FC2ブログ
2017-02-28(Tue)

渋谷「細雪」(居酒屋)[青柳刺身、串かつ、お新香]

渋谷『晩杯屋・渋谷道玄坂店』、『森本』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の山手線渋谷駅から歩いて3分ほどです

居酒屋細雪』です

ロケーションとしては渋谷駅ハチ公口を出てと言うか京王井の頭線西口を出てすぐで左側に歩くとすぐ左側にあります

と言うか『渋谷マークシティ』の横です

荒夜の酒場ハンター 渋谷細雪』編
平成29年(2017年)2月6日(月曜日)の様子

(渋谷 細雪)

店内は入り口入って一番奥に厨房、手前に4人掛けテーブル席が10卓ほどレイアウトされています

店員は厨房に60代頃の男性、ホールにママと呼ばれている60代頃の女性がいます

BGM はお客さんのガヤ声で消されているテレビ音声、灰皿は卓上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)

卓上にお品書きはなく壁にはメニューがあり、ビールの銘柄は不明ですが看板にはサッポロ樽生ビールと書かれています

フードメニュー
20170206-3-03.jpg

魚貝類の焼き物やフライ、簡単なツマミ、鍋物もあります

フードメニュー
20170206-3-04.jpg

野菜類、漬け物、サラダ、煮込、干物等あります

本日のおすすめ
20170206-3-05.jpg

女将さんがメモ用紙のようなコレを持って来てオススメと言うか刺し身が並んでいます

酎ハイ(300円)
20170206-3-06.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

青柳刺身(550円)
20170206-3-07.jpg

刺身類から目に付いたコレを注文し、旬でもない事だし普通に美味しい貝です

お新香(200円)
20170206-3-08.jpg

スピード的なコレを注文し、普通に美味しい白菜漬けです

サワー(300円)
20170206-3-09.jpg

2杯目はコレで女将さんにレモンですと出され確かにレモン系です

串かつ(350円)
20170206-3-10.jpg

揚げ物も注文し、ソースが出され千切りキャベツ、マヨネーズ、芥子が添えられてスライスレモンはのっています

ウスターソースと言うか少し醤油系で貧相なビジュアルですが安いんで値段相応でしょうか

渋谷の昭和な居酒屋でおすすめのお刺し身を食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1750円で200円のツマミが食べられる渋谷の酒場でした

住所:東京都渋谷区道玄坂2-8-9 市橋ビル1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-27(Mon)

渋谷「森本」(焼鳥)[レバ刺し、つくね、血きも、若鶏ねぎま、なんこつ]

渋谷『晩杯屋・渋谷道玄坂店』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の山手線渋谷駅から歩いて3分ほどです

焼鳥森本』です

ロケーションとしては渋谷駅ハチ公口を出てと言うか京王井の頭線西口と言うか『渋谷マークシティ』を出てすぐで

左側に歩いていると右側にあります

荒夜の酒場ハンター 渋谷森本』編
平成29年(2017年)2月6日(月曜日)の様子

(渋谷 森本)

店内は入り口入って少し奥に厨房と焼き台、厨房沿いに変型したLの字型のカウンターが14席ほど、

右側一番奥に4人掛けテーブル席が2卓ほどです

カウンターやテーブルの椅子は細い丸太の固定されたペアシートでカウンターには間に丸い椅子があります

店員は焼き台に60代頃の男性、厨房に60代頃の女性と50代頃の男女と30代頃の男性が2人ほどです

BGM はなく、テレビはなく、灰皿は店員さんに言えば出しており煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

お品書き
(グルメブログとは)

焼き鳥の部、野菜の部、お飲物があり東京軍鶏やゴンボってなんでしょうか

お品書き
20170206-2-03.jpg

コース御献立は3種類、刺身・うなぎ・野鳥の部、一品料理もあり、野鳥は値段が書かれておらず時価のようです
店内メニュー
20170206-2-04.jpg

お品書きとほぼ被っていますが木札に書かれたメニューもあります

レモンサワー(619円)
20170206-2-05.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

レバ刺し(838円)
20170206-2-06.jpg

鶏肉ですが刺し身類があるようなのでコレを注文します

店員さんに「すだちをかけてワサビ醤油で」と出され、ガリやネタの下にはワケギが敷かれてビジュアル的にはあからさまに

ボイルされて、このご時世で仕方無くいですね

食べかけ
20170206-2-07.jpg

芯が僅かにレアっぽいかなと思いつつレバー感は少なく普通に美味しい注文率が高いツマミです

つくね、血きも(各1本200円)
20170206-2-08.jpg

焼き物の注文は1本からで焼き方と言うか味付けはタレ、塩で焼き方は聞かれずネタ毎に決まっています

つくねは塩焼きで少し柑橘系の味がしてナンコツ感はなくホクホクとしたミンチで、

血きもはタレ焼きで鶏レバーでしょうけど血きもと言うほどかと思いつつ、まあ柔らかで普通に美味しく、

タレはトロミはなくアッサリとしてネタの旨味を引き出す仕様です

若鶏ねぎま(200円)、なんこつ(248円)
20170206-2-09.jpg

ねぎまは塩焼きで肉の歯応えが良くネギはあまーいですよ

なんこつも塩焼きでコリコリとして適度に肉が付いて普通に美味しいですね

レモンサワー(619円)
20170206-2-10.jpg

2杯目もコレにします

店員さんに真鴨の値段を聞くお客さんもおり、1本2000円と聞き驚いてやめてしまい、店員さんは「上質なモノで」と

説明しています

新規のお客さんに店員さんが飲み物を聞くも「手羽先」なんて言っている東南アジア系あたりの異国の男女もいます

渋谷の創業1948年の焼き鳥屋さんで希少な肉刺しを食べながらレモンサワーを飲むのも良いですね

会計は3157円で元祖つくね焼が食べられる渋谷の酒場でした

住所:東京都渋谷区道玄坂2-7-4 浜之上ビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-26(Sun)

渋谷「晩杯屋・道玄坂店」(立ち飲み居酒屋)[塩こんぶスズキ刺し、たくあん、里芋の唐揚げ]

渋谷に来ました

JR東日本の山手線渋谷駅から歩いて2、3分ほどです

立ち飲み居酒屋『晩杯屋・渋谷道玄坂店』です

ロケーションとしては渋谷駅西口を出て神泉方面へ歩き、向かい側にあるバスターミナルを過ぎて右側角に

『はなまるうどん渋谷西口店』がある通り歩き2つ目の右角を道なりに少し歩くと右側にあります

荒夜の酒場ハンター 渋谷『晩杯屋・渋谷道玄坂店』編
平成29年(2017年)2月6日(月曜日)の様子

(渋谷 晩杯屋・渋谷道玄坂店)

店内は入り口入って一番奥に厨房、厨房沿いと逆Lの字型の立ち飲みカウンター、手前に丸いスタンディングテーブルが

2卓ほど、店頭にスタンディングテーブルが1卓、2階、3階もあります

店員は厨房に40代頃の男性と30代頃の男性20代頃の男性、店員さんはヘッドセットを装備しています

BGM はテレビ音声、灰皿は全席禁煙でアイコス、水蒸気タバコOKです

ルールとしては特に書くような事はありません

お飲物
(グルメブログとは)

生ビールの銘柄は一番搾り500mlジョッキ、一番人気は緑茶割り、販売数量日本一の柑橘ハイもあります

本日のオススメ
20170206-1-03.jpg

2/17(金)新丸子店 2/20(月)保谷店 3/9(木)秋葉原店(160席全座り)オープンです

本日のおすすめ2/6、1月のおすすめ
20170206-1-04.jpg

ホワイトボードには今が旬!のカキ酢、もう2月ですが赤羽いこい直伝の大盛レバホルモンは80%増量です

ホッピー(セット)黒(370円)
20170206-1-05.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします


20170206-1-06.jpg

同時に中が出され店員さんに「飲まなかったら引きます」と言われます

塩こんぶスズキ刺し(180円)
20170206-1-07.jpg

ボードからおすすめの銚子産の刺身を注文し、少し淡白なんでオツな食べ方です

たくあん(110円)
20170206-1-08.jpg

薩摩しぼりと書かれて黄色くはなく、白いし塩分控え目のようです

中(220円)
20170206-1-09.jpg

一杯目を飲み干しカウンターの上にある中の入っているグラスを一応店員さんに「コレもらいますね」と言い

「氷も使って下さい」と言われます

里芋の唐揚げ(130円)
20170206-1-10.jpg

揚げ物も注文し、青海苔がかかって塩はこんなにかけなくてもと思いつつアッサリ里唐です

カウンター上にご注文票とボールペンが各所に置かれお客さんは誰も使わないで口頭でツマミを注文していますが、

コートにマフラーの重装備な年配のお客さんは一品につき注文票を1枚づつ使っています

渋谷のひるまっから晩杯屋で出世魚を食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1010円で鹿児島のソウルフードが食べられる渋谷の酒場でした

住所:東京都渋谷区道玄坂1-5-5 藤木ビル1F・2F・3F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-25(Sat)

蒲田「山田うどん」(居酒屋)[だう呑みおつまみセット・枝豆・冷奴、餃子、竹輪天]

蒲田『升本』、『もつ焼き・いとや』、『レバーランド』、『うなぎ家』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の京浜東北線蒲田駅から歩いて2分ほどです

居酒屋山田うどん』です

ロケーションとしては蒲田駅西口を出て左斜め上方向のサンライズ商店街を歩きアーケードを進んでいくと左側にあります

荒夜の酒場ハンター 蒲田山田うどん』編
平成29年(2017年)2月3日(金曜日)の様子

(蒲田 山田うどん)

店内は入り口入って一番奥に厨房、左側に2人掛けテーブル席が8卓ほど、右側に12人座れるの向かいあったカウンター席、

2階もあります

店員はホールに50代頃男性と20代頃の女性、厨房は良く見えません

BGM は酔いでもう不明、灰皿は食べログによると1階禁煙、2階喫煙可のようです

ルールとしては特に書くような事はありません

アルコールメニュー
(グルメブログとは)

生ビールの銘柄はサントリーのザ・プレミアム・モルツ、メガサイズの角ハイボールもあります

おつまみメニュー
20170203-5-03.jpg

100円~400円まで揚げ物、焼き物、煮物、サッパリ系等あります

だう呑みセット
20170203-5-04.jpg

蒲田店限定のセットでこの名称の由来や意味が良くわかりませんね

本来はうどん屋さんですが、店頭には赤提灯が点灯し意外とイケる山田呑みとあり居酒屋のカテゴリにしてしまい

と言うかうどんや定食類のメニューを全然撮っていないかったです

調味料
20170203-5-05.jpg

パンチセットはハイボールなんでコレにするも生ビールにも変更できるようです

醤油と塩が前面に出されメインが隠れていますね

だう呑みおつまみセット(400円)
20170203-5-06.jpg

みんなの定番お得セット!で生ビールと冷奴、枝豆が出されます

餃子(250円)
20170203-5-07.jpg

少し脂っぽいモノも注文し、コレも前面ではないですが調味料とともに出され酔いでもう余り覚えていないのですが

普通に美味しいですね

チューハイ・レモン(290円)
20170203-5-08.jpg

2杯目はサワー・ハイの中からコレにグラスのロゴマークの意味が良くわかりません

竹輪天(160円)
20170203-5-09.jpg

揚げ物も注文し、おろししょうが添えられて揚げ立ての感じが良く衣はサクサクですよ

蒲田のうどんチェーン店でセットのツマミを食べながら生ビールを飲むのも良いですね

会計は1100円で山田呑みが出来る蒲田のうどん屋さんでした

住所:東京都大田区西蒲田7-65-1

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-24(Fri)

蒲田「うなぎ家」(立ち飲み居酒屋)[うなぎ串焼、うなぎきも焼、うざく、おしんこ]

蒲田『升本』、『もつ焼き・いとや』、『レバーランド』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の京浜東北線蒲田駅から歩いて2分ほどです

立ち飲み居酒屋『うなぎ家』です

ロケーションとしては蒲田駅西口を出て西進しと言うか東急多摩川線沿いに矢口渡駅方面へ歩いて行くと右側で

バーボンロードにあります

荒夜の酒場ハンター 蒲田『うなぎ家』編
平成29年(2017年)2月3日(金曜日)の様子

(蒲田 うなぎ家)

店内は入り口入って少し左側奥に厨房と焼き台、厨房沿いにLの字型の立ち飲みカウンターがあります

店員は焼き台に店主と思しき50代頃の男性がいます

BGM はテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

店内メニュー
(グルメブログとは)

カウンター上にお品書きはなく壁のおしな書きには生ビールやサワー、イチオシのツマミもあります

店内メニュー
20170203-4-03.jpg

短冊に書かれたメニューややきとり等の串焼、仙台名物どんどん焼もあります

ボードメニュー
20170203-4-04.jpg

ホワイトボードには本日のおすすめでしょうか、多様な料理が並んでいます

ホッピー(350円)
20170203-4-05.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレで自動的にホッピー白でサワーグラスに作られ出されます

