2013-08-31(Sat)

札幌・すすきの「金富士」(やきとり)[かまぼこ焼き、とり、ブタ]

すすきのに来ました

地下鉄南北線すすきの駅から歩いて3,4分ほどでしょうか

居酒屋『金富士』です

荒夜の酒場ハンター すすきの『金富士』編
平成25年(2013年)7月25日の様子

(すすきの 金富士)

店内は入口入って左側に厨房と焼き台、厨房沿いにカウンターが14席ほどか、小上がり、テーブル席もあります

店員は厨房に店主と思しき60代頃の男性、焼き台に20代頃の男性、ホールには20代頃の女性2人

メニュー
(グルメブログ)

店員さんに促されてカウンター奥から4番目に座ります

サッポロ生ビール(420円)
20130725-2-04.jpg

ヤハリこちらではサッポロでしょう

お通し(値段?)
20130725-2-05.jpg

会計の1450円から算出するとサービスになりますね

かまぼこ焼き(250円)
20130725-2-06.jpg20130725-2-07.jpg

かまぼこを焼き台で焼いて食べるかと思いきやさつま揚げ焼きですね

下には串物のタレ?が敷いてあり何か微妙な味わいがしますが大きくて安いですよ

グレープフルーツサワー(320円)
20130725-2-08.jpg

サワー系に移行しコレはグラスに書いている通りにサッポロ氷彩サワーです

とり(3本)(230円)
20130725-2-09.jpg

店員さんに焼物のおススメを聞くと「とりかブタはお客さんがどちか注文している」と言っており両方注文します

焼き方はタレと塩がありとりはタレ焼き、ブタは塩焼きでお願いしました

しかし周りのお客さんは塩焼きばかりですが偶然なんでしょうか

食べてみると少しトロミのあるタレで普通に美味しい・・・1本80円弱だし文句はないですね

ブタ(3本)(230円)
20130725-2-10.jpg

ブタも焼き上がり胡椒もかかっているのかコレも玉葱が挟まれておりサッパリと普通に美味しいですよ

焼き台の男性がお客さん仕切り等はしますが会計は年配の男性の方でした

会計は1450円で串物のとりとブタがおススメなすすきのの酒場でした

住所:北海道札幌市中央区南5条西3丁目NC北専プラザB1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-30(Fri)

富良野「プリンスホテル・ファーム富田・四季彩の丘」[ラベンダーソフト、じゃがバター、コロッケ]

富良野に来ました

バスツアーにてラベンダー等を見に行きました

食べ歩き『新富良野プリンスホテル・ファーム富田・四季彩の丘』です

荒夜の酒場ハンター 円山公園『新富良野プリンスホテル・ファーム富田・四季彩の丘』編
平成25年(2013年)7月25日の様子

バスでずいっーと富良野まで行き新富良野プリンスホテルで昼食です

ホテルの外観とか撮り忘れていますね

弁当(値段?)
(富良野 新富良野プリンスホテル・ファーム富田・四季彩の丘)

(グルメブログ)20130725-1-03.jpg

ご飯が炊き込みご飯イクラのせのようなモノですね

焼き魚、煮物、サーモンサラダ、揚げ物等と色々入っていますね

20130725-1-08.jpg20130725-1-10.jpg

味噌汁やデザートも付きますよ

20130725-1-11.jpg20130725-1-12.jpg

20130725-1-13.jpg20130725-1-14.jpg

ラベンダーソフトクリーム(250円)                    ほくほくじゃがバター(180円)
20130725-1-16.jpg20130725-1-17.jpg

コーンかカップと聞かれ「コーンで」と言いました

天然ラベンダーエキス入りと書かれており食べてみるとそんな感じかな

北海道産の男爵で普通に美味しいですよ

四季彩の丘                                  ロール君
20130725-1-18.jpg20130725-1-19.jpg

                                        コロッケ(130円)
20130725-1-20.jpg20130725-1-21.jpg

北あかりと男爵がありちょっぴり甘めと書かれている北あかりにしましたよ

いかにもじゃがいもコロッケで北あかりのせいか甘く感じますよ

ケンとメリーの木                              セブンスターの木
20130725-1-23.jpg20130725-1-24.jpg

親子の木は撮りましたが失敗で写真撮る人が多いわり意外とバス止まってくれないですね

ジェットコースターの路とか通りましたねなんて事ない道路でしたが・・・

いまや「嵐の5本の木」が有名になりましたがたぶん撮り忘れていますね

下記の住所はファーム富田のHPよりその住所を抜粋しました

住所:北海道空知郡中富良野町北星

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-29(Thu)

札幌・豊水すすきの「酒房しんせん」(割烹)[おまかせコース8000円]

バスセンター前『第三モッキリセンター』すすきの『さかなや金ちゃんの店・魚平』で飲み豊水すすきのに移動してもう少し飲んでみます

地下鉄東豊線豊水すすきの駅から歩いて2分ほどですね

割烹『酒房しんせん』です

荒夜の酒場ハンター 豊水すすきの『酒房しんせん』編
平成25年(2013年)7月24日の様子

(札幌・豊水すすきの 酒房しんせん)

店内は入口入って一番奥が厨房、厨房沿いにカウンターが5席ほど、テーブル席、小上がりもあります

店員は厨房に店主と思しき60代頃の男性と20代頃の助手?の男性、レジ横には同年代頃の女性、接客等に女性が2人

メニュー
(グルメブログ)20130724-4-04.jpg

20130724-4-05.jpg20130724-4-06.jpg

クラシックビール瓶(中)(650円)
(グルメブログ)

大将より苦手な食べ物の確認があり「どうぞごゆっくり」と言われます

お通し
20130724-4-07.jpg

一番左が松前漬け、北海シマエビ、自家製豆腐、バイ貝、マグロ煮?だったかな

北海シマエビは昨日も食べましたがコチラの方が身の柔らかさが良く感じられ美味ですよ

大将は「オホーツクのモノなんで香りが違うでしょう、昨日食べたのは厚岸では」と言っていますよ

個人的には今となっては産地はわからないが単に料理の方法の好みの問題ではないのかな

ウニ
20130724-4-08.jpg

バフンウニとムラサキウニが盛られて出てきます

食べ比べてみるとムラサキかな

とんび
20130724-4-09.jpg

いかのくちばしの串焼きで塩で焼いたのか殆ど素焼きみたいな感じですね

いちじくは炊いたモノと大将は言っていましたね

お椀
20130724-4-10.jpg

冷たいお椀で函館の蛤と秋田のじゅんさいが入っておりサッパリと良いですよ

烏賊ぶっかけ
20130724-4-11.jpg

げそ、身、わたとあり山葵がのり大将に辛さを調節しながら食べて下さいと言われるも気にせず食べさすがに辛い

焼酎・麦・ロック(800円)
20130724-4-12.jpg

麦焼酎の琥珀のよかいちにしました

大将が気さくな方で話しやすく飲んでいても気持ち良いですよ

毛蟹
20130724-4-13.jpg

日高で作ってもらっているアスパラと毛蟹とアワビとアスパラチップと言っていました

金箔も散りばめられていて毛蟹が一番美味しいですね

造り
20130724-4-14.jpg

数の子、ホタテ、鮫かれい、まぐろ、海老

海老は頭の中身の味噌も食べて下さいと促されますね

焼酎・麦・ロック(800円)
20130724-4-15.jpg

大将の人柄は良いのですが社長と呼ばれている常連さんキンキと金目鯛の違いもわからずに色々と言いますね

出された料理に「コレいらねえんだよ」とか文句を言っていますよ

時鮭
20130724-4-16.jpg

釧路昆布森産のトキシラズで「皮まで食べられます」と大将が言っていましたよ

「もう終わりですが美味しいでしょう」と言っており丁寧に焼かれていて美味しいですね

うどん
20130724-4-17.jpg

ごまうどんで大将は「ここまで用意しました」と言っていました

コースの値段は6000円から12000円で1000円刻みになり同じカウンターで飲んでいるお客さんは高いコースのようですね

デザートにメロンが付いたりトキシラズが大きく2倍位の大きさですよ

付け合わせに聞いた事のない野菜?のような凝った食材を使ったりしていますね

〆はうどんではなく田舎そばを出していたようです

会計をお願いすると11800円で8000円+650円+800円×2で10250円

10250円に15%のサービス料?を付加すると11787.5円となり切り上げて11800円になるかな

会計は11800円で2種類のウニが食べられる豊水すすきのの酒場でした

住所:北海道札幌市中央区南六条西3秋水ビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-28(Wed)

札幌・すすきの「さかなや金ちゃんの店・魚平」(居酒屋)[いかげそ揚げ]

バスセンター前『第三モッキリセンター』で飲みすすきのに移動してもう少し飲んでみます

地下鉄南北線すすきの駅から歩いて3,4分ほどですね

居酒屋『さかなや金ちゃんの店・魚平』です

荒夜の酒場ハンター すすきの『さかなや金ちゃんの店・魚平』編
平成25年(2013年)7月24日の様子

(札幌・すすきの さかなや金ちゃんの店・魚平)

店内は入口入って一番奥が厨房、大きな変形カウンターでコの字型を2つ付けたような形で店員さんが出入りするスペースのみ空いています

2階もあるようです

店員は厨房は良く見えず、接客等には50代頃の男性と同年代頃の女性

メニュー
(グルメブログ)20130724-3-03.jpg

レモンサワー(280円)
20130724-3-04.jpg

お通しコーナー
20130724-3-05.jpg

盛り合わせ自由                               お通し
20130724-3-06.jpg20130724-3-07.jpg

1回だけ盛り放題のお通しネタをみると少し微妙なメンツが並んでいますね

さんま煮、マカロニサラダ、春雨サラダ、野菜サラダ、揚げ物は薄いホタテの磯辺揚げかな

コレが面白いと思ってきてみたがヤハリこのお店は飲み放題を目当てに来るが吉かな

荒汁
20130724-3-08.jpg20130724-3-09.jpg

無料の荒汁を1杯だけ飲んでみますね

具は魚のあらや野菜等思ったより入っていたんですくいましたがコレ良いですね

いかげそ揚げ(300円)
20130724-3-10.jpg

必須300円のお通しと無料の荒汁しか食べていないから1品ほど注文しますね

本日のおすすめからコレにしましたよ

レモンサワー(280円)
20130724-3-11.jpg

サワーをチビチビ飲んでいると飲み放題のお客さんがいますね

1杯目はサッポロクラシック樽生を飲みましたが2杯目からはサワーを飲んでいますよ

何か他人事ながら樽生をガンガン飲めばすぐ元が取れるのにと思いつつビールはガンガン飲めないんで余計なお世話ですね

会計は1160円でお通しが盛り合わせ自由(1回だけ)なすすきのの酒場でした

住所:北海道札幌市中央区南二条西6丁目狸小路6丁目西端(南2西6、パストラルビルII 1階)

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-27(Tue)

札幌・バスセンター前「第三モッキリセンター」(居酒屋)[身欠にしん、げそ煮、チーズ]

バスセンター前に来ました

地下鉄東西線バスセンター前駅から歩いて2分ほどでしょうか

居酒屋『第三モッキリセンター』です

荒夜の酒場ハンター バスセンター前『第三モッキリセンター』編
平成25年(2013年)7月24日の様子

(札幌・バスセンター前 第三モッキリセンター)

