2014-07-31(Thu)

札幌・すすきの「野武士 のぶし」(居酒屋)[ほるぽん、牛タン刺し、豚白軟骨、ホッピー]

札幌・大通り『しゅう~るow4』で飲みすすきのに来ました

地下鉄南北線、札幌市電のすすきの駅から歩いて1分ほどです

居酒屋野武士』です

荒夜の酒場ハンター すすきの『野武士』編
平成26年(2014年)7月8日の様子

(札幌・すすきの 野武士)

店内は入口入って左奥に厨房と焼き台、厨房沿いにLの字型のカウンターが6席ほど、

カウンター後に小上がりでしょうか4人掛けのテーブルが2卓ほどあります

店員は焼き台に店主と思しき40代頃の男性、ホールに20代頃の女性がいます

BGMは長渕剛、テレビはなく、カウンター上に灰皿が常備されておりフリーのようです

ドリンクメニュー
20140708-3-02.jpg20140708-3-03.jpg

日本酒
20140708-3-04.jpg20140708-3-05.jpg

人気ランキング                               黒毛和牛
20140708-3-06.jpg20140708-3-07.jpg

ほるもん                                    酒肴
20140708-3-08.jpg20140708-3-09.jpg

ボードメニュー
20140708-3-10.jpg20140708-3-11.jpg

食べログ
20140708-3-12.jpg

壁には食べログからの表彰状?が額縁に入れられて飾られています

カウンター上
20140708-3-13.jpg

ホッピー(黒)(400円)
20140708-3-14.jpg

メニューに昭和の味と書かれているコレを飲みますよ

ホッピービバレッジが言うところの黒ホッピーではなくホッピーブラックになりこちらには流通していないようですね

お通し(値段?)
20140708-3-15.jpg

お通し代は不明ですが会計は3140円から算出すると注文した品の合計が2500円でお通し代400円とし

2900円に消費税を付加すると3132円で切り上げて3140円になります

牛タン刺し(950円)
20140708-3-16.jpg

店主さんから辛子でと言われますがコレ山葵だと思うのですが・・・

後でメニューの写真を見てみるとにんにく醤油もあったのか

柔らかくて美味しいタンのお刺身ですよ

ほるぽん(600円)
20140708-3-17.jpg20140708-3-18.jpg

牛肉のホルモンをポン酢ペースのタレで食べます

脂が付いているホルモンで柔らかで良いですね

中(焼酎)(200円)
20140708-3-19.jpg

中のお代わりをお願いしホッピーをもう1杯飲みますね

良く冷えたジョッキに焼酎が入って氷はなく店主さんが氷大丈夫ですか?と聞いてきます

店主曰く氷なしがストロングスタイルと説明され・・・何のコッチャ

何となく言わんとしている事はわからないでもないのですがこの方は本州でも働いていたそうでそのお店ではこのスタイルだったのか

店主は少し厳つ目ですが話てみると感じ良いの方ですよ

豚白軟骨(350円)
20140708-3-20.jpg

串焼きは2本からの注文のようで焼き方はタレと塩があります

タレと塩で考えていると店主さんが1本ずつにしますかと聞かれ「ハイ」と言います

こちらは豚肉になりタレは甘くトロトロして塩焼きだと肉のクセを少し感じますね

東京でも余りこのスタイルのお店はないのかと言うより単に行っていないだけだろうけど・・・

ホッピーよりこちらの方がストロングスタイルじゃなのかな

会計は3140円で牛のほるぽんが食べられるすすきのの酒場でした

住所:北海道札幌市中央区南5条西4丁目日劇ビル 2F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-30(Wed)

札幌・大通り「しゅう~るow4 しゅう~るおーだぶりゅふぉー」(カフェ)[缶詰セット]

札幌・大通りに来ました

昼は小樽でお寿司を食べ札幌に戻り夜はまたこちらの界隈で飲みますね

地下鉄東豊線、南北線、東西線の大通り駅から歩いて2分ほどです

カフェ『しゅう~るow4』です

荒夜の酒場ハンター 大通り『しゅう~るow4』編
平成26年(2014年)7月8日の様子

(札幌・大通り しゅう~るow4)

店内は入口入って一番奥が厨房、厨房沿いにカウンターが4席ほど、カウンター後にはテーブル席もあり

入口すぐ近くにも小さなカウンター席があります

店員は厨房に店主と思しき30代頃の男性が1人います

BGMはなく、テレビは小さいヤツがあったかな、煙草はたぶんフリーでしょう

中央のテーブル席の正面にはギターやドラムが置かれ小さなステージのようになっていて週末にはライブ演奏もあるようです

フードメニュー
(グルメブログとは)20140708-2-03.jpg


20140708-2-04.jpg

厨房後の棚にはリキュール、シングルモルトウイスキー、バーボンウイスキー等が並んでいます

ドリンクメニュー
20140708-2-05.jpg

ドリンク2杯と缶詰1つで1200円のセットメニューがあり注文します

缶詰
20140708-2-06.jpg

棚から缶詰を選び店主に渡すと電子レンジでチンしてくれます

生ビール
20140708-2-07.jpg

サッポロクラシックでどこかのお寿司屋さんで店員さんがコレは北海道限定と言っていましたね

物産展等で缶ビールとか出していると突っ込もうとしたら生ビールに限ってとの事でと後から言われ肩透かしを食らったようですよ

とり照りやき風
20140708-2-08.jpg

一味でしょうかかかっておりひと手間かけていますよ

普通に美味しい鳥の照りやき風です

マイヤーズラム
20140708-2-09.jpg

ラムコーク
20140708-2-10.jpg

もう1杯はなぜか余り飲む事のないコレにします

会計は1200円で缶詰をひと手間かけて食べる大通りの酒場でした

住所: 北海道札幌市中央区大通西4シークビル B1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-29(Tue)

小樽「伊勢鮨 いせずし」(寿司)[醍(ときしらず、ぼたんえび、ずわい蟹、うに、氷下魚子)]

小樽に来ました

駅の近くを散歩してみますね

小樽
(小樽 伊勢鮨)(グルメブログとは)

石川啄木歌碑                                三角市場
20140708-1-03.jpg20140708-1-04.jpg

こんなところに歌碑があります

わがまま丼                                  花咲カニ
20140708-1-05.jpg20140708-1-07.jpg

小樽アメ横                                  なると本店
20140708-1-09.jpg20140708-1-10.jpg

この市場は小樽のアメ横とも呼ばれているようです

若鶏半身揚げが名物のなると本店もありそのすぐ近くで食べますよ

JR函館本線小樽駅から歩いて5,6分ほどです

寿司伊勢鮨』です

荒夜の酒場ハンター 小樽『伊勢鮨』編
平成26年(2014年)7月8日の様子

20140708-1-11.jpg

店内は入口入って左奥にお寿司屋さん独特な厨房、厨房沿いにカウンターが7席ほど、

カウンター後には座敷もあるようです

店員は厨房に50代頃、30代頃、20代頃の男性は1人ずつ、ホールには20代頃の男性もいます

テレビはなく、BGMは小樽らしく?オルゴールが鳴っています

お品書き
20140708-1-12.jpg20140708-1-13.jpg

20140708-1-14.jpg20140708-1-15.jpg

木札                                      カウンター上
20140708-1-17.jpg20140708-1-16.jpg

ネタケース
20140708-1-18.jpg20140708-1-19.jpg

お通し(値段?)
20140708-1-20.jpg

お通しの値段は不明ですが会計は5100円で注文した品の合計は4550円で差額は550円になります

モノとしては岩のりくらげと塩辛になり岩のりは後半でつまみたいですね・・・と言うか昼間だしね

瓶ビール(650円)
20140708-1-21.jpg

サッポロクラッシックとアサヒスーパードライがあり迷わずコレにします

サッポロクラッシック・・・イヤ正確な名称としてはサッポロクラシックを飲みますよ

生姜
20140708-1-22.jpg

左から山芋紫蘇漬けかな、新生姜とガリで口直しに良いですね

お昼に来て鮨割烹コースは夜のみで握りを注文します

店主おすすめの醍(だい)で寿司12貫とお椀付きで3900円でひと手間加えて出されお寿司で醤油なしと言うかまんま食べられます

平目                                      ときしらず
20140708-1-23.jpg20140708-1-24.jpg

1貫目は平目の昆布締めで普通に美味しいですよ

時鮭は良い脂がのってやはり旬なんでしょうね

生にしん                                    ぼたんえび
20140708-1-25.jpg20140708-1-26.jpg

生鰊は生姜が少しのって鰊を生で食べられるなんて北海道ならではのお寿司になりますね

噴火湾産でしょうかボタンは上品な煮切りと海老の甘みが感じられて美味しいですよ

職人さん
20140708-1-28.jpg

北寄貝                                     ほたて
20140708-1-27.jpg20140708-1-29.jpg

苫小牧と言ったらホッキで食べやすく包丁が入って良いですね

根室のホタテを塩でいただき、何か分厚い烏賊のようです

水だこ                                     ずわい蟹
20140708-1-30.jpg20140708-1-31.jpg

水たこの頭のようで店員さんはデカイからと言っており柔らかくて美味しいですよ

カニはビジュアルも良く食べてみるとコレは普通に美味しいですね

しゃこ
20140708-1-32.jpg

しゃこはつめと言うか甘ダレがのって甲殻類の独特な舌触りが秀逸ですよ

お椀
20140708-1-33.jpg

最後の3貫を残してここでお椀が出されボタン海老の頭で出汁をとっていますね

ビールも飲み終え海老の出汁も良く出てちょうど良いタイミングですよ

軍艦
20140708-1-34.jpg20140708-1-35.jpg

うに                                       いくら
20140708-1-36.jpg20140708-1-37.jpg

うにはムラサキウニで食べると濃厚な味わいがしますよ

イクラは醤油で漬けられておりプチプチとした食感が良いですね

氷下魚子
20140708-1-38.jpg

なぜ最後にコレかわかりませんがコマイ自体は食べる事がありますが卵は珍しいんでしょうね

見習いと書かれたバッチを胸に付けている店員さんが見えなくなるまでお見送りしてくれます

会計は5100円で生の鰊も食べられる小樽のお寿司屋さんでした

住所:北海道小樽市稲穂3-15-3

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-28(Mon)

札幌・すすきの・資生館小学校前「だるま 本店」(ジンギスカン)[成吉思汗、野菜、おしんこ]

札幌・豊水すすきの『鮨 田なべ』、すすきの『たかさごや』でここすすきのでもう1軒飲みますね

地下鉄南北線、札幌市電のすすきの駅から歩いて3分ほどです

ジンギスカン『だるま』です

荒夜の酒場ハンター すすきの『だるま 本店』編
平成26年(2014年)7月7日の様子

(札幌・すすきの だるま・本店)

店内は入口入って左側に厨房、厨房沿いに店内一杯にコの字型カウンターが16席ほどあります

店員は厨房に50代頃、40代頃、20代頃の女性が1人ずついます

BGMはなく、テレビはなく、煙草は煙が凄くて気が付かなかったですよ

メニュー
(グルメブログとは)

カウンター上
20140707-4-03.jpg

お好みで唐辛子とおろしニンニクがあり辛くないと店員のオバチャンに言われます


20140707-4-04.jpg20140707-4-05.jpg


20140707-4-06.jpg

焼酎ハイボール(420円)
20140707-4-07.jpg

札幌に来てジンギスカンとくれば生ビールでしょと思いつつコレを飲みます

瓶のままラッパ飲みをして下さいと店員さんに言われます

野菜
20140707-4-08.jpg

店員さんが鍋に脂?ラード?をのせてくれ頃合いを見計らって玉ねぎをのせ更に少し経ってから長ネギをのせてくれます

玉ねぎは1個分位あるのかな

セット
20140707-4-09.jpg

セットになっていると言えば良いのでしょうかジンギスカンを注文するとお通しのおしんこ(100円)と肉とタレが出されます

野菜(玉ネギ、長ネギ)は店員さんが鍋にのせてくれます

白ゴマ入りのタレは少し甘めで肉と合いますね

タレの追加もあり・・・まあ当たり前か隣のお客さんはお願いしていますよ

おしんこ
20140707-4-10.jpg

お通しになり普通に美味しいキャベツの浅漬けになります

成吉思汗(735円)
20140707-4-11.jpg

生マトンになるようで焼いて食べるとこの脂も美味しそうですね

長ネギ
20140707-4-12.jpg


20140707-4-13.jpg

肉は自分でのせて焼き臭みも全くなく適度な厚みがあり美味しいですよ

焼酎ハイボール(420円)
20140707-4-14.jpg

周りのお客さんを見ていると良く焼いている方が多く煙が凄く目が痛くなりますね

会計は1809円で煙がモクモク凄いすすきのの酒場でした

住所:北海道札幌市中央区南五条西4クリスタルビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-27(Sun)

札幌・すすきの「たかさごや」(居酒屋)[みがきにしんネギ味噌、豚小串]