おしんこ(220円)
20170203-4-06.jpg

とりあえずスピード的なコレを注文し、たくあんときゅうりはやや古漬けでアジシオがかかって普通に美味しいですね

うなぎ串焼、うなぎきも焼(各1本300円)
20170203-4-07.jpg

うなぎ串焼はネタが柔らかでレベルの高い美味しさ、うなぎきも焼は真っ黒なビジュアルは焼き過ぎでイマイチ勿体無く

タレはトロミがありあまーいですよ

ホッピー(350円)
20170203-4-08.jpg

2杯目もコレにします

うざく(220円)
20170203-4-09.jpg

鰻の酢の物も注文し、大将がうなぎの細切れを炙ってきゅうりの三杯酢に盛られて、良い感じのカリカリ感がありますよ

蒲田の立ち飲み処で鰻の串焼きを食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は失念し単純計算だと1740円でうざくがサービスな蒲田の酒場でした

住所:東京都大田区西蒲田7-64-6

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-23(Thu)

蒲田「レバーランド」(立ち飲み居酒屋)[みそもつ煮込み、白レバー鉄板焼、枝豆]

蒲田『升本』、『もつ焼き・いとや』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の京浜東北線蒲田駅から歩いて3分ほどです

立ち飲み居酒屋レバーランド』です

ロケーションとしては蒲田駅西口を出て左斜め上側のアーケードのあるサンライズ商店街を直進し右奥側角に

はんこ屋さん21蒲田西口店がある2つ目の十字路を右折し少しすると右側にあります

荒夜の酒場ハンター 蒲田レバーランド』編
平成29年(2017年)2月3日(金曜日)の様子

(蒲田 レバーランド)

店内は入り口入って少し左側奥に厨房と焼き台、厨房沿いにLの字型の立ち飲みカウンター、

右側壁沿いに小さなスタンディングテーブルが4卓ほどです

店員は焼き台にねじり鉢巻な30代頃の男性、厨房に30代頃の男性と20代頃の女性がいます

BGM は邦楽ポップス、テレビは無音で放映され、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)

生ビールの銘柄はサッポロ黒ラベル、瓶ビールはサッポロラガーで所謂赤星です

レバーランドお料理メニュー
20170203-3-03.jpg

刺しもんの特製!!鶏ユッケ、レバラン名物の肉厚!!レバカツ、極逸品の牛すじこんにゃくゆずポン酢等あります

レバーランド日本酒
20170203-3-04.jpg

宮城、福島、秋田等の東北地方の地酒がメインです

本日のオススメ
20170203-3-05.jpg

レバラン!メンチカツ、自家製!!豚バラみそ串、カニあん出汁巻きの海鮮系もあります

こだわりの3冷ホッピー(金)(580円)
20170203-3-07.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレ3冷ホッピーを注文し、店員さんに「白黒金で」と言われ「金?」と聞くと

「55ホッピーを勝手に金と言っているんです」と説明され「金で」と言います

お通し(200円)
20170203-3-08.jpg

モノとしてはサラダと言うかサニーレタスでしょうか、茶漬けの素が入って味が付いていますと言われおかわり自由です

と言われます

枝豆(100円)
20170203-3-09.jpg

スピード的なコレを注文し、普通に美味しいですね

みそもつ煮込み(380円)
20170203-3-10.jpg

濃厚!!柚子香る!!と書かれて白髪ネギがのって人参、こんにゃく、ごぼうと煮込まれてそう濃厚でもなく比較的普通で、

酔いのせいか柚子感が余りないような気がします

白レバー
20170203-3-11.jpg

鉄板では白レバーを焼こうとしています

白レバー鉄板焼(420円)
20170203-3-12.jpg

新鮮!!レア焼きと書かれて白髪ネギがのってアヒージョ風でもあり、バターの香りが良い感じで芯まで見たりは

しなかったのですがオイリーでアツアツ仕様なんで火が通ってしまっているような気もします

チューハイ(300円)
20170203-3-13.jpg

2杯目はコレにします

蒲田の第2の我が家で脂の乗ったレバーを食べながら3冷ホッピーを飲むのも良いですね

会計は1980円で最後の楽園な蒲田の酒場でした

住所:東京都大田区西蒲田7-49-12 辻村ビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-22(Wed)

蒲田「もつ焼き・いとや」(居酒屋)[ればとろ刺、なんこつ、しろ、だんごつくね、マカロニサラダ]

蒲田『升本』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の京浜東北線蒲田駅から歩いて1,2分ほどです

居酒屋もつ焼き・いとや』です

ロケーションとしては蒲田駅西口を出て西口ロータリーを過ぎクロス通り商店街を蓮沼方面へ歩いていると左側にあります

荒夜の酒場ハンター 蒲田もつ焼き・いとや』編
平成29年(2017年)2月3日(金曜日)の様子

(蒲田 もつ焼き・いとや)

店内は入り口入って中央少し奥に厨房と焼き台、厨房沿いにコの字型のカウンターが30席ほど、

右側に4人掛けテーブル席が2卓ほどです

店員は焼き台30代頃の男性、厨房に30代頃の男性が3人ほどです

BGM はテレビ音声、灰皿は店員さんに言えば出しており煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)

生ビール・瓶ビールの銘柄はともに明記されておらず、横丁ハイボール等あります

フードメニュー
20170203-2-03.jpg

串、麺、刺身、一品料理があり、ればトロ・はらみ刺、牛もつ煮込み、マカロニサラダ、かしら・とろカツはお薦め品です

2月3日(金)
20170203-2-04.jpg

ホワイトボードにはお品書きと被っていますが本日のおすすめでしょうか

店内メニュー
20170203-2-05.jpg

木札に書かれた焼とんのネタが並び赤字は売り切れのようです

レモンサワー(420円)
20170203-2-06.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレでグラスの縁には塩が付けられ一部だけですがソルティードッグっぽく、どうせやるなら

グラスの縁をグルリと1周やって欲しいのですが、中身はシャーベット状な金宮焼酎のようで所謂シャリキンです

※「シャリキン」は、株式会社宮﨑本店の登録商標です。

ればとろ刺(450円)
20170203-2-07.jpg

ゆず胡椒が添えられて、胡麻油に浸されて刻みネギと白ゴマがのって、ボイルしたレバーの刺身で心もレア感はなく

このご時世でしょうがないんでしょうね、普通に美味しいですよ

マカロニサラダ(300円)
20170203-2-08.jpg

スピード的な自信ありと書かれているコレを注文し、ゆで卵のカケラ、きゅうり、ベーコン等が入って黒胡椒のパンチがあり、

マカロニはややアルデンテで食感が良いですね

なんこつ、しろ(各1本140円)
20170203-2-09.jpg

焼き物の注文は1本からで焼き方と言うか味付けは聞かれずネタ毎にきまっているようで自動的におまかせです

なんこつは塩焼きで一番上の筒の中に長ネギが入って意外な感じでと言うかこの系列のお約束でしたかゴリゴリな

食べ応えが良く、しろはタレ焼きでネタがワイドにデカッでタレはトロミがなくややあまーいですよ

チューハイ(380円)
20170203-2-10.jpg

2杯目はコレで店員さんに「グラス替えますか」と聞かれ「いいです」と言います

カットレモンが残っているから若干酎ハイ感がなくなりますがエコ仕様という事で・・・

だんごつくね(200円)
20170203-2-11.jpg

店員さんに「串があついんで」と出され鉄の串に刺され食べてみると味わいのある肉汁が溢れますよ

味噌
20170203-2-12.jpg

粒の山椒が入っているようで少し辛い系で元祖はもっとマイルドだったような気がしたのですが・・・

蒲田の白看板・提灯の飲み屋さんで、大串もつ焼きを食べながらシャリキンサワーを飲むのも良いですね

会計は2210円でカクテル風なサワーが飲める蒲田の酒場でした

住所:東京都大田区西蒲田7-29-3 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-21(Tue)

蒲田「升本・ますもと」(居酒屋)[ほろ酔い晩酌セット・ホッピー・まぐろぶつ、厚焼き玉子]

蒲田に来ました

JR東日本の京浜東北線蒲田駅から歩いて2分ほどです

居酒屋升本』です

ロケーションとしては蒲田駅西口を出て西口ロータリーを過ぎ右斜めのバス通りを歩き2つ目の信号の手前左側の

三角地帯のようなビルにあります

荒夜の酒場ハンター 蒲田升本』編
平成29年(2017年)2月3日(金曜日)の様子

(蒲田 升本)

店内は入り口入って一番奥に厨房、右側に6人掛けテーブル席が2卓、中央に4人掛けと12人掛けテーブル席、

左側に6人掛けテーブル席が3卓ほどです

店員は厨房に50代頃の男性が2人と40代頃の男性、ホールに50代頃の男性が2人ほどです

BGM は邦楽ポップス、テレビはなく、灰皿は卓上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

飲み物全品300円
(グルメブログとは)

生ビールの銘柄はアサヒスーパードライ、日本酒、地酒、サワー等あります

お料理全品300円
20170203-1-03.jpg

おつまみ、焼物、煮物、お刺身、揚げ物、天ぷら、一品料理、サラダ、ご飯ものもあります

店内メニュー
20170203-1-04.jpg

日本酒・高砂鶴は冷と燗、地酒・一の蔵、北の誉、武の井等の短冊メニューもあります

店内メニュー
20170203-1-05.jpg

麦・米・芋・泡盛・そば・しそ焼酎もあります

ボードメニュー
20170203-1-06.jpg

黒板には本日のおすすめでしょうか海鮮類などが並び、ホワイトボードには300円オーバーの煮付けや唐揚げもあります

店内メニュー
20170203-1-07.jpg

鍋物、そば・うどん、クロホッピーのポスターもあります

本日のお刺身
20170203-1-08.jpg

ホワイトボードには刺身がありカンパチ、スルメイカ、アジ、スズキ等あります

お通し
20170203-1-09.jpg

これで300円と思いつつ会計は1180円で安ッと思ったのですが・・・

ほろ酔い晩酌セット!!が500えんで※土、祝祭日を除く毎日!4時~6時迄内容はお通し、お飲物1杯、お料理1品

てな張り紙が店内メニューには見つからずお店の外に貼られています

システムが良くわからずホッピーを飲みたかったので余り意味ないのかと特にセットの注文はしなかったのですが

注文は端末で管理しており自動的か人為的かはわかりませんがセットが適用されたようです

セットが500円で料理1品と飲み物の中で1100円に消費税を付加すると1188円で1円単位切り捨てで

会計と合致します

モノとしてはスパサラで少し酸っぱい系でナルトやきゅうりが入っておりこれで300円を払うパターンはイマイチですかね

ホッピーセット
20170203-1-10.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

店員さんに「白でいいですか」と聞かれ「黒あります」と尋ねると「ハイ」と言われ「黒で」と注文します

まぐろぶつ
20170203-1-11.jpg

ここまではセットの範囲内で500円で、赤身のネタは普通に美味しいですね

厚焼き玉子(300円)
20170203-1-12.jpg

店員さんに「甘いとか甘くないとかありますが」と聞かれ「甘いヤツで」と注文します

大根おろしが添えられて、食べてみると当然少しあまーいくてフワフワとして焼き立てに勝るモノなしですよ

追加焼酎(300円)
20170203-1-13.jpg

焼酎のナカを貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

セットの焼酎の2倍ほどで料金の釣り合いを取っていますよ

蒲田の300円均一酒場で魚貝類を食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1180円でセットが嬉しい蒲田の酒場でした

住所:東京都大田区西蒲田7-6-1

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-20(Mon)

新中野「やるき」(居酒屋)[ポテトサラダ、タンドリーチキンやきとり、海老のタンドリー焼き]

中野富士見町『大衆酒場・焼き鳥・桂』で飲み新中野に来ました

東京メトロ地下鉄丸ノ内線新中野駅から歩いて3分ほどです

居酒屋やるき』です

ロケーションとしては新中野駅3版出口を出て鍋屋横丁の信号を中野富士見町方面へ直進し

十貫坂上の信号手前左側にあります

荒夜の酒場ハンター 新中野やるき』編
平成29年(2017年)1月31日(火曜日)の様子

(新中野 やるき)

店内は入り口入って右側少し奥にに厨房と焼き台、厨房沿いにLの字型のカウンターが7席ほど、

左側に4人掛けテーブル席が2卓と2人掛けテーブル席が1卓、2階もあります

店員は厨房にインドの方でしょうか40代頃の店主と思しき異国の男性、厨房に20代頃の女性が2人ほどです

BGM はラジオのFM放送、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

お飲みもの
(グルメブログとは)