店内は入口入って一番奥が厨房、厨房沿いに縦長で大きなコの字型のカウンター席、カウンター後には4人掛けテーブル席が3つほど

店員は厨房に店主と思しき60代頃の男性、同年代頃の女性

メニュー
(グルメブログ)20130724-2-03.jpg

冷たいジョッキ(生)(350円)
20130724-2-04.jpg

アサヒスーパードライの生ビールになるようです

おのみもののメニューを見ていると大五郎(2.7l)ってペットボトルのヤツか北海道らしいですね

カウンター内には名前が書かれているペットボトルもあり当然キープもしているお客さんもいるようです

身欠にしん(300円)
20130724-2-05.jpg

何気にこの品をツマミに飲みますね

チューハイ・グループフルーツ(300円)
20130724-2-06.jpg

生ビールの次はチューハイに移行します

チューハイをチビチビ飲んでいると大五郎(2.7l)をキープしたお客さんが小さいグラスに氷を入れロックで飲んでいますね

大きなペットボトルをカウンター上に置き飲んでいる光景は中々に良いですね

げそ煮(250円)
20130724-2-07.jpg

本日のおすすめからコレを注文しました

げそといいつつ耳も入っており何か家庭の味のような煮物ですね

雪印チーズ(150円)
20130724-2-08.jpg

この値段でこの量は軽く飲む時は丁度良く立ち飲み価格に近い下手な立ち飲みでも高く取られてしまう

会計は1350円でペットボトルの焼酎もキープして飲めるバスセンターの酒場でした

住所:北海道札幌市中央区南1条東2-2

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-26(Mon)

札幌・円山公園「六花亭・円山店」(スイーツ)[雪こんチーズ、ホットケーキ、イチゴジュース]

円山公園でスイーツを食べました

地下鉄東西線円山公園駅から歩いて2,3分ほどでしょうか

スイーツ『六花亭・円山店』です

荒夜の酒場ハンター 円山公園『六花亭・円山店』編
平成25年(2013年)7月24日の様子

(札幌・円山公園 六花亭・円山店)

1階は土産物の売場で2階がカフェと言うか喫茶店のような感じです

店内は入口入って左手前側が厨房、正面側にはテーブル席が多数あります

店員は厨房の様子は見えず、接客に20代頃の女性が多数

メニュー
(グルメブログ)20130724-1-03.jpg

20130724-1-04.jpg20130724-1-05.jpg

20130724-1-06.jpg20130724-1-07.jpg

六花亭と言えばマルセイバターサンドが有名だと思いますがないようですね

イチゴジュース(400円)
20130724-1-08.jpg

コレがココの定番のようで飲んでみますね

飲んでみるとイチゴというより木苺っぽい味がしますね

雪こんチーズ(150円)
20130724-1-09.jpg20130724-1-10.jpg

真ん中に挟んでいる白いのはベイクドチーズケーキのようで普通に美味しいですね

ホットケーキ(500円)
20130724-1-11.jpg

20130724-1-12.jpg20130724-1-13.jpg

バターを真ん中にのせてメープルシロップをかけますね

シロップがしみ込んできたから半分に切って食べてみるとフワフワと言う感じではなく少しカステラっぽいような・・・

少し全体的に生地が固めに感じますね

あとでメニューを良く見るとバターをたっぷり塗りこみ6等分に切ってシロップをかけるとあり全然違う食べ方でした

会計は1050円で白翁流のホットケーキが食べられる円山公園のスイーツでした

住所:北海道札幌市中央区南2条西27丁目174

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-25(Sun)

札幌・大通「大公」(ラーメン)[辛みそ(中辛)ラーメン、ギョーザ、ビール]

すすきの『鮨金』『いなり』で飲み大通の方でもう1軒飲みますね

地下鉄南北線大通駅から歩いて5,6分ほどでしょうか

ラーメン『大公』です

荒夜の酒場ハンター 大通『大公』編
平成25年(2013年)7月23日の様子

(札幌・大通 大公)

店内は入口入って右奥に厨房、厨房沿いにカウンター席、テーブル席もあります

店員は厨房に店主と思しき60代頃の男性、接客等は同年代頃の女性

メニュー
(グルメブログ)20130723-4-03.jpg

ビール(中瓶)(500円)
20130723-4-04.jpg

ココもビールはサッパロのようです

ギョーザ(410円)
20130723-4-05.jpg20130723-4-06.jpg

値段の割りには小ぶりかな・・・普通に美味しい餃子です

辛みそ(中辛)ラーメン(800円)
20130723-4-07.jpg20130723-4-08.jpg

中辛、激辛とありヘタレなんで中辛にしましたよ

見た目といい唐辛子の麺への絡み具合といい辛そうに見えたが余り辛くなく美味しいですね

会計をしようと伝票をレジに出すと1960円と言われ払います

酔いもありオヤッと思いつつ払ったが単純計算1710円に対して会計が1960円となりこの差額はなんでしょうか

差額の250円なんてメニューはないし・・・

ビールにお通しも付かなかったが酒を注文したチャージ代として250円徴収と言う事になるのかな

結構いい時間の割には誰一人お酒を飲んでいるお客さんはいなかったのはそういう事なんでしょうか?

会計は1960円でサッポロ西山ラーメンが食べられる大通のラーメン屋さんでした

住所:北海道札幌市中央区南二条西5丁目1

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-24(Sat)

札幌・すすきの「いなり」(もつ焼き)[たん刺、スタミナ納豆、とんび、ホッピー]

すすきの『薄野・鮨金』で飲みもう1軒ここすすきので飲みますね

地下鉄南北線すすきの駅から歩いて3,4分ほどでしょうか

もつ焼き『いなり』です

荒夜の酒場ハンター すすきの『いなり』編
平成25年(2013年)7月23日の様子

(札幌・すすきの いなり)

すすきの『薄野・鮨金』のお寿司が丁度軽いからラーメンでもと思い気になっていた平和『菜々兵衛』へ向かいます

JR札幌駅からJR千歳線で平和駅で降り、しかし札幌から3つ目の駅だが回りは住宅ばかりで店はないですね

少し歩くと国道かな、がありその道路沿いには居酒屋、コンビニ等がありますが10分ちょっと歩きます

少し住宅街の暗いような道を歩きスマホで確認するもラーメン屋らしき店はなく嫌な予感がしますよ

社員研修の為、休みの看板があり・・・定休日が水曜日は流石に確認していたが研修とは・・・

ロクな事のない札幌初日で再度、気を取り直してすすきのに戻りました

店内は入口入って一番奥が焼き台と厨房、厨房沿いに大きなコの字型のカウンター席、テーブル席もあります

店員は焼き台に店主と思しき40代頃の男性、厨房に20代頃の男性が2人

ホッピー(白)(350円)
(グルメブログ)

写真の色合いが相変わらずイマイチですね

北海道では置いているお店が少ないと言われているコレにしました

一般販売用と言うのか、てなタイプのホッピーです・・・ホッピー黒もありますよ

お通し(値段?)
20130723-3-03.jpg

会計から算出すると250円となり壁に張り紙で張っているようです

たん刺(350円)
20130723-3-04.jpg

この品どこかで見たような、まあ多少ですが京成立石『宇ち多゛(うちだ)』のタンナマのようなビジュアルですね

食べてみると若干ボイルし過ぎなのか微妙な固さですね

スタミナ納豆(400円)
20130723-3-05.jpg20130723-3-06.jpg

ボードメニューのおすすめ品からコレにしました

単純に納豆が食べたかったから丁度良かった・・・かき混ぜて食べてみると普通に美味しいですね

ナカ(200円)
20130723-3-07.jpg

店員さんに「ナカ」と言うと亀甲宮焼酎720mlのボトル所謂金宮焼酎からグラスに注いでくれます

とんび(400円)
20130723-3-08.jpg

壁に貼られているメニューを見ていると気になるモノがありますね

注文してみると名称と言いモノと言いビジュアルと言い祐天寺『ばん』のとんびですね

とんびの肉                                  とんびの骨
20130723-3-09.jpg20130723-3-10.jpg

食べてみるとホロホロと柔らかく煮込んだ肉の感じは似ているが汁の辛味がラー油の味に頼っているような

ラー油に頼った辛さではなかったような味わいと言うかコクが少ないような味ですね

会計時に1万円出すもお釣りが50円で確認すると店員さんは平謝りでしたよ

会計は1950円で焼きとんでホッピーが飲める薄野の酒場でした

住所:北海道札幌市中央区南3条西6狸小路6 狸小路市場

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-23(Fri)

札幌・すすきの「薄野・鮨金」(寿司)[おまかせコース(12600円)、中々]

すすきのに来ました

地下鉄南北線すすきの駅から歩いて1分ほどでしょうか

寿司『薄野・鮨金』です

荒夜の酒場ハンター すすきの『薄野・鮨金』編
平成25年(2013年)7月23日の様子

(すすきの 薄野・鮨金)

札幌・薄野に来たらまず「寿司でしょ」と思い『食べログ』で調べ何店か選びその中からココにしました

決め手の1つはこのお店の開店時間が17時からで他のお店は18時からだったと言う安易な決め方

開店時間が早いとその後の予定が立てやすく嬉しいのです

それはともかく千歳空港から札幌市内まで高速バスでノンビリと向かっていると時間がかかりますね

寿司屋の予約が17時なんで途中下車しホテルまでタクシーで向かいチェックインしました

その後、お店までタクシーで向かい住所を告げても運転手さんどうもイマイチで地図を見せて下さいと言われる

住所はわかっているのにと思ったがスマホで地図を見せようとするも接続不可・・・コレは電波が枯渇しているって事ですかね

バタバタするも17時03分頃にお店に着き予約名を告げるも大将に「5時半からです」と言われる

大将の言い方がかなり強い調子で言っていますね

とても「もういいですか?」と言ってお店に入る雰囲気ではなかった・・・これは受取り側の問題かな?

電話予約時に年配の女性の方が対応していたがその人が実質的な店主になるのだろうか?

良い悪いは別にして5時から開店も決めたから5時半の予約は考えられないのだが

テーブル席にはまだまかないが置いてあり、向かいのJRA内の椅子に座って待っていると5時15分頃看板の電気が灯りました

そもそもこのお店17時から開店するお店なのか?お店のHPには営業時間17:00から24:00までとなってはいるのだが・・・

5時が無理であれば電話で話した時に説明してくれればと・・・これでは予約した時間をお店の都合で勝手に変えてなんの説明もない

キャンセルして予定を変更しようと思ったがスマホの電波状況も良くないし想定外の事で・・・結局待ちました

17時30分に再度入店しサブの寿司職人の方に「お待たせしました」と言われます

店内は入口入って左奥が厨房、厨房沿いにLの字型のカウンター席があり、カウンター後にはテーブル席もあります

店員は厨房中央に大将がおり、カウンター奥側には同年代頃の寿司職人、接客は30代頃の女性

厨房には年配の女性の方もいますね

苦手な物を聞かれるも「特にないです」と言いました

サッポロクラシック・中瓶(630円)
(グルメブログ)

とりあえずやはり薄野に来たらココらあたりのビールになりますかね

デジカメの設定を知らぬ間に変えてしまったのか照明の色が変になってしまいました

アワビ
20130723-2-03.jpg

蒸しになるのでしょうか軽く食べられてちょうど良い歯ごたえですね

冷やし茶碗蒸しムラサキウニ入り
20130723-2-04.jpg20130723-2-05.jpg

茶碗蒸しに夏の時期のモノとしてムラサキウニが入っていますね

この写真だと色がわかりにくくてでも濃い味で美味しいですよ

北海シマエビ                                ツブ貝
20130723-2-06.jpg20130723-2-07.jpg

シマエビも夏の時期として出されコレも蒸しですね

ツブ貝はウロ(内臓)を醤油で漬けたモノをのせたような事を言っていたかな

ツブ貝は歯応えがありプリプリで美味しいですよ

マコガレイ                                 毛ガニ
20130723-2-08.jpg20130723-2-09.jpg

白身と蟹のほぐしになり北海道に来て蟹がこの量は少しもの足りない気もしますがまだまだ美味しいモノを出してくれるんでしょうね

このカレイだけだったかな醤油を使って食べた品は

鰹                                     ウニ
20130723-2-10.jpg20130723-2-11.jpg

鰹はたたき仕様のようで白ゴマが少しパラパラとふられていますね

ウニは紫ウニの昆布〆でさらに濃厚な味わいになってお酒もススミますよ

サンマ
20130723-2-12.jpg

タタキになるんでしょうか少し時期が早いのか普通に美味しいですね

麦焼酎・中々(740円)
20130723-2-13.jpg

ビールも飲み終わって焼酎にしました

ロック、水割り、お湯割りがありロックにしました

タコ                                    ホタテ貝
20130723-2-14.jpg20130723-2-15.jpg

タコはたこの柔らか煮と言われ確かに柔らかく煮込まれていて少し薄味ですがネタの味を大切にしたいと言う事ですかね

大葉と海苔で巻き少し創作的な一品は食べてみるとホタテの味が口に一杯広がりますね

ヒラメ昆布〆                                まぐろ漬け
20130723-2-16.jpg20130723-2-17.jpg

ここまでがツマミでモノを出す間隔がハイペースで1軒目で全然問題ないがユックリと食事を味わいたい人には不向きかも知れませんね

ツマミも終わりこれから握りに変わるようです

ボタン海老                                 鯵?
20130723-2-18.jpg20130723-2-19.jpg

ガリは辛めで若漬けという事なんでしょうか・・・個人的にはもう少し甘い方が良いかと

ボタン海老はプリプリっと良い歯応えで美味ですね

青魚は鯵になるだろうけど普通に美味しい寿司でした

シャリが小さく次のお店を考えている人にとっては都合が良いけどこのお店で終わりの場合は少し物足りないかも知れませんね

ホッキ貝炙り                                ときしらず漬け
20130723-2-20.jpg20130723-2-21.jpg

両方ともに好きなネタではありますが余り印象には残らなかった・・・イヤ単なる失念かな?