札幌・豊水すすきの『鮨 田なべ』で飲みすすきのに来ました

地下鉄南北線、札幌市電のすすきの駅から歩いて2分ほどです

居酒屋『たかさごや』です

荒夜の酒場ハンター すすきの『たかさごや』編
平成26年(2014年)7月7日の様子

20140707-3-01.jpg

店内は入口入って正面奥に厨房と焼き台、厨房沿いにコの字型のカウンターが18席ほど、

カウンター後に4人掛けテーブル席が3卓ほどあります

店員は焼き台に店主と思しき50代頃の男性、厨房に50代頃の女性 、30代頃の女性、ホールに20代頃の女性がいます

BGMはAMラジオ、カウンター上に灰皿はは常備していませんが煙草を吸っているお客さんがおりフリーのようです

テレビは40インチほどの液晶テレビがありますが電源を付けていませんね

メニュー
20140707-3-02.jpg20140707-3-03.jpg

メニュー
20140707-3-04.jpg20140707-3-10.jpg

コチラは日替わりでしょうか

お通し(値段?)
20140707-3-05.jpg

お通しの値段は会計が2180円で注文した品の合計が1570円で450円で消費税を付加すると2181.6円で

1円単位切り捨てで2180円になります

パイ貝?つぶ?とイカ煮付けです

グレープフルーツサワー(400円)
20140707-3-06.jpg

お酒はサワーからコレにします

飲みかけでもないのに何か中途半端なお酒の量ですね

みがきにしんネギ味噌(450円)
20140707-3-07.jpg

みがきにしんが薄目に切られてにしんは塊の方が味が良いと思いますが・・・

味噌はネギが少し入ってまんま味噌の味が強いですね

豚小串(二本)(320円)
20140707-3-08.jpg

店員さんに焼き方はタレと塩か聞かれ確かタレと言ったはずですが何故か塩焼きで出されます

豚バラのようで塩胡椒と合っているから良いのですが何か肩透かし食らったような感じですよ

グレープフルーツサワー(400円)
20140707-3-09.jpg

やはりお酒の量は中途半端でそれなりの値段なんだが・・・

氷彩のロゴの部分まで入れて出せば良いかてな感じでしょうか

料理はどれも味が濃い目でお酒を飲むには良いですかね

会計は2180円で炉端焼きチックなすすきのの酒場でした

住所:北海道札幌市中央区南三条西4坪川ビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-26(Sat)

札幌・豊水すすきの「鮨 田なべ たなべ」(寿司)[おまかせコース(うに、いくら、あわび)]

札幌・豊水すすきのに来ました

地下鉄東豊線豊水すすきの駅から歩いて2分ほどです

寿司『鮨 田なべ』です

荒夜の酒場ハンター 豊水すすきの『鮨 田なべ』編
平成26年(2014年)7月7日の様子

(札幌・豊水すすきの 鮨・田なべ)

店内は2階で入口入って正面から右奥に厨房、厨房沿いにLの字型のカウンターが12席ほど、

カウンター後には4人掛けテーブル席と2人掛けテーブル席がそれぞれ1卓ずつあります

店員は厨房に30代頃の男性寿司職人が3人ほど、ホールに30代頃の女性が3人います

BGMはジャズ、テレビはなく、煙草はカウンター上に灰皿が置いておらず不明です

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)20140707-2-03.jpg

御品書
20140707-2-04.jpg20140707-2-05.jpg

瓶ビール・サッポロ・エビス(680円)
20140707-2-06.jpg

今日飲むお酒はコレにします

料理はおまかせコース11、500円で内容は前菜、刺身三種、一品料理、すし六種、お椀、デザートです

前菜
20140707-2-07.jpg

じゅんさいの酢の物、海老、ほたて貝で軽くパクパクと食べられますね

ホタテは醤油に漬けて焼いたのでしょうか良く味がしみていますよ

薬味
20140707-2-08.jpg

薬味が出されこれからは刺身が出されます

平目
20140707-2-09.jpg20140707-2-10.jpg

昆布〆で中には刻まれた昆布が入っておりこの昆布感が魚の深みを増しますね

時しらず
20140707-2-11.jpg

コレも〆てあり山葵醤油でどうぞと言われ脂ものって美味しいですよ

水たこ
20140707-2-12.jpg

水たこの柔らか煮に土佐酢ジュレをのせ、しその葉が添えられてマイルドな味付けでタコも良く煮えていますよ

ししゃも
20140707-2-13.jpg20140707-2-14.jpg

デカッと思いししゃもを見ていると店員さんがお客さんが良く驚くと言っています

山葵菜が添えられています

卵のプツプツとした食感が良いですよ

牡蠣
20140707-2-15.jpg

たたみいわしと茄子の漬物が添えられて牡蠣は蒸したモノでしょうか見た目通りプリプリとしていてミルキーですよ

中々(700円)
20140707-2-16.jpg

ビールもう1本いかがですかと聞かれ2杯目はコレにします

宮崎県の麦焼酎をロックでお願いします

茶碗蒸し
20140707-2-17.jpg20140707-2-18.jpg

店員さんに熱いですよと出され中を穿ると下の方にはズワイカニが入っており上のカラメル色のタレは少し酸っぱ目です

指拭き
20140707-2-19.jpg

指拭きが出されこれから寿司になります

新生姜
20140707-2-20.jpg

甘えび
20140707-2-21.jpg

店長さんから全部味が付いていますと言われ煮切り等で施され、まんま食べられます

美しいビジュアルでふっくらとした味わいで美味しいですよ

中とろ
20140707-2-22.jpg

確か函館・松前と言っていたかな大間も有名ですが近いんでコレも良いですね

真いか
20140707-2-23.jpg

函館産のようで生姜がのって少し細かく包丁で切れ目が入れられて食べやすいですよ

お椀
20140707-2-24.jpg20140707-2-25.jpg

具は若布、青菜、キノコ類の味噌汁でコレを飲みつつラストスパートになります

うに
20140707-2-26.jpg

函館産のようでシャリには海苔は巻かれず塩が振られています

濃厚なウニとサッパリとした塩が口の中で中和してイチオシになりますよ

あわび
20140707-2-27.jpg

函館は松前産のようで肝ソースがのって本体は蒸しなんでしょうね

肝の濃縮した味は食べていると日本酒を飲みたくなりますよ

いくら
20140707-2-28.jpg

店長さんウチで漬けていると言っており自家製のようで零れるイクラの絵も良いものですね

プチプチプチとアッサリと食べられますね

フルーツアイスクリーム
20140707-2-29.jpg

このパインアイスも自家製でオレンジも添えられ少しシャリシャリとシャーベット風で〆には良いですよ

和三盆のクリームブリュレ
20140707-2-30.jpg

アイスで〆だと思っていたのですがコチラも出されます

見た目からしてコッテリと甘いのかと思いましたが上品な味で軽く食べ終わりました

店員さんと色々お話したのですが愛想が良くてカウンター席で気楽に食べられるお寿司屋さんですよ

会計は13910円で腹の太いししゃもが食べられるすすきののお寿司屋さんでした

住所:北海道札幌市中央区南五条西3ニューブルーナイルビル 2F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-25(Fri)

羽田空港第2ビル「エアポートグリル&バール」(洋食)[カンパーニュ・クロックムッシュ]

羽田空港第2ビルで昼飯を食べました

東京モノレール羽田空港第2ビル駅の第2旅客ターミナル4階にあります

洋食『エアポートグリル&バール』です

荒夜の酒場ハンター 羽田空港第2『エアポートグリル&バール』編
平成26年(2014年)7月7日の様子

ANA
(羽田空港第2ビル エアポートグリル&バール)

(グルメブログとは)

店内は入口入って一番左奥に厨房のようで、正面にはカウンター席、窓沿いもカウンター席があり

入口入って正面から左側には4人掛けテーブル席が多数あります

店員は厨房内は見えず、ホールに20~30代頃の男女数人います

メニュー
20140707-1-03.jpg20140707-1-04.jpg

飛行機
20140707-1-05.jpg

ANAの搭乗口の近くにありコレを見ながらの休憩です

ドリンクセット(290円)
20140707-1-06.jpg

セットにすると安くなるようなのでドリンクも付けますね

アイスティーを選びレモンかストレートでレモンにします

他にチョイスできるソフトドリンクはドリンクメニューを撮っていないから不明です

カンパーニュ・クロックムッシュ(640円)
20140707-1-07.jpg

食べかけ
20140707-1-08.jpg

実際はまだ食べていないですけどパンと言えば良いのか本体はチーズとハムで調理されて少しハムがチープですが・・・

パン、ハム、チーズとベシャメルソースも少しはさんで間違いない味が完成しますよ

ポテトは細いし揚げ立て感が余りなくステーキやハンバーグをウリにしているお店としてはイマイチですね

会計は930円でANA機を眺めながらくつろげる羽田空港の洋食屋さんでした

住所:東京都大田区羽田空港3-4-2羽田空港第2旅客ターミナル マーケットプレイス 4F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-24(Thu)

池袋「イタリアンバル UOKIN」(バール)[ネギトロのタルタル、アスパラガスのムース]

池袋に来ました

JR山手線池袋駅から歩いて2分ほどです

バル・バール『イタリアンバル UOKIN 池袋店』です

荒夜の酒場ハンター 池袋『イタリアンバル UOKIN 池袋店』編
平成26年(2014年)7月4日の様子

(池袋 イタリアンバル・UOKIN)

店内は入口入って左奥に厨房、厨房沿いにカウンターが8席ほど、カウンター後にテーブル席、中二階にもテーブル席があるようです

店員は厨房に7人ほどおり1人だけ40代頃の男性は後に手を組んで立って仕事はせず店員に話をしているアドバイザー?店長?

他は20~30代頃の男性5人女性1人、ホールに20~30代頃の男性4人女性1人います

BGMはジャズ、テレビはなく、灰皿はカウンター上にはなく店員さんに言えば出してくれます

飲み物                                     おやじDay
(グルメブログとは)20140704-2-03.jpg

メニュー
20140704-2-04.jpg

20140704-2-05.jpg20140704-2-06.jpg

カウンター上
20140704-2-07.jpg

プレミアムモルツ(520円)
20140704-2-08.jpg

パン(290円)
20140704-2-09.jpg

お通しでレシートにはパンと書かれており、店員さんにお好みでオリーブオイルを付けてと言われます

魚金イタリアン系の定番のパンは全部食べると後でお腹一杯なってしまいますが結局は食べてしまいました

ネギトロ、アボガド、スモークサーモンのタルタル(580円)
20140704-2-10.jpg

タルタルソースの味は強くなく魚や果物の旨味が良いですよ

バケットは少しカリカリ過ぎですがネタの濃厚さとの組み合わせもアリですね

アスパラガスのムース、チーズのガレット添え(480円)
20140704-2-11.jpg

チーズガレットが見た目通りのお味で酒のツマミにも良いですよ

店員さんにムースはパンに付けてと言われアスパラの歯応え抜群ですがムースの味は少しぼやけていますね

食べかけ
20140704-2-12.jpg

ゲヴュルツトラミネール(590円)
20140704-2-13.jpg

2杯目は白ワインのコレを飲みますね

しっかりした飲み応えで肉を一緒に食べても良いかと思えるほどですよ

レシートを後で確認すると白ワイン590円を2杯飲んだ事になっており少しヤラレテしまいました

会計は2860円で魚介類が美味しい池袋のイタリアンでした

住所: 東京都豊島区西池袋1-35-8東海ビル B1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-23(Wed)

飯田橋「ファーストキッチン ラムラ店」(ハンバーガー)[ベーコンエッグバーガーセット]

飯田橋で昼飯を食べました

JR総武本線飯田橋駅から歩いて1,2分ほどです

ハンバーガー『ファーストキッチン 飯田橋ラムラ店』です

荒夜の酒場ハンター 飯田橋『ファーストキッチン 飯田橋ラムラ店』編
平成26年(2014年)7月4日の様子

(飯田橋 ファーストキッチン・飯田橋ラムラ店)

店内は入口入って右奥にレジがありその奥が厨房でしょうか、入って左側にはファーストフード風のテーブル席やカウンター席があります

店員はファーストフードなんでそのような店員さんが多数います

メニュー
(グルメブログとは)

ソース
20140704-1-03.jpg20140704-1-04.jpg

ベーコンエッグバーガーセット(660円)
20140704-1-05.jpg

セットのドリンクはオレンジジュース、ポテトのフレーバーは焦がしバター醤油にします

店員さんが提供時にポテトをシャカシャカとふってくれますよ

ベーコンエッグバーガー
20140704-1-06.jpg

このお店と言えばこのハンバーガーになりますね

20140704-1-07.jpg

食べかけ
20140704-1-08.jpg

ソース類が少しコッテリしているのかと思いましたがパクパクと軽く食べてしまいました

ベーコンがはみ出る様な、はみ出ないようなこの感覚は良いですね

ポテトM
20140704-1-09.jpg

少しフリが足りなかったのか味が濃い部分がありましたがシャカシャカと振って上手く調節しますよ

会計は660円でポテトのフレーバーが豊富な飯田橋のハンバーガー屋さんでした

住所:東京都新宿区神楽河岸1-1飯田橋セントラルプラザ

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-22(Tue)

錦糸町「しゃきしゃき」(中華料理)[タンギョウセット(タンメン、ギョウザ)]

錦糸町で昼飯を食べました

JR総武本線錦糸町駅北口から歩いて2分ほどです

ラーメン『しゃきしゃき』です

荒夜の酒場ハンター 錦糸町しゃきしゃき』編
平成26年(2014年)7月3日の様子

(錦糸町 しゃきしゃき)

店内は入口入って左側には厨房、厨房沿いにLの字型のカウンター12席ほどあります

店員は頭に手拭いを巻いている30代頃の男性、ホールに手拭いを巻いている同年代の男性がいます

BGMはドリームズカムトゥルー等のJPOP、テレビはなく、卓上に灰皿はなく煙草は不明です

サワー類も置いているから夜はアリかもしれませんね

券売機                                     食券
(グルメブログとは)20140703-1-03.jpg

店内入口入ってすぐ右に券売機があり1000円のタンギョウセットをポチリます

メニュー                                    カウンター上
20140703-1-04.jpg20140703-1-05.jpg


20140703-1-06.jpg

小さめのタンブラーで出されます

ギョウザ
20140703-1-07.jpg20140703-1-08.jpg

タンメンより先にギョウザが焼き上がり同じタイミングになるようにタンメンの作りは遅らせているのでしょうか

タンメン
20140703-1-09.jpg

出来上がると店員さんがカウンター上の棚に置き丼はホールの店員さんが下ろしてくれます

因みに餃子の皿は自分で下ろします


20140703-1-10.jpg

平太で縮れた麺は柔らかで太いから食べ応えもありますよ

上の野菜には少しゴツイ人参も入っていますがアクも感じることなくシャキシャキと美味しく食べられますよ

生姜
20140703-1-11.jpg20140703-1-12.jpg

途中から味に変化を付ける為にショウガを使いますよ

元々サッパリ系なんでショウガも余り必要ないかと思いますが残りを食べ終えてお店を後にします

会計は1000円で野菜がシャキシャキとしている錦糸町のタンメン屋さんでした

住所:東京都墨田区錦糸3-3-3

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-21(Mon)

