2012-09-30(Sun)

池袋「グリル満天星 麻布十番 池袋東武店」(洋食)

池袋で昼飯を食べました

JR山手線池袋駅に隣接している東武百貨店レストラン街スパイスの14階にあります

洋食「グリル満天星 麻布十番 池袋東武店」です

『荒夜の酒場ハンター』池袋「グリル満天星 麻布十番 池袋東武店」編
平成24年9月7日の様子

(池袋 グリル満天星 麻布十番 池袋東武店)

5種類のハンバーグフェア
(ブログ)

このお店限定のハンバーグもありますがスタンダードなデミグラスにしました

ナイフとフォーク
20120907-1-03.jpg

目玉焼き デミグラスハンバーグ(1680円)
20120907-1-04.jpg

本体
20120907-1-05.jpg20120907-1-06.jpg

ハンバーグそのものの肉がおいしいな

デミグラスソース自体は比較的普通だがハンバーグ自体の食べ応えはありますよ

隠れてしまっていますが付け合わせのマッシュポテト何か凝ったような作りで野菜は標準的なモノですね

パン                                    サラダ
20120907-1-07.jpg20120907-1-08.jpg

ライスかパンということでパンを選択

このパンはメチャ固くて食べていると回りのパン粉がポロポロと落ちて食べにくいですね

スープ
20120907-1-09.jpg

コンソメスープはまあ普通においしいスープでしたよ

住所:東京都豊島区西池袋1-1-25東武百貨店池袋店 14F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-28(Fri)

新江古田「やっちゃん」(にく処)

新江古田に来ました

都営大江戸線新江古田から歩いて7,8分ほどでしょうか

にく処「やっちゃん」です

『荒夜の酒場ハンター』新江古田「やっちゃん」編
平成24年9月6日の様子

(新江古田 やっちゃん)
(ブログ)

看板の写真がボケていますがこのお店は写真撮影禁止なんで出すモノがなくアップしてしまいました

店内は入口入って右側に厨房を囲んだL字型のカウンターで10席ほど左側にはテーブル席が4つほど

店員は店主と思しき60代頃の男性と奥さんと思われる同世代の女性、店主さんより年上と思える男性も1人いました

壁の天井近くの3ヶ所ほどに写真撮影禁止のプレートが貼られていますよ

お通しはサービスとなりキャベツ1個を8等分ほどにカットされたモノで横には塩が少し盛られています

あるやきとん屋さんの店員から聞いた話だが切ったまんまの塊で出しているようで

お客さんによっては洗ってなく汚いという声もあるようですね

そんな事は何も気にせずに食べているけどなあ

写真撮影禁止にした経緯?について奥さんは嘆くように言っていましたよ

保健所?役所?の人間にインターネット上で生肉の刺身の写真が出ていると言われて困っていました

メニューには「?」なるものもありお店に聞いて下さいと書いてありますよ

メニューの「?」は何か気になる方はお店に行って確認して下さいね

飲み物はレモンハイを注文します

奥さんは生真面目?にレモンハイの瓶と焼酎になると説明してくれました

この話を聞いていた店主さんは「レモンハイと言ったら焼酎が入っているものだ」と奥さんに文句を言っていましたよ

メニューにはレモンハイ200円焼酎500円と書かれていますよ

レモンハイは氷入りのジョッキと宝焼酎が入っているお銚子とレモンハイ瓶

焼酎500は高いなと思ったがお銚子に一杯入っていおりそれなりの価格になるかな

料理の注文はメモ用紙に書き店員さんに渡します

ナンコツ(160円)、テッポー(160円)、生コブクロ(210円)、豚の上舌(210円)

上の4つのネタはメニューに串焼と書かれているモノです

串焼きは串で刺されてなく1皿に盛られて出されました

メニューには串焼と書かれているが串に刺さっていなく卓上には串入れのコップがありましたよ

店主さんは串焼は串に刺さっていないもんだとか訳のわからない事を言っていましたよ

串打ちまで仕込みが間に合わなかったのか?