中トロ                                   いくら軍艦
20130723-2-22.jpg20130723-2-23.jpg

中トロといくらでいくらのシャリはひと手間かけており普通に美味しい

ウニ                                    たまご
20130723-2-25.jpg20130723-2-26.jpg

ウニはビジュアル的にも卵かけご飯の良くかき混ぜましたバージョンのようなモノです

たまごはカステラのように焼かれていて見た目も良い感じですね

寿司屋の卵焼きは大きく2通りに分かれもう一方のシンプルな方が好きですが好みの問題ですね

味噌汁
20130723-2-27.jpg

カニ汁的なモノでこの品も器が小さく一口サイズで後に何軒か行くつもりであれば丁度良いですよ

会計は13970円で創作的なモノも食べられる薄野の寿司屋さんでした

住所:北海道札幌市中央区南四条西4-5-4松岡ビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-22(Thu)

羽田空港第2ビル「千疋屋総本店」(パーラー)[フルーツサンドイッチ、ジュース]

羽田空港第2ビルで昼飯を食べました

今日から北海道に行きますよ

今回の飛行機はANA(全日空)に乗る為、空港第2ビルに来ています

パーラー『千疋屋総本店』です

荒夜の酒場ハンター 羽田空港第2ビル『千疋屋総本店』編
平成25年7月23日の様子

(羽田空港第2ビル 千疋屋総本店)(グルメブログ)

店内は入口入って一番奥が厨房、右側には果物等のお土産、左側にはカウンター席が2つほど、外にはテーブル席があります

店員は20代頃の女性が3人ほどいます

                                        ももジュース(525円)
20130723-1-03.jpg20130723-1-04.jpg

もものジュースはやさしい味と香りをお楽しみ下さいと書かれていますが味は濃厚で普通に美味しいですね

ちなみに一応、氷が3個ほど入っており少し上げ底かな

フルーツサンドイッチ(945円)
20130723-1-05.jpg

20130723-1-06.jpg20130723-1-07.jpg

蓋を開けて食べてみますね

蓋のシールにはキウイフルーツ以外はなぜか果実としか書かれていませんね

食べてみると生クリームがさっぱりとしていて・・・この店の生クリームはまず甘ったるい事はないだろうと思いつつ良い感じですね

イチゴ、パイナップル、キウイ、濃い黄色いのはマンゴーかな

ポケモンジェット
20130723-1-08.jpg

気が付けばピカチュウジャンボに乗っていましたね

羽田発の札幌(新千歳)行きの1日3便が7月19日~8月8日まで運航しているようで大当たりしてしまいました

千歳空港に到着時に一応撮影しましたがわかりにくいですね

会計は1470円でフルーツジュースが濃厚な羽田のパーラーでした

住所:東京都大田区羽田空港3-4-2羽田空港第2旅客ターミナル B1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-21(Wed)

東中野「丸小」(やきとん)[レバー、しろ、かしら、なんこつ、おしんこ]

東高円寺『川中屋』、高円寺『七助』、『いっぽ』で飲みここ東中野に移動してもう少し飲んでみますね

JR総武線東中野駅から歩いて1分ほどになります

やきとん『丸小』です

荒夜の酒場ハンター 東中野『丸小』編
平成25年(2013年)7月17日の様子

(東中野 丸小)

店内は入口入って右奥が厨房、厨房沿い店内一杯にコの字型のカウンターがあり、立ち飲みになっています

店員は焼き台に店主と思しき50代頃の男性、厨房には同年代頃の女性

メニュー
(グルメブログ)

シンプルなメニューになります

ビール・大(500円)
20130717-4-03.jpg

店員さんに「ビール」と言うと「小瓶?大瓶もあります」と言われ「大瓶で」と言いました

店員さん「後だしま~す」と変なイントネーションで対応してくれますよ

おしんこ(100円)
20130717-4-04.jpg

焼きとんが焼き上がるまでコレで待ちます

しろ、レバー(各1本70円)
20130717-4-05.jpg

基本のしろ・レバーをタレで焼いてもらいます

なぜかレバー1本だけ遅れて到着しましたよ

食べてみるとトロミのあるタレが引き締まったモツを引き立てており美味しいですね

1本70円だし1軒目だったら何本でもイケそうですよ

かしら、なんこつ(各1本70円)
20130717-4-06.jpg

塩で焼いてもらいなんこつ・かしらともにシッカリした歯応えで良いですね

店主のユニークなテンパリ具合の様子と不思議なイントネーションの接客が楽しいですよ

会計は1160円でとろ~りとしたもつ焼きのタレが美味しい東中野の酒場でした

住所:東京都中野区東中野4-4-7

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-20(Tue)

高円寺「いっぽ」(焼きとん)[特製煮込み、じゃがマヨチーズ焼き、サバ塩焼、モヒート]

東高円寺『川中屋』、高円寺『七助』で飲みここ高円寺でもう少し飲んでみますね

JR中央本線高円寺駅南口から歩いて2分ほどでしょうか

焼きとん『いっぽ』です

荒夜の酒場ハンター 高円寺『いっぽ』編
平成25年(2013年)7月17日の様子

(高円寺 いっぽ)

店内は入口入って左側には焼き台と厨房、厨房沿いにカウンター席があり、カウンター後、奥にはテーブル席もあります

店員は焼き台に店主と思しき加賀屋のTシャツを着た30代頃の男性、厨房に20代頃の男性が2人、接客には20代頃の女性

ドリンクメニュー
(グルメブログ)20130717-3-03.jpg

フードメニュー
20130717-3-04.jpg20130717-3-05.jpg

ホッピーセット白(380円)
20130717-3-06.jpg

ホッピー黒もありますよ

特製煮込み(430円)
20130717-3-07.jpg

どこかで見るような名称ですね

てっぽうが結構入っていてこの肉のシワが良いですね

煮込み鍋に盛られた煮込みで白味噌の良い味が出て美味しいですよ

中(250円)
20130717-3-08.jpg

焼酎の中をおかわりしますね

じゃがマヨチーズ焼き(380円)
20130717-3-09.jpg

カロリー高そうで食べてみるとマヨネーズとチーズにジャガイモだと少し味が単調になってしまって少し飽きますね

モヒート(400円)
20130717-3-10.jpg

こんなカクテルもありますね

サバ塩焼(350円)
20130717-3-11.jpg

本日のおすすめの張り紙に書かれている品からコレにしました

会計は2290円で煮込みが美味しい高円寺の酒場でした

住所:東京都杉並区高円寺南4-7-13第二久万乃ビル

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-19(Mon)

高円寺「七助」(立ち飲み居酒屋)[天然ヒラメ刺、カクテキ、酎ハイ]

東高円寺『川中屋』で飲み高円寺に移動して飲んでみますね

JR中央本線高円寺駅北口から歩いて1分もかかりませんよ

立ち飲み『七助』です

荒夜の酒場ハンター 高円寺『七助』編
平成25年(2013年)7月17日の様子

(高円寺 七助)

店内は入口入って一番奥が厨房、厨房沿いにカウンター、両端の壁沿いにもカウンターがあり立ち飲みになっています

店員は店主と思しき50代頃の男性が1人で切り盛りしています

メニュー
(グルメブログ)20130717-2-03.jpg

酎ハイ(250円)
20130717-2-04.jpg

お酒はコレにしました

天然ヒラメ刺(350円)
20130717-2-05.jpg

真ん中にエンガワも盛られており食べてみると歯応えも良く新しい魚を使っているようで良いですよ

カクテキ(200円)
20130717-2-06.jpg

普通に美味しいカクテキですね

酎ハイ(250円)
20130717-2-07.jpg

もう1杯飲みますね

店主さん黙々と仕事をされるタイプの方のようで駅近で軽く飲むには便利な飲み屋さんですよ

会計は1050円で立ち飲みで新鮮な刺身が食べられる高円寺の酒場でした

住所:東京都杉並区高円寺北3-22-3

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-18(Sun)

東高円寺「川中屋」(焼鳥)[マカロニサラダ、つくね、レバー、ぼんぢり、フランク]

東高円寺に来ました

東京メトロ丸の内線東高円寺駅から歩いて1分ほどでしょうか

焼鳥『川中屋』です

荒夜の酒場ハンター 東高円寺『川中屋』編
平成25年(2013年)7月17日の様子

(東高円寺 川中屋)

店内は入口入って右奥は厨房と焼き台、厨房沿いに大きなコの字型のカウンター、カウンター両端の後にはテーブル席もあります

店員は厨房に50代頃の店主と思しき男性、焼き台に30代頃の男性、その他に厨房や接客に30代頃の男性が2人

メニュー
(グルメブログ)20130717-1-04.jpg

黒ホッピー(250円)、ホッピーおかわり焼酎(200円)
20130717-1-02.jpg

メニューを見るとなぜかポッピーになっている黒ホッピーにしました

白ホッピーもありますね

周りを見ると焼酎の一升瓶をテーブルやカウンターに置いて飲んでいる常連さん?お客さんが多いですね

マカロニサラダ(180円)
20130717-1-05.jpg

入るなり店員さんに今日は肉の到着が遅れたようで仕込みが出来ていないモノもあり焼き物やポテトサラダは時間がかかると言われました

マカロニサラダはすぐに出るとの事で注文しました

食べてみると卵の美味しさが印象的で出来立てホヤホヤ感があり美味しいですよ

枝豆(180円)
20130717-1-07.jpg

店員さんに焼き物は40分ほど時間がかかると言われているから簡単なコレも注文

おかわり焼酎(200円)
20130717-1-08.jpg

焼き物を待ちながらもう1杯飲みますね

つくね(100円)                               レバー(80円)
20130717-1-09.jpg20130717-1-10.jpg

焼き物の焼き方はタレと塩があるようですがお任せにしました

つくねは手作りのようですが食べてみると少しイマイチで余り食べた事のないようなつくねのパターン

焼鳥屋さんのつくねは大体パターンが決まっているからソコをあえて外してこのようになったのか少し凝り過ぎなのか

レバーは問題なく新鮮で美味しいですね

ぼんぢり(90円)、フランクフルト(150円)
20130717-1-11.jpg

この2本は好きなネタでぼんぢりはこの値段でこの味が嬉しいですね

フランクも意外と個人経営のお店では余り置いていないから良いですよ

会計は1530円で新鮮な鳥が食べられる東高円寺の酒場でした

住所:東京都杉並区和田3-60-10

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-17(Sat)