新橋「おにやんま 新橋店」(うどん)[冷・並盛・天ぷらぶっかけ]

新橋で昼飯を食べました

JR山手線新橋駅から歩いて2分ほどです

うどん『おにやんま 新橋店』です

荒夜の酒場ハンター 新橋『おにやんま 新橋店』編
平成26年(2014年)7月2日の様子

(新橋 おにやんま・新橋店)

看板
(グルメブログとは)

券売機
20140702-1-03.jpg

食券
20140702-1-04.jpg

店内は入口入って右側に厨房、正面奥には4メートルほどのスタンディングテーブルが3卓ほどあります

店員は前線に東南アジア系の女性、洗い場に30代頃の女性、調理等に20代頃の男性2人います

BGMはJPOP、テレビはなく、立ち食いうどん屋さんなんで煙草を吸いたい方もいないのでしょうか

薬味
20140702-1-05.jpg

入口入って右側の厨房に食券を出しうどんが出来上がり次第フリーに薬味を投入します

卓上
20140702-1-06.jpg

冷・並盛・天ぷらぶっかけ(470円)
20140702-1-07.jpg

写真はネギ、ショウガ、揚げ玉をトッピング後になります

とり天、いも天、海老天がのっており豪華な盛り付けになり・・・まあ470円なんでね


20140702-1-08.jpg

うどんに適度のコシがあり天ぷらはどれもサックりとして美味しいですよ

会計は470円で都心で讃岐の味が食べられる新橋のうどん屋さんでした

住所:東京都港区新橋3-16-23

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-20(Sun)

有楽町・日比谷「食安商店」(立ち飲み居酒屋)[いかフライ&ピーナッツ、サラミソーセージ]

東銀座『俺の揚子江 銀座4丁目』で飲み有楽町に来ました

JR山手線有楽町駅から歩いて1分ほどです

立ち飲み居酒屋『食安商店』です

荒夜の酒場ハンター 有楽町『食安商店』編
平成26年(2014年)7月1日の様子

20140701-2-01.jpg

店内は入口入って正面に自動販売機が4台ほどありその間に小さな売店、スタンディングテーブルが3ヵ所ほどあります

店員は売店に20代頃の男性が1人います

BGMは洋楽ポップステレビはなく灰皿は?立ち飲みと言うよりほぼ半分喫煙所状態です

自動販売機
20140701-2-02.jpg

売店
20140701-2-03.jpg

店主
20140701-2-04.jpg

灰皿
20140701-2-05.jpg

氷結・グレープフルーツ(160円)
20140701-2-06.jpg

小銭が多いから210円を自販機に入れて買うと酔いのせいかつり銭が落ちて来るタイミングが遅いのか出てきませんね

自販機も50円のお釣りを計算するのに人間より遅いのかそれとも10円玉で出そうか50円玉で出そうか考えていたのかな

缶チューハイを飲んでいると売店のお兄さんが後から出て来た50円玉を自販機から取って渡してくれますよ

コレは新発売のアサヒやキリンのドライ系缶チューハイを飲んでいるとかなり甘く感じますね

サラミソーセージ・大(110円)、いかフライ&ピーナッツ(値段?)
20140701-2-07.jpg

いかフライ&ピーナッツの値段表記はありませんね

2つ合わせて240円だったからいかフライ&ピーナッツは130円になります

サラミソーセージはどちらかと言うとカルパス?てなモノですね

タカラcanチューハイ(180円)
20140701-2-08.jpg

店内外を見ていると携帯と言うかスマートフォンは通話し放題だし入口際に座って休憩している若者もいますね

向かい側では2人のお客さんが500mlをツマミなしで飲みながら飲食店の愚痴をこぼしていますよ

この時間にこんな場所で飲んでていいのか・・・お休みなんでしょうね

もう少しお金を使って欲しいのですが・・・680円しか使っていないから余り言えませんね

会計は680円でまるで喫煙所状態の有楽町の酒場でした

住所:東京都千代田区有楽町2-4-3

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-19(Sat)

東銀座「俺の揚子江 銀座4丁目」(中華料理)[フカヒレの姿煮、四川風麻婆豆腐]

東銀座に来ました

東京メトロ日比谷線東銀座駅から歩いて1分ほどです

中華料理『俺の揚子江 銀座4丁目』です

荒夜の酒場ハンター 東銀座『俺の揚子江 銀座4丁目』編
平成26年(2014年)7月1日の様子

(東銀座 俺の揚子江・銀座4丁目)(グルメブログとは)

店内は地下にあり入口入って右奥に厨房、厨房沿いにLの字型のカウンターが20席ほど、

カウンター後には4人掛けテーブル席やスタンディングテーブルが多数あります

店員は厨房に男性の職人さんが10人ほど、ホールには男女7人ほどいます

BGMはJAZZの生ライブでテレビはなく、灰皿はカウンター上に常備しておらず食べログによると禁煙のようです

店名にはなんで揚子江なのかは不明ですが、だしもあるようだし一捻りしているようです

メニュー
20140701-1-03.jpg20140701-1-04.jpg

最初に店員さんからお通しとミージックチャージが付く旨の説明があります

ジャズの生演奏の動画撮影はご遠慮下さいと書かれており『YouTube』に動画を流す人でもいるのでしょうか

カウンター上                                 厨房
20140701-1-05.jpg20140701-1-06.jpg

キリン一番搾り(生)(480円)
20140701-1-07.jpg

麦酒からキリンフリーを飲んでもしょうがないからコレにします

お通し(300円)
20140701-1-08.jpg

レシートにはAMUSEと書かれており所謂アミューズですね・・・そのまんまです

クリームチーズ系の中華デザートと言えば良いのかねじねじとした中華菓子も添えられていますね

青山椒香る枝豆(380円)
20140701-1-09.jpg

実の入っていない殻が少し入っていたりと空き殻は入れて欲しくないんですけど・・・枝豆に山椒はどうなんでしょうね

良く考えてみるとこの手のお店でこの類の料理と言うかツマミを注文するのは儲けさせているだけですね

排翅(フカヒレ)の姿煮(1280円)
20140701-1-10.jpg20140701-1-11.jpg

繊細な歯応えでタレと言うかソースの味付けは余りコレと言った味わいでもないですね

隣のお客さんデカッな特大フカヒレをチェンジしていますが何か虫でも入っていたのか店員さんが謝っていますよ

平日限定の特大排翅(フカヒレ)の姿煮は上海蟹ソースと注釈で書かれていますがコチラはそれっぽい感じはないようですね

ところで上海蟹って今シーズン?早くないだろうか

俺の高級泡
20140701-1-12.jpg20140701-1-13.jpg

アンリ・ジロー(999円)
20140701-1-14.jpg

飲むと泡の感覚が口に広がるほどデカッというイメージでスッキリとして辛めの料理と合いますね

四川風麻婆豆腐(680円)
20140701-1-15.jpg

メニューには唐辛子のマークが2個並んでおりどの程度の辛さでしょうか

九条ネギがのって山椒はかなり効いていますが一気に辛さがガーッと来て口がヒリヒリしますが後引かない辛さですよ

会計は4772円で特大排翅も食べられる銀座の中華料理屋さんでした

住所:東京都中央区銀座4-10-10銀座山王ビル B1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-18(Fri)

渋谷・神泉「楽椿 らくちん」(居酒屋)[初かつを、ひな鳥半身揚・白、わり水焼酎]

渋谷『もつやき 婁熊東京』で飲み神泉に来ました

京王井の頭線神泉駅から歩いて1分ほどです

居酒屋楽椿』です

荒夜の酒場ハンター 神泉楽椿』編
平成26年(2014年)6月27日の様子

(神泉 楽椿)

店内は入口入って一番奥に厨房、厨房沿いにLの字型のカウンターが12席ほど、

カウンター後には向かい合って14席ほどの長いテーブル席が2卓ほどあります

店員は厨房30代頃の男性3人、20代頃の女性1人います

店長はスキンヘッドに口顎の髭を生やして厳つい顔の持ち主です

メニュー
(グルメブログとは)20140627-2-03.jpg

6月27日                                   今日のoh!魚
20140627-2-04.jpg20140627-2-05.jpg

カウンター上
20140627-2-06.jpg20140627-2-07.jpg

レモン・ソーダ割(378円)
20140627-2-08.jpg

SHo-CHUのカテゴリから一番安いコレにします

お通し(216円)
20140627-2-09.jpg

心太になりこれである理由が何かあるのでしょうか

ぶつ刺し(486円)
20140627-2-10.jpg

イサキはなしのようで、かつを、かんぱちがお薦めでかつをにします

毎日5,6種類のネタを用意しているようでブツッと切られた魚介も良いですね

店内には確か『魚真』からの魚と書かれていたような・・・何か関係でもあるのでしょうか

ひな鳥半身揚・白(702円)
20140627-2-11.jpg20140627-2-12.jpg

レシートには楽椿鳥白と書かれています

お品書きに大名物と書かれており銘柄は絶好鳥のようです

味付けが二つあり店長から初めてだと白が良いと言われ旨塩コショーのコレにします

因みにもう1つは赤で旨辛ジャンです

熱っと思いながら食べていると店長から「美味しいですか」と聞かれ「ハイ」と言いますよ

店長には言いませんがもう少しカラッと揚げても皮等や全体的に少しシットリとしていますね

鳥肉の味自体は流石に絶好鳥で問題なく美味しいですよ・・・何のこっちゃ

時間をかけてお肉を揚げているようでシットリとしているのは仕様なんでしょうか

わり水焼酎(378円)
20140627-2-13.jpg

2杯目は焼酎を飲みます

芋と麦があり麦をロックでお願いします

メニューには6:4と書かれておりロックで飲む場合には余り関係ないんですかね

スープ
20140627-2-14.jpg20140627-2-15.jpg

早めにサクッと終わらせスイマセンと会計を店長にお願いすると1杯でも良いんでと言っていますよ

カウンター上の鳥ガラスープを薦められ飲み放題のようでワカメも入って〆のサービスも良いですね

支払い
20140627-2-16.jpg20140627-2-17.jpg

精算書には熊のような絵が書かれて、女子店員が書いていたものかな

帰りには店長に店頭までお見送りされ飴ももらいました

会計は2160円でひな鳥半身揚が食べられる神泉の酒場でした

住所:東京都渋谷区円山町23-10渋谷ATビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-17(Thu)

渋谷「婁熊東京 るくま」(もつやき)[れば刺し、おすすめ串5本コース、キャベツ]

渋谷に来ました

JR山手線渋谷駅から歩いて4分ほどです

もつやきもつやき 婁熊東京』です

荒夜の酒場ハンター 渋谷もつやき 婁熊東京』編
平成26年(2014年)6月27日の様子

(渋谷 婁熊東京 るくま)

店内は入口入って左奥に厨房と焼き台、厨房沿いにカウンターが12席ほど、右奥に4人掛けテーブル席が3卓ほど、

左奥にもテーブル席があるようです

店員は焼き台に店長と思しき30代頃の男性、他に20~30代頃の男性が4人います

テレビはなく、BGMは洋楽ポップス系で灰皿はカウンター上に置いていなく不明です

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)

本日の限定日本酒等                            ワイン
20140627-1-03.jpg20140627-1-04.jpg

フードメニュー                                串焼き
20140627-1-05.jpg20140627-1-06.jpg

カウンター上
20140627-1-07.jpg

サントリープレミアムモルツ生中(580円)
20140627-1-08.jpg

もつ焼き屋さんですがホッピーはないようですね

今日飲む1杯目のお酒はビールにします

お通し(値段?)
20140627-1-09.jpg

値段は不明ですが食べログには300円と書いています

茄子の煮浸しでしょうか

れば刺し(680円)
20140627-1-10.jpg

店員さんに塩がかかっているからそのまま食べて下さいと言われます

塩がシッカリとかけられていますが肉の甘味も感じられて美味しいですよ

キャベツ(420円)
20140627-1-11.jpg

メニューには辛味噌でと書かれており最初はパンチのない辛さと思っていると後からジワリと来ますね

梅干しサワー(550円)
20140627-1-12.jpg

2杯目はサワー系で値段が安いコレにします

煮込み鍋
20140627-1-13.jpg

もつ煮込み
20140627-1-14.jpg20140627-1-15.jpg

店員さんともつ談義に花を咲かせて煮込みの鍋を見ているとサービスで少し出してくれましたよ

食べてみると塩と言うかコンソメっぽい味で脂も程よく入って比較的サッパリ系な煮込みですね

脂付きはらみ
20140627-1-16.jpg20140627-1-17.jpg

焼き物はおすすめ串5本コースをお願いし金額は1000円~のようです

1本目はメニュー外のネタで裏メニューとでも言っているのでしょうか

人気の1本だそうで玉ネギ炒めと言うかオニオンソースがのって凝っています

いい感じの脂もありジューシーなもつ焼きですよ

たんもと                                    ユリのつぼみ
20140627-1-18.jpg20140627-1-19.jpg

粒マスタードと共に出され流石にタンでもモトだけあって柔らかくてマスタードにも良く合いますよ

野菜焼きはシャキシャキとした食感が味わえる一品ですね

モヒート(600円)
20140627-1-20.jpg

もう1杯違うお酒を飲んでみますね

てっぽう                                    れば
20140627-1-21.jpg20140627-1-22.jpg

てっぽうのタレは醤油系で肉に厚みもあり良いですよ

ればの刺身用を焼いているようでタレは少し甘めの仕様ですりおろしたニンニクのようなモノが混じっており

角張ったレバーと合っていますよ

お茶
20140627-1-23.jpg

最後にお茶で〆になります

会計の値段はカードで支払ったから正確ではありますがなんこつも食べたと思いますが写真はなく若干、曖昧な点もある点は御容赦下さい

会計は4250円でれば刺しも食べられる渋谷の酒場でした

住所:東京都渋谷区渋谷3-15-2住報渋谷ビル 2F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-16(Wed)

