-5-01.jpg

店頭で並んでいるとタクシーで来たり、ガイドブック片手なお客さんもいます

店内は入り口入って中央少し奥に厨房、厨房沿いに大きなコの字型のカウンターが21席ほど、

隣の別部屋と言うか別棟もあるようです

店員は焼き台に店主と思しき50代頃の男性、手前の焼き台に20代頃の男女、奥の焼き台や厨房に20代頃の男性が

3人ほどです

BGMはなく、テレビはなく、灰皿は店頭に大きな灰皿があり禁煙と思いつつお店のHPには全面喫煙可となっています

ルールとしては特に書くような事はありません

メニュー
20171123-5-02.jpg

鉄板焼きや小鉢のツマミ、お飲物は生ビール等あります

メニュー
20171123-5-03.jpg

おススメのそば肉玉他お好み焼き、トッピングもあります

焼き台
20171123-5-04.jpg

奥の鉄板ではキャベツ等が盛られたお好みの山が並んでいます

焼き台
20171123-5-05.jpg

手前の鉄板では店主がアイコンタクトで店員の仕事の指示したりお好み焼きを仕上げています

取り皿
20171123-5-06.jpg

お箸や紙おしぼりやへらがのっています

オタフクソース
20171123-5-07.jpg

飲み物は注文せず自動的にアサヒビールのジッキで氷水が出されます

そば肉玉(864円)
20171123-5-08.jpg

そば玉と注文でそば肉玉になり支払いは860円で1円台は切り捨てのようです

食べかけ
20171123-5-09.jpg

青海苔もかかってソースはやや薄味でボリュームがあり、生地やそばのカリカリとした部分が良い感じで野菜も

良い味が出て、肉を食べている感は余りないですね

煮込みでしょうかツマミつつお冷やのおかわりを頼んだり、マヨネーズをもらうお客さんもいます

店長の接客がマイルドで女性2人で肉玉1枚でお冷を飲んでいるお客さんもいます

銀山町の歓楽街でおススメを料理を食べながらジョッキのお冷を飲むのも良いですね

会計は860円でそばタップリな粉もんが食べられる銀山町のお好み焼き屋さんでした

住所:広島県広島市中区薬研掘10-6

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-28(Sun)

広島「立ち飲み・お食事処・とくとく」鯛のアラ煮

広島「立ち呑み・福本屋」で飲みもう1軒飲みますね

JR西日本の山陽本線広島駅から歩いて1分ほどです

居酒屋「立ち飲み・お食事処・とくとく」です

ロケーションとしては広島駅構内と接続している駅ビルASSEの2階です

荒夜の酒場ハンター 広島立ち飲み・お食事処・とくとく」編
平成29年(2017年)11月23日(木曜日)の様子

20171123-4-01.jpg

店内は左右2カ所に客席があり真ん中から左奥に厨房等、右側のスペースに入り一番奥壁沿いにカウンターが8席ほど、

手前の壁沿いにカウンターが10席ほど、中央に2人掛けテーブル席が12卓ほどレイアウトされています

左側のスペースは良く見ていなかったので不明です

店員は厨房は年輩の男女がいたのか、ホールに30と20代頃の女性が2人で1人は峯岸みなみ似で此方の方が

良いかもしれません

BGMはテレビ音声、灰皿は15時まで禁煙て施設内だけど煙草は時間限定で吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンク&フードメニュー
20171123-4-02.jpg

生ビールの銘柄はアサヒスーパードライとキリン一番搾り、日本酒、電気ブラン等あります

フードメニュー
20171123-4-03.jpg

付き出し、名物、缶詰等あります

売切御免メニュー
20171123-4-04.jpg

黒板には本日のおすすめでしょうか、一品料理もあります

店内メニュー
20171123-4-05.jpg

短冊に書かれたメニューもあります

ホッピーBLACK(470円)
20171123-4-07.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はホッピーと注文し、白と黒がありますと言われコレにします

フライドポテト(220円)
20171123-4-08.jpg

揚げ物を食べ、普通に美味しく食べ進んで行くと細かいのばかり残り、まあ安いんで問題ないですね

だし巻き玉子(260円)
20171123-4-09.jpg

大根おろしが添えられて、ウスターソースでしょうかイカリソースのポスターがありそれかなと思いつつ

この辺りってオタフクじゃないのかな・・・長ネギも入って薄味で普通です

納豆(120円)
20171123-4-10.jpg

スピード的なコレを注文し、標準的な粒で辛子が効いて美味しいですよ

中(焼酎)(210円)
20171123-4-11.jpg

焼酎のナカを貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

鯛のアラ煮(360円)
20171123-4-12.jpg

名物も食べ、豆腐や長ネギも盛られてやや濃い目の味付けで骨がそれなりにあり写真とイメージ違うぞと思いつつ

こんなんでしょうね

店の女の子を名前で呼ぶ常連さんやベロンベロンに酔っているお客さんは店員さんに今日は混んでいるねみたいな事を

ロレツが回らず言っています

水商売っぽい女性2人組はツマミをほぼ注文せず生ビールをガンガン飲んでいます

広島駅ビルの座って飲める立ち飲みで名物料理を食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1640円で食事も出来る広島の酒場でした

住所:広島県広島市南区松原町2-37 広島駅 ま駅ビル ASSE(アッセ) 2F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-27(Sat)

広島「立ち呑み・福本屋」(立ち飲み居酒屋)ふぐの糠漬け

広島に来ました

JR西日本の山陽本線広島駅から歩いて1分ほどです

立ち飲み居酒屋「立ち呑み・福本屋」です

ロケーションとしては広島駅構内と接続している駅ビルASSEの2階です

荒夜の酒場ハンター 広島立ち呑み・福本屋」編
平成29年(2017年)11月23日(木曜日)の様子

20171123-3-01.jpg

店内は入ると右側少し奥に厨房、厨房沿いに立ち飲みカウンター、手前左右に丸いスタンディングテーブルが1卓ずつ、

左側壁沿いに長方形なスタンディングテーブルが4卓ほどと一番奥にスタンディングテーブルが2卓ほどです

店員は厨房に30と20代頃の男性がいます

BGMはテレビ音声、灰皿は見当たらず禁煙でしょうか

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171123-3-02.jpg

生ビールの銘柄はキリン一番搾り、名物銘柄自由な利き酒セットもあります

お品書き
20171123-3-03.jpg

自慢の串揚げ、大阪名物どて焼き等あります

店内メニュー
20171123-3-04.jpg

木札に書かれた日本各地の地酒が並んでいます

店内メニュー
20171123-3-05.jpg

ジャパニーズバルと書かれており日本酒の品揃えは豊富です

店内メニュー
20171123-3-06.jpg

ちょっとプレミアムなお酒もあります

ボードメニュー
20171123-3-07.jpg

黒板には一押!!な魚貝類もあります

チュウハイ・ライム(400円)
20171123-3-08.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

このお店はランチの定食もやっていますがお客さんの100%が酒飲みで店員さんも開口一番飲み物は何になさいますか

と聞かれます

宮島焼き(250円)
20171123-3-09.jpg

とりあえず名物を注文し、普通の味噌焼きで日本酒には良さそうですね

ふぐの糠漬け(480円)
20171123-3-10.jpg

魚類も食べ、右側が卵で左側は身でしょうか、塩カラッとしてこれほど塩漬けしないと毒抜きが出来ないんでしょうか

辛ッとしたツマミのバランス悪くと言っても自分で注文したのですが1杯で帰ります

広島駅ビルの立ち呑み屋さんで珍味を食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1130円でじゃもじな味噌が食べられる広島の酒場でした

住所:広島県広島市南区松原町2-37 ASSE 2F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-26(Fri)

広島・宮島桟橋「紅葉堂本店」揚げもみじ・あんこ

宮島口「うえの」で食べ宮島桟橋に来ました

JR西日本の山陽本線宮島口駅からフェリーで宮島桟橋駅に行きそこから歩いて3分ほどです

甘味処「紅葉堂本店」です

ロケーションとしては宮島桟橋を出て表参道商店街を歩いて行くと左側にあります

荒夜の酒場ハンター 宮島桟橋紅葉堂本店」編
平成29年(2017年)11月23日(木曜日)の様子

20171123-2-01.jpg

店内は入り口入って右側に揚げもみじフライヤー、左側にもみじ饅頭製造機、奥に揚げもみじのレジやお土産売り場、

一番奥にコの字型のカウンター席とその手前にLの字型の長椅子もあります

店員は揚げもみじのフライヤーに20代頃の男女が3人、もみじ饅頭製造機に20代頃の男性2人、

揚げもみじレジに20代頃の男女2人ほどです

BGMはなく、テレビはなく、灰皿は見当たらずたぶん禁煙でしょう

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか代金前金制で都度払いです

鹿
20171123-2-02.jpg

島に上陸すると鹿達が待っています

宮島案内図
20171123-2-03.jpg

世界文化遺産の厳島神社等あります

大鳥居
20171123-2-04.jpg

外観
20171123-2-05.jpg

メニュー
20171123-2-06.jpg

揚げは3種類他はどうなんだと思いつつここで代金を支払うと食券と言うか引換券を渡されます

揚げ台
20171123-2-07.jpg

長箸を使って揚げています

揚げもみじあんこ(180円)
20171123-2-08.jpg

揚げ台横で引換券と交換しクリームやチーズありますがシンプルなコレにします

食べかけ
20171123-2-09.jpg

見た目はチョコレートのように見えこしあんと思いつつ揚げ立てなんでアチッとして外側はカレーパンの皮のような感じで

腹持ちも良く普通に美味しいですよ

イートインスペースにはセルフサービスのお茶もあります

饅頭製造機
20171123-2-10.jpg

日本三景の1つを眺めながら揚げ饅頭を食べるのも良いですね

会計は180円で創業明治四拾五年な宮島桟橋の甘味処でした

住所:広島県廿日市市宮島町448-1

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-25(Thu)

広島・宮島口「うえの」あなごめし上

広島の宮島口に来ました

JR西日本の山陽本線宮島口駅から歩いて1分ほどです

あなご『うえの』です

ロケーションとしては宮島口駅を出て正面の広島県道43号厳島公園線を歩いて行くと右側にあります

荒夜の酒場ハンター 宮島口うえの』編
平成29年(2017年)11月23日(木曜日)の様子

20171123-1-01.jpg

弁当もあり店内での食事の場合も一緒に並ぶようで受付で弁当は30分位かかりますと言われ名簿に名前を書いて

もらいます

弁当は事前に予約した場合はすぐにもらえるようですが店内で食べたいので食事処の隣の待合室で待ちます

待合室には椅子や長椅子、畳敷き、テレビやトイレもあります

泣いている赤ちゃんを抱っこしながら待っているお客さんやお弁当62個持ち帰りのお客さんもいます

店内は待合室と接続し入って左側壁沿いにカウンターが5席ほど、中央に4人掛けテーブル席3卓、

右側に4人掛けテーブル席が3卓、右側手前に軽い仕切りのある4人掛けテーブル席もあります

店員は厨房は見えず、ホールに20代頃の女性が2人とお客さんを案内する60代頃の女性がいます

BGMはなく、テレビはなく、灰皿は見当たらずたぶん禁煙でしょう

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171123-1-02.jpg

カウンター上にお品書きはなく木札メニューがあります

フードメニュー
20171123-1-03.jpg

あなごめし、蒲焼きと白焼きがあります

注文のおすすめ
20171123-1-04.jpg

白焼きには辛口冷酒がおすすめのようです

あなごめし上(2000円)
20171123-1-05.jpg

山椒はお好みでと出されます

あなご
20171123-1-06.jpg

丼が妙なデカさで持ちにくく、添えられたガリは普通に美味しく、ご飯はふっくら感が余りなく、店内一巡目だからか

なのか、弁当も先行販売して此方の方が需要が多いようでそちらに寄せた仕様のご飯でしょうか

穴子は柔らかさはそう感じないのですがアッサリとした旨味があり、タレはややあまーいがしつこくないですよ

味噌汁
20171123-1-07.jpg

味噌汁と麩とワカメ長ネギ合わせ味噌で普通に美味しいですね

漬け物
20171123-1-08.jpg

しば漬け等が盛られて丼のお供には良いですよ

山椒
20171123-1-10.jpg

途中で少し調味料をかけて食べパンチが効いて味変にはありですね

写真を撮っていると隣ではミラーレスカメラで撮り始める女性のお客さんもいます

宮島口の穴子専門店であなごめしを食べるのも良いですね

会計は2000円で創業明治三十四年な宮島口のあなご屋さんでした

住所:広島県廿日市市宮島口1-5-11

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-24(Wed)