立石「栄寿司」(寿司)[煮ほたて、しゃこ、ずわいがに、炙りトロ]

京成立石『宇ち多゛(うちだ)』で飲みもう1軒ここ立石で飲みますね

さきほど飲んだ『宇ち多゛(うちだ)』のすぐ近くでお寿司でも食べます

寿司『栄寿司』です

荒夜の酒場ハンター 京成立石『栄寿司』編
平成25年(2013年)7月16日の様子

(立石 栄寿司)(グルメブログ)

店内は入口入って奥が厨房、厨房沿いに寿司屋独特なネタケースのLの字型のカウンターで立ち飲みイヤ立喰です

店員は厨房に30代頃の寿司職人の男性が3人

エビスビール(350円)
20130716-2-03.jpg

煮ほたて(一貫100円)
20130716-2-04.jpg

ホタテがデカッ塗られているツメもいい感じで美味しいですよ

ビールをチビチビと飲みながら厨房の様子を見ていると持ち帰りの寿司を薄いプラスチックのケースに入れていますね

寿司屋の持ち帰りって薄い木製の箱?とか紙に包んでいたりしているような・・・

これだと持ち帰り専門店のお寿司のようで・・・店、客ともに扱いやすいのかな

しゃこ(一貫100円)
20130716-2-05.jpg

店員さんに「甘いの付けますか?」と聞かれましたが煮ほたてに付いていたからなしにしました

ずわいがに(一貫200円)
20130716-2-06.jpg

職人さんに出された時、シャリが柔らかいと言われほんと柔らかく食べ難いですよ

ネタ自体は全然問題ないのですが・・・

炙りトロ(一貫200円)
20130716-2-07.jpg

シャリの切替のタイミングで柔らかくなるのでしょうが予め計算してどうにかならないものなのでしょうかね

左の寿司ネタが良く炙っており右が少し若目に炙られて左は少し炙り過ぎですかね

会計は1610円でサクッと立喰が出来る立石の寿司屋さんでした

住所:東京都葛飾区立石1-18-5

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-16(Fri)

立石「宇ち多゛(うちだ)」(もつ焼)[ナンコツ、煮込み、シロ、お新香、梅割り]

京成立石に来ました

京成電鉄押上線京成立石駅を降り歩いて1分もかからないでこの暖簾と遭遇しますね

もつ焼『宇ち多゛(うちだ)』です

荒夜の酒場ハンター 京成立石『宇ち多゛(うちだ)』編
平成25年(2013年)7月16日の様子

(立石 宇ち多゛(うちだ))

店内は暖簾をくぐると右側には大きな煮込み鍋、煮込み鍋沿いにLの字型のカウンター席、その他テーブル席、カウンター席が多数あります

店員は煮込み鍋にはマスター、焼き台にはオネーサン、接客にはあんちゃんと呼ばれている30代頃のスポーツ刈りの男性等

入口入って左側の向かい合ったカウンター席の二番目の列の手前から二番目に座ります

梅割り(180円)
(グルメブログ)

あんちゃんに「小瓶?」と聞かれるも「梅で」と言いました

1杯目から焼酎を生で飲み・・・その名の通り梅シロップで少し割っていますけどね

ナンコツ(1皿180円)
20130716-1-03.jpg

あんちゃんに残っているネタを聞くとシンキ(テッポウ、コブクロ)なしタンナマなしハツなしのようです

ナンコツ素焼きお酢で注文します

コリコリゴツゴツとして焼酎とナンコツで最初から乱暴な組み合わせですね

お酢をかけてサッパリとしていますが歯応えは強力ですよ

煮込み(1皿180円)
20130716-1-04.jpg

今日はシロとかフワが多い煮込みですね

食べてみると相変わらずコッテリ・マッタリと美味しいですよ

お新香(1皿180円)
20130716-1-05.jpg

お新香にショウガと注文し「お酢は」と聞かれ「お酢で」と言いました

サッパリとしたお新香にさらにお酢をかけてもらい食べました

シロ(1皿180円)
20130716-1-06.jpg

タレ焼きを食べたくなり、シロタレよく焼きと注文します

この香ばしさが何時の間にか好きになりましたね

会計は900円で味のある暖簾が心地よい立石の酒場でした

住所:東京都葛飾区立石1-18-8

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-15(Thu)

大山「串かつ・でんがな」(串かつ)[8本セット、どて焼き、なにわシルバー]

大山に来ました

東武東上線駅北口から歩いて2分ほどでしょうか

遊座大山商店街側になります

串かつ『串かつ・でんがな・大山店』です

荒夜の酒場ハンター 大山『串かつ・でんがな・大山店』編
平成25年(2013年)7月14日の様子

(大山 串かつ・でんがな)(グルメブログ)

店内は入口入って左側には厨房、厨房沿いにLの字型だったか真っ直ぐかカウンター席、テーブル席もあります

店員は20~30代頃の男女、女性は1人だったか、開店したばかりでバタバタとしているようです

チェーン店なんで余り好きではないのですが串かつ全品半額に釣られて入ってみました

メニュー
20130714-1-03.jpg20130714-1-04.jpg

ソース
20130714-1-05.jpg20130714-1-06.jpg

店員さんから「キャベツはサービスです」と出されます

なにわシルバー(380円)
20130714-1-07.jpg

飲み物はホッピーにしようと思ったが名物なにわハイボールシリーズが目に留まり店員さんに聞いてみます

なにわシルバーは酎ハイにあたるとの事で注文します

確かにスライスレモンの入った単なる酎ハイだがなにわシルバーなる語源はどこからきているんかと思いネットで調べてみますよ

他の支店で飲んだ方の書き込みを見ているとレモンハイとして扱っているようで?

その店毎に仕様が違うのか書いている方が勘違いされているのか?

コレはレシートにもなにわシルバーと書かれており?・・・もう語源はどうでもよくなりましたよ

串かつ・8本セット(460円)
20130714-1-08.jpg

通常価格920円で半額の価格になりレシートにも460円と書かれていますね

手前左からなす、たまねぎ、ウインナー、チキン、牛、奥左から紅生姜、キス、いかです

野菜、肉、魚介と色々とあって良いですがモノによって衣の付き方が少しバラバラかな

ネタによって衣の付け方を変えているのでしょうか・・・新規開店早々の厨房の様子を見ているとそんな余裕もなさそうだが

どれも普通に美味しく牛は少し衣が厚過ぎか元々がこんなモノなのかは不明

なにわシルバー(380円)
20130714-1-09.jpg

ホッピーを飲もうかと思いましたが長居は無用ともう1杯コレにしました

どて焼き(2本280円)
20130714-1-10.jpg

どて焼は店員さんに「ねぎか生姜になります」と言われ生姜にしました

紅生姜でものっていると思ったがすりおろした生姜で薬味で味噌の甘さを中和しているんでしょうか普通に美味しい

串かつが半額でこのお店は持ち帰りもありその注文も多く厨房にはお土産の串かつが山のようにあります

考えてみると持ち帰りの時はソースは付けてくれるんだろうか?さすがにキャベツはないだろうけど

会計は1500円でなにわハイボールが飲める大山の酒場でした

住所:東京都板橋区大山東町56-6

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-14(Wed)

大山「天竜」(中華料理)[冷しセット、ホッピー]

大山に来ました

東武東上線駅南口から歩いて5分ほどでしょうか

中華料理『天竜』です

荒夜の酒場ハンター 大山『天竜』編
平成25年(2013年)7月9日の様子

(大山 天竜)

看板にはいけ麺と書かれていますね

店内は入口入って一番奥が厨房、右側の壁沿いにカウンター席、カウンター後には小上がりもあります

テーブル席も1つありますね

店員は厨房に50代頃の男性が2人いますね

張り紙
(グルメブログ)20130709-1-03.jpg

メニュー
20130709-1-04.jpg20130709-1-05.jpg

ホッピー(450円)
20130709-1-06.jpg

ポッピーと書いてある壁の貼紙も1ヶ所ありなんでしょうか

ホッピー瓶は良くスーパーで売っており一般?家庭用と言えばいいのでしょうか

450円では高いと思いますが真ん中のグラスに焼酎が入っており他の居酒屋のセットと中1杯相当ありますよ

お通しも1品付いているし安いですね

冷しセット(1100円)
20130709-1-07.jpg

セットを注文し内容は冷し、山かけ、餃子、小ライスになります

まだメインが来ていない状態の絵です

小ライスと書いているから小さな茶碗で出てくると思っていたが丼とは・・・

冷し
20130709-1-08.jpg20130709-1-09.jpg

食べてみるとつゆはゴマ系の味で美味しいく麺の量も多くてガッツリと食べられますね

山かけ
20130709-1-10.jpg20130709-1-11.jpg

中華料理屋さんのわりにはマグロの色は良く美味しいですよ

メニューを良く見ると魚系のツマミやセットもありどこか良い場所で仕入れているんですかね

餃子
20130709-1-12.jpg20130709-1-13.jpg

コレは普通に美味しい餃子

スープ
20130709-1-14.jpg

店員さんに「スープです」と言われ出され、コレはサービスなのかセットの一員か良くわかりませんね

最初のホッピーの焼酎が多いからおかわりは必要ありませんよ

会計は1550円で酒、料理ともにボリューミーな大山の中華料理でした

住所:東京都板橋区大山西町58-13

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-13(Tue)

立石「江戸っ子」(もつ焼)[赤身サシ、つくね、ハイボール]

京成立石『宇ち多゛(うちだ)』『ミツワ』『おでんや』で飲みもう1軒ここ立石で飲みますね

呑んベ横丁のはずれにある立石の関所です

もつ焼『江戸っ子』です

荒夜の酒場ハンター 京成立石『江戸っ子』編
平成25年(2013年)7月8日の様子

(立石 江戸っ子)

店内は入口入って奥が厨房、厨房沿いにずーっと長いカウンターで途中からクネクネと変形していますね

テーブル席も1つあります

店員は厨房に天童よしみに似た店主と思しき年配の女性、焼き台には50代頃の男性

ハイボール(320円)
(グルメブログ)

このお店でほとんどのお客さんが飲んでいるコレにしましたよ

赤身サシ(320円)
20130708-4-03.jpg

「赤味噌」と注文し赤身サシに薬味を酢味噌にします・・・他に薬味はニンニク、生姜があります

店員さん酢味噌と言っていますがどちらかと言うと辛味噌に近い・・・まあどうでも良いかな

つくね(320円)
20130708-4-04.jpg

サイドメニューを注文しようとしたが店員さんに「焼物はラストオーダーです」と言われます

何気に「だんご辛」と注文してしまいました

店員さんにさらに「煮込みは」と聞かれるも流石に断りました

会計は960円で焼き物の辛タレが美味しい立石の酒場でした

住所:東京都葛飾区立石7-1-9

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-12(Mon)

立石「おでんや」(おでん)[すじ、みず菜、あぶらげ、佐藤]

京成立石『宇ち多゛(うちだ)』『ミツワ』で飲みもう1軒ここ立石で飲みますね

京成立石駅を中心に反対側の呑んベ横丁へ移動します

おでん『おでんや』です

荒夜の酒場ハンター 京成立石『おでんや』編
平成25年(2013年)7月8日の様子

(立石 おでんや)

店内は入口入って奥は厨房、厨房沿いにカウンターが8席ほど、小上がりもあります

店員は厨房に店主と思しき30代頃の男性

佐藤(450円)
(グルメブログ)