目白「日高屋」(中華料理)[チゲ味噌ラーメン、餃子]

目白で昼飯を食べました

JR山手線目白駅から歩いて3分ほどです

中華料理日高屋』です

荒夜の酒場ハンター 目白日高屋』編
平成26年(2014年)6月26日の様子

(目白 日高屋)

店内は入口入って左側に厨房、厨房沿いにカウンターが5席ほど、反対側の壁沿いにもカウンターが6席ほど、

2人掛けテーブルが2卓ほど、奥の方には仕切りのあるカウンター風なテーブル席、一番奥の壁にもカウンター席があります

店員は厨房に30代頃の男性が2人、ホールに20代頃の男女1人ずついます

BGMはなくテレビもなく座ったカウンター席は禁煙のようですが他の席は不明です

メニュー
(グルメブログとは)20140626-1-03.jpg

写真は一部を撮ったのですが肝心のチゲ味噌+餃子セットの部分は忘れていました

カウンター上
20140626-1-04.jpg

チゲ味噌ラーメン
20140626-1-05.jpg

値段は餃子とのセット料金で770円です

良い感じの赤い色合いで辛そうに見えますがこの辛い物ヘタレでも楽勝で食べられる仕様ですね


20140626-1-06.jpg

卵がうまく絡んで辛さもやはりこんなもんでツルツルと食べられますよ

餃子
20140626-1-07.jpg

中身
20140626-1-08.jpg20140626-1-09.jpg

仕切りのある餃子皿ですが醤油皿が出されます

普通に美味しい餃子ですね

20140626-1-10.jpg

餃子皿のくぼみと言うか仕切りは使いません

最初から仕切りには餃子がのせてありましたしね

会計は770円で夏のスタミナ・活力源が食べられる目白中華料理屋さんでした

住所:東京都豊島区目白3-5-11

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-15(Tue)

亀戸「立呑み処 くら」(立ち飲み居酒屋)[まぐろ刺、マカロニサラダ、黒ホッピー]

亀戸『鳥さわ』で飲みもう1軒ここ亀戸で飲みますね

JR総武本線亀戸駅北口から歩いて2分ほどです

立ち飲み居酒屋『立呑み処 くら 亀戸店』です

荒夜の酒場ハンター 亀戸『立呑み処 くら 亀戸店』編
平成26年(2014年)6月25日の様子

(亀戸 立呑み処・くら)

店内は入口入って右奥に厨房、厨房沿いにLの字型の立ち読みカウンター、壁沿いのカウンターやスタンディングテーブルもあります

店員は厨房に男性2人、ホールに東南アジア系の40代頃と20代頃の女性が1人ずついます

BGMはテレビと言うかテレビの下になりうるさいんだけど・・・灰皿はカウンター上に常備され煙草はフリーのようです

お飲み物                                   おつまみ
(グルメブログとは)20140625-2-03.jpg

短冊メニュー・ボードメニュー
20140625-2-04.jpg

コテッコテの立ち飲み酒場ですがおすすめワインもありますね

カウンター上
20140625-2-05.jpg

金券
20140625-2-07.jpg

チケット制で予め購入し商品と金券の交換になります

チケットは500円で50円券が11枚綴りになっており500円分につき50円お得になっていますね

50円お得になっているかその事を前提に価格が設定されていると思うかは人それぞれですがガタガタ言わずに1000円分購入しますよ

写真は飲み物を注文した後に400円分使い終わった時点になりますね

黒ホッピー(400円)
20140625-2-06.jpg

焼酎少なっ

おかわりの焼酎が100円で少ないのはしょうがないかも知れないのですがセット料金400円でこの量はどうかと思いますね

まぐろ刺(300円)
20140625-2-08.jpg

店員さんに刺身と言うと「マグロ」と確認され「ハイ」と言います

色がイマイチですがこんなモノでしょうか・・・普通に美味しいですよ

なか(おかわり焼酎)(100円)
20140625-2-09.jpg

焼酎をおかわりしてもう1杯ホッピーを飲みますね

と言うより頼みもしないのに年配の店員さん小さなグラスに焼酎を入れて持って来ますよ

隣で飲んでいるお客さんが生ビールを飲み干すとすかさずチェックするホールの若い店員さん・・・しっかり教育されています

マカロニサラダ(150円)
20140625-2-10.jpg

コロッケ(100円)
20140625-2-11.jpg

なぜか酔いも手伝い1000円分のチケットで50円券1枚分のオマケと勘違いしてしまい

焼酎の量が少ないからもう1杯飲みたかったのですが揚げ物も食べたいしサラダ系もとあれやこれやと考えた結果、

マカサラとコロッケにしこれだと50円分残っていますがチケットを使い切ったと勘違いしていました

会計は1000円で三崎港直送の魚が食べられる亀戸の酒場でした

住所:東京都江東区亀戸5丁目5番8号国井ビル1階

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-14(Mon)

亀戸「鳥さわ」(焼鳥)[おまかせ(かしわ、さびやき、白玉、血肝、はつもと、せせり、合鴨)]

亀戸に来ました

JR総武本線亀戸駅北口から歩いて4分ほどです

焼鳥鳥さわ』です

荒夜の酒場ハンター 亀戸鳥さわ』編
平成26年(2014年)6月25日の様子

(亀戸 鳥さわ)

店内は入口入って左側に厨房と焼き台、厨房沿いにカウンターが8席ほどあります

店員は焼き台に頭にねじり鉢巻を巻いている店主と思しき30代頃の男性、厨房に20代頃の女性がいます

BGMは洋楽ポップス、テレビはなく、カウンター上に灰皿はなく煙草はどうかわかりませんね

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)

フードメニュー
20140625-1-03.jpg

カウンター上
20140625-1-04.jpg

エビス生ビール(500円)
20140625-1-05.jpg

メニューを見てみるとサワー系はないようなのでコレにします

ツマミの注文を考えていると店主からおまかせもあり一杯になったら言っていただければと言われおまかせにします

お通し
20140625-1-06.jpg

きゅうりとかぶのお新香で良い漬かり具合ですよ

かしわ
20140625-1-07.jpg

あっさりとしたタレで軽く食べられますよ

店主は背中に大きな団扇をさして焼き物を焼き時はパタパタとあおいでいますね

さびやき
20140625-1-08.jpg20140625-1-09.jpg

かしわと一緒に出され普通コチラの方が先にと言うか1本目の定番に食べるものでしょうか

ふっくらとしてレア感があり山葵はマイルドな辛さになっていますよ

口直し
20140625-1-10.jpg

店員さんが口直しにと大根おろしが出されます

麦・天草(550円)
20140625-1-11.jpg

2杯目のお酒はワインとかシャンパーニュもありますが熊本の焼酎にします

白玉
20140625-1-12.jpg

うずらの卵になり黄身のまろやかな味わいで良いですね

血肝
20140625-1-13.jpg20140625-1-14.jpg

タレで焼かれ少しトロミもあり、かなりなレアーでトロトロとして口の中で蕩けますよ

銀杏
20140625-1-15.jpg

塩は軽く振っているようで軽く食べられますね

はつもと
20140625-1-16.jpg

店主さんは大動脈と言っており塩で焼かれ脂ののりも良いですよ

せせり
20140625-1-17.jpg

店主さんにお好みでレモンをおしぼり下さいと言われ肉のつなぎっぽい食感で美味しいですね

ほどいも
20140625-1-18.jpg20140625-1-19.jpg

店主さんに包装されているビニールを出して説明されアピオスと言う芋の一種のようです

この大きさでは流石にホクホク感は感じられないですね

ちょうちん
20140625-1-20.jpg

一口で食べて下さいと言われ中途半端に食べると汁が溢れてしまうのでしょうか

白玉ほどの濃厚さはなく下に付いている肉の方が良い味出していたりしますよ

麦・天草(550円)
20140625-1-21.jpg

もう1杯同じ焼酎を飲みますね

つくね
20140625-1-22.jpg

なんこつがコリコリと適度に入ってしそ風味でもあり普通に美味しいダンゴです

金針菜
20140625-1-23.jpg

ゆりのつぼみのようでコレは普通に美味しい焼き野菜です

そり
20140625-1-24.jpg

シッカリとした歯応えで脂がのりジューシー感が良く出ています

合鴨
20140625-1-25.jpg

コレを焼いているところでストップにします

山葵で若目の焼きでクセもなく新鮮で美味しいですよ

温かいお茶でもどうですかと聞かれますがどうせ飲むのであればお酒の方が良いから「いいです」と言いましたよ

会計は5800円でトロトロなレバーが食べられる亀戸の酒場でした

住所:東京都江東区亀戸2-24-13

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-13(Sun)

早稲田・高田馬場「はちまん」(焼鳥)[白レバー、だんご、ナンコツ、ハツとレバーの間焼き]

早稲田に来ました

東京メトロ東西線早稲田駅から4分ほどです

焼鳥はちまん』です

荒夜の酒場ハンター 早稲田はちまん』編
平成26年(2014年)6月24日の様子

(早稲田 はちまん)

店内は地下にあり入口入って右奥に焼き台と厨房、厨房沿いにLの字型のカウンターが9席ほど

カウンター後に6人掛けテーブル席が2卓、2人掛けテーブル席が1卓あります

店員は焼き台に店主と思しき40代頃の男性、厨房やホールに20代頃の男性2人、女性が1人います

BGMはなく、大将が炭を叩く音や炭火のバチバチとする音でしょうか

テレビはなく「節煙に御協力お願いします」の張り紙が張っており禁煙のようです

おのみもの
(グルメブログとは)20140624-1-03.jpg

20140624-1-04.jpg20140624-1-05.jpg

ボードメニュー
20140624-1-06.jpg

焼き台
20140624-1-07.jpg

カウンター上
20140624-1-08.jpg

レモンサワー(480円)
20140624-1-09.jpg

今日の1杯目はコレにします

お通し(310円)
20140624-1-10.jpg

冬瓜の煮物で鳥の餡かけがかかっており普通に美味しいですよ

軍鶏の昆布〆(450円)
20140624-1-11.jpg

店主さんに量を少な目にしますか?他に色々と食べられますよと言われ「ハイ」と言います

昆布の細切りも添えられて味付いていますからと店主がおろした山葵で食べます

味付けが足りなかったら醤油でと言われ食べると肉が少し乾燥気味ですね

歯応えがあって良く〆られていますよ

白レバー塩焼(210円)                          ハツとレバーの間焼き(230円)
20140624-1-12.jpg20140624-1-13.jpg

焼き物は1本から注文可能で焼き方は基本的におまかせになり店員さんが確認してくるネタもあります

白レバーは思ったより良く焼かれており・・・芯の写真を撮っていませんが

ハツレバーの間焼きは柔らかでもなく固くもなく食べやすいですよ

レモンサワー(480円)
20140624-1-14.jpg

もう1杯飲みますね

店主さんは焼鳥を焼きながら予約電話も「ハイはちまんで~す」と対応していますよ

だんご(210円)                               ナンコツ(210円)+辛焼(60円)
20140624-1-15.jpg20140624-1-16.jpg

だんごは最後の根元になんこつの断片が入っておりミンチ肉を食べ終わった頃のコリコリ感が心地よいですよ

ナンコツは塩焼か辛焼があり辛焼でお願いします

豆板醤的な辛さでネギ付きも嬉しくこのガリガリ感は完璧ですね

手羽先(270円)
20140624-1-17.jpg20140624-1-18.jpg

こちらも塩焼か辛焼が選択でき塩焼でお願いします

食べると口が熱ッ・・・良く焼かれており仕事熱心な店主さんですね

皮側と言うか皮の部分はこんなに焼かなくて良いのですが普通に美味しいですよ

鶏のモツ煮(580円)
20140624-1-19.jpg20140624-1-20.jpg

野菜が多くコンニャク、人参、牛蒡、薬味で鳥のキンカンも入って味噌系かな少しコッテリした味わいですよ

会計は3710円で軍鶏の昆布〆が食べられる早稲田の酒場でした

住所:東京都新宿区西早稲田3-1-1八幡鮨 B1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-12(Sat)

御徒町・上野「ワインバル 八十郎」(ワインバー)[ポテサラ、海老と九条葱のアヒージョ]

御徒町『やきとん まーちゃん』で飲み御徒町に来ました

JR山手線御徒町駅から歩いて1分ほどです

ワインバー『ワインバル 八十郎』です

荒夜の酒場ハンター 御徒町『ワインバル 八十郎』編
平成26年(2014年)6月23日の様子

(御徒町 ワインバル・八十郎)

店内は入口入って左奥に厨房、厨房沿いにカウンターが10席ほど入口入って左側等には4人掛けテーブル席が10卓ほどあります

店員は厨房に20~30代頃の男性3人、ホールに20代頃の女性3人でふくよかな方もいれば、愛想が良く妙に色っぽいオネーサン

BGMはなく、テレビもなく、煙草は店員さんに言えば灰皿は持って来てくれそうです

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)

ボトルワイン
20140623-2-03.jpg

本日のお品書き                              今日のおすすめメニュー
20140623-2-04.jpg20140623-2-05.jpg