生ビールの銘柄はアサヒスーパードライ、インドビール、インドワインもあります

お飲みもの
20170131-2-03.jpg

日本酒、泡盛、芋・黒糖・麦焼酎、キンミヤ焼酎ボトルもあります

フードメニュー
20170131-2-04.jpg

串焼き、魔法のスパイスの鶏からあげ、カレーライスの辛さは1カラ~10カラまであり

席料お一人様200円で外税方式です

フードメニュー
20170131-2-05.jpg

サラダ、骨付き特大マトンカルビステーキ、名物の牛もつ煮込みもあります

ボードメニュー
20170131-2-06.jpg

ホワイトボードには今日のオススメがありひと口サイズで食べやすい!あじのしそ巻きフライもあります

店内メニュー
20170131-2-07.jpg

ボードにはプレミアム日本酒、インドの定番ウイスキーのマクィントッシュもあります

レモンサワー(300円)
20170131-2-08.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

ポテトサラダ(300円)
20170131-2-09.jpg

じゃがいも、きゅうりや人参も少々入って、パクチーでしょうか、上にはミニトマトがのってカレー風味でこの料理としては

カラッですよ

タンドリーチキンやきとり(180円)、海老のタンドリー焼き(250円)
20170131-2-10.jpg

焼き物の注文は1本からで焼き方と言うか味付けは聞かれず自動的におまかせと言うか決まっていますね

店員さんに「辛いソースはお好みでどうぞ」と出されソースカレールウの辛口のような感じで、やきとりのモノ自体が辛めで

鶏肉の味が少しわかりにくいですね

海老は頭までカリカリとしてまるごと食べられ此方もソースを付けなくてもカラッ仕様ですよ

レモンサワー(300円)
20170131-2-11.jpg

2杯目もコレにします

カウンター席で飲んでいた常連さんはいつの間にか黙って2階へ行って飲み初めているようです

新中野の金宮焼酎のポスターの飲み屋さんで大串やきとりを食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1652円でスパイス&ハーブな新中野の酒場でした

住所:東京都中野区本町4-36-7 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-19(Sun)

中野富士見町「大衆酒場・焼き鳥・桂」(居酒屋)[レバー、ネギマ、ナンコツ、カシラ、とろタン]

中野富士見町に来ました

東京メトロ地下鉄丸ノ内線中野富士見町駅から歩いて1,2分ほどです

居酒屋大衆酒場・焼き鳥・桂』です

ロケーションとしては中野富士見町駅の出口を出て駅前の通りを中野新橋方面へ歩き最初の交差点を左折し少しすると

左側にあります

荒夜の酒場ハンター 中野富士見町大衆酒場・焼き鳥・桂』編
平成29年(2017年)1月31日(火曜日)の様子

(中野富士見町 大衆酒場・焼き鳥・桂)

店内は入り口入って右側に焼き台と厨房、厨房沿いにLの字型のカウンターが6席ほどと店員さんの出入口があり

ストレートなカウンターが4席ほど、左側に6人掛けテーブル席が1卓と2人掛けテーブル席が4卓ほど、

一番奥に6人掛けテーブル席もあります

店員は焼き台に少し厳つい胸元に金のネックレスが光る店主と思しき30代頃の男性、ホールに30代頃の女性がいます

BGM は邦楽ポップスと言うか昭和な歌謡曲、テレビもあり音声は低め、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に

吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)

生ビールの銘柄はサッポロ黒ラベル、瓶ビールは赤星サッポロラガーです

フードメニュー
20170131-1-03.jpg

当店自慢の五本盛合せ、定番串、創作・野菜串、希少部位、サラダ、御飯物、一品等あります

ボードメニュー
20170131-1-04.jpg

ホワイトボードには本日のオススメでしょうか刺身、箸休め、炭焼等あります

店内メニュー
20170131-1-05.jpg

お品書きと被っていますが、短冊に書かれたメニューや良く見えませんがオススメの日本酒もあります

ウンチク
20170131-1-06.jpg

日本でもっとも「大先輩」なビールブランドとかサッポロラガーについて書かれています

ホッピー(黒)セット(450円)
20170131-1-07.jpg

今日飲む1杯目のお酒はコレにします

レバー(100円)、ネギマ(130円)
20170131-1-08.jpg

焼き物の注文は1本からで焼き方と言うか味付けはタレと塩でネタ毎に決まっています

レバーは若焼きでトロトロとして今や絶滅危惧種になりつつある下手なレバ刺しを食べるよりは良いですよ

ネギマは一番下にシシトウも挟まれ普通に美味しく、タレはトロミが少しありあまーいくはなくないですね

ナンコツ(150円)、カシラ(100円)
20170131-1-09.jpg

ナンコツは肉が少し付いてコリコリ、焼とんも食べカシラは歯応えが良く、焼き物は総じてシッカリ焼かない系です

きゅうり(味噌マヨ)(280円)
20170131-1-10.jpg

スピード的なコレを注文し、味噌は豆板醤系で少し辛口仕様です

中(250円)
20170131-1-11.jpg

焼酎のナカを貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

30円追加で金宮シャリキンもあります

※「シャリキン」は、株式会社宮﨑本店の登録商標です。

とろタン、つなぎ(各1本180円)
20170131-1-12.jpg

希少なネタからも2本焼いてもらいます

とろタンは肉厚でジューシー、つなぎはタレもう少し甘くてもと思いつつ食感はクニュクニュとしています

店員さん達はお店の前を歩いているお客さんの呼び込みに積極的ですよ

グループのお客さんはホッピー黒を注文し黒ビールみたいと店員さんに話してます

中野富士見町駅近の赤提灯で数量限定の焼き鳥を食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1870円で焼鳥自慢な中野富士見町の酒場でした

住所:東京都中野区弥生町5-27-1 協和ビル参番館 1C

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-18(Sat)

池袋「やきとんだいだら」(居酒屋)[ねぎ間、せせり、レバー、シロ、極厚ハムカツ、コチュマヨもやし]

恵比寿『ヱビスビール記念館』、『賛否両論・KAKUUCHI』で飲み池袋に来ました

JR東日本の山手線池袋駅から歩いて5分ほどです

居酒屋やきとんだいだら』です

ロケーションとしては池袋駅西口側の1aのマルイシティ池袋出口を出て立教通り商店街を西進し突き当りを左折し

直進し最初の交差点を左折し歩いて行くと左側に東武西池袋サンライトマンションがありその半地下です

荒夜の酒場ハンター 池袋やきとんだいだら』編
平成29年(2017年)1月27日(金曜日)の様子

(池袋 やきとんだいだら)

店内は入り口入って右側少し奥に厨房と焼き台、厨房沿いにLの字型のカウンターが14席ほど、

右奥に2人掛けテーブル席をレイアウトし30人ほど吸われます

店員は焼き台に20代頃の男性、厨房に20代頃男性3人と女性が1人です

BGM は洋楽ポップスと言うかレゲエ、テレビはありますが電源オフ、灰皿は店員に言えば出しており煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)

生ビールはサッポロ、瓶ビールの銘柄は赤星でサッポロラガーエビスブラック等あります

フードメニュー
20170127-3-03.jpg

やきとん、やきとり、こだわりの、やさいと、逸品、とりあえず、サラダ、あげもん、〆くくり等あります

オススメドリンク
20170127-3-04.jpg

日本酒、白赤ワイン、ワインカクテル等あります

本日のオススメ
20170127-3-05.jpg

ガツ、コブクロ、鳥ササミの刺し身もあります

ホッピー(黒)(350円)
20170127-3-06.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

ねぎ間、せせり(各1本120円)
20170127-3-07.jpg

焼き物の注文は1本からで焼き方と言うか味付けはタレ、塩、味噌等で特に聞かれず自動的におまかせになります

塩と黒胡椒で焼かれ、ねぎまは鶏肉がデカッ食べ応えがあり、せせりは脂感は普通ですね

極厚ハムカツマカロニサラダ添え(380円)
20170127-3-08.jpg

揚げ物も注文し、極厚の割にビジュアルはショボッ、マカロニサラダも名前に付いている割りにショボッ

水菜の方が多いですよ

食べかけ
20170127-3-09.jpg

食べてみるとハムと言うか少しソーセージ的な感じですかね

中(230円)
20170127-3-10.jpg

焼酎のナカを貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

ガリしそ冷トマト(280円)
20170127-3-11.jpg

大葉、刻まれたガリ、白ごまがトマトに和えられてガリ感が少なく普通に美味しいですね

レバー(100円)
20170127-3-12.jpg

タレで焼かれ芯はやや若焼きで食感良いですよ

シロ(100円)
20170127-3-13.jpg

これもタレで普通に美味しくタレはややあまーいですよ

下町ハイボール(300円)
20170127-3-14.jpg

3杯目はコレでキンキンに冷えたジョッキに注がれています

コチュマヨもやし(150円)
20170127-3-15.jpg

卽と書かれてスピード的なコレを注文し、白ゴマがかかって調味料ともやしは別かと思いつつ和えられていて

コチュジャンが控えめのマイルドで良い感じで単なるマヨネーズ好きかもしれませんがカロリーも高そうですよ

池袋の白提灯の飲み屋さんで焼き物を食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は2080円で下町ハイボールが飲める池袋の酒場でした

住所:東京都豊島区西池袋3-33-17

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-17(Fri)

恵比寿「賛否両論・KAKUUCHI|角打ち」(立ち飲み居酒屋)[南蛮漬け、マグロユッケ、煮物]

恵比寿『ヱビスビール記念館』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の山手線恵比寿駅から歩いて6分ほどです

ビアホール『賛否両論・KAKUUCHI』です

ロケーションとしては恵比寿駅東口を出て動く通路「恵比寿スカイウォーク」で4,5分ほど進み恵比寿ガーデンプレイス内の

『BRICK END』にあります

荒夜の酒場ハンター 恵比寿『賛否両論・KAKUUCHI』編
平成29年(2017年)1月27日(金曜日)の様子

20170127-2-01.jpg

店内は入り口入って左側に厨房、中央に10人掛けテーブル席、右側に2人掛けテーブル席が5卓ほど、

店頭に丸いスタンディングテーブルが4卓ほどです

店員は厨房に50代頃の男性が2人、ホールに20代頃の女性が2人です

BGMはなく、テレビはなく、灰皿は卓上になく禁煙でしょう

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
20170127-2-03.jpg

ビール、ハイボール、焼酎、ワイン、日本酒、ソフトドリンクもあります

ドリンクメニュー
20170127-2-02.jpg

日本酒は地酒、焼酎、果実酒もあります

KAKUUCHIの酒肴
20170127-2-04.jpg

自慢の海鮮料理のネタは確認して下さい

ボードメニュー
20170127-2-05.jpg

黒板にはおすすめ日本酒、シャンパン、ワインはグラス、温かいお料理や食べ物もあります

ボードメニュー
20170127-2-06.jpg

お寿司、おつくり、合鴨料理もあります

フードカウンター
20170127-2-07.jpg

厨房手前側の棚には揚げ物、煮物、サラダ等が並びセルフサービスです

フードカウンター
20170127-2-08.jpg

きんぴら、サラダ等もありますです

フードカウンター
20170127-2-09.jpg

大学イモ、玉子焼、山椒煮等あります

恵比寿本店から今日の一品
20170127-2-10.jpg

この2品が本店からの出し物です

ハイボール(600円)
20170127-2-11.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

南蛮漬け(300円)
20170127-2-12.jpg

スピード的なコレを注文し、と言うか作り置きなんで時間はかかりませんね

パプリカ、玉ねぎ、ぶなしめじ、薄切りの筍等が入って魚のネタアジでしょうか、普通に美味しいですね

鶏肉と大根の煮物(400円)
20170127-2-13.jpg

本店から今日の一品からコレでややあまーいく出汁がきいて普通に美味しいですよ

マグロユッケ(800円)
20170127-2-14.jpg

大根、人参、紫玉ねぎ、水菜、かいわれ大根等に卵黄にマグロは漬けシッカリ感があり普通に美味しいマグロです

グラスワイン(白)(700円)
20170127-2-15.jpg

2杯目は賛否両論オリジナルのスペイン産ワインでサッパリと言うかマイルドです

窓側のテーブル席で飲んでいると外ではJR線が走っています

恵比寿のガラス張りの和食屋さんでおすすめ料理を食べながらハイボールを飲むのも良いですね

会計は3024円で座れる角打ちな恵比寿の酒場でした

住所:東京都目黒区三田1-13-4 恵比寿ガーデンプレイス BRICK END

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-16(Thu)

恵比寿「ヱビスビール記念館」(ビアホール)[ヱビスセット・華やぎの時間、オリジナルプレート]

恵比寿に来ました

JR東日本の山手線恵比寿駅から歩いて6分ほどです

ビアホール『ヱビスビール記念館』です

ロケーションとしては恵比寿駅東口を出て動く通路「恵比寿スカイウォーク」で4,5分ほど進み恵比寿ガーデンプレイス内の

恵比寿三越』の地下1階に入り口があります

荒夜の酒場ハンター 恵比寿『ヱビスビール記念館』編
平成29年(2017年)1月27日(金曜日)の様子

(恵比寿 ヱビス記念館)

ヱビスツアーなる見学コースがあり参加費500円で試飲が2杯まで出来るようで、施設の受付の方に聞くと

見学に50分位かかると言われ断念し自由見学にします

エビス様
(グルメブログとは)