焼酎をロックでお願いしました

しかしこのクソ暑いのにクーラーをかけずに窓だけ開けてECO?な店主さんだ

なおかつおでん屋と言う風情がありますな・・・イヤ汗がジットリときますね

薬味類
20130708-3-03.jpg

香辛料と言えば良いのでしょうか3種類・・・これも店主のこだわりなんでしょうか

すじ(150円)
20130708-3-04.jpg

すじが先に出され普通に美味しいすじですよ

汁に少しパンチが足りないと言うかかなり酔っている時はコレで良いのかな

みず菜(200円)
20130708-3-05.jpg

おおっみず菜とあぶらげを合わせて作ってくれたのですね

あぶらげ(150円)
20130708-3-06.jpg

もう注文したモノは食べたと思いきやまた出てきました

結局、先ほどの品とかなり被りましたが好きな組合せなんで問題ないですね

佐藤(450円)
20130708-3-07.jpg

もう1杯同じモノを飲みますね

焼酎ロックをチビチビ飲んでいると店主さんは一般のお客さんには必要最低限度の接客で常連さんとはフレンドリーに良く話しますね

会計は酔いで失念したが1400円だったような単純計算すると合うからたぶんそうでしょう

会計は1400円で丁寧におでんを作る立石の酒場でした

住所:東京都葛飾区立石7-1-7呑んベ横丁

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-11(Sun)

立石「ミツワ」(もつ焼)[刺身盛合わせ、ネギマ、レバ、お浸し、ハイボール]

京成立石『宇ち多゛(うちだ)』で飲みもう1軒ここ立石で飲みますね

さきほど飲んだ『宇ち多゛(うちだ)』のすぐ裏と言えば良いのでしょうか・・・すぐ近くです

もつ焼『ミツワ』です

荒夜の酒場ハンター 京成立石『ミツワ』編
平成25年(2013年)7月8日の様子

(立石 ミツワ)

店内は入口入って左側には焼き台と厨房、厨房沿いにカウンターが3席ほど、右側には4人掛けテーブル席が5つ

小上がり、入口外にはカウンター席も少しあります

店員は焼き台に店主と思しき60代頃の女性、厨房には20代頃の男性、接客には30代頃の女性

焼酎ハイボール(320円)
(グルメブログ)

飲むお酒はこのお店の定番のコレにしましたよ

焼酎ハイボール(320円)
20130708-2-03.jpg

ボールと一緒に焼き物と刺身を注文したのですがタイミングが悪く忙しいようでツマミが出てきませんね

何も食べずに2杯目に突入ですよ

刺身盛合わせ(500円)
20130708-2-04.jpg

やっと出てきた刺身はイサキ、ブツ、〆サバと今日は前回来た時には〆サバだけ指定しましたが今回はおまかせで〆サバが盛られています

店員さん覚えていてくれたのかな・・・そんな事ないか

ネギマ(1串150円)、レバ(1串100円)
20130708-2-05.jpg

塩焼きで1本ずつお願いし・・・このお店は焼き物を1本から注文出来るから嬉しいですね

レバの角ばったビジュアルが美しい

このところこのお店に来ると相席になった常連さん?(お客さん)と談笑する事となりハイボールも2杯のつもりが3杯目へ

焼酎ハイボール(320円)
20130708-2-06.jpg

ボールをチビチビ飲んでいると向かいの席にオネーサンが1人で座り飲み始めました

オネーサンや他の相席になったお客さんと、かの『宇ち多゛(うちだ)』の話をしていますね

ビールが冷えてないとか店員が横柄だとか言っていましたがもう次のお店モードに入っていたから聞き流していましたよ

お浸し(300円)
20130708-2-07.jpg20130708-2-08.jpg

たまにはこんなサイドメニューを注文し醤油をかけてかき混ぜた絵も撮ったのですが余り変わらないですかね

ラッキーカード                               ミツワ商店
20130708-2-09.jpg20130708-2-10.jpg

翌日、財布に入っていたこのスクラッチを見つけ100円ゲットしました

そう言えばこのカードどこで貰ったのか失念したが裏に書いてありますね

このお店は有限会社になっているようで代表取締役には焼き台の女性らしき方の名前が書かれていますよ

会計は2010円でレバが新鮮な立石の酒場でした

住所:東京都葛飾区立石1-18-5

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-10(Sat)

立石「宇ち多゛(うちだ)」(もつ焼)[カシラ、ナンコツ、煮込み、お新香、梅割り]

京成立石に来ました

京成電鉄押上線京成立石駅を降り立石仲見世商店街に入りすぐにあります

もつ焼『宇ち多゛(うちだ)』です

荒夜の酒場ハンター 京成立石『宇ち多゛(うちだ)』編
平成25年(2013年)7月8日の様子

(京成立石 宇ち多゛(うちだ))

店内は大きな暖簾くぐると右側には大きな煮込み鍋、煮込み鍋の奥に焼き台と厨房、煮込み鍋沿いにLの字型のカウンター

他には大きなテーブル席、カウンター席等があります

店員は煮込み鍋には店主と思しきマスターと呼ばれている60代頃の男性、焼き台にはオネーサン

接客にはあんちゃんと呼ばれているスポーツ刈りにした30代頃の男性等

今日は煮込み鍋前のカウンター席の奥から3番目に座ります

梅割り(180円)
(グルメブログ)

あんちゃんに「テッポウある」と聞くとテッポウコブクロはなしタンナマもなしとの事でした

ナンコツ(1皿180円)
20130708-1-03.jpg

ナンコツ素焼きお酢と注文しましたよ

カシラが焼き上がりお酢はマスターがかけてくれ供されます

相変わらずわがままなビジュアルのナンコツです

煮込み(1皿180円)
20130708-1-04.jpg

煮込みはあんちゃんが盛り付けてくれましたよ

真ん中にアブラがドーンとありダイナミックな体裁の品です

1軒目から見た目だけでもお腹に溜まるような感じでこの値段で価値ある1皿です

お新香(1皿180円)
20130708-1-05.jpg

お新香にショウガと注文しましたよ

店員さんに「お酢は」と聞かれ「お酢で」と言いました

梅割りをチビチビ飲んでいると隣のお客さんがお新香にお酢だけをかけてもらい焼きとんのタレをかけて食べていますね

どうなんだろうか

カシラ(1皿180円)
20130708-1-06.jpg

カシラタレと注文しそれなりに良く焼かれており少し小さ目ですが普通に美味しいですね

お盆休みは8月16日(金)~8月18日(日)お休みさせて頂きます

8月15日(木)は土曜日並みに営業させて頂きます

と張り紙に書かれており特に8月15日に行く方は土曜日並みの営業と言うことで気をつけた方がよいかと・・・

会計は900円でナンコツがダイナミックな立石の酒場でした

住所:東京都葛飾区立石1-18-8

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-09(Fri)

豊島園「カーサ・デル・ヴィアッジアトーレ」(イタリアン)[カルパッチョ、インパデッラ]

豊島園に来ました

西武池袋線豊島園駅から歩いて2分ほどでしょうか

イタリアン『カーサ・デル・ヴィアッジアトーレ』です

荒夜の酒場ハンター 豊島園『カーサ・デル・ヴィアッジアトーレ』編
平成25年(2013年)7月6日の様子

(豊島園 カーサ・デル・ヴィアッジアトーレ)

店内は入口入って右奥には厨房、厨房沿いにLの字型のカウンター席、左奥にはテーブル席もあります

店員は厨房にこのお店のロゴ?のような帽子をかぶった店主と思しき30代頃の男性、接客等には20代頃の女性が2人

厨房の奥にはガスを使う調理に店主と同年代頃の男性

ドリンクメニュー                              フードメニュー
(グルメブログ)20130706-2-03.jpg

フードメニュー                               裏メニュー?
20130706-2-04.jpg20130706-2-05.jpg

紙に手書きで書かれた裏メニュー的なモノもありお客さんに回していました

ボードメニュー
20130706-2-17.jpg

モレッティ(680円)
20130706-2-06.jpg

最初はイタリアのビールにしてみましたよ

飲んでみると品と甘みがありスーパードライで十分な自分にとって、これだけの量を飲むには少し間延びしてしまうかな

本日のカルパッチョ(タイ)(680円)
20130706-2-07.jpg20130706-2-08.jpg

最初は魚を軽く食べオイル系の使い方が良いのでしょうか美味しいですよ

セヴェンヌ・ソーヴィニヨン・ブラン(680円)
20130706-2-11.jpg

ビールの後はサッパリとしたこのワインにしましたよ

20130706-2-09.jpg20130706-2-10.jpg

プロシュート・ディ・パルマ(480円)
20130706-2-12.jpg

Full(100g)とHalf(50g)がありコチラで十分でしょうと言うことで50gのハーフにしました

コレは安いし注文毎にスライサーで切ってくれビールに合います・・・もうワインへ移行しているが

ランゲ・ネッビオーロ・ボニムール(670円)
20130706-2-15.jpg

20130706-2-13.jpg20130706-2-14.jpg

ワインボトルのラベルにはボニムールは良い気持ちの意味と書かれており確か店主おススメのワインと言っていたかな

飲んでみると普通に美味しく香りに特徴がありますね

鶏もも肉のインパデッラ・じゃが芋のコンフィ・ローズマリーの香り(1400円)
20130706-2-16.jpg

鶏肉、じゃが芋、玉葱、ひよこ豆?にローズマリーが添えられて・・・そのまんまですね

皮がパリパリと良く焼けていてジューシーですね

会計は4788円でボニムールなワインが飲める豊島園のイタリアンでした

住所:東京都練馬区練馬4-26-11

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-08(Thu)

池袋「桂林」(中華料理)[特製坦々麺、桂林焼売]

池袋で昼飯を食べました

JR山手線池袋駅西口から歩いて2,3分ほどでしょうか

ホテルメトロポリタンの2階にあります

中華料理『桂林』です

荒夜の酒場ハンター 池袋『桂林』編
平成25年(2013年)7月6日の様子

(池袋 桂林)

店内は大きすぎて良くわからず案内された席は入口入ってすぐ右にある20人ほど座れるスペースでした

店員は黒いスーツに白いシャツの比較的正装な年代の男女

                                        ジャスミンティー
(グルメブログ)20130706-1-03.jpg

特製坦々麺(1540円)
20130706-1-04.jpg20130706-1-05.jpg

食べてみると麺は細麺でスープはを飲んでみるとコリコリとナッツが印象的ですね

辛味はほど良いがナッツ感が少し強過ぎじゃないかと思われるほどですよ

安い坦々麺ばかり食べているからそう思うのかな

このお店が『食べログ』に出している坦々面の写真を見るとカシューナッツの半身?ほどのモノがパラパラとのっていますね

このお陰かどうか知らないが気のせいかスープにコクが少し足りないような・・・

桂林焼売(440円)
20130706-1-06.jpg20130706-1-07.jpg

皮が黄色くて何か味が付いているのかな

卓上調味料等もなくソッチ系のモノは何も出されなかった・・・でも食べてみると皮はたいした味は感じなかった

普通に美味しい焼売です

ザーサイ
20130706-1-08.jpg

コレは焼売に付いているのか坦々麺に付いているのかソレとは関係ないサービスかは不明

普通に美味しいザーサイです

会計は1980円で特製坦々麺が食べられる池袋の中華料理屋さんでした

住所:東京都豊島区西池袋1-6-1ホテルメトロポリタン 2F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-07(Wed)

西荻窪「しんぽ」(居酒屋)[〆サバ、金目鯛、青ヤギ、カニクリームコロッケ]

西荻窪に来ました

JR中央線駅南口から歩いて1分ほどでしょうか

居酒屋『しんぽ』です

荒夜の酒場ハンター 西荻窪『しんぽ』編
平成25年(2013年)7月4日の様子

(西荻窪 しんぽ)

店内は入口入って左奥が厨房、厨房沿いにLの字型のカウンターカウンター後にはテーブル席もあります

2階もあるようです

店員は厨房に店主と思しき50代頃の男性、その他の店員さんは20~30代頃の男性

ドリンクメニュー
(グルメブログ)20130704-1-03.jpg

フードメニュー
20130704-1-04.jpg20130704-1-05.jpg

生バスペールエール小(500円)
20130704-1-06.jpg

1杯目は目に付いたコレにしました

お通し(値段?)
20130704-1-07.jpg

お通しの値段は注文したツマミで値段が不明な品があり計算できませんね

枝豆、バイ貝、たこ煮、手前の野菜は茄子かな

〆サバ、金目鯛、青ヤギ(値段?)
20130704-1-08.jpg

店主さんに刺身を何種類か食べたい旨を伝えると少な目にしますからと言われ3つほど選びます

わさびは店主さんが刺身の注文毎におろしていますね

青ヤギがたっている点が少し他のお店と違いますよ

食べてみるとどれも美味しいが金目鯛がトロケルような味わいで脂ものっており良かったですね

20130704-1-11.jpg20130704-1-10.jpg20130704-1-09.jpg

梅干しサワー(500円)
20130704-1-12.jpg

ビールを飲んで次はコレにしましたよ

梅干しサワー(500円)
20130704-1-13.jpg

お代わりは店員さんに新規か継ぎ足しかと言われ継ぎ足しにし梅干しの追加はナシにしました

ちなみにコレも同料金になるのかな?