広島・立町「集来軒」(居酒屋)当店おすすめコース

女学院前「そらや」、銀山町「ホルモン料理専門處・利根屋」で飲みもう1軒飲みますね

広島電鉄の本線立町停留場から歩いて2、3分ほどです

居酒屋「集来軒」です

ロケーションとしては立町電停の信号から南進し歩いて行き突き当りを左折し本通りを歩き最初の右角を右折し歩き

歩き最初の右角を右折し少しすると左側にあります

荒夜の酒場ハンター 立町集来軒」編
平成29年(2017年)11月22日(水曜日)の様子

20171122-6-01.jpg

店内は入り口入って右側奥に厨房、厨房沿いにカウンターが6席ほど、右側手前に小上がりが4席ほど、

左側壁沿いに2人掛けテーブル席が2卓、一番奥にも左右に小上がりがあり良く見えませんが16人ほどでしょうか

店員は厨房に青学のマラソン監督似な店主と思しき40代頃の男性、20代頃の男性と30代頃の女性が2人、

ホールに20代頃の男性もいます

BGMはテレビ音声、灰皿は卓上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

集来軒の格言
20171122-6-02.jpg

ウンチクとか豚肉の部位の絵があります

お飲み物
20171122-6-03.jpg

生ビールの銘柄はエビス、瓶ビールはサッポロ、アサヒ、キリンと揃っています

お飲み物
20171122-6-04.jpg

焼酎、梅酒、ワイン等あります

肉料理
20171122-6-05.jpg

豚や牛肉のボイル、焼き、刺し身等あります

集来軒・特別企画
20171122-6-10.jpg

利き酒名人のお奨め、一品料理もあります

当店おすすめコース
20171122-6-12.jpg

2人前4800円のコースもあります

店内メニュー
20171122-6-13.jpg

芸能人のサインや短冊に書かれたメニューがあります

サッポロ(赤星)(650円)
20171122-6-14.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

お通し(値段は不明)
20171122-6-15.jpg

キャベツ山盛りとねぎポンズはお肉に付ける用と言うかタップリねぎポンズが嬉しいですよ

会計が4540円で注文した品が3550円でなんと650円として4200円に消費税を付加すると4536円になり

かなりなハードルの高さです

ヤサキサシミ
20171122-6-16.jpg

お品書きを見ていると店員さんに「コースハーフ1人様2400円がお薦めです」と言われ「ハイ」と言います

「ヤサキサシミ、はつですね」と出され塩とねぎポンズで食べ薄いけどもつ刺し感があり完全に生でもないようで

ギリギリの加工でしょうか

ホルモン
20171122-6-17.jpg

お好みで一味と出され、タレで焼かれトロミは余りなくあまーい味でネタはテッポウ的なシロもつで柔らかですよ

ホッペ
20171122-6-18.jpg

ポンズでと出されホホ肉ボイルで塊状で肉肉しく脂がサッパリタレと合っていますよ

中々(500円)
20171122-6-19.jpg

2杯目は焼酎をロックで飲み、店員さんに「なみなみでーす」とお姉さんに出されます

牛タン
20171122-6-20.jpg

牛タンですと出され日の丸の旗が刺さってホールのお兄ちゃんが国産の意味ですと説明し

と言うかキャベツがドッサリあるからサラダはもういいのです

タンは厚みがあるのを細切れにしたようでゴロゴロと薄味でネタの良さが出ていますよ

カウンターの奥では常連さんが集って飲んでいます

立町のいっぴんやでホルモン料理を食べながら焼酎を飲むのも良いですね

会計は4540円で国産肉のコースが食べられる立町の酒場でした

住所:広島県広島市中区袋町1-30

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-23(Tue)

広島・銀山町「ホルモン料理専門處・利根屋」牛ロース

女学院前「そらや」で飲みもう1軒飲みますね

広島電鉄の本線銀山町停留場から歩いて3分ほどです

焼肉「ホルモン料理専門處・利根屋」です

ロケーションとしては銀山町電停の信号から南進し歩いて行き3つ目の十字路を左折し歩き銀山町13番の信号を

右折し歩き最初の左角を左折し歩いて行くと右側にあります

荒夜の酒場ハンター 銀山町ホルモン料理専門處・利根屋」編
平成29年(2017年)11月22日(水曜日)の様子

20171122-5-01.jpg

店内は入り口入って左側少し奥に厨房、厨房沿いにコの字型のカウンターが15席ほど、

奥は良く見えませんがテーブル席か座敷があるようです

店員は厨房に大勝軒の山岸一雄さんのような雰囲気の店主と思しき60代頃の男性と同年代頃の女性、

30代頃の女性も2人います

BGMはテレビ音声、灰皿は店員に言えば出しており煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

店内メニュー
20171122-5-02.jpg

カウンター上にお品書きはなく、壁には短冊に書かれたメニューがあります

酎ハイ・レモン(400円)
20171122-5-03.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

鉄板
20171122-5-04.jpg

タレ
20171122-5-05.jpg

タレ付けてと言われタレは味噌味で辛そうに見えますがマイルド仕様です

キモ(550円)、牛ロース(550円)、野菜入り(200円)
20171122-5-06.jpg

キモと牛ロースを注文し、店員さんに「野菜入れる」と聞かれ「ハイ」と言います

キャベツとニラと玉ねぎが入って、キモはやたらとレバ感があり、ロースは牛肉の良い味が出ていますよ

店主にやかましいタイプのお客さんが怒られており、他のお客さんは言われるがままにしていると言っています

銀山町の専門店で鉄板焼きを食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1830円で肉肉しいホルモン焼きが食べられる銀山町の酒場でした

住所:広島県広島市中区銀山町15-1

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-22(Mon)

広島・女学院前「そらや」(立ち飲み居酒屋)ばい貝刺身

広島の女学院前に来ました

広島電鉄の白島線女学院前停留場から歩いて1分ほどです

立ち飲み居酒屋「そらや」です

ロケーションとしては女学院前停留場から白島通りを八丁堀方面へ歩いて行き京口門公園入口の信号を

右折し少しすると右側にあります

荒夜の酒場ハンター 女学院前そらや」編
平成29年(2017年)11月22日(水曜日)の様子

20171122-4-01.jpg

店内は入り口入って右側奥に厨房、厨房沿いに立ち飲みカウンター、右側に長方形なスタンディングテーブル

左側手前に小さなスタンディングテーブルもあります

店員は厨房に店主と思しき口髭な30代頃の男性、20代頃の女性もいます

BGMはテレビ音声、灰皿は店員に言えば出しており煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

そらやのお酒
20171122-4-02.jpg

生ビールの銘柄はハートランドとよなよなエール、瓶ビールはサッポロラガーで所謂赤星です

本日のおすすめ
20171122-4-03.jpg

刺身、肴、煮・焼・揚物等あります

ボードメニュー
20171122-4-04.jpg

黒板にはお品書きと被っていますが、魚貝類の刺身等が並んでいます

チューハイ・生レモン(380円)
20171122-4-05.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

ばい貝刺身(450円)
20171122-4-06.jpg

取り敢えず刺身から食べ、細切りで少しわかりにくいのですがネタは良さそうですよ

ポテサラ(150円)
20171122-4-07.jpg

スピード的なコレを注文し、じゃがいもや玉ねぎや青菜に赤いのは明太子でしょうか、良く潰された野菜サラダですね

広島かき・おでん(450円)
20171122-4-08.jpg

牡蠣4個と厚揚げとこんにゃくと大根が2個ずつ盛られて、プリプリとして海のネタを食べている感がありますよ

出汁はややあまーいですね

焼酎・芋(380円)
20171122-4-09.jpg

2杯目は焼酎をロックで飲みます

テーブルの女性客達がかなりうるさく店員さんは放置プレイ、帰り際女性同士でハグしたりしています

トイレに入った女性は倒れそうに出て来て、立ち位置に戻って潰れており、女性2人がかりで外に出してタクシーを

呼んで帰るようです

女学院前のお魚立ち飲みで御当地ネタを食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1810円で150円のサラダが食べられる女学院前の酒場でした

住所:広島県広島市中区八丁堀4-7 日東ビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-21(Sun)

広島・呉「第三鳥八」(居酒屋)味噌煮

広島「源蔵本店」、「森田食堂」で飲みもう1軒飲みますね

JR西日本の駅から歩いて7分ほどです

居酒屋「第三鳥八」です

ロケーションとしては駅を出て正面向かい側を歩き国道31号を安芸阿賀方面へ歩いて行き本通一丁目の信号を

左折し、国道185号を北進し本通三丁目の信号を横断し最初の左角を左折し歩いて行くと左側にあります

荒夜の酒場ハンター 第三鳥八」編
平成29年(2017年)11月22日(水曜日)の様子

20171122-3-01.jpg

店内は入り口入って少し右側奥に厨房、厨房沿いになだらかなLの字カウンターが16席ほど、

左側に座敷があり4人卓が10ほどです

店員は焼き台に30代頃の男性、厨房に50代頃の男性が3人ほどいます

BGMはテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171122-3-02.jpg

瓶ビールはアサヒとキリン、生ビールの銘柄は不明です

フードメニュー
20171122-3-03.jpg

焼き鳥や特製餃子もあります

フードメニュー
20171122-3-04.jpg

魚貝類の刺身や煮付、揚げ物等あります

ボードメニュー
20171122-3-05.jpg

黒板には一品料理や牛肉料理もあります

酎ハイ・ライム(350円)
20171122-3-06.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

味噌煮(200円)
20171122-3-07.jpg

取り敢えず良くわからないのでトップメニューは何の煮物かと思いつつ注文します

白味噌ベースで鶏皮やウズラの卵が1個入って、コッテリはせず安くて名物でしょうか

モロキュー(200円)
20171122-3-08.jpg

スピード的なコレを注文し、ややあまーい金山字味噌が良いですよ

もつ(2本300円)
20171122-3-09.jpg

焼き物の注文はネタによって本数がお品書きに書かれており、焼き方と言うか味付けは聞かれず自動的におまかせに

なります

タレ焼きで出され鳥もつやキンカンに長ネギも挟まれて、バラエティーな味わいの一串です

タレはトロミがあり僅かにあまーいですよ

焼酎・いいちこ(300円)
20171122-3-10.jpg

2杯目は焼酎をロックで飲みます

あら汁(値段は不明)
20171122-3-11.jpg

焼酎をチビチビ飲んでいるとお椀が出されます

このタイミングはもうそろそろいいんじゃないという事でしょうか

豆腐や青ネギや魚のあらは入って豆腐が多いと思いつつ身も結構あります

値段や名称は不明ですが計算してみると無料のようです

の大衆居酒屋で鳥もつを食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1450円でサービスお椀が嬉しいの酒場でした

住所:広島県呉市中通3-6-10

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-20(Sat)