ヱビスビールのデカッな缶のオブジェが入り口横にあります

タンク
20170127-1-03.jpg

中央奥にはビールのタンクが鎮座しています

ギャラリー
20170127-1-04.jpg

レトロなポスターが並んでいます

テイスティングサロン
20170127-1-06.jpg

店内は入り口入って一番奥にカウンターバーと言うかビアサーバー、料理を作る厨房は見えません

左側に2人掛けテーブル席20卓ほどレイアウトされ、右側にはざっと20人ほど座れるテーブル席、

店頭に2人掛けテーブル席が20卓ほどレイアウトされています

店員はビアカウンターに30代頃の男女、ホールに20代頃の男女がいます

BGMはなく、テレビはなく、灰皿は卓上になく禁煙でしょう

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか事前にコイン購入し代金前金制で都度払いです

テイスティングサロンメニュー
20170127-1-07.jpg

ドリンクはヱビスコイン1枚で400円均一です

プレミアム・ヱビス
20170127-1-08.jpg

フレンチの巨匠ジョエル・ロブションと共同開発したビールのようです

フードメニュー
20170127-1-09.jpg

お好きなヱビスが選べるセットやビールに合いそうな料理が並んでいます

コイン券売機
20170127-1-10.jpg

コイン
20170127-1-11.jpg

800円で2枚購入します

ビールサーバー
20170127-1-12.jpg

正装なお姉さんがビールを注いでいます

ヱビスセット(800円)
20170127-1-13.jpg

今日飲むお酒はセット商品で選択したビールは樽生杯数限定のヱビスwithジョエル・ロブションで華やぎの時間です

食杯や食前酒にと謳われていますが、飲んでみると少しニガッ飲みごたえがあります

オリジナルプレート
20170127-1-14.jpg

簡単なツマミで良いとコレを注文し、ビールは当然スグに貰えるのですがコレはそんなに忙しそうでもないのですが

12分ほど待ちます

バケットは4枚も要らないと思いつつ、生ハムは折って重っていてガッツリ感があり、クリームチーズに黒胡椒がかかって

パンチがあり、サラダは水菜等にサッパリドレッシングで食べやすいですよ

オープンエアーな館内で見学コースの様子が見えこの狭いエリアで見学に50分近くもかかるのかと思いつつ、

テーブル席に座って案内のお姉さんとジャンケン大会もしており何かもらえるのかな

恵比寿のビールミュージアムでプレート料理を食べながらプレミアムな生ビールを飲むのも良いですね

会計は800円で数量限定のビールが飲める恵比寿のビアホールでした

住所:東京都渋谷区恵比寿4-20-1 恵比寿ガーデンプレイス内

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-15(Wed)

新小岩「鳥益・とります」(居酒屋)[にこみ]

新小岩『しげきん』、『わか』、『くら・新小岩店』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の総武本線新小岩駅から歩いて2分ほどです

居酒屋鳥益』です

ロケーションとしては新小岩駅北口を出て北口商店街を直進し3つ目の十字路を右折し少しすると左側にあります

荒夜の酒場ハンター 新小岩鳥益』編
平成29年(2017年)1月25日(水曜日)の様子

(新小岩 鳥益)

店内は入り口入って左側に厨房と焼き台沿いにカウンターが7席ほど、右側に小上がりが4人が3卓ほど

店員は厨房入口近く側に60代頃の女性と言うかお母さんがおり、奥に大将がいるかは酔いで気が付かなかったです

テレビはあったような、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ボードメニュー
(グルメブログとは)

カウンター上にお品書きはなく黒板には刺し身、揚げ物、焼き物、鍋もあります

おすすめ
20170125-6-03.jpg

ほぼ魚貝類で占められてどぜう鍋、〆物、ぬた、フライ等あります

ショーケース
20170125-6-04.jpg

短冊に書かれたネタのメニューもあります

店内メニュー
20170125-6-05.jpg

博水社のハイサワーのポスターや酒棚にはキープボトルも並んでいます

瓶ビール(値段は不明)
20170125-6-06.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレで1枚紙に生絞りグレープハイ400円なんてありますが酒類のお品書きは

見つからなく食べログによると630円のようです

お通し(値段は不明)
20170125-6-07.jpg

会計を失念し値段はわからずモノとしてはおからで普通に美味しいですね

にこみ(400円)
20170125-6-08.jpg

焼き物はもう食べて来たのでイヤ今日は食べていなかったかと思いつつ目に付いたコレにします

量が多くて味噌味がバッチリきいています酔いでもう余り良くわかりませんよ

隣で飲んでいる年配のお客さんと意気投合し給料日という事でしょうか、誘われてオネーチャンがいるお店に行くのでした

新小岩の古びた提灯の奥で味自まんのに煮込みを食べながら瓶ビールを飲むのも良いですね

会計は失念し1200円ほどでしょうか名物にこみが食べられる新小岩の酒場でした

住所:東京都葛飾区西新小岩1-7-13

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-14(Tue)

新小岩「くら・新小岩店」(立ち飲み居酒屋)[まぐろ刺身、ポテトフライ]

新小岩『しげきん』、『わか』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の総武本線新小岩駅から歩いて2分ほどです

立ち飲み居酒屋くら・新小岩店』です

ロケーションとしては新小岩駅南口を出てバスのロータリーを右方向に歩き、仲通り会商店街を直進し2つ目の十字路を

右折し少しすると左側にあります

荒夜の酒場ハンター 新小岩くら・新小岩店』編
平成29年(2017年)1月25日(水曜日)の様子

(新小岩 くら・新小岩店)

店内は入り口入って少し右側奥に厨房、厨房沿いにLの字型の立ち飲みカウンター、

左側に長方形なスタンディングテーブルが4卓ほど、右側手前壁沿いにも立ち飲みカウンターがあります

店員は厨房に20代頃の男性が2人、ホールにママと呼ばれている30代頃の女性がいます

BGM はテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うかチケット制です

お飲み物
(グルメブログとは)

生ビールの銘柄はキリンの淡麗生、瓶ビールは一番搾り、酎ハイ・サワー等あります

おつまみ
20170125-5-03.jpg

まぐろ料理、焼き物、揚げ物、煮物、お刺身はモツや地鶏もあります

店内メニュー
20170125-5-04.jpg

お品書きと被っていますが、短冊に書かれたメニューもあります

金券
20170125-5-05.jpg

とりあえず金券1000円分を購入し500円で550円分使えます

黒ホッピー(400円)
20170125-5-06.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

まぐろ刺身(300円)
20170125-5-07.jpg

まぐろ料理から刺身を注文し、三崎港直送と思いつつ普通に美味しいまぐろですよ

ポテトフライ(200円)
20170125-5-08.jpg

揚げ物も注文し、トマトケチャップが添えられてあからさまな冷凍的なヤツですが安いんで問題ないですね

なか(おかわり焼酎)(100円)
20170125-5-09.jpg

焼酎の中を貰いもう1杯ホッピーを飲みます

なか(おかわり焼酎)(100円)
20170125-5-10.jpg

更に焼酎の中を貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

常連さんでしょうか、ジョッキを片手にスマートフォンで通話し放題ですよ

新小岩の金券立ち呑み処で自慢のまぐろ料理を食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1000円で焼酎おかわりが100円な新小岩の酒場でした

住所:東京都葛飾区新小岩1-22-10 トーアファンシービル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-13(Mon)

新小岩「わか」(立ち飲み居酒屋)[おでん・昆布、ちくわぶ、ポテトサラダ、いわしの梅煮]

新小岩『しげきん』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の総武本線新小岩駅から歩いて1,2分ほどです

立ち飲み居酒屋わか』です

ロケーションとしては新小岩駅南口を出てバスのロータリーを左方向に歩き、東京都道308号千住小松川葛西沖線

(通称:平和橋通り)を船堀方面へ歩き、右側に『日本海新小岩店』がある奥側の右角を右折し細い路地を

少し歩くと右側にあります

荒夜の酒場ハンター 新小岩わか』編
平成29年(2017年)1月25日(水曜日)の様子

(新小岩 わか)

店内は入り口入って右側に厨房、厨房沿いにコの字型の立ち飲みカウンター、左側壁沿いにも立ち飲みカウンターです

店員は厨房に60代頃の男性と50代頃の男性がいます

BGM はテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか代金前金制で都度払いです

飲み物
(グルメブログとは)

カウンター上にお品書きはなく壁にメニューがあります

ボードメニュー
20170125-4-03.jpg

ホワイトボードにはツマミが並び100円からで最高値は500円の刺身盛りです

店内メニュー
20170125-4-04.jpg

此方は魚貝類や肉の焼き物やフライが並んでいます

おでん
20170125-4-05.jpg

一品100円均一のようです

ショーケース
20170125-4-06.jpg

焼き鳥、焼とん等の焼き物のネタが並んでいます


20170125-4-07.jpg

大皿にはレバニラ炒めが盛られ、グラタンもあります

ホッピーセット(黒)(350円)
20170125-4-08.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

おでん・昆布、ちくわぶ(各100円)
20170125-4-09.jpg

さつま揚げはないようで、2つほどもらい薄味で優しいですよ

ホッピー中(150円)
20170125-4-10.jpg

焼酎の中を貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

ポテトサラダ(200円)
20170125-4-11.jpg

スパサラダはないようでパプリカ、サニーレタス、かいわれ大根等が敷かれて上にはフライドオニオンも盛られ豪華で

酸っぱいフレンチドレッシングでしょうかかかっており必要ないと思いますが安いし普通に美味しいですね

ホッピー中(150円)
20170125-4-12.jpg

更に焼酎の中を貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

いわしの梅煮(100円)も食べましたが写真を撮り忘れ、店員さんに熱いよと出され薄味で身がしまっていて

美味しいですよ

和服姿な年配のお姉さんは店員さんに生ビールを奢ったりしてます

年配のお客さんが入るなり「日本酒に冷氷一杯入れて」なんて注文し、店員さんは躊躇しながらも日本酒1杯と

サワーグラスに氷を入れて出し、日本酒をサワーグラスに入れて飲んでいます

新小岩の路地裏の立ち飲み屋さんで味自慢のおでんを食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1150円で100円のツマミが食べられる新小岩の酒場でした

住所:東京都葛飾区新小岩1-49-12

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-12(Sun)

新小岩「しげきん」(立ち飲み居酒屋)[まぐろぬた、しゃけ大根煮、あじ叩き]

新小岩に来ました

JR東日本の総武本線新小岩駅から歩いて1,2分ほどです

立ち飲み居酒屋しげきん』です

ロケーションとしては新小岩駅南口を出てバスのロータリーの先にある一番街商店街を歩いて行き最初の十字路の

右側手前の角にあります

荒夜の酒場ハンター 新小岩しげきん』編
平成29年(2017年)1月25日(水曜日)の様子

(新小岩 しげきん)

店内は入り口入って左側に厨房、厨房沿いに立ち飲みカウンター、右側一番奥に小上がりがあり4人卓が2つと

2人掛けテーブル席が2卓、右側手前壁沿いにLの字型の立ち飲みカウンター、長方形なスタンディングテーブル2卓と

丸いスタンディングテーブル1卓ほどです

店員は厨房に店主と思しき50代頃の男性と30代頃の女性と50代頃の男性と50代頃の少し男前チックな女性、

ホールに30代頃の男性もいます

BGM はテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

店内メニュー
(グルメブログとは)

カウンター上にお品書きはなく短冊に書かれたメニューがあります

店内メニュー
20170125-3-03.jpg

料理全品340円と言いつつ特別料理もあり小柱かき揚は450円です

店内メニュー
20170125-3-04.jpg

魚貝類の刺身、酢の物、焼き物、揚げ物、たたき等あります

店内メニュー
20170125-3-05.jpg

半分組は170円、馬さし、鳥唐揚、やきとり、煮込み等あります

ショーケース
20170125-3-06.jpg

新鮮そうな魚が並んでいます

レモンハイ(240円)
20170125-3-07.jpg

今日飲む1杯目のお酒はコレにします

まぐろぬた(340円)
20170125-3-08.jpg

とりあえずナマモノから注文し、ワカメや長ネギも添えられています

食べかけ
20170125-3-09.jpg

グリグリとかき混ぜて酢味噌がマッタリと良い感じでマグロの色は普通ですがトロトロと美味しいですよ

しゃけ大根煮(340円)
20170125-3-10.jpg

煮物も注文し、三平汁風で塩と鮭の味でなぜか少し大根のクセはありますが鮭は素朴な味で良いですね

レモンハイ(240円)
20170125-3-11.jpg

2杯目もコレにします

あじ叩き(340円)
20170125-3-12.jpg

青魚も食べ、おろし生姜やワカメが添えられてネタの歯応えが良い感じで新鮮ですよ

常連さんはカウンター越しに大将と築地の豊洲移転談義をしています

新小岩の大衆居酒屋で一捻りした魚料理を食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1500円でツマミが340円均一な新小岩の酒場でした

住所:東京都葛飾区新小岩1-30-8

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-11(Sat)