白州プレミアムハイボール(590円)
20140623-2-06.jpg

お店柄かサワー系はなくましてやホッピーもなく目に付いたコレを注文します

チャージ(300円)
20140623-2-07.jpg

レシートによると300円のチャージでモノとしてはオリーブです

ゴルゴンゾーラのポテサラ(390円)
20140623-2-08.jpg

メニューを見ると店仕込み・米沢豚の特大ソーセージが目に付き店員さんに1人でどんなモノか確認します

かなり大きいようなんでパスしますよ

じゃがいもがゴロゴロしたタイプで食感が嬉しいのですがゴルゴンゾーラ感は少ないですね

海老と京都九条葱のアヒージョ(590円)
20140623-2-09.jpg20140623-2-10.jpg

注文時にバケットを付けるか聞かれますがナシでお願いします

店員さんに熱いですよと出されます

ネギが長ッ・・・ネギ好きには良いのですが・・・海老とオリーブオイルの下の方にはアンチョビもありますね

やはりバケットありでしたかね・・・具を直接食べると熱いし

白ワイン(490円)
20140623-2-11.jpg

2杯目はワインでシャブリと言い590円のはずでしたがレシートにはグラス白490円と書かれておりコレは何でしょうか

シャ繋がりでシャルドネでしょうか・・・普通に飲みやすい白ワインなんでけど入力ミスかもしれないんで良くわかりませんよ

隣のお客さんが注文していた店仕込みソーセージがやはりデカッ

店員さんは自家製と言っていましたがでも食べようと思えばなんとか他は食べられなくなりますけどね

会計は2540円で特大ソーセージも食べられる御徒町の酒場でした

住所:東京都台東区上野3-22-3ジイドビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-11(Fri)

仲御徒町・上野「まーちゃん」(やきとん)[たんした、テッポウ、カシラ、なんこつ]

仲御徒町に来ました

東京メトロ日比谷線仲御徒町駅から歩いて2分ほどです

やきとんやきとん まーちゃん』です

荒夜の酒場ハンター 仲御徒町やきとん まーちゃん』編
平成26年(2014年)6月23日の様子

(仲御徒町 やきとん・まーちゃん)

店内は入口入って右奥に厨房と焼き台、厨房沿いにLの字カウンターが14席ほど奥にはテーブル席もあります

店員は焼き台に頭に手拭いを巻きメガネをかけている30代頃の男性、厨房に40代頃の店主と思しき男性、

30代頃の男性が2人います

テレビはなく、BGMもなく、カウンター上の棚には禁煙マークが張られており、場所柄ゆえに回転を良くしたいと言う事でしょうか

(グルメブログとは)20140623-1-03.jpg

ボードメニュー
20140623-1-04.jpg

カウンター上
20140623-1-05.jpg

ホッピー黒セット(400円)
20140623-1-06.jpg

今日の1杯目は焼鳥屋の定番のコレを注文します

みそきゅうり(220円)
20140623-1-07.jpg

焼き物を5本ほど注文しすぐに出てきそうなサイドメニューからコレをお願いします

うめもあるから梅でも良いかなと思ったのですが味噌と言っていました

たんした(110円)
20140623-1-08.jpg

焼き物の注文は1本から可能のようで焼き方はと言うよりメニューに味付けは指定がなければお任せになりますと書いていますよ

指定はしなかったから全ておまかせになります

塩で焼かれて良く見ると黒胡椒ですか・・・ジューシーでちょうど良い歯応えの一番良いネタでした

てっぽう(110円)
20140623-1-09.jpg

みそで焼かれており味噌ダレは余りコッテリとしていなくこの角張ったネタに合っていますよ

ウインナー、かしら(各1本110円)
20140623-1-10.jpg

なぜか爪楊枝に刺されているウインナーは特に問題なく美味しくこのネタが不味いはまずないですね

みそで焼かれたカシラは少したんしたと被る面もあり所謂、このお店で言う味付けが違ってやきとんを楽しめますよ

なんこつ(130円)
20140623-1-11.jpg

塩で焼かれこのお店のなんこつは喉笛でコリコリと噛めば噛むほど疲れます

ナカ(270円)
20140623-1-12.jpg

ナカをお代わりしてホッピーをもう1杯飲みますね

店内を見ていると焼き手が集中して忙しく一番奥の店員は常連さんと下ネタトークで盛り上がっていますよ

にらおひたし(220円)
20140623-1-13.jpg

最後はサッパリとコレで〆ます

会計は1920円で注文した品の単純計算では1680円に席料が100円で1780円に消費税を付加すると1922.4円となり

1円単位以下は切り捨てで1920円となりますね

会計は1920円で味噌ダレも美味しい仲御徒町の酒場でした

住所:東京都台東区台東4-6-1

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-10(Thu)

阿佐ヶ谷「バードランド」(焼鳥)[焼鳥コース(わさび焼き、砂肝、皮、ツクネ、フリソデ)]

阿佐ヶ谷に来ました

JR中央本線阿佐ヶ谷駅から歩いて1分ほどになります

焼鳥バードランド』です

荒夜の酒場ハンター 阿佐ヶ谷バードランド』編
平成26年(2014年)6月20日の様子

(阿佐ヶ谷 バードランド)

店内は入口入って正面奥に焼き台と厨房、厨房沿いに少し崩れたコの字型のカウンターが16席ほど、奥にはテーブル席もあるようです

店員は焼き台に店主と思しき30代頃の男性、厨房に同年代頃の男性2人と奥の厨房は暖簾で見えません

BGMはジャズ、テレビはなく、たしか禁煙のはずです

ドリンクメニュー
(グルメブログとは)20140620-1-03.jpg

グラスワイン
20140620-1-04.jpg20140620-1-05.jpg

カウンター上
20140620-1-06.jpg

焼き台
20140620-1-07.jpg

厨房では焼鳥の串打ちはレバーのみかな他は既に串打ち済みのようです

サッポロ「クラシック」(820円)
20140620-1-08.jpg

今日の1杯目はサワー系がないようなんでコレにします

ツマミは奥久慈軍鶏の焼鳥コース(3600円)で内容は前菜3品、肉5本、野菜2本です

前菜                                      前菜
20140620-1-09.jpg20140620-1-10.jpg

鳥アキレスのボイルの胡麻和えで店員さんに良く混ぜて下さいと言われます

アキレスなんて言われると硬そうなイメージでしたがそうでもなくピーナッツ風の味で肉自体にはクセはありませんね

右の写真はざる豆腐で塩胡椒とオリーブオイルで味付けされています

普通に美味しい豆腐ですよ

前菜
20140620-1-11.jpg

自家製レバーのパテでバケットが少しカリカリすぎでパテ自体の味は上品でクセがありませんね

お通しは出ないようですが「食べログ」を見るとサービス料・チャージの欄にありと書かれておりサービス料だけ取られると言う事でしょうか

注文した品の合計は6170円で会計の金額は6570円で差額が400円になりチャージ代?

わさび焼き                                  砂肝
20140620-1-12.jpg20140620-1-13.jpg

1本目のわさび焼きはこの手の焼鳥屋さんの王道ですね

ササミを塩焼きでワサビが付けられ特に辛くもなくコレは風味と言う事でしょうか

焼鳥屋さんに行ってもほぼ注文しないこの砂肝ですが普通に美味しいです

クレマン・ド・リムー(800円)
20140620-1-14.jpg

泡が強い点が嬉しくねなぜか少し渋みも感じられて美味しいですよ

後から来た2人組のお客さんは焼き台の前に座るも暑いと移動します

炭火で焼かれた焼鳥を見ながら飲むのも良いと思いますが2人では関係ないですね

皮                                       甘唐辛し焼き
20140620-1-15.jpg20140620-1-16.jpg

カリッカリッに焼かれており香ばしく山椒はかかっていますがなくても良いかな

お品書きにはこの表記ですが店員さんが出す時には確か万願寺唐辛子とか言っていましたよ

かかっているのは鰹節ではなくササミを揚げて削った鳥節だそうで鳥の旨味が凝縮されていい味してますね

と言うよりこの唐辛子は特に辛い訳ではないようです

ツクネ                                     ギンナン
20140620-1-17.jpg20140620-1-18.jpg

良い感じの形状のつくねで少しフワフワとして美味しいですよ

銀杏も焼鳥屋さんのコースの野菜部門の定番ですね

ブルゴーニュ・ルージュ(950円)
20140620-1-19.jpg

赤ワインも飲んでみますね

グラスがデカッ少し飲んでいて恥ずかしいような気分で味は渋みは余りなく飲みやすいですよ

「どうも」と言ってお店に入るお客さんはノンアルコールビールを飲みながら焼鳥を単品で注文して頬張っていますね

フリソデ
20140620-1-20.jpg

タレ焼きで出されやはりタレは主張をしないようで普通に美味しいですね

店主さんコースはこれで終わりでごゆっくりどうぞと言われチビチビと飲んでいます

軍鶏のスープ
20140620-1-21.jpg

これはサービスになるのでしょうか・・・旨味が適度に出て〆には良いですよ

レバーは出なかったからリピートしアラカルトで注文するのも良いですかね・・・店主さんも感じ良いしまた来ようかな

会計は6570円で鳥のアキレスまで食べられる阿佐ヶ谷の酒場でした

住所:東京都杉並区阿佐谷南3-37-9パールアサガヤ 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-09(Wed)

池袋「福岡 麺劇場 玄瑛/GENEI.WAGAN げんえい」(ラーメン)[海老薫醤油拉麺]

池袋で昼飯を食べました

JR山手線池袋駅にある東武百貨店・池袋本店の8階催事場です

寺門ジモン厳選! 極上!! グルメ祭りでラー麺を食べますなるイベントのイートインにあります

荒夜の酒場ハンター 池袋『福岡 麺劇場 玄瑛/GENEI.WAGAN げんえい』編
平成26年(2014年)6月19日の様子

(池袋 麺劇場・玄瑛・GENEI.WAGAN)

店内は厨房は道沿いにオープンキッチンがあり入口入って右側に壁沿いにカウンターが4席ほど、

入口入って正面と右側に4人掛けテーブル席が10卓ほどあります

店員は厨房に黒地に白字で胸に玄瑛と書かれたTシャツを着た30代頃の男性が3人、

ホールの店員はデパートの方のようですね

厨房で掛け声をかけながらラーメン作っている坊主頭の店員さんテレビで見た事があり店主ですね

(グルメブログとは)

海老薫醤油拉麺(880円)
20140619-1-03.jpg

店員さん他のテーブル席に出そうとしたり随分と迷走した挙句やっと到着します

後から来たお客さんと同じタイミングになってしまいました

一番シンプルな880円のコレにします

チャーシュー?
20140619-1-04.jpg

サッパリした中で念の入った味付けがなされている豚バラでしょうか食べてみると少し硬いのですがパンチが効いていて良いですかね

糸唐辛子
20140619-1-05.jpg

スープは海老が香ってサッパリとした味になっています


20140619-1-06.jpg

中太でと言うより少し平べったい感じで気持ち縮れてツルツルと食べやすい麺です

麺の量は少な目でしょうか夜飲みたい時にはこれぐらいで十分ですよ

さっぱりサクッと食べ終わりましたね

大木屋
20140619-1-07.jpg

日暮里の大木屋も出店して名物の肉のエアーズロックと書かれているステーキサンドがありますね

ゴールドラッシュ
20140619-1-08.jpg

渋谷等にあるゴールドラッシュも出店してハンバーグ弁当も出しています

ミート矢澤
20140619-1-09.jpg

五反田のミート矢澤も出店してステーキ等の弁当も出していますよ

寺門ジモン
20140619-1-10.jpg

食べ終わりフラフラと歩いているとジモン氏が・・・カメラ目線?と思うのは私だけでしょうか

狙いなのか御中元コーナーと併設されイベント終わりのお客さんを取り込もうと店員さんも呼び込みをしていますね

会計は880円でも至上最強の卵子かけご飯(TKG)が食べられる池袋ラーメン屋さんでした

住所:東京都豊島区西池袋1-1-25東武百貨店池袋店

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-08(Tue)

新橋「びすとろ UOKIN うおきん」(フレンチ)[カルパッチョ、厚切りベーコンソテー]

新橋『俺の焼肉 銀座9丁目』で飲みここ新橋でもう1軒飲みますね

JR山手線新橋駅から歩いて4分ほどになります

フレンチ『びすとろ UOKIN』です

荒夜の酒場ハンター 新橋『びすとろ UOKIN』編
平成26年(2014年)6月18日の様子

20140618-2-01.jpg

店内は入口入って左奥に厨房、厨房沿いにLの字型のカウンターがあり手前が立ちで奥側には4席分の椅子、

奥にはテーブル席もあります

店員は厨房に20~30代頃の男性が3人、ホールには20代頃の女性3人と男性が1人います

BGMはジャマイカ風ミュージック、テレビはなく、灰皿は確かカウンター上には常備していなく煙草は不明です

メニュー
20140618-2-02.jpg20140618-2-03.jpg

20140618-2-04.jpg20140618-2-05.jpg

他にもワインボトルのメニューもありましたが写真は撮りませんでした

サントリー・プレミアムモルツ(520円)
20140618-2-06.jpg

飲むお酒は何気なく目に付いたコレにします

お通し(300円)
20140618-2-07.jpg

オリーブオイルと3種類のパンです

レシートにはパンと書かれていますね

海の幸カルパッチョ・ハーフ(680円)
20140618-2-08.jpg

店員さんメニューに書いてありますがネタを6種類シッカリ説明してくれます

サーモンにのっているフライドオニオンは良く合っていて美味しく、他のネタもどれも普通に美味しいですよ

ボッラ・ソアーヴェ(590円)
20140618-2-09.jpg

2杯目は白ワインから値段的に真ん中の銘柄にします

飲んでみると少し果物の甘さがありもう少しサッパリとした方が良いのですが・・・

ワインを飲んでいると電話がひっきりなしにかかっていますね

お店が混んでくると近くに『びすとろ UOKIN はなれ』もありそちらにも案内していますよ

他にも近くにグループの店舗があり店員が様子を見に行き来したりしていますね

厚切りベーコン・フランクフルト・じゃがいものソテー・玉ねぎの甘みを活かしたリヨン風(580円)
20140618-2-10.jpg

食べてみるとエライ醤油っぽい感じが濃すぎでお酒を飲むもお通しのパンと一緒でないと少し厳しいですね

素材は良いのですが少し塩分が多目かと思われる一品ですよ

店内を見ると1人で飲んでいるお客さんがツブ貝のエスカルゴバター焼きとパテ・ド・カンパーニュと白レバーのムースを注文していますね

2つの料理でバケットが合わせて10切れほどとチャージのパンが3個でオイオイお客さんパンどんだけ食べるんだ

てな雰囲気でスパークリングを飲んでいると言うか食べている方もいますよ

ツブ貝も注文しようかと思っていましたがしなくて良かったですね

1軒で晩御飯をかねてと思えばあんなものでしょうか・・・それでも少し多いじゃないですかね

コチラは梯子前提で飲んでいるんでパン尽くしはムリですよ

会計は2880円でビストロ系も人気な新橋の酒場でした

住所:東京都港区新橋4-6-4

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-07(Mon)