広島・呉「森田食堂」(居酒屋)煮付さば

広島「源蔵本店」で飲みに来ました

JR西日本の駅から歩いて1分もかかりません

食堂「森田食堂」です

ロケーションとしては駅を出て安芸阿賀方面へ歩いていると右側にあります

荒夜の酒場ハンター 森田食堂」編
平成29年(2017年)11月22日(水曜日)の様子

20171122-2-01.jpg

店内は入り口入って一番奥に厨房、右側にカウンターが5席ほど、左側に5人と6人掛けテーブル席もあります

店員は厨房に30代頃の女性、ホールにチャキチャキした70代頃の女性がいます

BGMはテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

店外メニュー
20171122-2-02.jpg

名物の湯豆腐等あります

店内メニュー
20171122-2-03.jpg

カウンター上にお品書きはなく短冊に書かれたメニューがあります

店内メニュー
20171122-2-04.jpg

丼やスープ類もあります

店内メニュー
20171122-2-05.jpg

そばやうどんやめし等あります

店内メニュー
20171122-2-06.jpg

冷蔵庫の中に刺身類などが並び一品料理のメニューもあります

冷蔵庫
20171122-2-07.jpg

小鉢類が並びメニューもあります

冷蔵庫
20171122-2-08.jpg

作り置きのツマミが並んでいます

チューハイレモン(400円)
20171122-2-10.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレで「チューハイレモンお願いします」と言うと「下さいね」と念を押されます

どんだけ細かいんだこのオバチャンと思いつつそんな事は言っちゃいけませんね

つけもの(100円)
20171122-2-11.jpg

口頭で注文すると取って下さいと言われ冷蔵庫から自分で取り、茄子きゅうり白菜と普通に美味しいです

煮付さば(200円)
20171122-2-12.jpg

此方はレンジでチンと温めてくれ、醤油系の味付けでややあまーいですよ

むぎ焼酎湯割(400円)
20171122-2-13.jpg

今回は焼酎お湯割り下さいと注文し、芋麦かを聞かれ麦にします

たまご焼(150円)
20171122-2-14.jpg

もう1品食べ、ややあまーいく普通に美味しいですね

年輩の男女は常連さんのとうで女将と話しながら今日はペースが早いと飲んでいます

一元さんでしょうかツマミを口頭で注文するも皿でわかるから取ってと言っています

駅近の食堂で一品物を食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1350円で短冊メニュー並ぶ呉の酒場でした

住所:広島県呉市中央1-9-3

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-19(Fri)

広島・猿猴橋町「大衆食堂・源蔵本店」(居酒屋)さば刺身

広島に来ました

広島電鉄本線の猿猴橋町停留場から歩いて1分もかかりません

居酒屋『源蔵本店』です

ロケーションとしては猿猴橋町停留場を出て広島県道37号広島三次線を南進し最初の信号を左折し歩いて行くと

右側にあります

荒夜の酒場ハンター 猿猴橋町源蔵本店』編
平成29年(2017年)11月22日(水曜日)の様子

20171122-1-01.jpg

店内は入り口入って一番奥に厨房、左側に6人と4人掛けテーブル席が2卓ずつ、

右側に6人掛けテーブル席が3卓と3人掛けテーブル席があります

店員は厨房に良く見えませんが30代頃の男性が3人ほど、ホールに30代頃の女性もいます

BGMはテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171122-1-02.jpg

生ビールの銘柄はキリンラガーとキリン一番搾りプレミアム、瓶ビールはキリンクラシックラガー等です

フードメニュー
20171122-1-03.jpg

刺身、揚物、小鉢、寿司等あります

店内メニュー
20171122-1-04.jpg

短冊に書かれたメニューもあります

店内メニュー
20171122-1-05.jpg

定食や丼等あります

店内メニュー
20171122-1-06.jpg

にぎり寿司、巻物、一品料理もあります

店内メニュー
20171122-1-07.jpg

刺し身類や昭和レトロなポスターもあります

ボードメニュー
20171122-1-09.jpg

黒板には本日のおすすめでしょうか、鍋物等あります

冷蔵庫
20171122-1-10.jpg

作り置かれたツマミ類が並んでいます

酎ハイ(380円)
20171122-1-11.jpg

今日飲む1杯目のお酒はコレでスライスレモンが入って少し柑橘類の味がします

さば刺身(680円)
20171122-1-12.jpg

刺身を食べ、いわし刺身はないようでサバを注文し店員さんに「〆サバね」と出されます

少し〆られているのかサッパリと食べられる青魚ですよ

広島駅近の大衆食堂で刺身を食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1060円で工場直送の生ビールも飲める猿猴橋町の酒場でした

住所:広島県広島市南区猿猴橋町5-18

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-18(Thu)

広島・胡町「大衆酒場・ツバメヤ」(立ち飲み居酒屋)串かつ

広島の「寅造」、「魚寅」、「一利喜」で飲みもう1軒飲みますね

広島電鉄本線の胡町停留場から歩いて4分ほどです

立ち飲み居酒屋『大衆酒場・ツバメヤ』です

ロケーションとしては胡町停留場から流川通北口の信号を左折し南進して行き左側にある「広島つけ麺・弁慶」の

角を左折し少しすると左側にあります

荒夜の酒場ハンター 胡町大衆酒場・ツバメヤ』編
平成29年(2017年)11月21日(火曜日)の様子

20171121-6-01.jpg

店内は入り口入って左側に厨房、厨房沿いに立ち飲みカウンターがあります

店員は厨房に店主と思しき50代頃の男性がいます

BGMはテレビ音声と言うかDVDでしょうか、灰皿は店員に言えば出しており煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171121-6-02.jpg

生ビールの銘柄はサッポロ黒ラベル、瓶ビールはサッポロラガーで所謂赤星です

定番メニュー
20171121-6-03.jpg

串かつ、人気メニュー等あります

店内メニュー
20171121-6-04.jpg

お品書きと被っていますが、短冊に書かれたメニューもあります

ボードメニュー
20171121-6-05.jpg

黒には今日のおすすめ、白板にはちょこっとなツマミもあります

シャリキン
20171121-6-06.jpg

※「シャリキン」は、株式会社宮﨑本店の登録商標です。

キンミヤホッピー(シャリキン)(430円)
20171121-6-07.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレで白黒や赤等は聞かれず自動的に白です

つけもの(100円)
20171121-6-08.jpg

スピード的なコレを注文し、鰹節がかかってサッパリした大根の浅漬けですね

お通し(値段は不明)
20171121-6-09.jpg

会計から計算するとサービスで、キャベツが出されます

紅しょうが(100円)、じゃがいも(100円)、若どり(150円)
20171121-6-10.jpg

串かつも食べ、熱いので気を付けてと出され、紅しょうがはスライスでガッツリと食べられて、

じゃがいもは普通に美味しいポテトフライで、おすすめの若どりはカレー風味でお酒もグビグビ飲めます

下町ハイボール(380円)
20171121-6-11.jpg

2杯目はコレにします

常連さんが多く店主競馬談義で盛り上がったり、スマホで通話は普通にしています

店主もお客さんからの奢りで生ビールやホッピーをガッツリ飲んでいます

会計をするといってらっしゃいおおきにと送られます

胡町の立呑みで串かつを食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1260円で大阪新世界の味が食べられる胡町の酒場でした

住所:広島県広島市中区流川町7-29

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-17(Wed)

広島・袋町「一利喜」(居酒屋)手作りポテトサラダ

広島の「寅造」、「魚寅」で飲みもう1軒飲みますね

広島電鉄の宇品線袋町停留場から歩いて3分ほどです

居酒屋『一利喜』です

ロケーションとしては袋町停留場から国道54号(通称:鯉城通り)を本通駅方面へ歩き袋町4番24号の信号を右折し

歩いて行くと右側にあります

荒夜の酒場ハンター 袋町一利喜』編
平成29年(2017年)11月21日(火曜日)の様子

20171121-5-01.jpg

店内は入り口入って左側少し奥に厨房と焼き台、厨房沿いに大きなコの字型のカウンターが16席ほど、

右側から一番奥にかけて4人掛けテーブル席が8卓ほどと2人掛けが3卓ほど、

右側手前に4人掛けテーブル席、左側手前に4人掛けテーブル席が3卓ほどです

店員は焼き台に20代頃の女性、厨房に20代頃の男女、ホールに20代頃の男女が計3人ほどいます

BGMは邦楽ポップス、テレビはなく、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171121-5-02.jpg

生ビールの銘柄はサッポロ黒ラベル、めいぶつハイボール等あります

フードメニュー
20171121-5-03.jpg

もつ煮込みがありこのビジュアルどこかで見た事があるような・・・店員さんに聞いてみると東京の「山利喜」とは

関係ないようです

フードメニュー
20171121-5-04.jpg

串焼きは焼きとん、焼き鳥、幻の牛串もあります

ドリンクメニュー
20171121-5-05.jpg

カクテルや爽快サワー等あります

今月のおすすめ
20171121-5-06.jpg

本格焼酎や冷酒もあります

チンチロリンハイボール
20171121-5-07.jpg

大特価・日本酒
20171121-5-08.jpg

日本各地の地酒もあります

冬の一利喜本店オススメ
20171121-5-09.jpg

お刺身やもつ鍋もあります

フードメニュー
20171121-5-10.jpg

数量限定の天ぷら等あります

フードメニュー
20171121-5-11.jpg

冬のイチオシ焼き魚もあります

焼き台
20171121-5-12.jpg

黒ホッピー(390円)
20171121-5-13.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

てっぽう(120円)、レバー(90円)、なんこつ(120円)
20171121-5-14.jpg

焼き物の注文は1本からで焼き方と言うか味付けお品書きにネタ毎に書かれており、たれや塩その他にもあります

てっぽうはたれ焼きで若干しろっぽい気もしますが柔らか仕様でタレはややあまーいですよ

2本塩焼きでレバーはシッカリ焼かれ普通に美味しく、なんこつは薄味でコリコリと良い食感ですね

後からとりももカレー塩も出され、写真は撮り忘れてしまい、食べてみるとエスニック風な焼き鳥になります

替え焼酎(150円)
20171121-5-15.jpg

焼酎のナカを貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

手作りポテトサラダ(300円)
20171121-5-16.jpg

スピード的なコレを注文し、クラッカーが添えられて、ハムやきゅうりや人参や玉ねぎにじゃがいもは疎らな潰れ具合で

黒胡椒のパンチがやや効いていますよ

隣の女性はオロナミンCを飲みながらキャベツ串をボリボリ食べています

袋町の大衆居酒屋で焼き物を食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1393円で自慢のレバーが食べられる袋町の酒場でした

住所:広島県広島市中区袋町6-53

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-16(Tue)

広島・銀山町「重富スタンド」(ビアホール)一度注ぎ

広島『寅造』、『魚寅』で飲みもう1軒飲みますね

広島電鉄の市内線銀山町停留場から歩いて2分ほどです

ビアホール『重富スタンド』です

ロケーションとしては銀山町停留場から南側のもみじ銀行本店のある通りを南進し、十字路を2つ横断し歩いて行くと

左側にあります

荒夜の酒場ハンター 銀山町重富スタンド』編
平成29年(2017年)11月21日(火曜日)の様子

20171121-4-01.jpg

店内は入り口入って一番奥に小さいビアカウンター、手前に樽型のスタンディングテーブルが3卓ほどです

店員はカウンターに白い作業服に黒い蝶ネクタイな店主と思しき50代頃の男性がいます

BGMはラジオ放送のAM、灰皿は見当たらず禁煙のようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171121-4-02.jpg