池袋「ゴディバ」(スイーツ)[ショコリキサー・ホワイトチョコレート・ストロベリーパルフェ]

池袋『ショコラモンサンクレール』で食べもう1軒行きますね

JR東日本の山手線池袋駅から歩いて2分ほどです

スイーツゴディバ』です

ロケーションとしては池袋駅構内に接続している西武池袋本店の7階(南)催事場で開催されている

『チョコレートパラダイス2017』です

荒夜の酒場ハンター 池袋ゴディバ』編
平成29年(2017年)1月25日(水曜日)の様子

(池袋 ゴディバ)

店内はイベント会場のブースで厨房は仕切りで見えなく、外側の左横に丸いスタンディングテーブルが4卓ほどです

店員はレジにデパートからの店員さんでしょうか女性がいます

BGM は店内アナウンス、灰皿は禁煙でしょう

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか代金前金制で都度払いです

メニュー
(グルメブログとは)

限定品はショコリキサー・ミルクチョコレート・カフェラテです

ショコリキサー・ホワイトチョコレート・ストロベリーパルフェ(650円)
20170125-2-03.jpg

此方のほうがロゴマーク入りのチョコがのって絵的に良くまだサッパリとしていそうなんでコレにします

と思いつつ、まさかのチョコレートのゴディバのロゴマークが隠れて見えません


20170125-2-04.jpg

他のお客さんのモノをチラッと見てみると同様でワザとこのようにしているのでしょうか

ロゴ
20170125-2-05.jpg

ロゴが見えるように裏返しにしました

上モノのクリームは甘味が余りなく、下のストロベリーな液体は果実感があり少しあまーいく、

縁にちりばめられている粒のチョコレートはニガッですよ

池袋のチョコイベントでチョコレートのドリンクを飲むのも良いですね

会計は650円でチョコリキサーが飲める池袋の催事場でした

住所:東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 7F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-10(Fri)

池袋「自由が丘・ショコラモンサンクレール」(スイーツ)[ショコラソフト]

池袋に来ました

JR東日本の山手線池袋駅から歩いて2分ほどです

スイーツ『ショコラモンサンクレール』です

ロケーションとしては池袋駅構内に接続している西武池袋本店の7階(南)催事場で開催されている

『チョコレートパラダイス2017』です

荒夜の酒場ハンター 池袋『ショコラモンサンクレール』編
平成29年(2017年)1月25日(水曜日)の様子

(池袋 ショコラモンサンクレール)

店内は簡易な厨房と言うか3口あるソフトクリームメーカーが2台で、会場内に共有のフードコートにスタンディングテーブルや

テーブル席があります

店員は20代頃の職人的男性、レジはたぶんデパートからの男性店員1人です

BGM は店内アナウンス、灰皿は禁煙でしょう

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか代金前金制で都度払いです

売り場
(グルメブログとは)

バレンタインデー用でしょうかチョコレートが並んでいます

メニュー
20170125-1-03.jpg

どれも限定のソフトクリームで写真はチョコレートのイベントですがシシリアンピスターシュです

厨房
20170125-1-04.jpg

ぐるぐると作っています

ショコラソフト(500円)
20170125-1-05.jpg

3択からコレで、店員さん501円ですかと値段を確認すると税込501円ですと言われピッタリで支払うと

ややこしいのですが500円ですと1円は却下になります

食べかけ
20170125-1-06.jpg

少し硬めのジェラート風でそう甘くもなくカカオマスが多めで香ばしくコーンはカリカリと普通に美味しいですよ

池袋のチョコレートイベントで濃厚なソフトクリームを食べるのも良いですね

会計は500円で限定ソフトクリームが食べられる池袋の催事場でした

住所:東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店 7F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-09(Thu)

有楽町・日比谷「ドラム缶・銀座本店」(立ち飲み居酒屋)[肉だんご、キムチ冷奴、イカ明太子]

新橋『晩杯屋銀座店』、『壱番館』、『炉縁』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の山手線有楽町駅から歩いて2、3分ほどです

立ち飲み居酒屋ドラム缶・銀座本店』です

ロケーションとしては有楽町駅銀座口を出て線路沿いと言うかガード下を新橋方面へ歩き

東京都道304号日比谷豊洲埠頭東雲町線(通称:晴海通り)を銀座方面へ歩き数寄屋橋公園と東急プラザ銀座の間の

路地を歩いて行くと右側のビルの2階にあります

荒夜の酒場ハンター 有楽町ドラム缶・銀座本店』編
平成29年(2017年)1月23日(月曜日)の様子

(有楽町 ドラム缶・銀座本店)

店内は入り口入って奥に厨房、厨房沿いに立ち飲みカウンター、左側にドラム缶なスタンディングテーブルが4卓ほどです

店員は厨房に30代頃の店長と思しき男性と20代頃の女性がいます

BGM はテレビ音声、灰皿は店員に言えば出している

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか代金前金制で都度払いです

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)

カウンター上にお品書きはなく店内には短冊に書かれたメニューがあります

店内メニュー
20170123-4-03.jpg

一人3杯までの梅割りや次の日おきれない日本酒もあります

店内メニュー
20170123-4-04.jpg

ホッピービバレッジ株式会社のポスター、コダマ飲料の短冊もあります

店内メニュー
20170123-4-05.jpg

数量限定マグロのグラム売り、だし割りもあります

本日のオススメあて
20170123-4-06.jpg

黒板にはおすすめ料理や短冊メニューもあります

ホッピーセット・黒(300円)
20170123-4-07.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

肉だんご(3コ100円)
20170123-4-08.jpg

とりあえず肉食系からコレを注文し、ビジュアルは冷凍的な気もしますが普通に美味しいですね

中(100円)
20170123-4-09.jpg

焼酎の中を貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

キムチ冷奴(250円)
20170123-4-10.jpg

スピード的なコレを注文し、肉団子と比較して少し高いかなと思いつつキムチも普通に美味しいですよ

中(100円)
20170123-4-11.jpg

更に、焼酎の中を貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

チューハイ(150円)
20170123-4-12.jpg

イカ明太子(150円)
20170123-4-13.jpg

もうマグロブロックまで食べるほどではないので簡易なコレをややカラなイカです

銀座のドラム缶酒場で簡素なツマミを食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1150円でドラム缶で飲める銀座の酒場でした

住所:東京都中央区銀座6-3-5 第1高橋ビル 2F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-08(Wed)

新橋「炉縁」(立ち飲み居酒屋)[500円セット、おまかせ串5本盛り合せ・鴨ねぎ・ぎょろっけ]

新橋『晩杯屋銀座店』、『壱番館』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の山手線新橋駅から歩いて2分ほどです

立ち飲み居酒屋炉縁』です

ロケーションとしては新橋駅日比谷口を出て新橋駅前SL広場を歩き『PRONTO・新橋駅前店』が左角にある

細い路地を歩いて行くと右側にあります

荒夜の酒場ハンター 新橋炉縁』編
平成29年(2017年)1月23日(月曜日)の様子

(新橋 炉縁)

店内は入り口入って一番奥に厨房、囲炉裏が中央にある4人ほどのスタンディングテーブルが4卓ほどと

6人ほどのスタンディングテーブルが1卓です

店員は厨房30代頃の男性、ホールに40代頃と20代頃の男性がいます

BGM は邦楽ポップスと言うか美空ひばり、灰皿は卓上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

セットメニュー&ドリンク
(グルメブログとは)

お疲れ様・晩酌・500円セット、生ビールの銘柄はサントリーのザ・モルツ、瓶ビールはザ・プレミアム・モルツです

ドリンク&串
20170123-3-03.jpg

佐賀の名酒、囲炉裏で焼く佐賀の食材もあります

フードメニュー&ランチ
20170123-3-04.jpg

新鮮なお刺身、ありたどりの生つくね等もあります

店内メニュー
20170123-3-05.jpg

お品書きと被りますが短冊に書かれたメニューやボードメニューもあります

生ビール
20170123-3-06.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒は店長でしょうか、500円セットが安いからと薦められ生ビールを選択します

19:00まででマル秘と書かれてお得なようです

本日の小鉢
20170123-3-07.jpg

セットの小鉢は春巻きの皮に餡はマッシュされたじゃがいもでしょうか、マヨネーズも添えられて揚げ立てなんで

普通に美味しいですね

囲炉裏
20170123-3-08.jpg

お得!!店長オススメ!!と張り紙に書かれている串盛りを注文します

厨房で7割ほど焼いてくれ残りはこの囲炉裏でお客さんが焼くと言うか面倒を見ます

串に炭の灰が付いたり、この炭火との距離感では暑くて長居は出来ずと思いつつ、立ち飲みなんでそれでも

気になる暑さです

おまかせ串5本盛り合せ(1000円)
20170123-3-09.jpg

手羽、炉縁風ぎょろっけ、鴨ねぎ、鯖?、なすのような感じでどれも普通に美味しく、風情と言うか雰囲気ですよ

緑茶ハイ
20170123-3-10.jpg

500円セットの2杯目はコレにします

新橋の大衆囲炉裏立呑で串焼きを食べながら生ビールを飲むのも良いですね

会計は1580円でセットメニューが嬉しい新橋の酒場でした

住所:東京都港区新橋2-6-13 第二山田ビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-07(Tue)

新橋「壱番館」(立ち飲み居酒屋)[れんこん、すけそう鱈]

新橋『晩杯屋銀座店』で飲みもう1軒飲みますね

JR東日本の山手線新橋駅から歩いて1分ほどです

立ち飲み居酒屋壱番館』です

ロケーションとしては新橋駅汐留口を出て正面にある新橋駅前ビル1号館の2階です

荒夜の酒場ハンター 新橋壱番館』編
平成29年(2017年)1月23日(月曜日)の様子

(新橋 壱番館)

店内は入り口入って右側に厨房、厨房沿いに立ち飲みカウンターがあります

店員は厨房に店主と思しき60代頃の女性がいます

BGM はテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか代金前金制で都度払いです

店内メニュー
(グルメブログとは)

カウンター上にお品書きはなくホワイトボードでしょうかお酒類やツマミが並んでいます

店頭には飲み物オール300、おつまみオール250と書かれていますが多少の例外もあります

ショーケース
20170123-2-03.jpg

作り置かれた料理がサランラップにかけられて所狭しと重なっています

カウンター上
20170123-2-04.jpg

此方にも色々な料理が積み重なっています

焼酎・レモン(300円)
20170123-2-05.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒は焼酎の中からコレにします

お通し(0円)
20170123-2-06.jpg

店員さんから「サービスです」と出され、りんごが半分ほど出されます

れんこん(250円)
20170123-2-07.jpg

店員さんにツマミは全部250円と言われ、たぶんどれもスピード的でしょうけどコレを注文し、見た感じは薄味と思いつつ

鷹の爪のパンチがきいています

焼酎・レモン(300円)
20170123-2-08.jpg

2杯目もコレにします

すけそう鱈(250円)
20170123-2-09.jpg

店員さんに「これ何」と聞くと「鱈」と言われすけそう鱈でしょうか、みりん干しと言うか風味的で普通に美味しいですよ

後清算をしている常連さんもおりでお釣り要らないとお店を出て行きます

新橋駅前ビルでのスナックで根菜料理を食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1100円でお通しがサービスな新橋の酒場でした

住所:東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館  2F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-06(Mon)

新橋「晩杯屋銀座店・ばんぱいや」(立ち飲み居酒屋)[ポテサラ、煮込み、カニみそ]

新橋に来ました

JR東日本の山手線新橋駅から歩いて3分ほどです

立ち飲み居酒屋晩杯屋銀座店』です

ロケーションとしては新橋駅銀座口を出て東京都道405号外濠環状線(通称:外堀通り)を銀座方面へ歩き2つ目の

信号を右折し少しすると右側にあります

荒夜の酒場ハンター 新橋晩杯屋銀座店』編
平成29年(2017年)1月23日(月曜日)の様子

(新橋 晩杯屋銀座店)

店内は入り口入って中央奥に厨房、厨房沿いに右側にLの字型の立ち飲みカウンター、

左側にコの字型の立ち飲みカウンター、2階はテーブル席のようです

店員は厨房に20代頃の男性が2人、接客に20代頃の女性がいます

BGM はテレビ音声、灰皿は店員さんに言えば出しており煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

お飲物
(グルメブログとは)