カニクリームコロッケ(900円)
20130704-1-14.jpg20130704-1-15.jpg

ソースはお好みでと出されウスター系が置いてありますね

中身を割るとカニが詰まっており食べてみると思ったより解されていてカニ感は少ないですが美味しいですよ

刺身と揚げ物しか食べてないがキンキの煮or焼とか和牛ロースのステーキorビフカツも魅力ですね

会計は3900円で魚介類が美味しい西荻窪の酒場でした

住所:東京都杉並区松庵3-38-14尾崎ダイヤビル 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-06(Tue)

鐘ヶ淵「はりや」(居酒屋)[ねぎトロ、こはだ酢、酎ハイ]

京成立石『宇ち多゛(うちだ)』、京成八広『日の丸酒場』『亀屋』で飲み鐘ヶ淵に移動しもう少し飲みますね

東武スカイツリーライン鐘ヶ淵駅から2、3分ほど歩きます

居酒屋『はりや』です

荒夜の酒場ハンター 鐘ヶ淵『はりや』編
平成25年(2013年)7月2日の様子

(鐘ヶ淵 はりや)

店内は入口入って右奥が厨房、厨房沿いにLの字型のカウンター席、カウンター後には小上がりもあります

30インチほどの真空管テレビが厨房上に鎮座しています

店員は店主と思しき70代頃の男性、厨房奥には同年代頃の女性

メニュー
(グルメブログ)

酎ハイ(270円)
20130702-4-03.jpg

サーバーから注ぐタイプで少し小さめですがジョッキを使っていますね

店主さん酎ハイを出してくれついでに会計用かカウンター上に黄色のプラスチックの札を置いてますよ

お通し(値段?)
20130702-4-04.jpg

会計の1230円から算出するとサービスになりますね

ねぎトロ(390円)
20130702-4-05.jpg

もう結構に酔っていますから・・・普通に美味しい色もほど良く

酎ハイ(270円)
20130702-4-06.jpg

酎ハイをチビチビと飲んでいるとL字カウンターの角に座り常連さん達のクロストークのど真ん中にいますね

こはだ酢(300円)
20130702-4-07.jpg

食べてみるとイマイチで見た感じからして真空パック仕様のモノ?かな

会計は1230円で酎ハイ街道の酎ハイが飲める鐘ヶ淵の酒場でした

住所:東京都墨田区墨田2-9-11

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-05(Mon)

八広「亀屋」(居酒屋)[まぐろぬた、ハムエッグ、焼酎ハイボール]

京成立石『宇ち多゛(うちだ)』京成八広『日の丸酒場』で飲みここ八広でもう少し飲みますね

京成電鉄押上線京成八広駅から5、6分ほど歩きますね

居酒屋『亀屋』です

荒夜の酒場ハンター 京成八広『亀屋』編
平成25年(2013年)7月2日の様子

(京成八広 亀屋)

店内は入口入って奥が厨房、厨房沿いにカウンター、カウンター後には小上がりもあります

店員は店主と思しき60代頃の女性

メニュー
(グルメブログ)20130702-3-03.jpg

焼酎ハイボール(280円)
20130702-3-04.jpg

ウイスキーの角瓶に入っている焼酎と梅エキス?なんだろうか天羽の梅でもないのかな

店員さんは焼酎と液を配合と言う言葉で説明していましたね

酎ハイ街道のお店はそれぞれ独自の酎ハイの作り方があるとか言っていましたよ

飲んでみると飲みやすく先ほどの『日の丸酒場』に続いて流石に酎ハイ街道という味わい

ただ個人的にはレモンはいらないかな既に焼酎に味?は付いておりソコにレモンは別に必要あるのかな

好みの問題かもしれませんが・・・

お通し(値段?)
20130702-3-05.jpg

お通しの値段は会計の値段が1350円で単純計算すると1310円になりこの40円の差はなんでしょうか

かの『食べログ』を見てみるとお通し無料と書いていますよ

1310円に消費税を付加すると1375.5円となります

つまみ代750円に消費税を付加すると787.5円+560円(280×2)で1347.5円となります

1347.5円を切り上げて1350円と言う計算になるのかな?

まぐろぬた(400円)
20130702-3-06.jpg20130702-3-07.jpg

マイルドな酢味噌でまぐろの色も良く美味しいですよ

焼酎ハイボール(280円)
20130702-3-08.jpg

ボールをチビチビと飲んでいると1人で切り盛りしている年配のオネーサン人当たりの良い感じの方ですね

良く見るといかにも頭にウィッグを付けているような髪型でユニーク?イヤ間違えていたら失礼

ハムエッグ(350円)
20130702-3-09.jpg

出された時「おソースですか醤油ですか」と聞かれるも目の前の卓上に調味料は置いてあり「適当にやります」と言いましたよ

箸を落とすと「拾わなくていいですよ」と言っていましたが拾い少し拭いて使いました

お隣には年配のオトーサンが飲んでおり子供の頃は「赤線じゃ200円で買えた」とか店員さんと話していますね

橋本大阪市長もビックリなお話ですね

会計は1350円で焼酎ハイボールが飲める八広の酒場でした

住所:東京都墨田区東向島5-42-11

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-04(Sun)

八広「日の丸酒場」(居酒屋)[あをやぎ、ホタテフライ、チーズ、焼酎ハイボール]

京成立石『宇ち多゛(うちだ)』で飲み八広に移動して飲みますね

京成電鉄押上線京成八広駅を降りて高架沿いに少し歩くとすぐありますね

居酒屋『日の丸酒場』です

荒夜の酒場ハンター 京成八広『日の丸酒場』編
平成25年(2013年)7月2日の様子

(八広 日の丸酒場)

店内は入口入って左奥が厨房、厨房沿いにLの字型のカウンター席、カウンター後には小上がりもあります

店員は厨房にワイルド系な30代頃の男性2人、60代頃の男性2人

焼酎ハイボール(280円)
(グルメブログ)

炭酸をグラスに注いでからJINROのボトルに入った梅エキス?天羽の梅か?と焼酎を配合したお酒を注ぎます

グラスに目一杯注いでくれビジュアルも良く飲んでも飲みやすくて美味しいですよ

あをやぎ(450円)
20130702-2-03.jpg

店員さんに「刺身か酢の物があります」と聞かれ「刺しで」と言いましたよ

良い感じの色で食べても歯応えもあり新鮮なんでしょうね

帆立フライ(300円)
20130702-2-04.jpg20130702-2-05.jpg

ソースはウスターで食べてみると衣が少し固めですが中身が良いから問題ないですがもう少しサックリしていた方が・・・

焼酎ハイボール(280円)
20130702-2-06.jpg

もう1杯飲みますね

チーズ(250円)
20130702-2-07.jpg

前に食べた2品と比較すると少しショボイ気がしますね

次のお店に行こうとグラスをカウンターにあげると店員さんにお代わりかと勘違いされお酒を作る気マンマンですね

会計は大きなソロバンでパチパチと計算してくれます

会計は1560円でまったりと酎ハイが飲める八広の酒場でした

住所:東京都墨田区八広6-25-2

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-03(Sat)

立石「宇ち多゛(うちだ)」(もつ焼)[カシラ、煮込み、シロ、お新香、梅割り]

京成立石に来ました

京成電鉄押上線京成立石駅を降りて仲見世商店街に入ってすぐ近くになりますね

もつ焼『宇ち多゛(うちだ)』です

荒夜の酒場ハンター 京成立石『宇ち多゛(うちだ)』編
平成25年(2013年)7月2日の様子

(京成立石 宇ち多゛(うちだ))(グルメブログ)

店内は入口入って右側には厨房で焼き台や大きな煮込み鍋があり、カウンター席、テーブル席が雑多に多数あります

店員はマスター、焼き手はオネーサン、あんちゃんと呼ばれているスポーツ刈りの男性等

今日座った席は入口入って奥左側の長い一列のカウンター席の一番奥で後の壁には大きな鏡が張ってありますよ

梅割り(180円)
20130702-1-03.jpg

あんちゃんに残っているオカズを確認するとテッポウはなし、タンナマがあり、ハツ、カシラ、ナンコツありの様子

カシラ(1皿180円)
20130702-1-04.jpg

カシラ素焼きお酢と注文、そうこうしているとあんちゃんから「お酢は」と確認され「お酢で」と言いましたよ

ここのところお酢はナシでしたが夏場に向けてサッパリとこれから秋口まではオールお酢で注文しますね

若焼きとは注文しなかったが比較的若目のビジュアルで久々のお酢も良い味に感じられます

煮込み(1皿180円)
20130702-1-05.jpg

あんちゃんが煮込みを持ってきてくれ七味を少し寄せてくれますね

写真の真ん中一番上に僅かに橙色の筒が七味で少しだけ見えますね

ネタはシロ、フワが主でオーソドックスな煮込みになりますね

シロ(1皿180円)
20130702-1-06.jpg

シロタレと注文しこの大きなネタとこのタレが絶妙で鉄板ですね

お新香(1皿180円)
20130702-1-07.jpg

お新香にショウガと注文し「お酢は」と聞かれ「お酢で」と言いました

最後にサッパリとし梅割りを飲み干しているとあんちゃんに「お代わりいい?」と聞かれ「いいです」と丁重に断りました

会計は900円でお酢をかけても美味しいもつ焼がある立石の酒場でした

住所:東京都葛飾区立石1-18-8

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2013-08-02(Fri)

池袋「築地竹若」(懐石)[ごぼうの唐揚げ、焼物、花にぎり、豚の角煮]

池袋に来ました

JR山手線池袋駅西口から歩いて2分ほどでしょうか

池袋東武レストラン街スパイス2にあります

懐石『いけす懐石 築地竹若』です

荒夜の酒場ハンター 池袋『いけす懐石 築地竹若』編
平成25年(2013年)6月28日の様子

(池袋 築地竹若)(グルメブログ)