新橋「俺の焼肉 銀座9丁目」(焼肉)[ハツ、カルビ、いちぼ、カクテキ]

新橋に来ました

JR山手線新橋駅から歩いて2,3分ほどになります

焼肉『俺の焼肉 銀座9丁目』です

荒夜の酒場ハンター 新橋『俺の焼肉 銀座9丁目』編
平成26年(2014年)6月18日の様子

(新橋 俺の焼肉・銀座9丁目)(グルメブログとは)

店内は入口入って一番奥が厨房、入口入って右側と正面にはコの字カウンター18席ほどと15席ほどがあり

入口入って左側には4人掛けテーブル席が1卓、6人掛けテーブル席が4卓あります

店員はホール30代頃の男性が3人、厨房に30代頃の男性が5人ほどいます

BGMはジャズ、テレビはなく、灰皿は店員さんに言うと出してくれるようです

流石に立ち飲みが得意?な『俺の~』シリーズでも焼肉だと全席座りですよ

立ちで焼肉は余り聞かないと言うか知りませんね

ドリンクメニュー                               フードメニュー
20140618-1-03.jpg20140618-1-04.jpg

俺の『黒毛和牛』                               部位一覧
20140618-1-05.jpg20140618-1-06.jpg

カウンター上
20140618-1-07.jpg

サッポロ・黒ラベル(560円)
20140618-1-08.jpg

今日1杯目に飲むお酒はコレにします

お通し(300円)
20140618-1-09.jpg

キャベツとごま油が出されおかわりは自由との事で食べ放題ですよ

ハツ(480円)
20140618-1-10.jpg20140618-1-11.jpg

店員さんお肉は栃木黒毛和牛の匠を使用していると説明していますね

盛りやスペシャリテは1人では量多いようなので極上黒毛和牛単品メニューから注文してみますよ

オススメはハツと店員さんが言っていたから素直にコレとカルビを注文します

店員さんにキムチはいかがですかと言われるもスルーします

ハツは10秒ほど炙り、ハツモトは良く焼いて下さいと言われます

赤いヤツがハツで白いヤツがハツモトになり左側の写真はハツモトを2個網にのせた後の絵になります

しかしハツモトはデカッ・・・豚のハツモトを食べる事が多いんで牛の方が大きいのは当たり前ですね

肉の量は80gのようですがこれは黒毛和牛に限った事なんでしょうか

カルビ(430円)
20140618-1-12.jpg

肉が柔らかくてタレが甘辛の少し辛めでまいうーですよ

肉が少し薄いのですがそれでも旨味が感じられて美味しいですね

レモンシャワー(700円)
20140618-1-13.jpg20140618-1-14.jpg

20140618-1-15.jpg

飲んでみるとワインと炭酸が融合してじゃなくてコレはノンアルコールなんて後で気が付きましたよ

レモンサワーで良かったかんですね

いちぼ(780円)
20140618-1-16.jpg

こちらもたぶんカルビと同じタレでカルビと部位の場所が違いますが似た味わいですよ

カクテキ(300円)
20140618-1-17.jpg

フードのファーストオーダー時にスルーしましたが何気に注文、このあたりで儲けを取りにいっているのでしょうか

普通に美味しいカクテキです

焼肉はほぼ行かないのですがこの肉の柔らかさとタレの調和はたまにはありですかね

場所柄か同伴ぽいお客さんもおりオネーチャンがデザートのクレミアを食べていますよ

会計は3855円で俺の『黒毛和牛』が食べられる新橋の酒場でした

住所:東京都港区新橋1-5-6銀座第3誠和ビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-06(Sun)

三越前・新日本橋「金子半之助」(天丼)[江戸前天丼、味噌椀]

日本橋で昼飯を食べました

東京メトロ銀座線三越前駅から歩いて1,2分でしょうか

天丼『金子半之助』です

荒夜の酒場ハンター 三越前『金子半之助』編
平成26年(2014年)6月17日の様子

(三越前 金子半之助)(グルメブログとは)

店頭で並んでいると近隣の住民同士でしょうか並んでいる様子について話しているようです

観光客でしょうかキャリーバッグで来ているお客さんこの並びには邪魔でどこかに預かってもらえばと思うのですが

お店は余り広くはないのですが一時的には預かってくれるようです

並んでいると店員さんに味噌汁はいかがいたしますかと聞かれ「ハイ」と言いご飯の量はと聞かれ「普通で」と言います

順番待ちも終わり店内に入ると2階にどうぞと言われます

店内の2階は階段を上がって右側にはレジと簡素な厨房、正面に4人掛けテーブル席が4卓ほどあります

店員は2階には20代頃の女性が2人います

店員さんはヘッドセットで1階とやりとりしています

BGMは和楽器のインストロメンタルミュージック、テレビは2階にはなく灰皿は卓上になく煙草は不明です

卓上                                      お品書き
20140617-1-03.jpg20140617-1-04.jpg

ポット
20140617-1-05.jpg

黒豆茶
20140617-1-10.jpg20140617-1-11.jpg

食べるは天丼オンリーなんで健康を考えてこのお茶になるのでしょうか

後から入って来たお客さんテーブル席に着いてお茶を飲んでから注文とらないのですかと店員さんに言っていますよ

並んでいる時間が長くて外で注文を聞かれた事を忘れているようです

箸休め
20140617-1-06.jpg

卓上には天丼のツマミが器にはいっています

がりごぼう                                  たくあん
20140617-1-07.jpg20140617-1-08.jpg

がりごぼうとたくあんが切られて入っています

小皿
20140617-1-09.jpg

両方ともに好きなんで皿に盛りますね

食べてみるとお寿司屋さんのガリのイメージではなく甘酢だろうけど薄い味付けで野菜の味を際立たせていますよ

たくわんも真っ黄色ではなく薄い味付けで普通に美味しいですね

江戸前天丼(950円)
20140617-1-12.jpg

のっているネタは海老2尾、穴子、キス、椎茸、小柱、玉子ですね

天ぷらの衣はゴワゴワしていなくシットリ系でタレがかかっているんでそう感じるのかもしれませんが・・・

この天ぷらと甘くもなく辛くもなくタレで食べやすいですよ

穴子天
20140617-1-13.jpg

デカッこの穴子でもシットリとしているから大きくてもサクサクと食べられますが食べ応えはありです

味噌椀
20140617-1-14.jpg20140617-1-15.jpg

白味噌ベースの味噌汁で比較的アッサリ目の味わいですね


20140617-1-19.jpg

味噌汁の具は細かく切られた絹豆腐と青菜ですよ

かき揚げ                                  玉子
20140617-1-16.jpg20140617-1-17.jpg

小柱のかき揚げもシットリとして噛むとほぐれ具合の良いネタ使っていますよ

玉子はミディアムレアと言うか半熟でこのタレの味だと少しパンチ不足になりますね

タレ
20140617-1-18.jpg

天ぷらをどかしてご飯に到達してから食べていると量が多いと思いましたが下の方は少し上げ底気味で、そうでもないですね

お勘定書
20140617-1-20.jpg

2階で会計をして帰ります

帰りに1階の様子を少し見たところでは全てカウンター席のようです

会計は1070円で豪快な穴子天が食べられる日本橋の天丼屋さんでした

住所:東京都中央区日本橋室町1-11-151F・2F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-05(Sat)

京成立石「江戸っ子」(もつ焼)[上シロ、松前漬け、特製ハイボール]

京成立石『宇ち多゛(うちだ)』、『ミツワ』で飲みもう1軒ここ立石で飲みますね

京成立石を中心に立石仲見世商店街の反対側の呑んべ横丁にあります

もつ焼江戸っ子』です

荒夜の酒場ハンター 京成立石江戸っ子』編
平成26年(2014年)6月12日の様子

(京成立石 江戸っ子)

店内は入口が何ヶ所かあり入り正面の奥には厨房、一番左奥には焼き台、厨房沿いに大きなカウンター席が30席ほどでしょうか

大きなカウンター席は左側はストレートになっており途中から変形したZ字型のようになっています

テーブル席も1卓あります

店員は焼き台に小柄な50代頃の男性、厨房には50~60代頃のオネーサン数人と60代頃のオトーサンも元気です

メニュー
(グルメブログとは)20140612-4-03.jpg

カウンター上にお品書きはなく壁に厨房内にはメニューが張られています

特製ハイボール(350円)
20140612-4-04.jpg

こちらでも店員さんやお客さんがボールと呼んでいるコレを注文します

さきほどの『ミツワ』のボールは炭酸仕様ですがこちらは炭酸+琥珀色のエキスと言うかシロップが入っています

飲んでみると炭酸がキリリとしてドライなヤツですよ

松前漬け(200円)
20140612-4-05.jpg

マカロニサラダを注文しようとすると店員の終わりとの声が聞こえて松前漬けにします

他のお客さんそれめかぶと言っていましたが同じネバネバ系で遠目には似ていますね

松前漬けなんてこのお店にしては珍しいなあと思っているとセブンイレブンの袋から皿に出していますよ

この松前漬けはセブンイレブン製でセブンプレミアムの一品のようです

数の子がまばらに見え、細切りのスルメイカも入って良い出汁も出ていますよ

上シロ(1皿400円)
20140612-4-06.jpg

厨房の冷蔵庫に何気なく張られている紙にコレがあり店員さんにテッポウかと聞いてみると違うようです

テッポウはメニューとしてあるしどんなもんだろうと思い辛タレでお願いします

出されたモノはビジュアルとしては確かにシロですね

良い感じで焼き上がっており柔らかくて美味しいですよ

考えてみると前回このお店でシロがデカクテ良かったので普通のシロでも良さそうですが・・・

特製ハイボール(350円)
20140612-4-07.jpg

ボールを飲んでいると店員さんがかなり変わっているようで男性陣は余り変わらずですが背の高いお兄さんはいませんね

前にいた店員さん似のオネーサンもいますが姉妹か親戚なんでしょうか?

面白いキャラが立っているオバチャンもいてなんだか下町情緒が溢れていますよ

面白キャラのオバチャンはお客さんにお酒を薦められるも店員は飲んじゃいけないのと断っていますね

そういえば天童よしみ似のママはどうしたんでしょうか引退したのか体調は余り良くなさそうでしたが・・・

アブラ
20140612-4-08.jpg

写真にはなぜかアブラもありコレは全く記憶がないのですがどんだけもつ焼きを食べているんだと思いましたが・・・

スマートフォンのメモを見るとどうやら隣のお客さんにもらったようです

どんなお客さんだったかは記憶はないのですがたぶん記憶にないくらいだから若い女性ではないでしょうね

この後はもう既にかなりの酔いですが近くにある『おでんや』でマスターにイヤそうな顔をされながら飲んでいましたよ

会計は1300円で上シロも食べられる立石の酒場でした

住所:東京都葛飾区立石7-1-9

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-04(Fri)

京成立石「ミツワ」(もつ焼)[お刺身盛合、肉ダンゴ、ナンコツ、焼酎ハイボール]

京成立石『宇ち多゛(うちだ)』で飲みもう1軒ここ立石で飲みますね

今までのんでいた『宇ち多゛(うちだ)』のすぐ近くにあります

もつ焼ミツワ』です

荒夜の酒場ハンター 京成立石ミツワ』編
平成26年(2014年)6月12日の様子

(京成立石 ミツワ)

店内は入口入って左側には焼き台と厨房、厨房沿いにカウンターが3席ほど、入口入って右側には4人掛けテーブル席が5卓ほど、

奥には小上がりもあります

店員は焼き台に店主と思しき60代頃の女性、厨房に30代頃男性、ホールに30代頃の女性がいます

今日は入口入ってすぐ右側のテーブル席に相席で座ります

BGMはテレビ、灰皿が卓上に常備しており煙草はフリーのようです

お飲み物
(グルメブログとは)

卓上にお品書きはなく壁にはボードや紙に書かれたメニューが張られています

メニュー
20140612-3-03.jpg20140612-3-04.jpg

卓上
20140612-3-05.jpg

焼酎ハイボール(320円)
20140612-3-06.jpg

店員さんお客さんがボールと呼んでいるコレを注文します

お刺身盛合(500円)
20140612-3-07.jpg

ボードにはミル貝と書かれていますが誤りのようで途中からツブ貝に書き換えられます

3種類のネタが盛られてモノとしてはカンパチ、ブツ、ツブ貝ですね

『宇ち多゛(うちだ)』でもつを食べてきた後と言う事もないのでしょうけどとても新鮮に感じる刺身です

肉ダンゴ、軟骨(150円、100円)
20140612-3-08.jpg

焼き物が1本から注文可能な点が嬉しいこのお店で『宇ち多゛(うちだ)』で食べられなかった軟骨をタレで注文し・・・肉ダンゴもね

このお店で敗者復活戦いやリベンジの軟骨はのど笛あたりの肉がまとまっており食べやすくて美味しいですよ

焼酎ハイボール(320円)
20140612-3-09.jpg

もう1杯ボールを飲みますね

一見のお客さんでしょうかホールのオネーサンが座席について全席相席ですと説明していますよ

会計は1390円で刺身が新鮮な立石の酒場でした

住所:東京都葛飾区立石1-18-5

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-03(Thu)