生ビールの銘柄はキリン一番搾りは500mlのジョッキ、完全前金予約制のロマネコンティはイカフライサービスです

本日のオススメ
20170123-1-03.jpg

年末大サービスってもうとっくに新年ですが80%増量の大盛レバホルモンは凄そうです

2/17(金)新丸子店がオープンします

店内メニュー
20170123-1-04.jpg

舌代やメーカーさんの宣伝用の短冊ポスターもあります

本日のおすすめ
20170123-1-05.jpg

ホワイトボードには魚貝類の酢の物、天ぷら、刺身、煮付け、焼き物等があります

ゴールデンチュウハイ(250円)
20170123-1-06.jpg

今日飲む1杯目のお酒はコレにします

店員さんに食べ物は紙にと言われご注文票にツマミを書きます

ポテサラ(130円)
20170123-1-07.jpg

スピード的なコレを注文し、千切りキャベツが添えられて人参や黒胡椒が少し目立つますが普通に美味しい

ポテトサラダです

煮込み(130円)
20170123-1-08.jpg

モツ、大根、木綿豆腐、こんにゃくが味噌味で良く煮込まれて豆腐がやや多いですがこの場所でこの値段なんで

問題ないですね

カニみそ(250円)
20170123-1-09.jpg

アテに最適とあり、確かに蟹の風味がして余り濃厚さはないのですが良いツマミですよ

グラスワイン(白)(270円)
20170123-1-10.jpg

2杯目はサッパリと白ワインにします

2人組のオバチャンと言うかお姉さんは2階へ行こうとするも店員さんにまだですと言われ1階で立ち飲みです

銀座の大箱な立呑み屋さんで蟹の珍味を食べながら酎ハイを飲むのも良いですね

会計は1030円で130円の煮込みが食べられる銀座の酒場でした

住所:東京都中央区銀座8-4-21

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-05(Sun)

池袋「京都四条烏丸・アウーム」(寿司)[手織り寿し]

池袋に来ました

JR東日本の山手線池袋駅から歩いて1,2分ほどです

寿司京都四条烏丸・アウーム』です

ロケーションとしては池袋駅構内と接続している西武池袋本店の7階(南)催事場で開催されている

『第十二回寿司・弁当とうまいもの会』です

荒夜の酒場ハンター 池袋京都四条烏丸・アウーム』編
平成29年(2017年)1月13日(金曜日)の様子

(池袋 京都四条烏丸・アウーム)

店内は入り口入って奥に厨房、厨房沿いにカウンターが3席、右側に2人掛けテーブル席が6卓ほどレイアウトされています

店員は厨房に40代頃と20代頃の女性が2人、途中から40代頃の男性と30代頃の男性もウロウロとして

レジやホールにデパートからの女性店員さんが5人ほどです

BGM は店内アナウンス、灰皿は百貨店内なんで禁煙でしょう

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか事前に食券を購入し代金前払いで都度払いです

暖簾
(グルメブログとは)

おしながき
20170113-1-03.jpg

西武池袋本店限定の1品のみです

手織り寿司
20170113-1-04.jpg

手織り寿司のウンチク、お召し上がり方、お寿司のネタ等の説明が書かれた紙の敷物が置かれます

薬味
20170113-1-05.jpg

薬味とプレートが出されます

薬味は9種類で海苔ジュレ、柚子塩、白味噌田楽ソース、わさび、たまり醤油、大徳寺納豆、塩麹、おろし生姜、

梅肉が盛られています

店員さんにいり番茶が出され飲んでみるとニガッですよ

手織り寿し(2970円)
20170113-1-06.jpg

出されるまでに写真のタイムスタンプを確認してみると24分ほど時間がかかり少しデパートのイベント向きでもないような

気もします

左上からパラフ・烏賊・シャリ、昆布佃煮・京巻湯葉、ラディッシュ・〆鯖・シャリ、いくら・浅利酒蒸し・万願寺唐辛子、

九条ねぎ・近江赤蒟蒻、

いちご・京胡麻麸、菊花・マグロ・シャリ、紫大根、ホタテ・紅蓼・シャリ、カニ身・茄子、

イタリアンパセリ・サーモン・シャリ、蛸・青ぶどう、紫人参・京厚揚げ・シャリ、金柑・京丹波地鶏旨煮・ミント、

ドライラズベリー・ブリ・シャリ、

京黒大根・シャドークイーン、ディル・鯛・シャリ、京もち豚豆腐パテ・南京煮、木の芽・聖護院かぶら・シャリ、

白和え(くるみ、丹波占地、京人参)です

は紙に書かれているネタですがもう最終なので微妙に違いがあるようです

上2段
20170113-1-07.jpg

近江赤蒟蒻はレバ刺し風なビジュアルで、いくらやマグロは普通に美味しく、ホタテはデカッで厚みもあって食べ応えも

ありますよ

シャリは押し寿司のような感じで食べやすいですね

下2段
20170113-1-08.jpg

カニ身や鯛はサッパリ食べやすく、地鶏は良い味ですが冷たいと思いつつ仕方が無いですね

食べかけ
20170113-1-09.jpg

シャリは大葉や海苔が挟まれています

寿司を食べつつお茶を飲む事になるのですがいり番茶が苦くてイマイチです

池袋のうまいもの会の催事場で手織り寿司を食べるのも良いですね

会計は2970円で京都室町の味が食べられる池袋のイベントでした

住所:東京都豊島区南池袋1-28-1 7F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-04(Sat)

新中野「浦野屋やきとんてるてる・鍋横店」(居酒屋)[しろ、れば、トリカラ・タルタルソース付]

幡ヶ谷『浜屋』、笹塚『根本酒店・NEMOTO』で飲み新中野に来ました

東京メトロ地下鉄丸ノ内線新中野駅から歩いて1分ほどです

居酒屋浦野屋やきとんてるてる・鍋横店』です

ロケーションとしては新中野駅出口4を出て東京都道・埼玉県道4号東京所沢線(通称:青梅街道)を新宿方面へ歩き

鍋屋横丁の信号を横断し少しすると左側にあります

荒夜の酒場ハンター 新中野浦野屋やきとんてるてる・鍋横店』編
平成29年(2017年)1月12日(木曜日)の様子

(新中野 浦野屋やきとんてるてる・鍋横店)

店内は入り口入って右側少し奥にに厨房と焼き台、厨房沿いにLの字型のカウンターが12席ほど、

左側に2人掛けテーブル席を6卓ほどレイアウトし、一番奥にに6人ほどのテーブル席もあります

店員は焼き台に20代頃の男性、厨房に30代頃の男性が2人です

BGM はテレビ音声、灰皿は店員に言えば出しており煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)

瓶ビールの銘柄はサッポロラガーで所謂赤星、キリンハートランド、ヱビスプレミアムブラック、生ビールはサッポロラガーです

フードメニュー
20170112-3-03.jpg

やきとん&やきもの、野菜、肉刺、オススメ等あります

オススメ!
20170112-3-04.jpg

センマイ刺、魚貝類のなめろうや塩焼き、デザートの塩大福アイスもあります

ワインメニュー
20170112-3-05.jpg

スパークリング、白、赤ワインもあります

ホッピーセット・黒(380円)
20170112-3-06.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はコレにします

里芋の煮ころがし(280円)
20170112-3-07.jpg

たぶんスピード的なコレを注文し、白ゴマがかかって丁度良く煮込まれて美味しいですよ

しろ、れば(各1本100円)
20170112-3-08.jpg

焼き物の注文は1本からで焼き方と言うか味付けはタレ、塩、味噌等です

食べかけ
20170112-3-09.jpg

しろは普通に美味しく、ればはやや若焼き感が良く、タレは少しトロミがありあまーいですよ

中(焼酎おかわり)(250円)
20170112-3-10.jpg

焼酎のナカを貰いもう1杯ホッピーを飲みますね

トリカラ・タルタルソース付(380円)
20170112-3-11.jpg

ソースはほど良く揚げ立てに勝るモノなくジューシーな鶏の唐揚げですよ

新中野の横丁の赤提灯でオススメ料理を食べながらホッピーを飲むのも良いですね

会計は1590円で100円の焼とんが食べられる新中野の酒場でした

住所:東京都中野区中央3-34-1 プラム鍋横 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-03(Fri)

初台「根本酒店・NEMOTO」(立ち飲み居酒屋)[ほたて揚げ、柿の種・わさび、魚肉ソーセージ]

幡ヶ谷『浜屋』で飲み初台に来ました

京王電鉄京王新線初台駅から歩いて5分ほどです

立ち飲み居酒屋『根本酒店』です

ロケーションとしては初台駅北口を出て国道20号(通称:甲州街道)を新宿方面へ歩き、西参通口の信号を左折し

あるき最初の左角を左折し少しすると突き当りにあります

荒夜の酒場ハンター 初台『根本酒店・NEMOTO』編
平成29年(2017年)1月12日(木曜日)の様子

(初台 根本酒店・NEMOTO)

店内は入り口入ると酒屋エリア駄菓子類も置かれ、左側に倉庫のようなスペースが立ち飲みエリアで清酒ケースを

使った簡易なスタンディングテーブルが5卓ほど、入り口近くにお一人様用のスタンディングテーブルが1卓です

店員はレジに50代頃の女性、酒屋の作業に50代頃の男性がいます

BGM はなく、テレビはなく、灰皿は棚の上に重なってあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか代金前金制で都度払いです

冷蔵庫
(グルメブログとは)

缶酎ハイ、ハイボール、マッコリ等あります

冷蔵庫
20170112-2-03.jpg

缶ビール、発泡酒、第三のビール等あります


20170112-2-04.jpg

スナック菓子、乾き物系等あります


20170112-2-05.jpg

缶詰、酒瓶も並んでいます

駄菓子
20170112-2-06.jpg

プラスチック製の容器にはイカ、ふ菓子もあります

店内メニュー・角打ちエリア
20170112-2-07.jpg

立ち飲み部のウンチクと言うかルールが書かれています

宝ハイボール(152円)
20170112-2-08.jpg

このお店で飲む1杯目のお酒はタカラ焼酎ハイボールでフレーバーはライムです

ほたて揚げ(110円)
20170112-2-09.jpg

ツマミはまるごとほたて使用の珍味天ぷらです

柿の種・わさび(50円)
20170112-2-11.jpg

辛口でポリポリとしたコレも食べます

金麦(145円)
20170112-2-12.jpg

2杯目イヤ2缶目はサントリーの第三のビールのコレにします

魚肉ソーセージ(110円)
20170112-2-13.jpg

お母さんが包装フィルムを切ってくれて食べやすくしてくれます


20170112-2-14.jpg

常連さんでしょうかレジ奥で座って飲んでいたお客さんが立ち飲みエリアに来てまた飲み初めます

飲んでいると猫がウロチョロと来てお母さんがキャットフードの小袋を置いて行き、常連さんはなつかないと嘆いて

いますよ

初台の立ち飲み駄菓子酒屋で簡易なツマミを食べながら酒缶を飲むのも良いですね

会計は567円で駄菓子も食べられる初台の酒場でした

住所:東京都新宿区西新宿3-9-27

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-02(Thu)

幡ヶ谷「浜屋」(居酒屋)[自家製・〆サバ、つぶ貝串、まぐろ串、水キューリ]

幡ヶ谷に来ました

京王電鉄京王新線幡ヶ谷駅から歩いて3分ほどです

居酒屋浜屋』です

ロケーションとしては幡ヶ谷駅南口を出て道なりに西原商店街を代々木方面へ歩いて行くと右側にあります

荒夜の酒場ハンター 幡ヶ谷浜屋』編
平成29年(2017年)1月12日(木曜日)の様子

(幡ヶ谷 浜屋)

店内は入り口入って左側に厨房沿いにカウンターが11席ほど、一番奥に2人掛けテーブル席が2卓ほどです

店員は厨房に30代頃の板前さん的な男性、厨房に20代頃の女性がいます

BGM はテレビ音声、灰皿はカウンター上にあり煙草は自由に吸えるようです

ルールとしては特に書くような事はありません

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)

生ビールの銘柄はアサヒスーパードライ、瓶ビールはキリン一番絞りです

ドリンクメニュー
20170112-1-03.jpg

日本酒、焼酎・芋、麦、黒糖、わいん、ハイボールもあります

フードメニュー
20170112-1-04.jpg

焼き物、揚げ物、野菜料理等あります

フードメニュー
20170112-1-05.jpg

お刺身・貝類、お食事・汁物、珍味もあります

おすすめマグロメニュー
20170112-1-06.jpg

まぐろ料理はぶつ刺、ゆっけ、竜田揚げ、サンガ焼き、カマ焼き等あります

1/12(木)
20170112-1-07.jpg

愛媛、北海道直送便の朝〆の刺身等の魚貝類が豊富です

日本酒メニュー
20170112-1-08.jpg

にごり辛口純米酒、生鮭等の地酒もあります

酎ハイ(190円)
20170112-1-09.jpg

今日飲む一杯目のお酒はこれにします

値段のわりに焼酎が個人差もありますが濃い目です

自家製・〆サバ(490円)
20170112-1-10.jpg

とりあえずお刺身を注文し、余り〆てもいないようですが、クセもなく新鮮さが感じられますよ

つぶ貝串、まぐろ串(各1本190円)
20170112-1-11.jpg

オススメの本マグロのアゴ焼きはないようで串焼きを食べます

つぶ貝は少し縮こまり系でそれなりの歯応え、まぐろは血あいかと思いつつ安いし普通に美味しいですね

生レモンサワー(290円)
20170112-1-12.jpg

2杯目はコレにします

水キューリ(190円)
20170112-1-13.jpg

スピード的なコレを注文し、オススメで小刻みな包丁が入ってサッパリとして良い感じです

ラムネを飲んでいるお客さんて考えてみると190円で酎ハイと同じ値段で、連れの女性が後から来てドリンクも

注文しないであら汁だけで終了の常連さんでしょうか2人組もいます

幡ヶ谷の魚貝屋さんで自家製なお刺身を食べながらサワーを飲むのも良いですね

会計は1540円で直送便のお魚が食べられる幡ヶ谷の酒場でした

住所:東京都渋谷区西原2-26-1 TMビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2017-02-01(Wed)