店内は入口入って一番奥が厨房、厨房手前にはおおきないけす、いけす沿いに大きなコの字型のカウンター

座敷、テーブル席もあります

100人以上収容できる大きなお店なんでザックリとしたイメージです

店員は厨房に見ている限りでは全て男性だったか、年代様々な職人さんが多数

接客は和服を着た年代様々な女性、白シャツに黒いパンツの正装な男性等

ドリンクメニュー
20130628-1-03.jpg20130628-1-04.jpg

本日のお薦め
20130628-1-05.jpg

フードメニュー
20130628-1-06.jpg20130628-1-09.jpg

寿司
20130628-1-07.jpg

スーパードライ中瓶(735円)
20130628-1-10.jpg

1杯目のビールは和服の店員さんが注いでくれます

お通し(735円)
20130628-1-11.jpg

店員さんが冬瓜とトマトと生ハムのカナッペとか言っていましたね

いけす懐石でなんでカナッペとか思ったりもしますが別に良いんでしょうね

ごぼうの唐揚げ(630円)
20130628-1-12.jpg

揚げ物、煮物、焼物、お寿司を注文しました

生しぼりグレープフルーツサワー(840円)
20130628-1-13.jpg

ビールを飲んでいる途中でコチラを注文

店員さんがグレープフルーツ半分をゴリゴリと搾って作ってくれますね

飲んでみると焼酎は何を使っているんでしょうかね・・・まいいか

鮑                                       いけす
20130628-1-14.jpg20130628-1-15.jpg

鮑が水槽にペタッと張り付いていますね

店員さんが注文した造りの魚を網で捕ろうとしていますね

焼物(1260円)
20130628-1-16.jpg

懐石くずしなるメニューもあり椀物、焼物、煮物、揚げ物をそれぞれ1品から注文出来ますよ

焼物を選びメニューには甘鯛興津干し、蛇龍蓮根蟹身巻、谷中生姜、酢立と書かれていますね

酢立まで書かれているのであれば味噌と言うかもろきゅうの味噌?金山寺味噌?も書けば良いかと

甘鯛は調理方法に少し特長があるようですが普通に美味しいですね

蛇龍蓮根蟹身巻なる品は蟹に蓮根を桂剥きにしたようなモノが巻かれており食感も良く美味しいですよ

花にぎり(3150円)
20130628-1-17.jpg

それなりのネタの寿司でウニが意外とシッカリとしていて一番印象に残りましたね

豚の角煮(1260円)
20130628-1-18.jpg

お肉が柔らかく良く煮えていて食べた中でコレが一番良かったりして・・・

お椀
20130628-1-20.jpg

お寿司のセットになるんでしょうか・・・あおさの味噌汁か普通に美味しいですね

料金には奉仕料等(10%)がかかり、所謂サービス料になりますかね

会計は9471円でいけすの前で飲める池袋の懐石でした

住所:東京都豊島区西池袋1-10-10東武アネックス B1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
プロフィール

ジプシー

Author:ジプシー
ウマイ酒、ウマイ物を求め巷の酒場、居酒屋をさまよっています

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

お気に入り
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
荒夜のグルメマップ
荒夜のグルメマップ
来客数
タグ