注ぎ方の違う生ビールがお一人様2杯まででツマミも内容です

裏メニュー
20171121-4-03.jpg

隠しメニューではなく単なる表裏の事のようです

メニュー表記・正誤表
20171121-4-04.jpg

店内
20171121-4-06.jpg

生ビールのウンチクが書かれています

店内
20171121-4-07.jpg

生ビール大學なる建学の理念が書かれています

ビアサーバー
20171121-4-08.jpg

一度注ぎ(500円)
20171121-4-09.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒は1杯目におススメな一度注ぎを薦められてハイと言います

泡がマイルドで優しい飲み応えでグビグビ飲めますよ

2杯目はキリット昭和が人気のようで、店主はメニューについて聞かれるとウンチクを語り出します

タクシーで店頭に乗り付けるお客さんもいます

1杯でお店を後にして、「いってらっしゃーい」と送られます

銀山町のビアスタンドで源流な注ぎ方のビールを飲むのも良いですね

会計は500円で2時間限定営業の立ち飲み酒場でした

住所:広島県広島市中区銀山町10-12

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-15(Mon)

広島・袋町「魚寅」(立ち飲み居酒屋)本まぐろ赤身

広島・本通『寅造』で飲みもう1軒飲みますね

広島電鉄の宇品線袋町停留場から歩いて1、2分ほどです

立ち飲み居酒屋『魚寅』です

ロケーションとしては袋町停留場から東側のセブンイレブン・広島中町西店と旧日本銀行広島支店の間の通りを

歩き最初の十字路を左折し少しすると左側にあります

荒夜の酒場ハンター 袋町『魚寅』編
平成29年(2017年)11月21日(火曜日)の様子

20171121-3-01.jpg

店内は入り口入って左側少し奥に厨房、厨房沿いに大きなコの字型の立ち飲みカウンター、

一番奥に4人掛けテーブル席が4卓ほどです

店員は厨房に店主と思しき40代頃の男性、30代頃の男性と20代頃の男女もいます

BGMはテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171121-3-02.jpg

生ビールの銘柄はサントリーのモルツ、瓶ビールはサッポロラガーで所謂赤星です

フードメニュー
20171121-3-03.jpg

本日のおすすめ、刺身、寿司等あります

瓶ビール・サッポロ赤ラベル(450円)
20171121-3-04.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

牛すじ煮込み(300円)
20171121-3-05.jpg

とりあえずと書かれているコレを注文し、熱いんで気を付けてと出され、えのき茸や糸こんにゃくに

ゴロゴロとした肉が入ってあまーい醤油系の味で鷹の爪が効いてますよ

生サーモン、本まぐろ赤身(各3切300円)
20171121-3-06.jpg

刺身も食べ、サーモンはトロトロと脂タップリで、まぐろはルイベ状でこの時期にはイマイチかなと思いますが

普通に美味しいですね

酎ハイ・ガリ(380円)
20171121-3-07.jpg

2杯目はコレにします

4人グループのお客さんはテーブル席を促されますが立ちで飲み始めて10分ほどで会計し宴会前のチョイ飲みの

ようです

袋町の酒樽並ぶ飲み屋さんで生の刺身を食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1860円でとりあえずな煮込みが美味しい袋町の酒場でした

住所:広島県広島市中区袋町5-4 安部ビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-14(Sun)

広島・本通「寅造」(立ち飲み居酒屋)タイ昆布〆

広島の本通に来ました

広島高速交通のアストラムライン本通駅から歩いて1分ほどです

立ち飲み居酒屋『寅造』です

ロケーションとしては本通駅(東側)出入口を出て本通りを歩き最初の左角を左折し少しすると右側にあります

荒夜の酒場ハンター 本通『寅造』編
平成29年(2017年)11月21日(火曜日)の様子

20171121-2-01.jpg

店内は入り口入って左側少し奥に厨房、厨房沿いにLの字型の立ち飲みカウンター、

右側壁沿いに長方形なスタンディングテーブル3卓ほどです

店員は厨房に丸刈りな店長と思しき30代頃の男性、接客に20代頃の女性もいます

BGMはテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171121-2-02.jpg

生ビールの銘柄はサントリーのモルツ、瓶ビールはサッポロラガーで所謂赤星です

フードメニュー
20171121-2-03.jpg

おでん、おすすめ、至極品もあります

ボードメニュー
20171121-2-04.jpg

ホワイトボードには一品料理が並んでいます

本日の魚!!
20171121-2-05.jpg

魚貝類は刺身、タタキ、〆物、天ぷら、炊き物等あります

ボードメニュー
20171121-2-06.jpg

黒板には焼酎、日本酒が並んでいます

店長でしょうか、立ち位置をシッカリ指定され初めて来たお店なんで様子をキョロキョロ見て少し動くとコッチと

手で払う仕草をして感じ悪いですね

チューハイ・レモン(380円)
20171121-2-07.jpg

今日飲む1杯目のお酒はコレで飲んでみると麦焼酎かなと思いつつタンブラーも凝っていて普通のヤツで

良いのです

おでん・つくね(200円)、丸天(100円)
20171121-2-08.jpg

つゆはほぼ入ってなくなんでだろうか、頼めば入れてはくれるのでしょけど、少し意味が分かりません

イカ団子はなく、つくねにして薬味が添えられておもいっきり和風ハンバーグ風で結構大きく食べ応えがあり、

丸天は薄味で普通に美味しいですよ

タイ昆布〆(400円)
20171121-2-09.jpg

刺身も食べ、つまんでみると糸が引いて昆布でシッカリと〆られて普通に美味しいですよ

中通り横の路地の立ち飲みで白身魚を食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1160円で自家製おでんが食べられる中通の酒場でした

住所:広島県中区本通5-13 本通ウェーブビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-13(Sat)

羽田空港第2ビル「チャイナタウンデリ・富泰楼」(中華料理)タンタン麺

羽田空港に来ました

京急電鉄の京急空港線羽田空港第2ビル駅から歩いて1分ほどです

中華料理『チャイナタウンデリ・富泰楼』です

ロケーションとしては羽田空港第2ビル駅に接続している羽田空港第2旅客ターミナルの3階です

荒夜の酒場ハンター 羽田空港第2ビルチャイナタウンデリ・富泰楼』編
平成29年(2017年)11月21日(火曜日)の様子

20171121-1-01.jpg

店内は厨房とレジのみで向かい側に他の飲食店と共有のフードコートのテーブル席が多数とカウンター席があります

店員はレジに20代頃の中国系女性、厨房にも20代頃の女性が2人います

BGMはフライトアナウンス、灰皿なく喫煙所あり

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか代金前金制で都度払いです

フード&ドリンクメニュー
20171121-1-02.jpg

金賞受賞の焼き小籠包、生ビールのアルコール類もあります

フード&ドリンクメニュー
20171121-1-03.jpg

麺類、ご飯類、定食、大人気!!タピオカもあります

ポケベル
20171121-1-04.jpg

店員さんに「鳴りますよ」とベルを出され席に着いて待ちます

タンタン麺(1030円)
20171121-1-05.jpg

肉味噌、水菜、もやし等がのって、スープは辛ッとして少しぬるく、肉味噌はそう辛くないですよ


20171121-1-06.jpg

麺は細くもなく太くもなく食べているとクセが感じられ茹で湯が悪いのかイマイチで麺の良さがわかりませんね

お店の向かい側のテーブルで食べ食器を下げようとするとエレベーターの横にあると言われそこまでそれなりの距離が

あります

羽田空港ターミナルのフードコートで中華街の味を食べるのも良いですね

会計は1030円でセルフサービスな羽田空港の中華料理屋さんでした

住所:東京都大田区羽田空港3-4-2 羽田空港第2旅客ターミナル3F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-12(Fri)

大山「馬ヲムム」(立ち飲み居酒屋)馬刺し(生肉)

浮間舟渡『焼鳥・えぶり』で飲み大山に来ました

東武鉄道の東武東上線大山駅から歩いて1分もかかりません

立ち飲み居酒屋『馬ヲムム』です

ロケーションとしては大山駅北口を出て線路沿いに下板橋方面へ少し歩くと右側にあります

荒夜の酒場ハンター 大山馬ヲムム』編
平成29年(2017年)11月19日(日曜日)の様子

20171119-2-01.jpg

店内は入り口入って中央奥に厨房、厨房沿いにLの字型の立ち飲みカウンター、右側手前に4人掛けテーブル席、

左側壁沿いに2人掛けテーブル席が5卓、左側奥に2つ段を上がると6人掛けと4人掛けテーブル席が2卓ずつです

店員は厨房に20代頃の男性が1人って平気でしょうか

BGMは昭和なムード歌謡、テレビはなく、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

プレオープン
20171119-2-02.jpg

店内に入ると店員さんに「お好きな席どうぞ」と言われ1人客は立ち飲みでいいんじゃないのと思いつつテーブル席に

着くとこんな張り紙があります

厨房では1人で店員さんがテンパッており立ち飲みエリアに移動します

ドリンクメニュー
20171119-2-03.jpg

生ビールの銘柄はキリン一番搾り、瓶ビールはアサヒスーパードライとサッポロラガーで所謂赤星です

ドリンクメニュー
20171119-2-04.jpg

芋・麦・米・しそ焼酎と琉球泡盛もあります

フードメニュー
20171119-2-05.jpg

馬刺し各部位の生肉等の馬肉料理が並んでいます

店員さん電話で「ヤバイです」と話しています

それから何分かして30代頃の男性が来て「来たあー」と安堵の表情で、その後20代頃の女性が来ます

ホッピーセット(黒)(390円)
20171119-2-06.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

馬刺し(生肉)・馬のモモ肉、馬の肩ロース(各190円)
20171119-2-07.jpg

左側がモモで薬味が添えられて別皿でややあまーい醤油が出され、モモは赤身っぽくて食べやすく

ロースはモモとの違いが余りわからずやや脂感があるかなてな感じですよ

一品料理のきんぴらゴボウを注文するも20分位経ってから今日ないんですと言われおしんこにします

後から来たお客さんはホッピー黒を注文するも今白しかなくてと対応しており、もうなくなっているんですね

ナカ(焼酎)(190円)
20171119-2-08.jpg

焼酎のナカを貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

5人ほどのグループのお客さんはテーブル席に着くも放置プレイ状態になり帰ってしまいます

後から来た厨房の店員さん髪の毛ボサボサで馬肉を捌いており、最初からいる店員さんは香水でしょうか

フレグランス的な匂いがしています

大山のプレオープンな飲み屋さんで馬刺しを食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は960円で生肉が食べられる大山の酒場でした

住所:東京都板橋区大山東町18-2

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-11(Thu)