京成立石「宇ち多゛ うちだ」(もつ焼)[カシラ、煮込み、ガツナマ、シロナマ、梅割り]

京成立石に来ました

京成電鉄押上線京成立石駅を降りて仲見世商店街に来ました

もつ焼宇ち多゛(うちだ)』です

荒夜の酒場ハンター 京成立石宇ち多゛(うちだ)』編
平成26年(2014年)6月12日の様子

(京成立石 宇ち多゛)

店内は入口入って右側に焼き台、煮込み鍋、厨房とあり、煮込み鍋を囲んでLの字型のカウンターが8席ほど、

他はテーブル席、カウンター席があり多数の椅子があります

店員は焼き台に20代頃のオネーサン、煮込み鍋にはマスターと呼ばれている60代頃の男性、

ホールにはあんちゃんと呼ばれている30代頃の男性等がいます

今日は煮込み鍋のカウンター左側奥から2番目に座ります

梅割り(200円)
(グルメブログとは)

カウンター上にはお品書きはなく壁には簡単なメニューが張られています

そう言えば消費税の値上げになってからは初めて来ますね

梅割り、もつ焼き、煮込み、お新香等の値段が180円から200円になっていますよ

カシラ(1皿200円)
20140612-2-03.jpg

ハツやナンコツがなくなっている中でまだコレはありました

タレで焼いてもらい肉厚で歯応えがあり噛んでいるとじわーとした肉汁が味わえますよ

煮込み(1皿200円)
20140612-2-04.jpg

ハツモト、シロ、フワ、アブラ等が豪快に盛られてこのドロドロ感が梅割りと合いますよ

あんちゃんと言われている店員さんに生は何があるか聞いてみると「ガツ、シロ、アブラ」と言われます

何時も残りそうなネタしかないようですね

ガツ、シロ(1皿200円)
20140612-2-05.jpg

ガツとシロ1本ずつオスと注文しますよ

シロはムチムチ、ガツはゴキゴキとした食感でサッパリとしたお酢がかかっていて良い味になっています

大将と言うかマスターはお皿を出す時にお酢入っているかなと確認してくれていますよ

グループのお客さんが入るようであんちゃんはマスターにお客さんの座る配置を確認しています

4人掛けテーブル席なんてモノはなく8人や10人ほどのテーブル席、椅子は長いベンチシートなんでお客さんの入れ替えが大変なのです

会計は800円で残った生もつも美味しい京成立石の酒場でした

住所:東京都葛飾区立石1-18-8仲見世商店街

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2014-07-02(Wed)

日本橋・東京・京橋「つじ半」(海鮮料理)[ぜいたく丼竹]

日本橋に来ました

東京メトロ銀座線日本橋駅から歩いて2、3分ほどでしょうか

海鮮料理つじ半』 です

荒夜の酒場ハンター 日本橋つじ半』編
平成26年(2014年)6月12日の様子

(日本橋 つじ半)(グルメブログとは)

店内は入口入って左奥に厨房、厨房沿いにLの字型のカウンターが12席ほどです

店員は厨房に店主と思しき60代頃の男性、40代頃の男性、どこの国かカンボジア?でしょうか20代頃の男性がいます

見えませんが暖簾の奥にも厨房があるようですが店員さんがいるようです

お店の前で並んでいる時に白い作業着に白い帽子の店員さんから注文の確認をされ「竹で」と言います

おいしいお召し上がり方
20140612-1-03.jpg

カウンター上
20140612-1-04.jpg20140612-1-05.jpg

厨房
20140612-1-06.jpg

別皿の刺身
20140612-1-07.jpg

店主に小皿取って下さいと言われ最初に出されます

丼タレに混ざって出されたのは鮪と鯛でしょうか〆で食べる用の切身が出されます

ぜいたく丼竹(1450円)
20140612-1-08.jpg

店主にお待ちどおさまと言われて出されます

隣で食べている2人組のお客さん達は梅を食べながら竹と梅で何が違うのかねと話していますよ

20140612-1-09.jpg20140612-1-10.jpg

写真を撮る角度を変えたりグチャグチャとしてみたりしたのですがたいして変化はありませんね

海鮮の具はホッキガイ、ネギトロ、イクラ、白身は鯛でしょうか

食べていると白胡麻が良いアクセントなっておりこのタレも魚介類の良さを引き出していますよ

魚介はどれも美味しいのですが鮪系のネットリ感が良いですね

ガリ
20140612-1-11.jpg

切り昆布や白胡麻も入っており甘酢ではなくシンプルな味になっています

鯛だし
20140612-1-12.jpg

出汁をもらう時にお客さんは皆さん呪文のように「お願いします」と言っていますよ

お金を払いっていてお願いしますもないだろうと思いつつも頂く気持ちも大切ですね

隣のお客さんは全部食べたほうが良いかと連れと話していると店主は残っていても良いですよと言っています

あっそうか、それで良いのかと思い少し御飯を残して出汁をもらいますね

丼をカウンター上に置き店員さんに「お願いします」と言うと「ご飯はどうしますか」と言われ「そのままで」と言います

意外と店主とか店員さん余り話しかけたりする雰囲気でもないお店かと思っていましたがそうでもないようですね

20140612-1-13.jpg20140612-1-14.jpg

丼のふちには御飯粒が付いており良く見ると汚い食べ方ですよ

だし茶漬けをサラサラと食べているとホールの男性店員がお客さんにやたらと低姿勢で謝っています

イメージが悪かったのか思ったより接客が丁寧なんです

だし汁と薬味が良い味を出していますと言うか少し濃くてダシが良く出ていると言う事でしょうね

会計は1450円でだし茶漬けも美味しい日本橋の海鮮丼屋さんでした

住所:東京都中央区日本橋3-1-15久栄ビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
プロフィール

ジプシー

Author:ジプシー
ウマイ酒、ウマイ物を求め巷の酒場、居酒屋をさまよっています

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

お気に入り
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
荒夜のグルメマップ
荒夜のグルメマップ
来客数
タグ