やきとん・まるば 新中野 やきとん・だいだら やきとん・いっぽ 金沢 ときわ台 もつ焼宇ち多゛ やきとんだいだら 新大塚 小倉 淡路町 御徒町 横浜 有楽町 中目黒 かき氷 野町 新宿三丁目 ビアホール 浦野屋やきとんてるてる ゆる酒場 浮間舟渡 食安商店 日比谷 晩杯屋・大山店 バル やきとん・だいだら・沼袋店 五十鈴川 名古屋 鶯谷 やきとん・豚燻 やきとん酒場・マルコ 赤坂見附 国分寺 キリンとラガーまん 国道 西船橋 大阪・天満 成増 丸忠かまぼこ店 浦野屋やきとんてるてる・鍋横店 西小山 新今宮 西大島 西新宿 カーサデルヴィアッジャトーレ 戸越銀座 駒込 北池袋 焼鳥日高 平澤かまぼこ やきとん・赤尾 もつ焼き・おとんば 松阪 東銀座 タヴェルナ・ウオキン 神谷町 南阿佐ヶ谷 大阪・天神橋筋六丁目・天満 凪〇 南越谷 京成大久保 横浜・石川町 晩杯屋・大塚北口店 大島 姫路 大衆酒場・晩杯屋 目白 立ち飲み日高 大阪・南霞町・動物園前・新今宮 おさかなと 平和通 やきとん豚燻 アイスクリーム 北浜 東向島 立呑み・おりはら 茅場町 ケンタッキーフライドチキン 恵美須町 おでん二毛作 折尾 肥後橋 代々木公園 金沢・野町 ホルモン道場 立ち食いそば 立ち食い寿司 伊勢路 イタリアンバル・UOKIN 新開地 小伝馬町 大阪・東梅田 たきおか・2号店 三河屋酒店 大阪・北新地・西梅田 京都 中野坂上 大ちゃん かくうち・3号店 心太 天王町 豚丼 やきとん・幻のたんぽぽ 平家 たちのみ文次 もつ焼き・かまや いろは 壱ノ宮 魚がし寿司 帯広豚丼・白樺 横浜商店 八郎酒場 味珍 検校 野焼 俺のイタリアン・marche 国民酒場・じぃえんとるまん・天王町店 箔一・東山店 黒豚とんこつ・麺処・金田家 金沢・片町 さくら水産 ギョバー・茅場町店 ニューカヤバ ちょい吉 いたる・香林坊店 近江町市場寿し 揚げ物 近江町市場コロッケ本店 菊一 小野屋酒店・飲食部 北海道厚岸・日本橋本店 近畿大学水産研究所・銀座店 Touch・know・me 魚金・本店 俺のイタリアン・KAMIYACHO Wine厨房・tamaya大山 第二力酒蔵 ふくべ 四文屋・椎名町店 まんまる 焼とり・よね田・中野店 近江町 大口水産・焼き焼きコーナー 串カツ 天七本店 エアポート 小松空港 おとんば・北千住店 是屋 川口酒店 エイヒレ てっちゃん ごっつり ミートブラザーズ ジガーバー・セントルイス 333(SASAMI) バル・オルガン 金沢地酒蔵 焼き物 金沢・ひがし茶屋街 ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ・KANAZAWA 川端鮮魚店 高砂 黒百合 もりもり寿司・金沢駅前店 酒喰洲 俺の魚を食ってみろ!!西新宿店 日本酒バル・地酒屋・蔵 やきとん・なべ屋 京都・新福菜館本店 もつやきホルモン・登幸とん 山清酒店 もつ焼き・登運とん プチ・コニシ Blue・Bossa まぐろ人雷門出張所 大木屋・匠 かみや・関西風手打ちうどん シナノヤ酒店 田原町 花生食堂 国道下 カーサウオキン神楽坂 飯田橋 飯島酒店 ぼんそわ 豚娘 酒蕎庵まろうど コクミンショクドウ 丸松屋商店 もつ焼き・やまぐち 中村屋酒店 海鮮炉端・魚友 来来軒・赤羽店 もんじゃ・鉄板焼き おけいすし 築地山長 玉子焼き 鯨の登美粋 味の浜藤・築地本店 味治 鎌倉酒店・中野北店 小田保 喜久や 大島酒店 お多幸 谷中 ひみつ堂 麦酒庵 打越酒場 無鉄砲・中野店 味の笛・神田店 大松・だいまつ 立ち呑み・あかしや やきとり晩杯屋 軽井沢グーギーズベリー あさひ 加島屋酒店 晩杯屋本店 盛苑 鳥勇本店 舟和 こころ 俺のイタリアン・新橋本店 旭川・蜂屋・五条創業店 立ち飲み処・おおの屋 串焼き処・ディズ 流。 甘味喫茶・だるまや餅菓子店 池袋・すしざんまい・つきじ喜代村・池袋東口店 やすちゃん 漢祭 立呑み・龍馬 串揚げ屋・千客万頼 海鮮三崎港 新井薬師前 神むら 新高島平 一東庵 スタンドヒーロー 韓二郎・池袋北口店 大戸屋・新宿東口中央通り店 世界の山ちゃん・池袋北口店 魚がし日本一・池袋西口店 天将 百飲 金子屋 たる鉄 魚升 ビアバー ビアプラスプラス アキバの酒場 大山飛車角 鳥竹総本店 上野・御徒町 酒場・かっぱ 大衆酒場・かのや 串の介 武蔵家・大山 平澤かまぼこ・王子駅前支店 日々是君想 さわや 小柳 やきとり・山中屋 護国寺 東池袋・魚金 やきとん・浦野屋・てるてる 名大・富士そば・東十条店 炎天下 赤バル・RETZE・赤羽店 もつ焼き・ながしま 馬ん馬んいくどん もつやき・婁熊東京・るくま 根室食堂・道玄坂店 秀吉・大塚店 居酒屋きんぎょ 男体山 焼鳥日高・中井駅前店 大林酒店 串揚げ100円ショップ 江戸安 牛料理 小倉鉄なべ本店 魚がし・福ちゃん・2号店 とんかつ八千代 原宿餃子楼 明治神宮前<原宿> かんだやぶそば 蕎麦 丈ちゃん 寿司大 はしづめ ガスト・南池袋 広尾 TAVERNA・UOKIN ふぶき・FuBuKi 若月 酒蔵力・大宮東口駅前店 酒の穴 大阪・なんば・難波 大阪・恵美須町・動物園前 マルフク 大西酒店 大阪・動物園前・南霞町・新今宮 豚足のかどや 稲田酒店 ミッテラン2世 アンデルセン・大阪空港店 大安 但馬屋 酒の奥田 日本酒研究所 たいめいけん 渋谷・神泉 神泉・遠藤利三郎商店 亀戸ホルモン 西村商店 横浜・桜木町・野毛 横浜・日ノ出町・桜木町 肉小屋 六文そば・須田町店 三平酒寮・新宿中央口店 もつ焼き・ウッチャン・新宿思い出横丁 ます家 タカセ・池袋本店 第三秋元屋 桐のや水産 横浜・日ノ出町・桜木町・野毛 とんかつ・やまいち 雨ニモマケズ 四方酒店 散歩・紅葉 二重橋前 秋季皇居乾通り一般公開 ホルモン屋小泉・ジョンの店 銀座・君嶋屋 麺処・まるよし商店 横浜・桜木町 海鮮処寿し常 登運とん 日比谷・有楽町 大阪・中津 北新地たゆたゆ 地鶏屋 三河島・荒川区役所前 焼きそば あぺたいと・東武練馬店 室町砂場・赤坂店 バー・キサラ 家谷酒店 荒川区役所前・三河島 半平 立ち飲み・日高屋 三州屋本店 やきとん・豚番長 光栄軒 ブルドック 立ち飲み・晩杯屋 多古屋 立瓶 らーめん大・練馬店 いっとく さとちゃん 立ち飲みコーナー 芳一・国分寺店 Tasting・BAR・柴田屋酒店 鳥勇・武蔵小山駅前店 中華料理・悟空 ゑえびす座・烏森本館 築地かねまさ 俺のだし 立呑屋 新橋・銀座 酒場・やまと 岩田屋酒店 堂島精肉店 大阪・北新地 松葉総本店 徳田酒店 いわたや大衆食堂 大阪・蒲生四丁目 大阪・西梅田・北新地 中央軒・大阪マルビル店 岡室酒直販売所 大阪・京橋 魚庭本店 大阪・梅田 カステルモーラ・CASTELMOLA 俺のスパニッシュ 尾花 FISH) ロックフィッシュ(ROCK 内幸町 大門・池袋店 ジョナサン・板橋大山店 居酒屋・海鮮丼 たちのみや喜平 タカマル鮮魚店・2号館 蕎亭・大黒屋 ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト 讃岐うどん・いわい 猿・大山店 BEBE 小姑娘 札幌・五丈原 鳥もと・本店 CoCo壱番屋・西武江古田南口店 酒ノみつや 七武会 日本大通り たなぼた づめかん・門前仲町店 浜とん 立呑酒屋・寺島商店 BENTEN ぼっち庵 ・駅前店 餃子坊・豚八戒 つけそば・丸長・目白店 旅人酒場・武蔵 燗酒屋 加賀屋・新橋1号店 ささもと・銀座店 桜なべ・中江 馬肉料理 清瀧・池袋本店 パルデリコ やなか 天丼 土手の伊勢屋 立ち呑み処・おか田 菜々兵衛 よーじやカフェ 俺のフレンチ・NINGYOCHO 羽田空港第1ビル はる屋 門司 有次酒店 京ばし松輪 仙川 伊吹 秋葉原・紫・くろき い志井・本店 調布 番兵 おかもと鮮魚店 下関 たぬき 酒房・武蔵 米久本店 吉野家・吉呑み 樽見 浪花ひとくち餃子・餃々・赤羽店 天ぷら定食ふじしま かどまん 高橋酒店(角打) 宮原酒店 コンフォートホテル小倉 京寿司 鳥やす支店 あじろ 蟹喰楽舞 俺のフレンチ・TOKYO 手打ちそば・菊谷 大衆割烹・三州屋・銀座店 地鶏の立呑み・浅草・安兵衛 三岩 浅草メンチ アガリコ(AGALICO) 和季 さぼうる 中野ビール工房 ランチョン 原田酒店 蓮根 立ち呑み・晩杯屋・中目黒目黒川RS店 武蔵屋酒店 五味鳥 千両 小江戸 青砥 神田まつや 竹むら 土鍋・大餃子 桜台TAPAS 臚雷亭 いさ美寿司 天野屋 明神下・神田川 四文屋・江古田北口店 ビアホール・レストラン ツイテル(Tsui-teru!) 鳥番長・上野昭和通り店 立ち飲みたきおか・2号店 海幸 竹沢商店 河岸頭 居酒屋・魚介料理 都々井 立喰寿司 福久家食堂 中華東秀・沼袋店 しゃぶしゃぶ スエヒロ・池袋店 かね将 きつねや 亀有メンチ 王将 鳥増 立呑み・とんかつ・まるや 魚金・ゆりかもめ店 俺のフレンチ・GINZA 京成曳舟 三祐酒場・八広店 初代吉田 吟八亭・やざ和 三四郎 明神そば 来週軒 もつ焼・でん・中目黒店 用心棒2階 まる福・船橋加賀屋支店 てる美 大衆酒場・待夢 西葛西 サ嘉ダチ きぬちゃん よっちゃん せきや商店 高橋 浅草サンボア ひょうたんなべ・雷門店 ロッテリア ますらお 新富町 びっくりうどん本舗 イタリアンバルバジル 野毛ビストロZIP 青角 柳田屋 串一 キンクラ チャコールスタンド・ノゲ 二〇カ屋長介 スタンドバー・マル 宝町 八丁堀 晩杯屋目黒川RS店 割烹大樽 宇奈とと・浅草店 新宿三丁目・五ノ神製麺所 もつ焼き・いとや レバーランド 升本 やるき 中野富士見町 大衆酒場・焼き鳥・桂 蒲田うなぎ家 山田うどん 炭火焼鳥・くろちゃん 川崎・武蔵小杉 細雪 森本 晩杯屋・道玄坂店 ヱビス記念館 鳥益 京都四条烏丸・アウーム 晩杯屋銀座店 根本酒店・NEMOTO 笹塚 幡ヶ谷 浜屋 壱番館 炉縁 わか くら・新小岩店 ゴディバ 自由が丘・ショコラモンサンクレール ドラム缶・銀座本店 おにぎり 海鮮丸豊 一升びん本店 堀口酒店 白鷹三宅商店 牛肉 和菓子・甘味処 豚捨 やきとん大黒 くずし割烹・肴屋八兵衛 浜松 むぎつく あつみ 新浜松 味仙 赤福・内宮前支店 伊勢神宮内宮 水炊き 伝馬町 鳥彌三 香川一福 イチゴー 秋吉ニュー神田店 あつた蓬莱軒本店・蓬莱陣屋 上前津 どて串かつラブリー 魚椿 久屋大通 大甚本店 大衆酒場・末廣屋 新静岡 多可能 PPAP・CAFE 豚toko 梟小路 立呑み晩杯屋 ステーキ 立呑み・さいごう ざわさん 割烹くずし・徳多和良 丸武2号店 玉子焼 江戸一別館 牛丼 吉野家・築地1号店 熟成肉バル・肉賊カウぼーず 鮨さいとう お好み焼き 森田屋酒店 やすらぎのあん庵 EXPASA足柄上り 静岡 金の字 鈴木酒販 千石 ジロリアン 炭火焼肉ゆうじ ばりこて やきとん弐ノ十 十一屋能村酒店 イタリアン酒場・ナチュラ 炭火焼鳥わいわい・法政通り店 浜町 カタヤマ 立呑み魚平 五代目野田岩 ミクソロジーラボラトリー 赤羽橋 おでんの丸忠 やきとん山武 立呑風太くん ふみ屋 バール・青い印 大提灯 やきとん・ひなた ギョバー八重洲店 玉ゐ本店 サカナヤ・オアジ Touch 銀座ライオン・ビヤスタンド カフェ・カイラ パティスリー・エ・カフェ・プレジール 金色不如帰 know me・祭店 邦右衛門 品川や 饗酒堂・うろこ家 阿佐ヶ谷・SATOブリアン れとろ 十彩 元咲 明けごころ本店 満ぞく屋 京橋酒場 魚介 大阪屋 七津屋 京屋本店 京橋酒販 月桂冠・大倉記念館 伏見桃山 中書島 セラーバー 中之島 梅田 (食)ましか 焼鳥エビス 鶏&デリ 後藤蒲鉾店 銀座ホール 立ち飲み・日高 番外地 とりぎん本店 ニュートーキョー・数寄屋橋本店 大衆酒場・ひらやま かこも わすれな草 天政 羽田空港国内線ターミナル 御苑前・匠・達広 鳥万本店 線香花火 千曲食堂 もつ焼き★キャプテン どすこい四文屋 三河屋本店 銀座ライオン 100円酒バー・おやじ家 越谷 やきとん・やんぐ 南天・本店 立食いすし処・ちよだ鮨 新・南越谷 corazon・corazon 東瀛 ショットバー・タウザー 神保町食肉センター グルメ廻転寿司・まぐろ問屋三崎港 京橋・恵み屋 立って呑む・おかだ 横濱崎陽軒シウマイBAR お多幸本店 もつ焼き酒場・豚坊 もつ焼・でん 居酒屋・豪 名古屋味噌・どて子 牛タン工房・鎌倉ハム つくば鶏・銀や タヰヨウ酒場 万世橋酒場 きらく 多聞酒蔵・まさいち屋・浮浪雲 札幌・我流麺舞・飛燕、まるは・BEYOND 寅屋天満 二劫 難波屋 大国町 ひといき 与作 アヒルストア 大衆酒場・BEETLE 丸木屋商店 今日が丑の日 もつ焼き・丸松 今池 平野屋 よるべ 元祖寿司 ラング 焼鳥どん さけときどきぶた つまみや 裏ヒロヤ 酒処・千歳屋 まぐろや黒銀 鍛冶酒店 石橋食品 近鉄日本橋 銀座屋 酒処・魚祥 ペペロッソ 築地うなぎ食堂(にっしん太助) 居酒屋ビッグ・大 まぐろのみやこ 鮪おか戸 わいわい 清陽軒 須賀乃湯 肉山 戸田公園 焼鳥日高屋・ビーンズ戸田店 ペンギンの屋台・仲宿店 Ata 肉料理 ひさご 小林酒店 浅草もんじゃコロッケ 立呑み・のんき屋 正ちゃん 立飲みいこい・支店 うさぎやCafe 味の笛・本店 豊福 リンガーハット・駅前店・ちゃんぽん酒場 埜庵 西横浜 しん 小樽洋菓子舖・ルタオ 長万部・三八飯店 紫・くろ喜 さかなと 練馬縄のれん・てんてん ぢどり屋 ダイニングバー 川口ブルワリー やきとん・たつみ 立ち飲み屋 角打・トンズラ 十番 焼鳥日高・大宮一番街店 備長扇屋 炭焼き勘九郎 旬の味・あべよし かっぱ寿司・板橋店 もつ焼きとん将 ema まるいち商店 グッドミート・バル にしだ家 キリンシティ とり鉄 角打ち・新井商店 だるまや 来来軒 名代・富士そば・ふじ酒場・ハッピーロード店 和バル・おもち やきとり次郎 新井商店 大衆酒場・串げん 豪記 やすらぎ食堂 ひょうたん・江古田店 立ち食いうどん屋・酒 黄桜酒場 まるけん 珉珉・中野店 Bar・Remuage・ルミアージュ 新橋・都営汐留 ベンダースタンド酔心 きんらん でんじろう 立呑ひろし 博多うどん・よかよか 立呑処へそ・烏森口店 ニユー浅草・中野店 さば銀スタンド 大衆酒場・増やま 大都会・北口店 肉の店・鳥吉 ル・パティシエ・ヨコヤマ 立呑み・きど藤2 博多鉄なべ餃子・なかよし 立呑亭・帆立屋 魚べい 珍々軒 五丁目大衆酒場・極楽屋・中野店 立飲み・たきおか3号店 銀座久兵衛 そば吉 札幌・にとりのけやき ミセスニューヨーク 磯丸水産・十条銀座商店街店 煮込み屋ぐっつ 天文館むじゃき ヌードル・ラボラトリー・金斗雲 一球酒場 なにわもん・ゆうや 5丁目チキン・とりパニ ビストロ・立ち飲み 夢乃家 三国屋酒店 函館塩ラーメン・五稜郭 大衆酒場・寅圭 ローストビーフ大野 元祖立ち飲み・ホルモン亭  朝日屋 ぐっさん 萬作 晩杯屋・大森東口本店 Mrs.NewYork 洋菓子 アイラ 新宿御苑前 立ち呑・破天荒 青樹 下赤塚 立呑処・でかんしょ 中国ラーメン・揚州商人 でかんしょ 東京馬焼肉・三馬力 魚屋ひでぞう 井上竹商店 大阪焼きトンセンター 立呑・ホルモン串・千日前・えん パティスリー・キハチ 築地まぐろ寿司・又こい家 酒処みふね 嵐山 西利・錦市場店 すいば・六角富小路店 四条烏丸 四条大宮 新八茶屋 鬼金棒 井上 酒遊館・藤や もつ焼・宇ち多゛ 大衆酒場・一福 大衆酒場・杯一 そばうどん處・七福・弁天庵・西池袋店 鯵家 温故知新 人生のスパイス 多け乃食堂 築地虎杖・うに虎中通り店 茂助だんご 角打ち・トンズラ 元祖・中野屋 すたんどばぁー楽 ひょうたん 吉野家・牛皿一丁 越後屋酒店 山海楽酒・およよ 和牛銘菜・然 勝烈亭 埜庵・小池菓子舖 博多・かわ屋 一心鮨光洋 東京餃子楼 やきとん酒場・マルコのガレージ 富良野・唯我独尊 一徳 一番館・中野サンモール店 ル・カフェ・ドゥ・ジョエル・ロブション 立呑焼鳥・阿佐立ち 三宮 ニューワールド・本店 赤ひげ・本店 世界長直売所 英洋軒 夢や 神戸三宮 鶴亀八番 赤松酒店 炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん 旧居留置・大丸前 石原商店 元町 かんぱいじゃあ! いっぷく 三六 赤坂亭 立ち呑み処なかや 魚功 キッチンオリジン 弁当・居酒屋 やきとん幸ちゃん 晩杯屋烏森店 ドラム缶 やきとん赤尾 マルギン 銀座・日比谷 三ぶん やきとり鳥笑 ゆらぎ 晩杯屋・純情店 すっぴん酒場 バーミヤン・練馬豊玉店 鳥椿 新橋やきとん カフェバー おいで家 新桜台 浅草厨房 白カレーの店・1/f 鳥昇 JU座 馬鉄 バッカス 立呑家キンパチ 西台 魚屋路 ホワイトはうす 東灯 横浜・山手 大和町もつ肉店 がってん寿司 一輝 立呑みひなどり 飲食笑商何屋ねこ膳 アサヒスーパードライ新宿店 ニューもつよし スタイリスアジアン 丸竹商店 山多屋酒店 わが家の食堂 立ち呑み吞べえ 太平製パン 千駄木・根津・谷中 酒屋と角打ち・正幹 一由そば 元祖やきとり串八珍 やきとん酒場マルコ VIVA 大塚餃子軒 日本橋・紅とん やきとんまるば 煮込みやまる。 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おきてがみ
ブログランキング
月別アーカイブ
カテゴリ