浮間舟渡「焼鳥・えぶり」(立ち飲み居酒屋)はつもと

浮間舟渡に来ました

JR東日本の埼京線の浮間舟渡駅から歩いて1分もかかりません

立ち飲み居酒屋『焼鳥・えぶり』です

ロケーションとしては浮間舟渡駅を北側に出てほぼ正面辺りにあります

荒夜の酒場ハンター 浮間舟渡焼鳥・えぶり』編
平成29年(2017年)11月19日(日曜日)の様子

20171119-1-01.jpg

店内は入り口入って右側に厨房と焼き台、厨房と接続してコの字型の立ち飲みカウンター、

左側手前に小さなスタンディングテーブルもあります

店員は焼き台に大泉洋似な30代頃の男性、20代頃の女性もいます

BGMはテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

おしながき
20171119-1-02.jpg

おつまみは串焼きやフライ等、お飲み物で生ビールの銘柄はアサヒスーパードライです

えぶりの想い
20171119-1-03.jpg

ウンチクでしょうか、書かれています

20171119-1-04.jpg

レモンサワー(300円)
20171119-1-05.jpg

今日飲む1杯目のお酒はコレにします

ポテトサラダ(280円)
20171119-1-06.jpg

スピード的なコレを注文し、きゅうり、人参、玉ねぎ、じゃがいもはほぼ潰されてマイルドな味付けで

ソースでもと思いつつないし言えば出してくれるのでしょうがそのまま食べます

ねぎま、レバー(各1本100円)
20171119-1-07.jpg

焼き物の注文は1本からで焼き方と言うか味付けはタレと塩と味噌です

味噌がウリで、はつもとオシのようです

タレで焼いてもらい、ねぎまは普通に美味しく、レバーはネタは柔らかでまあ良さそうですね

タレはトロミがありやや辛いよりですよ

ぼんじり、なんこつ(各1本100円)
20171119-1-08.jpg

塩焼きでぼんじりは薄味で脂感があり、なんこつは肉もシッカリ付いていますがコリコリ感は少な目ですね

はつもと(100円)
20171119-1-09.jpg

味噌焼きでややコッテリとして後からカラッとパンチがありネタは良いのかわからないですよ

チューハイ(300円)
20171119-1-10.jpg

2杯目はコレにします

ハムカツ(130円)
20171119-1-11.jpg

揚げ物も食べ、周りが赤くて丸いハムが半切りですがが分厚く良いかもしれません

確かこのタイミングは当然ソースが出されます

唐揚げ串(100円)
20171119-1-12.jpg

もう1つ食べ、生姜が効いたひとくせある鳥の唐揚げですよ

駅前なのか持ち帰りのお客さんが多く、結構ないい大人が2人続けて焼き鳥3本を持ち帰っています

1杯目から芋焼酎のお湯割りなんてヘビーな女子会もあります

浮間舟渡駅前の立ち呑み処でオススメ味噌焼きを食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1730円で1本100円の焼鳥が食べられる浮間舟渡の酒場でした

住所:東京都板橋区舟渡1-12-1 UFビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-10(Wed)

新小岩「しげきん」(立ち飲み居酒屋)しゃこ刺身

新小岩『下町ふれあい立ち呑み酒場ほていちゃん』、『魚三酒場』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の総武本線新小岩駅から歩いて1,2分ほどです

立ち飲み居酒屋『しげきん』です

ロケーションとしては新小岩駅南口を出てバスのロータリー先の南西方向の一番通りを歩き、

吉野家・新小岩駅前店のある角を左折し歩いて行くと右側にあります

荒夜の酒場ハンター 新小岩しげきん』編
平成29年(2017年)11月17日(金曜日)の様子

20171117-3-01.jpg

店内は入り口入って左側に厨房、厨房沿いに立ち飲みカウンター、右側奥に3人掛けテーブル席が2卓ほど、

小上がり4人卓が2つ、右側手前に長方形なスタンディングテーブル2卓と丸スタンディングテーブル1卓、

壁沿いに小さい逆Lの字型の立ち飲みカウンターもあります

店員は厨房に50代頃の職人さんと50代頃の男女、30代頃の男女、東南アジア系女性もいます

BGMはテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171117-3-02.jpg

カウンター上にお品書きはなく壁には短冊に書かれたメニューがあります

フードメニュー
20171117-3-03.jpg

料理全品340円で魚貝類の刺身、一品料理もあります

フードメニュー
20171117-3-04.jpg

肉食系、揚げ物、半分組等あります

レモンハイ(240円)
20171117-3-05.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

しゃこ(340円)
20171117-3-06.jpg

刺身を食べ、ビジュアルも良くシッカリと処理されてホロホロと味わい深いですよ

新小岩のツマミが均一料金な大衆居酒屋で甲殻類を食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は580円で料理全品税込340円な新小岩の酒場でした

住所:東京都葛飾区新小岩1-30-8

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-09(Tue)

新小岩「魚三酒場」(居酒屋)中とろ刺身

新小岩『下町ふれあい立ち呑み酒場ほていちゃん』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の総武本線新小岩駅から歩いて3分ほどです

居酒屋『魚三酒場』です

ロケーションとしては新小岩駅南口を出て東京都道308号千住小松川葛西沖線を船堀方面へ歩いて行くと左側にあります

荒夜の酒場ハンター 新小岩魚三酒場』編
平成29年(2017年)11月17日(金曜日)の様子

20171117-2-01.jpg

店内は入り口入って一番奥に厨房、右側にコの字型のカウンターが17席ほど、

左側にVの字型のカウンターが12席ほどです

店員は厨房は良く見えず、接客に60代頃の女性が各カウンターに1人ずついます

BGMはなく、テレビはなく、灰皿は4:00~5:00まで禁煙の張り紙があります

ルールとしては特に書くような事はありません

店内メニュー
20171117-2-02.jpg

カウンター上にお品書きはなく、壁には短冊に書かれたメニューがあります

フードメニュー
20171117-2-03.jpg

天ぷら、フライ、ぶりつゆ等あります

フードメニュー
20171117-2-04.jpg

魚貝類の刺身や焼き物、一品料理もあります

おすすめ品
20171117-2-05.jpg

ホワイトボードには鍋物等あります

ビール(520円)
20171117-2-06.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒は瓶ビールでアサヒスーパードライです

中とろ刺身(650円)
20171117-2-07.jpg

刺身から食べ、ビジュアルはそれなりでしょうか普通に美味しいマグロです

べったら漬(200円)
20171117-2-08.jpg

スピード的なコレを注文し、分厚く着られて当然食べ応えがありますね

コップ酒(190円)
20171117-2-09.jpg

2杯目は熱燗をお願いし、大徳利から注がれて安いしグビグビ飲めますよ

小柱かき揚(380円)
20171117-2-10.jpg

揚げ物も食べ、具は長ネギと小柱でしょうか粗めの大根おろしに天つゆで貝食べてる感もありますよ

隣で飲んでいるのは常連さんでしょうか「おばちゃん怖いんだよ」と店員さんに言っています

年輩のお客さんは「ノンアルコールが一番高い」「コップ酒が190円」と一緒に飲んでいる方に説明しています

新小岩の老舗で新鮮な刺身を食べながら瓶ビールを飲むのも良いですね

会計は1940円で190円のコップ酒が飲める新小岩の酒場でした

住所:東京都葛飾区新小岩2-10-7 1F・2F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-08(Mon)

新小岩「下町ふれあい立ち呑み酒場ほていちゃん」(立ち飲み居酒屋)まぐろ3色盛

新小岩に来ました

JR東日本の総武本線新小岩駅から歩いて1分ほどです

立ち飲み居酒屋『下町ふれあい立ち呑み酒場ほていちゃん』です

ロケーションとしては新小岩駅北口を出て正面の通りを歩いて行くと左側にあります

荒夜の酒場ハンター 新小岩『下町ふれあい立ち呑み酒場ほていちゃん』編
平成29年(2017年)11月17日(金曜日)の様子

20171117-1-01.jpg

店内は入り口入って左側少し奥に厨房、厨房沿いにコの字型の立ち飲みカウンター、

少し奥に長方形なスタンディングテーブルが3卓ほどです

店員は厨房に店長と思しき50代頃の男性と20代頃の男性2人で1人は細野豪士似、接客に20代頃の女性もいます

BGMはテレビ音声、灰皿は店員さんに言えば出しており煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

お飲み物
20171117-1-02.jpg

生ビールの銘柄はサッポロ黒ラベル、瓶ビールはサッポロラガーで所謂赤星です

お料理
20171117-1-03.jpg

焼きとん皿、鮮度バツグンもつ刺し、一品料理等あります

厳選日本酒
20171117-1-04.jpg

各地の地酒もあります

店内メニュー
20171117-1-05.jpg

数量限定鮮魚、短冊に書かれたメニューもあります

店内メニュー
20171117-1-06.jpg

お品書きと被っていますが、と言うかお店の作り等はほぼ晩杯屋的です

店内メニュー
20171117-1-07.jpg

お1人様2杯までのデカジョッキもあります

ホッピーセット(黒)(380円)
20171117-1-08.jpg

今日飲む1杯目のお酒はコレにします

まぐろ3色盛(300円)
20171117-1-09.jpg

早い者勝ち!!なコレで赤身、訳あり中トロ、ねぎとろのようでねぎとろ以外は少しクセを感じます

手づくりポテトサラダ(150円)
20171117-1-10.jpg

スピード的なコレを注文し、人参とハムときゅうりと玉ねぎが入ってじゃがいはゴロゴロと大きさ色々で手作り感が

ありますよ

ホッピーの中・焼酎(190円)
20171117-1-11.jpg

焼酎のナカを貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

まんぞくコロッケ(120円)
20171117-1-12.jpg

揚げ物も食べ、どこが満足なんだろうと思いつつ具が適度な甘さで美味しいですね

ハイペースでサワーのおかわりをしている女性2人組なお客さんもいます

新小岩の下町酒場で限定メニューを食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1230円で100円台メニューが嬉しい新小岩の酒場でした

住所:東京都葛飾区西新小岩1-3-11

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-07(Sun)

町田「あおば」(居酒屋)とりわさ

町田『まる助』、『晩杯屋・109店』、『やまと屋』、『晩杯屋』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の横浜線町田駅から歩いて1分ほどです

居酒屋『あおば』です

ロケーションとしては町田駅北口を出て線路沿いに成瀬駅方面へ歩き最初の右角を右折し道なりに歩いて行くと右側の

ビルの地下にあります

荒夜の酒場ハンター 町田『あおば』編
平成29年(2017年)11月15日(水曜日)の様子

20171115-5-01.jpg

店内は入り口入って中央奥に厨房と焼き台、厨房沿いにLの字型のカウンターが10席ほど、

左側に4人掛けテーブル席が3卓、右側手前に2人掛けテーブル席もあります

店員は焼き台に30代頃の男性、厨房に20代頃の男性が2人、ホールに20代頃の女性もいます

BGMは邦楽ポップス、テレビは電源オフ、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20171115-5-02.jpg

生ビールの銘柄はサントリーのザ・プレミアム・モルツ、瓶ビールはサッポロとキリンです

フードメニュー
20171115-5-03.jpg

焼きもの、朝〆鶏刺し等あります

焼酎メニュー
20171115-5-04.jpg

芋・麦・米等あります

ボードメニュー
20171115-5-05.jpg

ホワイトボードには本日のおすすめでしょうか、一品料理もあります

焼き台
20171115-5-06.jpg

ホッピーセット(450円)
20171115-5-07.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はホッピーと注文し、白か黒で黒にします

お通し(値段は不明)
20171115-5-08.jpg

値段は注文した品の合計が1750円、350円として2100円に消費税を付加すると会計と一致します

厚揚げ、白菜、鶏肉の塩煮込みで普通に美味しいですね

とりわさ(450円)
20171115-5-09.jpg

店員さんに「とりわさか煮込みがオススメ」と言われコレにします

山葵醤油の味付けで三つ葉、刻み海苔等がのってレア感も少し感じられて美味しいですよ

レバー(130円)
20171115-5-10.jpg

焼き物の注文は1本からで焼き方と言うか味付けはタレ、塩、味噌、任(おまかせ)があり注文書に書きます

お好みでと辛子が小皿にタップリと出されこれがカラッとしてネタも良さげで、タレはややあまーいですね

豚バラ(130円)
20171115-5-11.jpg

塩焼きでしょうか、コッテリした脂の甘みが良いですよ

キンミヤ焼酎(200円)
20171115-5-12.jpg

焼酎のナカを貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

ナンコツ(130円)
20171115-5-13.jpg

黒胡椒でホネを叩かれ感があって歯応えが良いですね

ねぎま、シロ(各1本130円)
20171115-5-14.jpg

ねぎまは黒胡椒の味付けが強くネタがもったいないようで、シロはタレ焼きでビジュアルは鶏皮?と思いつつ

普通に美味しいですよ

町田のやきとん酒場で焼き鳥を食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は2268円で新鮮!肉刺しが食べられる町田の酒場でした