やきとん・まるば 新中野 やきとん・だいだら やきとん・いっぽ もつ焼宇ち多゛ 金沢 やきとんだいだら ときわ台 新宿三丁目 新大塚 ビアホール 中目黒 淡路町 有楽町 野町 御徒町 浦野屋やきとんてるてる 横浜 ゆる酒場 かき氷 小倉 五十鈴川 バル やきとん・豚燻 日比谷 鶯谷 浮間舟渡 やきとん・だいだら・沼袋店 食安商店 晩杯屋・大山店 やきとん酒場・マルコ 名古屋 戸越銀座 成増 浦野屋やきとんてるてる・鍋横店 赤坂見附 西大島 新今宮 駒込 大阪・天満 国道 キリンとラガーまん カーサデルヴィアッジャトーレ 西新宿 焼鳥日高 西小山 北池袋 丸忠かまぼこ店 国分寺 西船橋 立ち食い寿司 南阿佐ヶ谷 南越谷 京都 東向島 やきとん・赤尾 大阪・天神橋筋六丁目・天満 凪〇 ケンタッキーフライドチキン 恵美須町 横浜・石川町 大衆酒場・晩杯屋 松阪 小伝馬町 立ち飲み日高 伊勢路 東銀座 大島 おさかなと 目白 肥後橋 もつ焼き・おとんば 平澤かまぼこ 立ち食いそば たきおか・2号店 神谷町 タヴェルナ・ウオキン 晩杯屋・大塚北口店 新開地 平和通 茅場町 代々木公園 立呑み・おりはら 大阪・南霞町・動物園前・新今宮 イタリアンバル・UOKIN アイスクリーム やきとん豚燻 中野坂上 ホルモン道場 京成大久保 折尾 姫路 大阪・東梅田 北浜 金沢・野町 三河屋酒店 大阪・北新地・西梅田 おでん二毛作 味珍 俺のイタリアン・marche 検校 小野屋酒店・飲食部 国民酒場・じぃえんとるまん・天王町店 天王町 ギョバー・茅場町店 立瓶 八郎酒場 ふくべ 横浜商店 ニューカヤバ 北海道厚岸・日本橋本店 多古屋 壱ノ宮 もつ焼き・かまや たちのみ文次 やきとん・幻のたんぽぽ いろは 牛料理 魚がし日本一・池袋西口店 第二力酒蔵 天将 俺のイタリアン・KAMIYACHO 魚金・本店 豚丼 四文屋・椎名町店 帯広豚丼・白樺 心太 まんまる 平家 魚がし寿司 焼とり・よね田・中野店 野焼 エイヒレ ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ・KANAZAWA 箔一・東山店 近畿大学水産研究所・銀座店 金沢・ひがし茶屋街 もりもり寿司・金沢駅前店 Tasting・BAR・柴田屋酒店 Wine厨房・tamaya大山 黒百合 いたる・香林坊店 菊一 333(SASAMI) 大口水産・焼き焼きコーナー 揚げ物 近江町 焼き物 近江町市場コロッケ本店 バル・オルガン 金沢地酒蔵 芳一・国分寺店 高砂 川端鮮魚店 てっちゃん ごっつり 是屋 おとんば・北千住店 近江町市場寿し 川口酒店 大ちゃん さくら水産 酒喰洲 串カツ 天七本店 ミートブラザーズ Touch・know・me ジガーバー・セントルイス 小松空港 エアポート 黒豚とんこつ・麺処・金田家 金沢・片町 ちょい吉 かくうち・3号店 いっとく もつやきホルモン・登幸とん 京都・新福菜館本店 もつ焼き・登運とん 山清酒店 国道下 花生食堂 日本酒バル・地酒屋・蔵 やきとん・なべ屋 シナノヤ酒店 かみや・関西風手打ちうどん 田原町 Blue・Bossa プチ・コニシ もつ焼き・やまぐち 丸松屋商店 いしはら食堂 飯島酒店 ぼんそわ 豚娘 旭川・蜂屋・五条創業店 俺のイタリアン・新橋本店 カーサウオキン神楽坂 飯田橋 海鮮炉端・魚友 中村屋酒店 来来軒・赤羽店 コクミンショクドウ 酒蕎庵まろうど まぐろ人雷門出張所 大木屋・匠 鎌倉酒店・中野北店 味の浜藤・築地本店 味治 打越酒場 串カツ田中・大山店 無鉄砲・中野店 鯨の登美粋 築地山長 串屋横丁・大山店 麦酒庵 喜久や 小田保 玉子焼き 盛苑 晩杯屋本店 やきとり晩杯屋 立ち呑み・あかしや 軽井沢グーギーズベリー おけいすし もんじゃ・鉄板焼き 味の笛・神田店 大松・だいまつ 舟和 鳥勇本店 こころ 加島屋酒店 あさひ やきとり・山中屋 小柳 串焼き処・ディズ 漢祭 立ち飲み処・おおの屋 俺の魚を食ってみろ!!西新宿店 甘味喫茶・だるまや餅菓子店 流。 立呑み・龍馬 新高島平 立ち飲みコーナー 海鮮三崎港 串揚げ屋・千客万頼 新井薬師前 神むら やすちゃん 池袋・すしざんまい・つきじ喜代村・池袋東口店 金子屋 アキバの酒場 百飲 大戸屋・新宿東口中央通り店 韓二郎・池袋北口店 ビアプラスプラス ビアバー スタンドヒーロー 一東庵 魚升 たる鉄 らーめん大・練馬店 大山飛車角 さとちゃん 串の介 大衆酒場・かのや 平澤かまぼこ・王子駅前支店 武蔵家・大山 炎天下 名大・富士そば・東十条店 上野・御徒町 酒場・かっぱ 東池袋・魚金 護国寺 やきとん・浦野屋・てるてる さわや 日々是君想 焼鳥日高・中井駅前店 男体山 馬ん馬んいくどん 赤バル・RETZE・赤羽店 もつやき・婁熊東京・るくま 根室食堂・道玄坂店 鳥竹総本店 もつ焼き・ながしま 秀吉・大塚店 串揚げ100円ショップ 大林酒店 江戸安 居酒屋きんぎょ PLAT・STAND・酛 世界の山ちゃん・池袋北口店 高橋酒店(角打) 日本酒研究所 たいめいけん ガスト・南池袋 はしづめ TAVERNA・UOKIN 広尾 二重橋前 秋季皇居乾通り一般公開 雨ニモマケズ ホルモン屋小泉・ジョンの店 とんかつ・やまいち 四方酒店 散歩・紅葉 ふぶき・FuBuKi 鳥勇・武蔵小山駅前店 若月 かんだやぶそば 酒蔵力・大宮東口駅前店 アンデルセン・大阪空港店 ミッテラン2世 蕎麦 明治神宮前<原宿> 丈ちゃん 寿司大 とんかつ八千代 魚がし・福ちゃん・2号店 原宿餃子楼 銀座・君嶋屋 日比谷・有楽町 もつ焼き・ウッチャン・新宿思い出横丁 讃岐うどん・いわい 三平酒寮・新宿中央口店 ます家 第三秋元屋 タカセ・池袋本店 猿・大山店 ゑえびす座・烏森本館 小江戸 五味鳥 青砥 竹むら 神田まつや 六文そば・須田町店 肉小屋 横浜・桜木町 横浜・日ノ出町・桜木町・野毛 麺処・まるよし商店 海鮮処寿し常 登運とん 桐のや水産 横浜・桜木町・野毛 渋谷・神泉 神泉・遠藤利三郎商店 亀戸ホルモン 西村商店 横浜・日ノ出町・桜木町 大安 但馬屋 ロックフィッシュ(ROCK FISH) 内幸町 新橋・銀座 立ち飲み・日高屋 立呑屋 俺のスパニッシュ 尾花 蕎亭・大黒屋 タカマル鮮魚店・2号館 ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト ジョナサン・板橋大山店 大門・池袋店 半平 三州屋本店 バー・キサラ あぺたいと・東武練馬店 室町砂場・赤坂店 ブルドック 立ち飲み・晩杯屋 焼きそば 地鶏屋 光栄軒 やきとん・豚番長 荒川区役所前・三河島 家谷酒店 三河島・荒川区役所前 居酒屋・海鮮丼 たちのみや喜平 大西酒店 大阪・動物園前・南霞町・新今宮 大阪・中津 北新地たゆたゆ 中央軒・大阪マルビル店 マルフク 大阪・恵美須町・動物園前 稲田酒店 酒の奥田 豚足のかどや 大阪・なんば・難波 酒の穴 大阪・西梅田・北新地 岡室酒直販売所 徳田酒店 大阪・北新地 松葉総本店 大阪・梅田 カステルモーラ・CASTELMOLA 堂島精肉店 酒場・やまと 魚庭本店 大阪・京橋 大阪・蒲生四丁目 いわたや大衆食堂 岩田屋酒店 千両 土鍋・大餃子 七武会 日本大通り 小姑娘 BEBE 鳥もと・本店 札幌・五丈原 BENTEN 立呑酒屋・寺島商店 立ち呑み処・おか田 菜々兵衛 づめかん・門前仲町店 たなぼた 浜とん 酒ノみつや CoCo壱番屋・西武江古田南口店 桜なべ・中江 馬肉料理 つけそば・丸長・目白店 餃子坊・豚八戒 旅人酒場・武蔵 土手の伊勢屋 天丼 ・駅前店 ぼっち庵 パルデリコ 清瀧・池袋本店 やなか 樽見 浪花ひとくち餃子・餃々・赤羽店 よーじやカフェ 俺のフレンチ・NINGYOCHO 羽田空港第1ビル はる屋 門司 有次酒店 京ばし松輪 仙川 伊吹 秋葉原・紫・くろき い志井・本店 調布 番兵 おかもと鮮魚店 下関 ひみつ堂 酒房・武蔵 たぬき 米久本店 吉野家・吉呑み 天ぷら定食ふじしま かどまん 中華料理・悟空 宮原酒店 コンフォートホテル小倉 京寿司 小倉鉄なべ本店 燗酒屋 ささもと・銀座店 原田酒店 ランチョン 蓮根 和季 手打ちそば・菊谷 アガリコ(AGALICO) 俺のだし さぼうる 俺のフレンチ・GINZA 魚金・ゆりかもめ店 ツイテル(Tsui-teru!) ビアホール・レストラン 中野ビール工房 俺のフレンチ・TOKYO 大衆割烹・三州屋・銀座店 天野屋 臚雷亭 明神下・神田川 四文屋・江古田北口店 桜台TAPAS いさ美寿司 武蔵屋酒店 浅草メンチ 地鶏の立呑み・浅草・安兵衛 三岩 立ち呑み・晩杯屋・中目黒目黒川RS店 築地かねまさ 立呑み・とんかつ・まるや 王将 立喰寿司 かね将 都々井 立ち飲みたきおか・2号店 鳥番長・上野昭和通り店 スエヒロ・池袋店 しゃぶしゃぶ あじろ 加賀屋・新橋1号店 蟹喰楽舞 中華東秀・沼袋店 福久家食堂 海幸 竹沢商店 来週軒 明神そば 三祐酒場・八広店 京成曳舟 鳥増 三四郎 初代吉田 河岸頭 居酒屋・魚介料理 きつねや 亀有メンチ 吟八亭・やざ和 もつ焼・でん・中目黒店 ニユー浅草・中野店 サ嘉ダチ きぬちゃん 新富町 びっくりうどん本舗 スタンドバー・マル 宝町 西葛西 大衆酒場・待夢 せきや商店 ますらお よっちゃん てる美 まる福・船橋加賀屋支店 八丁堀 晩杯屋目黒川RS店 串一 キンクラ おにぎり 海鮮丸豊 丸武2号店 玉子焼 柳田屋 青角 二〇カ屋長介 割烹大樽 チャコールスタンド・ノゲ 野毛ビストロZIP イタリアンバルバジル ロッテリア ひょうたんなべ・雷門店 中野富士見町 大衆酒場・焼き鳥・桂 ヱビス記念館 鳥益 わか くら・新小岩店 やるき 升本 山田うどん 晩杯屋・道玄坂店 蒲田うなぎ家 レバーランド もつ焼き・いとや ゴディバ 自由が丘・ショコラモンサンクレール 幡ヶ谷 浜屋 新宿三丁目・五ノ神製麺所 宇奈とと・浅草店 高橋 浅草サンボア 笹塚 根本酒店・NEMOTO 炉縁 ドラム缶・銀座本店 壱番館 晩杯屋銀座店 京都四条烏丸・アウーム 江戸一別館 牛丼 和菓子・甘味処 豚捨 赤福・内宮前支店 伊勢神宮内宮 どて串かつラブリー 魚椿 牛肉 白鷹三宅商店 くずし割烹・肴屋八兵衛 味仙 やきとん大黒 堀口酒店 一升びん本店 久屋大通 大甚本店 イチゴー 秋吉ニュー神田店 酒処・魚祥 ペペロッソ 東京餃子楼 やきとん酒場・マルコのガレージ 香川一福 鳥彌三 上前津 大衆酒場・末廣屋 あつた蓬莱軒本店・蓬莱陣屋 伝馬町 水炊き 新浜松 あつみ ステーキ 立呑み・さいごう 熟成肉バル・肉賊カウぼーず 鮨さいとう ジロリアン 炭火焼肉ゆうじ 立呑み晩杯屋 梟小路 割烹くずし・徳多和良 吉野家・築地1号店 ざわさん 豚toko PPAP・CAFE ばりこて やきとん弐ノ十 静岡 金の字 多可能 新静岡 浜松 むぎつく EXPASA足柄上り やすらぎのあん庵 千石 十一屋能村酒店 鈴木酒販 森田屋酒店 お好み焼き 森本 細雪 ミクソロジーラボラトリー 赤羽橋 ギョバー八重洲店 玉ゐ本店 邦右衛門 品川や 五代目野田岩 立呑み魚平 やきとん山武 やきとん・ひなた おでんの丸忠 カタヤマ 浜町 饗酒堂・うろこ家 阿佐ヶ谷・SATOブリアン パティスリー・エ・カフェ・プレジール 金色不如帰 御苑前・匠・達広 鳥万本店 アヒルストア 大衆酒場・BEETLE カフェ・カイラ 銀座ライオン・ビヤスタンド me・祭店 れとろ know Touch サカナヤ・オアジ 大提灯 バール・青い印 大阪屋 七津屋 梅田 (食)ましか 大衆酒場・ひらやま かこも 魚介 京橋酒場 京橋酒販 中之島 京屋本店 満ぞく屋 明けごころ本店 わすれな草 天政 立ち飲み・日高 番外地 元咲 十彩 立呑風太くん ふみ屋 銀座ホール 後藤蒲鉾店 ニュートーキョー・数寄屋橋本店 羽田空港国内線ターミナル とりぎん本店 鶏&デリ 焼鳥エビス 丸木屋商店 今日が丑の日 三河屋本店 銀座ライオン 東瀛 ショットバー・タウザー 居酒屋・豪 名古屋味噌・どて子 どすこい四文屋 もつ焼き★キャプテン 越谷 corazon・corazon 100円酒バー・おやじ家 千曲食堂 線香花火 牛タン工房・鎌倉ハム つくば鶏・銀や 横濱崎陽軒シウマイBAR お多幸本店 炭火焼鳥わいわい・法政通り店 イタリアン酒場・ナチュラ 炭火焼鳥・くろちゃん 川崎・武蔵小杉 立って呑む・おかだ 京橋・恵み屋 もつ焼・でん タヰヨウ酒場 もつ焼き酒場・豚坊 グルメ廻転寿司・まぐろ問屋三崎港 神保町食肉センター 新・南越谷 立食いすし処・ちよだ鮨 難波屋 大国町 今池 平野屋 まぐろや黒銀 鍛冶酒店 二劫 寅屋天満 与作 もつ焼き・丸松 ひといき 札幌・我流麺舞・飛燕、まるは・BEYOND 多聞酒蔵・まさいち屋・浮浪雲 石橋食品 近鉄日本橋 さけときどきぶた つまみや きらく 万世橋酒場 やきとん・やんぐ 南天・本店 焼鳥どん ラング 酒処・千歳屋 銀座屋 裏ヒロヤ 元祖寿司 よるべ 富良野・唯我独尊 一徳 わいわい 清陽軒 ひさご 小林酒店 埜庵 西横浜 鮪おか戸 まぐろのみやこ 肉山 肉料理 須賀乃湯 居酒屋ビッグ・大 築地うなぎ食堂(にっしん太助) しん 小樽洋菓子舖・ルタオ うさぎやCafe 味の笛・本店 豪記 やすらぎ食堂 夢乃家 三国屋酒店 立飲みいこい・支店 正ちゃん リンガーハット・駅前店・ちゃんぽん酒場 長万部・三八飯店 豊福 立呑み・のんき屋 浅草もんじゃコロッケ Ata ペンギンの屋台・仲宿店 やきとん・たつみ 立ち飲み屋 もつ焼きとん将 ema 名代・富士そば・ふじ酒場・ハッピーロード店 和バル・おもち 川口ブルワリー ダイニングバー 十番 かっぱ寿司・板橋店 角打・トンズラ ぢどり屋 練馬縄のれん・てんてん やきとり次郎 新井商店 とり鉄 角打ち・新井商店 さかなと 紫・くろ喜 戸田公園 焼鳥日高屋・ビーンズ戸田店 キリンシティ にしだ家 来来軒 大衆酒場・串げん だるまや グッドミート・バル まるいち商店 函館塩ラーメン・五稜郭 大衆酒場・寅圭 珉珉・中野店 Bar・Remuage・ルミアージュ セラーバー さば銀スタンド 珍々軒 五丁目大衆酒場・極楽屋・中野店 まるけん 用心棒2階 ベンダースタンド酔心 立呑処へそ・烏森口店 新橋・都営汐留 立ち食いうどん屋・酒 ひょうたん・江古田店 立飲み・たきおか3号店 銀座久兵衛 立呑み・きど藤2 博多鉄なべ餃子・なかよし 煮込みやまる。 鳥やす支店 大島酒店 お多幸 ル・パティシエ・ヨコヤマ 肉の店・鳥吉 魚べい そば吉 立呑亭・帆立屋 大都会・北口店 大衆酒場・増やま 博多うどん・よかよか 立呑ひろし 一球酒場 なにわもん・ゆうや 元祖立ち飲み・ホルモン亭  立ち呑・破天荒 青樹 ヌードル・ラボラトリー・金斗雲 天文館むじゃき ビストロ・立ち飲み ローストビーフ大野 5丁目チキン・とりパニ 煮込み屋ぐっつ 磯丸水産・十条銀座商店街店 下赤塚 立呑処・でかんしょ Mrs.NewYork 洋菓子 ミセスニューヨーク 札幌・にとりのけやき きんらん でんじろう 晩杯屋・大森東口本店 萬作 新宿御苑前 中国ラーメン・揚州商人 アイラ ぐっさん 朝日屋 旬の味・あべよし 炭焼き勘九郎 パティスリー・キハチ 築地まぐろ寿司・又こい家 鬼金棒 井上 多け乃食堂 築地虎杖・うに虎中通り店 立呑・ホルモン串・千日前・えん 大阪焼きトンセンター 嵐山 新八茶屋 酒処みふね 井上竹商店 魚屋ひでぞう 茂助だんご 角打ち・トンズラ そばうどん處・七福・弁天庵・西池袋店 鯵家 かんぱいじゃあ! いっぷく 立呑みひなどり 飲食笑商何屋ねこ膳 大衆酒場・杯一 大衆酒場・一福 人生のスパイス 元祖・中野屋 温故知新 もつ焼・宇ち多゛ 酒遊館・藤や 四条大宮 四条烏丸 勝烈亭 埜庵・小池菓子舖 ル・カフェ・ドゥ・ジョエル・ロブション 立呑焼鳥・阿佐立ち 赤松酒店 炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん 和牛銘菜・然 山海楽酒・およよ 一心鮨光洋 一番館・中野サンモール店 博多・かわ屋 越後屋酒店 吉野家・牛皿一丁 旧居留置・大丸前 石原商店 英洋軒 夢や ひょうたん すたんどばぁー楽 西利・錦市場店 すいば・六角富小路店 世界長直売所 赤ひげ・本店 鶴亀八番 元町 神戸三宮 ニューワールド・本店 三宮 アサヒスーパードライ新宿店 ニューもつよし キッチンオリジン 弁当・居酒屋 やきとり鳥笑 ゆらぎ 浅草厨房 白カレーの店・1/f 魚功 立ち呑み処なかや 晩杯屋烏森店 三ぶん やきとん幸ちゃん 赤坂亭 三六 鳥昇 JU座 新橋やきとん カフェバー 東京馬焼肉・三馬力 でかんしょ 焼鳥日高・大宮一番街店 備長扇屋 鳥椿 バーミヤン・練馬豊玉店 新桜台 馬鉄 おいで家 すっぴん酒場 晩杯屋・純情店 銀座・日比谷 マルギン 横浜・山手 大和町もつ肉店 丸竹商店 山多屋酒店 やきとん酒場マルコ VIVA 東灯 ホワイトはうす 一輝 スタイリスアジアン がってん寿司 魚屋路 西台 大塚餃子軒 日本橋・紅とん 立呑家キンパチ 酒屋と角打ち・正幹 バッカス やきとん赤尾 ドラム缶 千駄木・根津・谷中 太平製パン 元祖やきとり串八珍 やきとんまるば 一由そば 立ち呑み吞べえ わが家の食堂 谷中 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おきてがみ
ブログランキング
月別アーカイブ
カテゴリ