池袋「新宿三丁目・五ノ神製麺所」(ラーメン)[海老トマトつけ麺]

池袋に来ました

JR東日本の山手線池袋駅から歩いて1分ほどです

ラーメン新宿三丁目・五ノ神製麺所』です

ロケーションとしては池袋駅構内と接続している西武池袋本店の7階南催事場で開催されている

『第十二回寿司・弁当とうまいもの会』です

荒夜の酒場ハンター 池袋新宿三丁目・五ノ神製麺所』編
平成29年(2017年)1月10日(火曜日)の様子

(池袋 新宿三丁目・五ノ神製麺所)

店内は入り口入って一番奥に厨房、厨房沿いにLの字型のカウンターが12席ほど、右側手前に2人掛けテーブル席が6卓ほど

右奥に2人掛けテーブルが3卓ほどです

店員は厨房にお店の30代頃と20代頃の男性が3人ほど、ホールやレジにデパートからの店員さんが3人ほどです

BGM は店内アナウンス、灰皿はなく禁煙でしょう

ルールとしてはキャッシュオンデリバリーと言うか事前に食券を購入し代金前払いで都度払いです

おしながき
(グルメブログとは)

つけ麺2種類とらーめんが西武池袋本店限定の海老の雫です

暖簾
20170110-1-03.jpg

食券
20170110-1-04.jpg

店員さんに「麺の量が200か300」かで「200で」と言いもぎられた後ですが小になります

海老トマトつけ麺(850円)
20170110-1-05.jpg

オイリーなバジルが盛られてジェノベーゼ風です


20170110-1-08.jpg

麺はツルツル喉の通りが良くて汁とも合っていますね

つけ汁
20170110-1-09.jpg

角切りがチャーシュー3個、角切りメンマ2個、ミニトマトが2個でダイナミックな具入りで、味は海老でもなくトマトでもなく

中間的ですよ

池袋の百貨店のイベントで洋風つけ麺を食べるのも良いですね

会計は850円で海老香るつけ麺が食べられる池袋の催事場でした

住所:東京都豊島区南池袋1-28-1 西武池袋本店7階

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
プロフィール

ジプシー

Author:ジプシー
ウマイ酒、ウマイ物を求め巷の酒場、居酒屋をさまよっています

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

お気に入り
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
荒夜のグルメマップ
荒夜のグルメマップ
来客数
タグ