住所:東京都町田市原町田4-1-1 太陽ビルB1

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-06(Sat)

町田「晩杯屋」(立ち飲み居酒屋)かき酢(生牡蠣)

町田『まる助』、『晩杯屋・109店』、『やまと屋』で飲みもう1軒飲みますね

小田急電鉄の小田原線町田駅から歩いて4、5分ほどです

居酒屋『晩杯屋』です

ロケーションとしては町田駅北口を出て線路沿いに玉川学園前駅方面へ歩き左側に『鳥良商店 町田中町店』がある

道路を歩き少しすると左側にあります

荒夜の酒場ハンター 町田晩杯屋』編
平成29年(2017年)11月15日(水曜日)の様子

20171115-4-01.jpg

店内は入り口入って左側少し奥に厨房、厨房沿いに立ち飲みカウンター、左側手前壁沿いに小さなスタンディングテーブル、

右側に長方形なスタンディングテーブルが5卓ほどです

店員は厨房に20代頃の男性と30代頃の女性がいます

BGMはテレビ音声、灰皿カウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

お飲物
20171115-4-02.jpg

生ビールの銘柄はキリン一番搾り、サワー等あります

本日のオススメ
20171115-4-03.jpg

特に変わらないかと思います

11月15日(水)おすすめメニュー
20171115-4-04.jpg

お品書きと被っていますが、選ばれし料理達のようです

店内メニュー
20171115-4-05.jpg

短冊に書かれたメニューもあります

ゴールデンチュウハイ(250円)
20171115-4-06.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

此方にも注文票があり店員さんに「書くの」と聞くと「今暇だからいいですよ」と言われます

かき酢(生牡蠣)(250円)
20171115-4-07.jpg

かき酢といわし刺しを薦められコレにします

マイルドなポン酢でトロリと食べられますよ

野菜天(130円)
20171115-4-08.jpg

揚げ物も食べ、ちくわ天ものって具は玉ねぎ、人参、長ネギ等で揚げたてに勝るモノなしですね

店員さんに109店は少し煩かったと話すと此方は客層が違うのかお酒好きな方が集まると言っています

町田の赤羽いこい系の立呑みで築地直送の刺身を食べながらチュウハイを飲むのも良いですね

会計は630円でおまけつきな天ぷらが食べられる町田の酒場でした

住所:東京都町田市中町1-16-14 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-05(Fri)

町田「やまと屋」(居酒屋)レバ、シロ

町田『まる助』、『晩杯屋・109店』で飲みもう1軒飲みますね

小田急電鉄の小田原線町田駅から歩いて5分ほどです

居酒屋『やまと屋』です

ロケーションとしては町田駅北口を出て線路沿いに玉川学園前駅方面へ歩き左側に『鳥良商店 町田中町店』がある

道路を歩いて行くと右側にあります

荒夜の酒場ハンター 町田やまと屋』編
平成29年(2017年)11月15日(水曜日)の様子

20171115-3-01.jpg

店内は入り口入って左側少し奥に厨房と焼き台、厨房沿いにLの字型のカウンター12席ほど、

右側にテーブル席があり4人掛け2卓と2人掛け3卓です

店員は焼き台に店主と思しき30代頃の男性、厨房に50代頃の男性、ホールにパンチの効いた20代頃の女性もいます

BGMはテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

お飲み物
20171115-3-02.jpg

生ビールの銘柄はサッポロ黒ラベル、瓶ビールはサッポロラガーで所謂赤星です

お品書き
20171115-3-03.jpg

串・野菜焼き、サイドメニューもあります

ボードメニュー
20171115-3-04.jpg

ホワイトボードには本日のおすすめでしょうか、魚貝類系、一品料理もあります

吉田類
20171115-3-05.jpg

映画のポスターにはサインもあり、メーカーの短冊ポスターもあります

ホッピーセット黒(400円)
20171115-3-07.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレで「氷入れますか」と聞かれ「ハイ」と言います

キャベツみそ(180円)
20171115-3-08.jpg

スピード的なコレを注文し、味噌は普通の合わせたヤツのようです

タン(130円)、レバ(120円)
20171115-3-09.jpg

焼き物の注文は1本からで焼き方と言うか味付けは、タレ、塩、味噌、醤油、おまかせもあります

ネタは指定し、失念しましたが味はたぶんおまかせで注文したかと思います

塩焼きでタンは別皿で胡麻油にニンニクが出され薄塩で独特の食感、レバは芯まで焼かれ普通に美味しいですよ

辛子が添えられてこれは余り辛くもないですね

せせり(140円)、ナンコツ(130円)
20171115-3-10.jpg

塩と言うか黒胡椒も見えてせせりは少し味付けが強めで脂が余り感じられませんがネタは良さそう、

ナンコツは良く焼かれコリコリ感が良いですよ

ナカ(焼酎)(270円)
20171115-3-11.jpg

焼酎のナカを貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

シロ(120円)
20171115-3-12.jpg

タレ焼きで良く焼かれ外身がカリカリとややあまーく、モツ食べている感ありますよ

べったら漬(150円)
20171115-3-13.jpg

コレも食べ、一切れ食べた後の写真で白ゴマがかけられあまーい漬け物です

脂っこいのと注文するお客さんもおり豚バラを焼いているようです

町田のやきとん酒場で焼き物を食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1879円で焼き鳥も食べられる町田の酒場でした

住所:東京都町田市中町1-18-2 ウッドベル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-04(Thu)

町田「晩杯屋・109店」(立ち飲み居酒屋)いわし刺し

町田『まる助』で飲みもう1軒飲みますね

小田急電鉄の小田原線町田駅から歩いて2分ほどです

立ち飲み居酒屋『晩杯屋・109店』です

ロケーションとしては町田駅東口を出て東京都道47号八王子町田線を成瀬方面へ歩き原町田中央通りの信号を横断し

歩いて行き最初の右角を右折し少しすると右側にあります

荒夜の酒場ハンター 町田晩杯屋・109店』編
平成29年(2017年)11月15日(水曜日)の様子

20171115-2-01.jpg

店内は入り口入って左側少し奥に厨房、厨房沿いにLの字型の立ち飲みカウンター、

左側壁沿いに立ち飲みカウンター、左側に丸いスタンディングテーブルが2卓ほど、

右側に長方形なスタンディングテーブルが4卓ほどです

店員は厨房20代頃の男性が2人、30代頃の女性もいます

BGMはテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

お飲物
20171115-2-02.jpg

生ビールの銘柄はキリン一番搾り、サワー等あります

本日のオススメ
20171115-2-03.jpg

刺身類、極厚ハムカツ等あります

店内メニュー
20171115-2-04.jpg

お品書きと被っていますが、短冊に書かれたメニューもあります

ゴールデン(250円)
20171115-2-05.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

たくあん(110円)
20171115-2-06.jpg

スピード的なコレを注文し、ホワイト仕様で普通に美味しいですね

料理はご注文票に書いて店員さんに渡しますが、常連さんは口頭で注文しています

いわし刺し(150円)
20171115-2-07.jpg

刺身も注文し、、生姜醤油で食べ脂は普通に良いですよ

後では学生さんでしょうか、4人ほどの長方形なスタンディングテーブルを2卓占有し、賑やかと言うか煩いです

町田の立呑みで東北産の刺身を食べながらチュウハイを飲むのも良いですね

会計は510円で薩摩しぼりが食べられる町田の酒場でした

住所:東京都町田市原町田6-8-1 109MACHIDA 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-03(Wed)

町田「まる助」(立ち飲み居酒屋)アオヤギ刺身

町田に来ました

小田急電鉄の小田原線町田駅から歩いて3分ほどです

立ち飲み居酒屋『まる助』です

ロケーションとしては町田駅東口を出て東京都道47号八王子町田線を成瀬方面へ歩き原町田中央通りの信号を横断し

歩いて行き最初の十字路を右折し少しすると右側にあります

荒夜の酒場ハンター 町田まる助』編
平成29年(2017年)11月15日(水曜日)の様子

20171115-1-01.jpg

店内は入り口入って中央奥に厨房、厨房沿いにコの字型の立ち飲みカウンターがあります

店員は厨房に店主と思しき50代頃の男性がいます

BGMはテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか代金前金制で都度払いです

飲み物
20171115-1-02.jpg

全品400円均一です

つまみ
20171115-1-03.jpg

全品300円均一です

本日のおすすめ
20171115-1-04.jpg

ホワイトボードには魚貝類の刺身、串焼、一品料理もあります

店内
20171115-1-05.jpg

実は全品どれでも300円カラとなっています

生ビール(サッポロ)(400円)
20171115-1-06.jpg

今日飲む1杯目のお酒はコレで黒ラベルです

アオヤギ刺身(300円)
20171115-1-07.jpg

刺身から食べ、ビジュアルは良くまあまあ普通に美味しいですね

マカロニサラダ(300円)
20171115-1-08.jpg

スピード的なコレを注文し、きゅうり、人参、玉ねぎ等も入って、ネットリ感のあるサラダです

レモンサワー(400円)
20171115-1-09.jpg

2杯目はコレで中身はむぎ焼酎(いいちこ)のようです

自転車で来るお客さんもおり、くじら刺身とかアン肝を薦め500円のツマミは必須かもしれません

町田の立ち呑み屋さんおすすめ料理を食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1400円でほぼ均一料金な町田の酒場でした

住所:東京都町田市原町田4-5-10

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2018-01-02(Tue)

中目黒「晩杯屋」(立ち飲み居酒屋)あん肝ポン酢

中目黒『もつ焼きばん』、『大衆割烹・藤八』、『焼きとん・まるや』で飲みもう1軒飲みますね

東急電鉄の東急東横線中目黒駅から歩いて1分ほどです

立ち飲み居酒屋『晩杯屋』です

ロケーションとしては中目黒駅東口を出て高架下沿いに代官山方面へ歩き、目黒川沿いに歩いて行くと右側にあります

荒夜の酒場ハンター 中目黒晩杯屋』編
平成29年(2017年)11月10日(金曜日)の様子

20171110-4-01.jpg

店内は入り口入って左側少し奥に厨房、厨房沿いにLの字型の立ち飲みカウンター、

左側手前にスタンディングテーブル、右側にもスタンディングテーブルがあります

店員は厨房にスキンヘッドな30代頃の職人男性、体格の良い同年代の男性、接客に東南アジア系の女性もいます

BGMはテレビ音声、灰皿はなくたぶん店員さんに言えば出しているようです

ルールとしては特に書くような事はありません

お飲物
20171110-4-02.jpg

生ビールの銘柄はキリン一番搾りとハートランド、サワー等もあります

本日のオススメ
20171110-4-03.jpg

町屋、中延、野方とニューオープンするようです

店内メニュー
20171110-4-04.jpg

短冊に書かれたメニューがあります

ゴールデンチュウハイ(250円)
20171110-4-05.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

あん肝ポン酢(150円)
20171110-4-06.jpg

魚貝類から手の込んだ料理を食べ、ビジュアルがイマイチですが安いんで文句は言えません

塩チーズ(150円)
20171110-4-07.jpg

野菜でも食べようと思っていたのですがなぜかコレを食べます

鶏なんこつ唐揚げ(180円)
20171110-4-08.jpg

揚げ物も注文し、コリコリとげんこつタイプで揚げ立てに勝るモノなしですよ

2杯目もゴールデンチュウハイ(250円)で写真を撮り忘れています

中目黒の赤羽いこい系の立呑みで珍味を食べながら酎ハイを飲むのも良いですね

会計は980円でリバーサイドな中目黒の酒場でした

住所:東京都目黒区上目黒1-26-1 中目黒アトラスタワー 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
プロフィール