やきとん豚燻 町田 西小山 阪東橋 鶯谷 福岡・博多 虎ノ門 浦和 京成町屋 保谷 やきとん・豚燻 新杉田 明石 成田 立川 もつ焼宇ち多゛|うちだ 横浜・阪東橋 大正 上大岡 京急川崎 もつ焼・丸松 広島 豊洲市場前 赤羽橋 天王寺 本川越 経堂 府中 京成金町 京成高砂 戸越銀座 大阪・野田 肥後橋 ブンカ堂 銀山町 えんま壱 大阪上本町 柳下酒店 大阪・堺東 篠崎 西船橋 弘明寺 上石神井 立呑み・焼きとん・大黒 北朝霞・朝霞台 焼鳥どん 田無 狛江 大衆酒場・晩杯屋 西梅田 東葉勝田台 銀座屋 福島 今池 いかのでん 代々木公園 西口やきとん 苫小牧 北浜 北九州市小倉 国民酒場・じぃえんとるまん 大阪・堺筋本町 プロント 大阪・十三 大阪・あびこ やきとん・三福 もつ焼丸松 元祖立ち飲み屋 三河島 やきとん・えんま壱 やきとんあかね 福岡・天神 無添くら寿司 ふれあい酒場ほていちゃん 南越谷 ヤマタニ餃子店 わすれな草 もつ焼ミツワ やきとん山武 立呑み・晩杯屋 愛知屋 元町・中華街 ヤキトン☆イチバンボシ 埼玉・大宮 胡町 十三  栄町 豊水すすきの 兵庫・春日野道 中野富士見町 イタリアン酒場・ナチュラ お多幸本店 京都・西院 幡ヶ谷 鶴見 四ツ木 東神奈川 ヤキトン・イチバンボシ 兵庫・姫路 広島・袋町 鮫洲 寅造 広島・本通 魚寅 天ぷら・穴子蒲焼・助六酒場 袋町 重富スタンド ホリタ商店 青物横丁 チャイナタウンデリ・富泰楼 馬ヲムム ふじ たちのみ処・かすが 中洲川端|黒豚とんこつ・金田家 ベアー・フルーツ まる助 晩杯屋・109店 焼鳥・えぶり 飯田屋酒店 あおば やまと屋 立ち呑み酒場・さくら 晩杯屋・思い出横丁店 立町 ホルモン料理専門處・利根屋 そらや 女学院前 集来軒 宮島口 大衆酒場・鶴亀 紅葉堂本店 宮島桟橋 うえの 第三鳥八 森田食堂 大衆酒場・ツバメヤ 南小樽・初代 鳥やき宮川 一利喜 猿猴橋町 河米・伊藤酒店 一風堂スタンド 内田屋・西山福之助商店 丸辰有澤商店 源蔵本店 焼きとん・まるや 酒蔵天狗・ちょい呑み家 焼鳥専問・鳥佳 リオス・ボングスタイオ 横浜元町 中華酒場・風来坊・本店 立ち飲み処・五郎ちゃん あぶり清水総本店 国民酒場あさひや・じぃえんとるまん 柴又 呑飲 城喜元 フルミチ 街角おさやん やきとん希 もつやき石松 立呑み・二郎 大島酒場 もつやき・たろう 立呑屋・佐々木 ホームベース2 立ち飲み天下 麺屋・たけ井 やきとり・鳥島 成田屋酒店 立ち酔い・超人 すずらん ゴールデンもつ 祇園・にしかわ キョウト 元祖ニュータンタンメン本舗 もつ焼宇ち多゛・うちだ 大衆割烹・藤八 立ち飲み処・呑うてんき びすとろハヒフヤ まるちょう はなみち 沼野酒店 ベルアメール・京都別邸 下鴨茶寮 立ち呑み・とーど 居酒屋・ヤッホー 大衆酒場・ときわ 立飲み居酒屋・ドラム缶 志茂 ケイゾー・三条本店 いか焼き庵・頂 立ち呑み・福本屋 立ち飲み・お食事処・とくとく きくや 尼崎センタープール前 下山酒店 尼崎 晩杯屋・ゼームス坂上店 中島南店 もつ焼き・エンジン 本八幡 夢を語れ 白山 ジャックとマチルダ つるかめ食堂 葉隠 立呑み・千吉良屋 とよ たちのみねこ ウエダ商店 もつ焼きウッチャン 弘大Z ヱビスビール記念館 吉野家・桜橋店 北新地 大衆酒場・馬越 大衆料理・ハッピー 蕎麦のぶ やきとん秋元屋 金沢まいもん寿司 三代目むら上 もつ焼き・小江戸 かどや ほほほの北海道・室蘭焼鳥・いっぺえやっぺえ。 立川やきとん 立ち飲み処・豊後屋 大衆酒亭・玉河 ゑびす屋食堂 立飲み・たきおか おたる巽鮨 立ち呑み十七番地 中野・新井薬師前 立呑みやきや 函館麺工房・あじさい 慈げん 酉あき 松戸・中華そば・とみ田 ミュンヘン 立飲み処・呑べえ 立ち飲み処・たなか屋 鈴木屋 白金高輪 もつ焼き・ひろや 立飲Bistro-SHIN かつきり 大島や もつ焼き・煮込み・楓 魚三酒場・常盤店 もつ焼・涌谷 やきとん・よし田 ビヤホール・銀座ライオン たち飲み・吟 むさし・新幹線店 立呑み酒場・神田屋 LORO 薬軒堀・八昌 浦野屋・焼きとんてるてる 寅圭 そば切り・日曜庵 立ち飲み居酒屋・銀座ドラム缶本店 ひな鳥素揚げ・月鳥 恵比壽ビヤホール 串カツ屋・深川高橋店 三徳 もつやきはる もつ焼・稲垣 野口鮮魚店 淡水軒 巣鴨・千石 大衆鶏豚酒場・寿や たこ磯 千葉 大阪・西中島南方・人類みな麺類 みどり食堂 赤萬 やきとん龍・TATSU スタミナ苑 西新井大師西・志茂 HAVESPI|SUGAR・MARKET|KURAND・SAKE しろ ビヤステーション恵比寿 スタンドGonta ゆたか食堂 両国 東京商店 俺のBakery&Cafe 渋谷・海老フライ専門店・海老昌 corazon・corazon 新・南越谷 越谷 100円酒バー・おやじ家 線香花火 千曲食堂 立食いすし処・ちよだ鮨 やきとん・やんぐ さけときどきぶた つまみや きらく 万世橋酒場 南天・本店 もつ焼き★キャプテン どすこい四文屋 タヰヨウ酒場 つくば鶏・銀や もつ焼・でん もつ焼き酒場・豚坊 神保町食肉センター グルメ廻転寿司・まぐろ問屋三崎港 牛タン工房・鎌倉ハム 居酒屋・豪 三河屋本店 銀座ライオン 東瀛 ショットバー・タウザー 名古屋味噌・どて子 よるべ 元祖寿司 大衆酒場・BEETLE 鳥万本店 アヒルストア 丸木屋商店 もつ焼き・丸松 今日が丑の日 御苑前・匠・達広 パティスリー・エ・カフェ・プレジール サカナヤ・オアジ Touch 銀座ライオン・ビヤスタンド カフェ・カイラ 金色不如帰 与作 ひといき まぐろや黒銀 鍛冶酒店 石橋食品 近鉄日本橋 裏ヒロヤ 酒処・千歳屋 平野屋 難波屋 多聞酒蔵・まさいち屋・浮浪雲 札幌・我流麺舞・飛燕、まるは・BEYOND 寅屋天満 二劫 大国町 京橋・恵み屋 立って呑む・おかだ てる美 よっちゃん まる福・船橋加賀屋支店 大衆酒場・待夢 きぬちゃん 西葛西 せきや商店 ますらお 浅草サンボア 宇奈とと・浅草店 高橋 ひょうたんなべ・雷門店 ロッテリア サ嘉ダチ 新富町 野毛ビストロZIP チャコールスタンド・ノゲ イタリアンバルバジル 青角 キンクラ 柳田屋 二〇カ屋長介 割烹大樽 宝町 びっくりうどん本舗 スタンドバー・マル 八丁堀 晩杯屋目黒川RS店 新宿三丁目・五ノ神製麺所 浜屋 蒲田うなぎ家 山田うどん レバーランド もつ焼き・いとや やるき 升本 晩杯屋・道玄坂店 森本 炭火焼鳥わいわい・法政通り店 横濱崎陽軒シウマイBAR 川崎・武蔵小杉 炭火焼鳥・くろちゃん 細雪 大衆酒場・焼き鳥・桂 ヱビス記念館 晩杯屋銀座店 壱番館 京都四条烏丸・アウーム 根本酒店・NEMOTO 笹塚 炉縁 ドラム缶・銀座本店 くら・新小岩店 鳥益 わか ゴディバ 自由が丘・ショコラモンサンクレール know me・祭店 昭和酒場・夕陽 ダイマル水産 川名商店 あめちゃん ペッパーランチ ミュゼ・ドゥ・ショコラ・テオブロマ 開楽本店 餃子製造販売店・上野・いち五郎 Moon・Light・Wine・Bar ダイニングBar・宙 ふくすけ 大衆酒場晩杯屋 立飲み・カドクラ かわ焼き・まいける 串焼場チャコ 吉呑み・吉野家 酒舗たのかん おや鶏・串焼きとレモンサワー・なると ちょい飲み日高屋 馬ござる 立喰さくら寿司 長崎ちゃんぽんリンガーハット もつ焼なすの 東京ミート酒場 おおくぼ 大衆酒場・焼き鳥桂 立ち飲みひらめいた 大衆バーサムシング 酒・立ち飲み・喜多屋 さいとう商店 お台場海浜公園 鳥忠 喜乃字屋 銀座ライオン・上野西郷会館店 麺屋・西條 全国銘酒・たる松 立ち飲み・ばん ひなと丸 帯広・豚丼のぶたはげ 炭火焼鳥・喜八 札幌・MEN-EIJI・HIRAGISHI・BAS 大衆酒場・あそこ 相模屋本店・角打ち ラピッツァ・ディ・マンシ スタンドしんぽ UchiBenKei やきとり竹沢商店 立呑み・ありがとう まるぴん &河村 肉のいちのへ・やきとん煮込み 立飲み集会所日本酒人 バーミヤン 富士山 日本酒スタンド酛・もと ささよし 六本木・鮓村瀬 もつ焼碁ゑん 焼き鳥まるみ 元咲 立ち飲み・日高 十彩 ふみ屋 バール・青い印 立呑風太くん 番外地 銀座ホール とりぎん本店 ニュートーキョー・数寄屋橋本店 鶏&デリ 焼鳥エビス 後藤蒲鉾店 大提灯 やきとん・ひなた 品川や 玉ゐ本店 邦右衛門 饗酒堂・うろこ家 れとろ 阿佐ヶ谷・SATOブリアン ギョバー八重洲店 ミクソロジーラボラトリー カタヤマ おでんの丸忠 浜町 立呑み魚平 五代目野田岩 羽田空港国内線ターミナル 天政 天空の立ち呑み・とさか 清水五条 黄桜酒場 伏見桃山 中書島 月桂冠・大倉記念館 藤菜美 もみじ 十三屋 イマナカ酒店 いなせや 柳小路・TAKA 河原町 セラーバー 中之島 梅田 大阪屋 (食)ましか かこも 大衆酒場・ひらやま 七津屋 魚介 京屋本店 京橋酒販 満ぞく屋 明けごころ本店 京橋酒場 ほんずなし うな鐡 赤提灯 新橋やきとん・まこちゃん 沼津港・海将・Zero 立呑み・小江戸 浅草酒場・岡本別館(2号店) 花川戸・鮒中 上野御徒町・湯島 鳥惠 まんぼう 小樽ポセイ丼 萬里・野毛本店 大衆食堂2.0・とぽす 立ち呑み処・ふくふく 雷門通り・尾張屋支店 藤田酒店 鰻禅・うなぜん 東京スカイツリー 立飲み屋・いっとん ベビースターランド 謝甜記・貮号店 鵬天閣・新館 菊屋 いこい食堂 立ち呑み・やったるで~ 大衆酒場・喜七屋 回転寿司・江戸っ子 スタンドそば・秋葉原店 岩本町 立ち飲み・勝|Syou 中華そば・天 日本酒立呑み・なおらいスタンド宮 樽平 磯吉 立ち呑み・さわ好 えびすの安兵衛 神田・岩本町 酒ば・すぎちゃんチ うっちゃり 立呑み晩杯屋・しんみち通り店 スタンドバーサカグチ 赤札屋 焼とん・きむら コリアンキッチン・SANKYU うな串・焼鳥・う福 もつ焼き・にんべん 区民酒場 餃子とワイン屋 平和島 大衆酒場・富士川 炭焼きバル&串焼きJ.J.ぽっち 松戸・中華蕎麦・とみ田 京成千葉 中華そば・四つ葉 志木・北朝霞 やきとん・えいと|八一 さんちゃん アジアン食堂・てるてる ジロー’sテーブル 横浜・中華街 桑原商店 野方食堂 どぜう・飯田屋 バラ巻・まきまき 立飲み寿司・三浦三崎港・めぐみ水産 戎ビアホール 角平 入谷 村田酒店 天房 センリ軒 クラーテル キンパイ酒店 やきとり戎・スカイビル店 いせや・北口店 魚住酒店 旦過うどん 旦過 博多大砲ラーメン・西中洲店 すし将軍・西中洲店 串揚げの四文屋・博多デイトス店 天神南・中洲川端 平尾酒店 田中屋酒店 市場食堂・よし 門司港 唐戸市場・活きいき馬関街・柳川水産 旦過「赤壁酒店 三桝 肉匠酒場・丸信 曙橋 鳥長 太平 清澄白河・森下 深川・みのや本店 小江戸蔵里内・ききざけ処・昭和蔵・鏡山酒造 小川菊|おがぎく ホルモン焼・鶴松 立呑み・晩杯屋SL広場店 もつ焼きばん 加藤酒店 立呑み晩杯屋・東口店 プレッセ・シブヤ・デリマーケット 餃子歩兵・銀座店 ホワイト餃子・はながさ 奈良・麺屋NOROMA 角打ち・酒屋の隣 大衆酒場・日高・南銀座店 タイスケ やきとん・まことや 福よし 愛知屋小林商店 杉田もつ肉店 寅屋 寅屋本店 下田康生堂ぱん茶屋 駿河屋 さかえや食堂 千歳船橋 高野 カナメ屋酒店 立呑み・あらき酒店 のぞみ青果 神戸東店 立呑み・1/2はんぶんこ 兵庫・尼崎・出屋敷 あけぼのストアー 兵庫・三宮・花時計前 立呑処・おかもと 仮)ニユー・ダイトン・大衆酒場 立花 えびす大黒 高田屋・京店 大阪・杭瀬 立呑み・いそかわ クランクビール・さかみちタップルーム 台北餃子専門店 らーめん森や。 うなぎ・魚政 ピッツェリア・チーロ 金舌 焼鳥・おみ乃 炭焼き肉バル・カタマリヤング 酒場透泉 杭瀬 ほのぼーの 大衆酒場・お多福 立ち呑み処・まる 大衆酒場・能登屋 串かつ二色 やきとん・えん家本店 人形町・田酔 スタンド源ちゃん チャイニーズバル・ゆずのたね 大衆酒場・金吾 浅草・魚料理・三州屋 ニューあかり・権之助坂 たから食堂 キッチンジロー&ほろ酔いジロー 上中里 ちょい呑み福ちゃん 大坂屋・砂場本店 銀座ライオン・霞が関コモンゲート店 赤津加 立ち呑み・串吟 肉の宝屋 栄や 沖縄大衆酒場・島人 鍵屋 みさわ 居酒屋・千両 酒処・大林 もつ焼・江戸熊 初代鳥真 三国屋 根岸家 もつ焼・カミヤ・本店 酒の店・笹新 GYOZA・OHSHO・国際フォーラム店 明石ニユーワールド やきとんen 立ち呑み処・三文の徳 牛若丸 立ち呑み英ちゃん 小島屋 串焼いしい 和酒Pub庫裏 海鮮・天ぷら・かば 遠州屋本店・高尾 ミートステーション 山谷酒場 世界のビール博物館・東京スカイツリータウンソラマチ 大吉 金子酒店 GYOZAOHSHO国際フォーラム口店 カタマリヤング 竹山食堂 やきとん・やんぐ本店 やきとん・鈴なり 酒場・千代鶴 角打ちダイニング・SHARE 浅草・そば助 もつ焼・大渕 やきとん・一国 一圜 だるまさん 大力酒蔵 深川酒場 立ち呑みや・ますだ 安井屋 串揚げ・フジヤマテキサス 焼鳥寿起|すぎ 京都・らぁ麺とうひち よい処・ほのじ 餃子は一龍 鳥孝 光寿司 吉池食堂 たこといかのでん 銀座・天國・本店 酔いの助・本店 神田餃子屋本店 黒船亭 おらが蕎麦 立ち飲み酒場・華丸 鎌倉屋 田原屋酒店 甘粕屋酒店 黄金町・阪東橋 砂場総本家 大衆酒場・七星 立ち呑み処・江戸っ子 京急蒲田 阪口酒店 石川家食堂 もつ焼き・大松 大衆酒場・つよし 大久保酒店 福岡・博多・祇園 中野餃子やまよし ちょい虎 やきとん大王 ふくしん HUB 杉山商店 やきとり大雅 彦バル 勝田台 やきとりとお酒・角一 大衆酒場・虎太郎 大衆酒場・菊富士2号店 もつ焼きエンジン エビスバー 天下泰平酒場2号店 やきとんひなた 内藤酒店 池袋西口 玉川屋酒店 名酒センター 一軒め酒場 立ち飲み日昇 浅見本店 ふじ屋 目利きの銀次 回転寿し・トリトン 焼肉チャンピオン 酔来軒 楚々屋 ちょいのみてい 焼き鳥・錦 札幌シーフーズ・五十七番寿し 立ち呑みやきとん・すわ ちょっとばぁ あじこう SAPPORO餃子製造所 ワールドワインバー 氷屋ぴぃす 葭川公園 八角本店 花澤三友 和浦酒場・本店 串焼・丸真 大衆酒場・おたる三幸 とりあえず逢海 ホルモン焼・やしま 函太郎 焼鳥専門・伊志井 餃子とタンメン・天 みなと刺身専門店 お加代本店 工場直売店・かま栄カフェ 小樽洋菓子舗・ルタオ本店 炉端焼き・浜っ子 マルトマ食堂 もつ処・やまり 大通 若鶏時代・なると本店 モスカフェ 羽田空港国際線ビル 天龍本店 伊勢廣本店 おすもじ処・うを徳 さとう ステーキ俺のグリル・銀座並木通 仂く人の酒場・牛太郎 枡久 ろくふみ 鰻割烹・伊豆栄本店 上野広小路 やす幸本店 維新號・銀座本店 蒼天・南口店 立ち呑み・三ぶん 住吉酒販 船堀食堂・百味家 一之江 船堀 大衆酒場・ぎんじ 相模屋 一福 大衆酒場カネス とんちゃん 立ち飲みこにし 大衆酒場・魚問屋・魚政宗 あした家 ゑびす 鶴見川橋もつ肉店 ぽん多本家 駒形どぜう本店 丑寅 アンケラソ スタンドあじと やまき 旬彩と海鮮・森田屋 明治屋 のんきや やまと屋・5号店 天ぷらつな八総本店 居酒屋・はせ 船橋屋本店 丸徳 丸進 地魚処・スタンドふじ本店 海鮮屋台・ゆうだん丸 樫尾酒店本店 布・折鶴会館 みよし 本とさや 今半・国際通り本店 てら 酒房・まつい 立呑みの・さのや 立呑み・ほるもんBar・おかだ 餃子酒販・大阪王 中島屋 二升五合 やきとん小国 丸忠蒲鉾店 肉呑処・平野精肉店 溝畑酒店 立ち呑み処・栄屋」玉ひも煮 立呑み処・さんかく まぐろや黒銀・黒門市場本店 大阪・新今宮・動物園前 大阪・動物園前・新今宮 足立酒店総本店 スミザキ精肉店 三吉橋フライ屋 市場食堂・横浜橋店 ウルフギャングパックピッツァ 大阪(伊丹)空港 大阪・日本橋 スタンド三国 立ち飲み食堂・大賀花|ダイガバナ かわしろ商店 BOND|ボンド 京都・二条城・北野白梅町 はたがやレバー 酒処・奴 スナックパーク・阪神名物・いか焼き まもる 酒処・ひらた 大阪・日本橋・難波 大阪・布施 立呑み・得一 鉄道バー駅 広東料理・酔来軒 そば処港屋 焼鳥さんの宮・警固店 酒処・ひろ 福岡・赤坂 角打ち処・こば酒店 三喜屋酒店 福岡・薬院大通 福岡・赤坂|天神 小谷酒舗 福岡・薬院 かわ屋 立ち飲み・角屋 文治 福岡・高宮 夢市門 串揚げ角打ち・しらすくじら 佐世保バーガービッグマン わんこ餃子・餃子は主食。 餃子マーケット 立飲み屋・大久 そば田|立ち飲みのむ田 本格焼酎の店・金魚 もつ焼・三朝 焼きはまぐりSTAND 旭軒・駅前本店 天丼てんや・丸の内北口店 大手町 立ち呑み家・正木 立喰酒場金獅子 大衆酒場肉のオカヤマ 千葉中央 立飲酒場・富士見バル ふぐ料理・生乃弥 餃子の店・おけ以 やきとん・あかり もつ焼・とんちゃん 中華そば処・琴平荘 西武新宿 山根商店 小陽生煎饅頭屋 東新宿 フレッシュネスバーガー つるかめ食堂・歌舞伎町店 しらかめ スタミナ串焼き・仲垣 下町酒場・憩 大衆酒場・高砂家 大衆酒場・山ろく とりあへず 中華料理・鳳龍 大衆割烹ゑびす お食事処・ときわ 大衆酒場・甲州屋 立ち飲み・ドラム缶 居酒屋・蔵 立呑・稼鶏酒場 もつ焼・たつや もつやき亀田 串揚げざんまい・なかなか いまがわ食堂 田原町・浅草 やきとん・たくちゃん 浅草・立呑み・洒落者 和ガリコ寅 炭火串焼バル・ボスとん いわもとQ 喜美松 ビーフキッチンスタンド歌舞伎町店 十三屋大光 炭火焼とり・安喜 新宿栄寿司本店 もつ煮込み専門店・沼田 よきこときく もつ焼き・幸大 越前屋田中酒店 角打ち・わかさや とんかつ・小田保 鰻・むさし乃 やきとん酒場・やまと屋 柿島屋 寄り道ピザ酒場・Rocco 居酒屋・ぴょん吉 根岸|蒔田 鳥初 船橋 牛豚もつ専門店・みやこ屋 鳥勇・駅前店 三ノ輪・トイボックス、響くろ喜 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おきてがみ
ブログランキング
月別アーカイブ
カテゴリ