ジプシー

Author:ジプシー
ウマイ酒、ウマイ物を求め巷の酒場、居酒屋をさまよっています

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

お気に入り
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
荒夜のグルメマップ
荒夜のグルメマップ
来客数
タグ

もつ焼宇ち多゛ やきとん豚燻 町田 立呑み晩杯屋 西小山 鶯谷 阪東橋 浦和 福岡・博多 京急川崎 新杉田 京成町屋 やきとん・豚燻 大正 横浜・阪東橋 立川 明石 成田 上大岡 保谷 銀山町 赤羽橋 本川越 京成高砂 上石神井 西船橋 広島 大阪上本町 天王寺 京成金町 えんま壱 大阪・堺東 もつ焼・丸松 府中 戸越銀座 柳下酒店 経堂 弘明寺 肥後橋 大阪・野田 豊洲市場前 南越谷 西梅田 十三 やきとん・えんま壱 大阪・堺筋本町 銀座屋 焼鳥どん 大衆酒場・晩杯屋 北朝霞・朝霞台 やきとんあかね ブンカ堂 三河島 田無 お多幸本店 イタリアン酒場・ナチュラ 福岡・天神 ヤキトン・イチバンボシ 元祖立ち飲み屋 東葉勝田台 福島 もつ焼丸松 プロント 北浜 ヤマタニ餃子店 胡町 愛知屋 やきとん山武 立呑み・焼きとん・大黒 ふれあい酒場ほていちゃん 埼玉・大宮 大阪・十三 わすれな草 栄町 国民酒場・じぃえんとるまん やきとん・三福 代々木公園 北九州市小倉 無添くら寿司 苫小牧 元町・中華街 大阪・あびこ  豊水すすきの 立呑み・晩杯屋 今池 いかのでん 四ツ木 西口やきとん 狛江 幡ヶ谷 兵庫・春日野道 中野富士見町 篠崎 兵庫・姫路 もつ焼宇ち多゛|うちだ 鶴見 京都・西院 立飲み居酒屋・ドラム缶 ゆたか食堂 ゴールデンもつ もつやきはる はなみち 沼野酒店 志茂 ベルアメール・京都別邸 城喜元 呑飲 あぶり清水総本店 東京商店 リオス・ボングスタイオ 立ち酔い・超人 居酒屋・ヤッホー すずらん 下鴨茶寮 両国 立ち呑み・とーど 大衆酒場・ときわ びすとろハヒフヤ きくや つるかめ食堂 あおば やまと屋 もつ焼き・エンジン 焼鳥・えぶり 立ち呑み十七番地 チャイナタウンデリ・富泰楼 馬ヲムム 中野・新井薬師前 晩杯屋・109店 まる助 HAVESPI|SUGAR・MARKET|KURAND・SAKE 大衆鶏豚酒場・寿や もつ焼宇ち多゛・うちだ 巣鴨・千石 大阪・西中島南方・人類みな麺類 千葉 焼きとん・まるや 大衆割烹・藤八 もつ焼きウッチャン 葉隠 元祖ニュータンタンメン本舗 もつ焼・涌谷 河米・伊藤酒店 全国銘酒・たる松 南小樽・初代 晩杯屋・思い出横丁店 丸辰有澤商店 銀座ライオン・上野西郷会館店 大衆酒場・鶴亀 一風堂スタンド 喜乃字屋 内田屋・西山福之助商店 麺屋・西條 ラピッツァ・ディ・マンシ 天ぷら・穴子蒲焼・助六酒場 日本酒スタンド酛・もと 渋谷・海老フライ専門店・海老昌 六本木・鮓村瀬 バーミヤン 青物横丁 スタンドしんぽ 富士山 立ち呑み酒場・さくら ホリタ商店 お台場海浜公園 立呑み酒場・神田屋 やきとん希 ビヤホール・銀座ライオン もつやき石松 立呑み・二郎 もつやき・たろう 慈げん フルミチ 街角おさやん もつ焼き・煮込み・楓 立ち飲み天下 たち飲み・吟 立呑み・千吉良屋 相模屋本店・角打ち ひなと丸 立ち飲み・ばん 鳥忠 立ち飲み居酒屋・銀座ドラム缶本店 大衆酒場・あそこ ほんずなし 炭火焼鳥・喜八 帯広・豚丼のぶたはげ 札幌・MEN-EIJI・HIRAGISHI・BAS 横浜元町 ミュンヘン 淡水軒 野口鮮魚店 赤萬 ヱビスビール記念館 やきとん龍・TATSU もつ焼・稲垣 俺のBakery&Cafe ほほほの北海道・室蘭焼鳥・いっぺえやっぺえ。 立ち飲み処・たなか屋 たこ磯 みどり食堂 スタンドGonta スタミナ苑 鳥やき宮川 魚三酒場・常盤店 立ち飲み処・呑うてんき やきとん・よし田 恵比壽ビヤホール 串カツ屋・深川高橋店 ビヤステーション恵比寿 西新井大師西・志茂 しろ 三徳 立川やきとん 立飲み処・呑べえ 夢を語れ 白山 中島南店 尼崎センタープール前 本八幡 松戸・中華そば・とみ田 立呑みやきや 大衆料理・ハッピー 大衆酒場・馬越 函館麺工房・あじさい 立飲み・たきおか 下山酒店 ウエダ商店 大衆酒亭・玉河 とよ たちのみねこ 北新地 吉野家・桜橋店 ゑびす屋食堂 尼崎 ジャックとマチルダ 弘大Z 大島や かつきり 立ち飲み処・豊後屋 猿猴橋町 大衆酒場・ツバメヤ かどや 源蔵本店 三代目むら上 晩杯屋・ゼームス坂上店 女学院前 第三鳥八 森田食堂 もつ焼き・小江戸 蕎麦のぶ おたる巽鮨 魚寅 広島・袋町 寅造 酉あき 金沢まいもん寿司 一利喜 袋町 重富スタンド やきとん秋元屋 そば切り・日曜庵 そらや 寅圭 いか焼き庵・頂 むさし・新幹線店 LORO ひな鳥素揚げ・月鳥 立飲Bistro-SHIN 立飲み集会所日本酒人 鈴木屋 白金高輪 もつ焼き・ひろや 薬軒堀・八昌 立ち飲み・お食事処・とくとく 宮島口 集来軒 立町 ホルモン料理専門處・利根屋 うえの 柴又 浦野屋・焼きとんてるてる 立ち呑み・福本屋 紅葉堂本店 宮島桟橋 広島・本通 ペッパーランチ 立って呑む・おかだ 京橋・恵み屋 横濱崎陽軒シウマイBAR 炭火焼鳥わいわい・法政通り店 炭火焼鳥・くろちゃん 川崎・武蔵小杉 神保町食肉センター グルメ廻転寿司・まぐろ問屋三崎港 つくば鶏・銀や 牛タン工房・鎌倉ハム タヰヨウ酒場 もつ焼・でん もつ焼き酒場・豚坊 細雪 森本 ヱビス記念館 大衆酒場・焼き鳥・桂 鳥益 くら・新小岩店 ゴディバ わか やるき 升本 山田うどん 晩杯屋・道玄坂店 蒲田うなぎ家 レバーランド もつ焼き・いとや 居酒屋・豪 名古屋味噌・どて子 つまみや よるべ さけときどきぶた きらく 南天・本店 万世橋酒場 元祖寿司 裏ヒロヤ まぐろや黒銀 鍛冶酒店 石橋食品 近鉄日本橋 酒処・千歳屋 やきとん・やんぐ 立食いすし処・ちよだ鮨 銀座ライオン どすこい四文屋 三河屋本店 東瀛 ショットバー・タウザー もつ焼き★キャプテン 線香花火 corazon・corazon 新・南越谷 越谷 100円酒バー・おやじ家 千曲食堂 自由が丘・ショコラモンサンクレール ドラム缶・銀座本店 おにぎり 串一 海鮮丸豊 玉子焼 江戸一別館 丸武2号店 キンクラ 柳田屋 チャコールスタンド・ノゲ 二〇カ屋長介 野毛ビストロZIP イタリアンバルバジル 青角 牛丼 吉野家・築地1号店 鮨さいとう 熟成肉バル・肉賊カウぼーず 炭火焼肉ゆうじ ジロリアン やきとん弐ノ十 ばりこて ステーキ 立呑み・さいごう ざわさん 割烹くずし・徳多和良 豚toko PPAP・CAFE 梟小路 割烹大樽 晩杯屋目黒川RS店 宇奈とと・浅草店 新宿三丁目・五ノ神製麺所 浅草サンボア 高橋 ロッテリア ひょうたんなべ・雷門店 浜屋 笹塚 壱番館 炉縁 晩杯屋銀座店 京都四条烏丸・アウーム 根本酒店・NEMOTO ますらお せきや商店 びっくりうどん本舗 新富町 宝町 スタンドバー・マル 八丁堀 サ嘉ダチ きぬちゃん てる美 よっちゃん まる福・船橋加賀屋支店 大衆酒場・待夢 西葛西 平野屋 難波屋 イマナカ酒店 焼き鳥まるみ 十三屋 いなせや 河原町 柳小路・TAKA もつ焼碁ゑん 馬ござる 吉呑み・吉野家 酒舗たのかん おや鶏・串焼きとレモンサワー・なると ちょい飲み日高屋 立喰さくら寿司 もみじ 藤菜美 京橋酒販 中之島 京屋本店 満ぞく屋 京橋酒場 明けごころ本店 セラーバー 中書島 天空の立ち呑み・とさか 清水五条 黄桜酒場 伏見桃山 月桂冠・大倉記念館 長崎ちゃんぽんリンガーハット もつ焼なすの Moon・Light・Wine・Bar ダイニングBar・宙 ふくすけ 大衆酒場晩杯屋 餃子製造販売店・上野・いち五郎 立飲み・カドクラ 酒・立ち飲み・喜多屋 さいとう商店 UchiBenKei やきとり竹沢商店 立呑み・ありがとう まるぴん &河村 開楽本店 ダイマル水産 東京ミート酒場 おおくぼ 大衆酒場・焼き鳥桂 立ち飲みひらめいた 大衆バーサムシング 串焼場チャコ かわ焼き・まいける 川名商店 昭和酒場・夕陽 あめちゃん ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ 鮫洲 魚介 七津屋 Touch know サカナヤ・オアジ 銀座ライオン・ビヤスタンド 金色不如帰 カフェ・カイラ me・祭店 れとろ 品川や 玉ゐ本店 邦右衛門 饗酒堂・うろこ家 阿佐ヶ谷・SATOブリアン パティスリー・エ・カフェ・プレジール 御苑前・匠・達広 札幌・我流麺舞・飛燕、まるは・BEYOND ひといき 多聞酒蔵・まさいち屋・浮浪雲 寅屋天満 大国町 二劫 与作 もつ焼き・丸松 大衆酒場・BEETLE 鳥万本店 アヒルストア 丸木屋商店 今日が丑の日 ギョバー八重洲店 ミクソロジーラボラトリー とりぎん本店 ニュートーキョー・数寄屋橋本店 鶏&デリ 焼鳥エビス 銀座ホール 後藤蒲鉾店 羽田空港国内線ターミナル 天政 梅田 大阪屋 (食)ましか かこも 大衆酒場・ひらやま 番外地 立ち飲み・日高 カタヤマ おでんの丸忠 浜町 立呑み魚平 五代目野田岩 やきとん・ひなた 大提灯 十彩 元咲 ふみ屋 立呑風太くん バール・青い印 肉のいちのへ・やきとん煮込み 一福 加藤酒店 桑原商店 もつ焼きばん 立呑み晩杯屋・東口店 餃子歩兵・銀座店 プレッセ・シブヤ・デリマーケット 横浜・中華街 謝甜記・貮号店 鰻禅・うなぜん 東京スカイツリー 立飲み屋・いっとん ベビースターランド 鵬天閣・新館 立呑み・晩杯屋SL広場店 ホルモン焼・鶴松 寅屋本店 奈良・麺屋NOROMA 寅屋 下田康生堂ぱん茶屋 さかえや食堂 駿河屋 ホワイト餃子・はながさ 小江戸蔵里内・ききざけ処・昭和蔵・鏡山酒造 鳥長 太平 清澄白河・森下 深川・みのや本店 小川菊|おがぎく 菊屋 いこい食堂 小樽ポセイ丼 立ち飲み・勝|Syou まんぼう 萬里・野毛本店 立ち呑み処・ふくふく 大衆食堂2.0・とぽす 中華そば・天 炭焼きバル&串焼きJ.J.ぽっち 区民酒場 餃子とワイン屋 平和島 大衆酒場・富士川 松戸・中華蕎麦・とみ田 鳥惠 上野御徒町・湯島 大衆酒場・喜七屋 藤田酒店 立ち呑み・やったるで~ 回転寿司・江戸っ子 岩本町 スタンドそば・秋葉原店 雷門通り・尾張屋支店 浅草酒場・岡本別館(2号店) 赤提灯 新橋やきとん・まこちゃん 沼津港・海将・Zero 立呑み・小江戸 花川戸・鮒中 杉田もつ肉店 愛知屋小林商店 福岡・薬院 かわ屋 立ち飲み・角屋 文治 小谷酒舗 福岡・高宮 福岡・博多・祇園 大久保酒店 博多大砲ラーメン・西中洲店 旦過うどん すし将軍・西中洲店 天神南・中洲川端 串揚げの四文屋・博多デイトス店 福岡・赤坂|天神 酒処・ひろ 焼きはまぐりSTAND 旭軒・駅前本店 天丼てんや・丸の内北口店 大手町 もつ焼・三朝 立ち呑み家・正木 串揚げ角打ち・しらすくじら 夢市門 福岡・赤坂 焼鳥さんの宮・警固店 角打ち処・こば酒店 福岡・薬院大通 三喜屋酒店 旦過 平尾酒店 天房 センリ軒 クラーテル キンパイ酒店 村田酒店 やきとり戎・スカイビル店 肉匠酒場・丸信 曙橋 角打ち・酒屋の隣 大衆酒場・日高・南銀座店 タイスケ やきとん・まことや 福よし 入谷 どぜう・飯田屋 市場食堂・よし 門司港 唐戸市場・活きいき馬関街・柳川水産 旦過「赤壁酒店 田中屋酒店 三桝 魚住酒店 いせや・北口店 バラ巻・まきまき 野方食堂 立飲み寿司・三浦三崎港・めぐみ水産 角平 戎ビアホール 京成千葉 中華そば・四つ葉 銀座・天國・本店 明石ニユーワールド たこといかのでん 酔いの助・本店 黒船亭 神田餃子屋本店 GYOZA・OHSHO・国際フォーラム店 ピッツェリア・チーロ クランクビール・さかみちタップルーム 台北餃子専門店 らーめん森や。 うなぎ・魚政 金舌 吉池食堂 光寿司 阪口酒店 立ち飲み酒場・華丸 京急蒲田 石川家食堂 大衆酒場・つよし もつ焼き・大松 おらが蕎麦 餃子は一龍 串揚げ・フジヤマテキサス 焼鳥寿起|すぎ 京都・らぁ麺とうひち よい処・ほのじ 鳥孝 焼鳥・おみ乃 炭焼き肉バル・カタマリヤング 仮)ニユー・ダイトン・大衆酒場 大衆酒場・能登屋 立呑処・おかもと 立花 高田屋・京店 えびす大黒 串かつ二色 みさわ 肉の宝屋 栄や 沖縄大衆酒場・島人 鍵屋 居酒屋・千両 兵庫・三宮・花時計前 あけぼのストアー 杭瀬 立呑み・いそかわ 酒場透泉 ほのぼーの 立ち呑み処・まる 大衆酒場・お多福 大阪・杭瀬 立呑み・1/2はんぶんこ カナメ屋酒店 立呑み・あらき酒店 のぞみ青果 神戸東店 兵庫・尼崎・出屋敷 立ち呑み処・江戸っ子 大衆酒場・七星 スタンドバーサカグチ 千歳船橋 立呑み晩杯屋・しんみち通り店 赤札屋 コリアンキッチン・SANKYU 焼とん・きむら 高野 酒場・千代鶴 カタマリヤング 竹山食堂 やきとん・やんぐ本店 やきとん・鈴なり 角打ちダイニング・SHARE うっちゃり 酒ば・すぎちゃんチ やきとん・えいと|八一 もつ焼き・にんべん 志木・北朝霞 さんちゃん ジロー’sテーブル アジアン食堂・てるてる うな串・焼鳥・う福 えびすの安兵衛 日本酒立呑み・なおらいスタンド宮 樽平 磯吉 立ち呑み・さわ好 神田・岩本町 浅草・そば助 もつ焼・大渕 遠州屋本店・高尾 ミートステーション 山谷酒場 世界のビール博物館・東京スカイツリータウンソラマチ 海鮮・天ぷら・かば 大吉 立ち呑みや・ますだ 安井屋 鎌倉屋 田原屋酒店 甘粕屋酒店 黄金町・阪東橋 砂場総本家 和酒Pub庫裏 立ち呑み処・三文の徳 やきとん・一国 一圜 だるまさん 大力酒蔵 深川酒場 GYOZAOHSHO国際フォーラム口店 金子酒店 牛若丸 やきとんen 立ち呑み英ちゃん 串焼いしい 小島屋 本格焼酎の店・金魚 わんこ餃子・餃子は主食。 羽田空港国際線ビル モスカフェ 居酒屋・はせ 天ぷらつな八総本店 丸徳 船橋屋本店 名酒センター 一軒め酒場 内藤酒店 立ち飲み日昇 やきとんひなた 池袋西口 玉川屋酒店 丸進 やまと屋・5号店 海鮮屋台・ゆうだん丸 地魚処・スタンドふじ本店 立呑み・ほるもんBar・おかだ 立呑みの・さのや 中島屋 餃子酒販・大阪王 旬彩と海鮮・森田屋 明治屋 アンケラソ のんきや 丑寅 スタンドあじと やまき 浅見本店 酔来軒 楚々屋 ちょいのみてい やきとりとお酒・角一 勝田台 大衆酒場・菊富士2号店 大衆酒場・虎太郎 みなと刺身専門店 お加代本店 函太郎 工場直売店・かま栄カフェ ホルモン焼・やしま 焼鳥専門・伊志井 餃子とタンメン・天 もつ焼きエンジン 彦バル 天下泰平酒場2号店 エビスバー 目利きの銀次 ふじ屋 焼肉チャンピオン 回転寿し・トリトン HUB 杉山商店 ちょい虎 やきとり大雅 中野餃子やまよし やきとん大王 ふくしん 二升五合 酒房・まつい ささよし 三ノ輪・トイボックス、響くろ喜 大島酒場 立呑屋・佐々木 麺屋・たけ井 やきとり・鳥島 相模屋 酒処・大林 一之江 大衆酒場カネス 船堀食堂・百味家 船堀 大衆酒場・ぎんじ ホームベース2 中華酒場・風来坊・本店 酒蔵天狗・ちょい呑み家 まるちょう ベアー・フルーツ 中洲川端|黒豚とんこつ・金田家 ふじ たちのみ処・かすが 祇園・にしかわ キョウト 立ち飲み処・五郎ちゃん 焼鳥専問・鳥佳 国民酒場あさひや・じぃえんとるまん 成田屋酒店 ケイゾー・三条本店 とんちゃん 鶴見川橋もつ肉店 上野広小路 ぽん多本家 鰻割烹・伊豆栄本店 やす幸本店 蒼天・南口店 維新號・銀座本店 駒形どぜう本店 今半・国際通り本店 布・折鶴会館 てら 樫尾酒店本店 みよし 本とさや うな鐡 枡久 大衆酒場・魚問屋・魚政宗 住吉酒販 立ち飲みこにし あした家 ゑびす 立ち呑み・三ぶん ステーキ俺のグリル・銀座並木通 天龍本店 伊勢廣本店 おすもじ処・うを徳 さとう 仂く人の酒場・牛太郎 小樽洋菓子舗・ルタオ本店 若鶏時代・なると本店 十三屋大光 炭火焼とり・安喜 新宿栄寿司本店 もつ煮込み専門店・沼田 ビーフキッチンスタンド歌舞伎町店 よきこときく 大衆酒場肉のオカヤマ 立喰酒場金獅子 BOND|ボンド 立ち飲み食堂・大賀花|ダイガバナ 京都・二条城・北野白梅町 酒処・奴 はたがやレバー 喜美松 やきとん・たくちゃん 根岸|蒔田 鳥初 船橋 ヤキトン☆イチバンボシ 鳥勇・駅前店 牛豚もつ専門店・みやこ屋 越前屋田中酒店 もつ焼き・幸大 浅草・立呑み・洒落者 田原町・浅草 和ガリコ寅 いわもとQ 炭火串焼バル・ボスとん かわしろ商店 スナックパーク・阪神名物・いか焼き スミザキ精肉店 三吉橋フライ屋 市場食堂・横浜橋店 ウルフギャングパックピッツァ 足立酒店総本店 大阪(伊丹)空港 広東料理・酔来軒 虎ノ門 餃子マーケット 佐世保バーガービッグマン 立飲み屋・大久 そば田|立ち飲みのむ田 そば処港屋 大阪・動物園前・新今宮 溝畑酒店 酒処・ひらた 大阪・日本橋・難波 大阪・布施 立呑み・得一 まもる 鉄道バー駅 スタンド三国 大阪・日本橋 立ち呑み処・栄屋」玉ひも煮 肉呑処・平野精肉店 立呑み処・さんかく 大阪・新今宮・動物園前 まぐろや黒銀・黒門市場本店 居酒屋・ぴょん吉 寄り道ピザ酒場・Rocco やきとん小国 丸忠蒲鉾店 八角本店 葭川公園 和浦酒場・本店 花澤三友 中華料理・鳳龍 もつ焼ミツワ 下町酒場・憩 大衆酒場・高砂家 大衆酒場・山ろく とりあへず 大衆割烹ゑびす 串焼・丸真 氷屋ぴぃす とりあえず逢海 大衆酒場・おたる三幸 マルトマ食堂 炉端焼き・浜っ子 大通 もつ処・やまり あじこう SAPPORO餃子製造所 札幌シーフーズ・五十七番寿し ワールドワインバー 焼き鳥・錦 立ち呑みやきとん・すわ ちょっとばぁ お食事処・ときわ 大衆酒場・甲州屋 山根商店 小陽生煎饅頭屋 東新宿 フレッシュネスバーガー 西武新宿 つるかめ食堂・歌舞伎町店 串揚げざんまい・なかなか いまがわ食堂 角打ち・わかさや とんかつ・小田保 鰻・むさし乃 やきとん酒場・やまと屋 柿島屋 中華そば処・琴平荘 立飲酒場・富士見バル 立ち飲み・ドラム缶 居酒屋・蔵 立呑・稼鶏酒場 もつ焼・たつや もつやき亀田 スタミナ串焼き・仲垣 しらかめ ふぐ料理・生乃弥 千葉中央 餃子の店・おけ以 もつ焼・とんちゃん やきとん・あかり 飯田屋酒店 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おきてがみ
ブログランキング
月別アーカイブ
カテゴリ