全て塩焼きで刻みネギがパラパラとのっています

ナンコツは塊があり噛むのに大変で食べていくと僅かなクセが感じられた

コブクロは大小様々で柔らかくておいしかったですよ

上舌は期待していたが厚みも少なくイマイチでした

焼酎もなくなりレモンハイのお代わりをお願いします

氷もなくなってきたからお代わりを奥さんにお願いするもナカナカに出て来ないんだなコレガ

牛 モモ肉のタタキ(1200円)

赤ワインソースが付いており奥さんが「ニンニクかショウガいりますか」と聞かれ「ニンニク」と答えました

ネギに埋もれた緑色のニンニクが僅かにあり肝心のニンニクの量は控え目ですね

タタキと言う事だが量は多いが肉は薄目で比較的よく焼かれていますね

赤ワインソースとネギニンニクを交互に食べれていいですね

煮込み(小)¥400

主にテッポウが多く入っており良く煮込まれていておいしかった

このお店は食べ物屋になるのか全てのお客さんに対して奥さんのキャラかお酒の提供が遅いですね

店主さんがお酒の提供を気にしている様子も時々ありました

酔っ払いお断りの貼紙もありましたから行く時は気を付けて下さいね

領収書
20120906-1-03.jpg

注文した飲み物、食べ物を合計すると3740円になります

氷のお代わりをし貼紙に氷は料金頂きますとあるから差額の50円は氷の値段になるかな

住所:東京都中野区江古田1-9-9

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-27(Thu)

池袋「博多天神 池袋東口店」(ラーメン)

池袋「稲水器 あまてらす」で飲んだ後、駅に戻る途中で黄色い看板が目に付いてしまいました

ラーメンでも食べて帰りましょう

黄色の看板と言ってもアッチ系(ラーメン二郎)ではなくコッチ系ですよ

ラーメン「博多天神 池袋東口店」です

『荒夜の酒場ハンター』池袋「博多天神 池袋東口店」編
平成24年9月5日の様子

(池袋 博多天神 池袋東口店)

先程、飲んだお店ではお店の外観を撮っていなかったがこちらではシッカリ撮っていますよ

店内はカウンターが10席ほど、テーブル席が3つ、4つほど酔っていてアバウト

店員は3人ほどいたかな酔っていて良く覚えていませんね・・・おかあさんのような人と・・・

豚骨メニュー
(ブログ)

メニューを見るとビールは無料?な訳はなくないようですね

回転が悪くなるから置かないんでしょうかね

卓上調味料、トッピング
20120905-3-02.jpg

超辛い産直高菜と書かれていますが言うほどそう辛いわけでもないがなあ

メンマラーメン(600円)
20120905-3-04.jpg

メニューに(自然のおいしさ)と書かれていますが意味が良くわかりませんね

メンマも注文していたようです

20120905-3-06.jpg

最初はノーマルで少し食べて途中から紅生姜、ニンニク、超辛い産直高菜を入れて・・・

飲んで満腹中枢がイカレテいたようでラーメンで〆ました

細麺で軽く食べてしまいますね・・・さすがに替玉までは食べませんでしたよ

住所:東京都豊島区東池袋1-40-11

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-26(Wed)

池袋「稲水器 あまてらす」(居酒屋)

池袋に来ました

JR山手線池袋駅東口から歩いて4、5分でしょうか池袋六つ又交差点の先になり、上には首都高速5号池袋線が通っています

居酒屋「稲水器 あまてらす 」です

『荒夜の酒場ハンター』池袋「稲水器 あまてらす」編
平成24年9月5日の様子

(池袋 稲水器 あまてらす)

お店の外観の写真を撮るのを忘れましたね

全体がガラス張りで居酒屋と言うよりはショットバーかカジュアルなバーのような趣きですよ

飲み終わってから帰りに写真は撮りましょうね

店内は厨房と厨房沿いにカウンターが6席ほど、テーブル席が5つほどだったか

店員は店主と思しき茶髪で多少ロン毛の30代頃の男性、接客に体格のいい30代頃の男性、厨房にも1人

生ビール(550円)
(ブログ)

お品書にはアサヒ熟撰と書かれておりますね

本日のお通し(700円)その1
20120905-2-11.jpg20120905-2-12.jpg

お品書に一汁一菜を御楽しみ下さいと書かれています

本日のお通し その2
20120905-2-13.jpg

日本酒メニュー
20120905-2-04.jpg

お品書に「日本最高峰 至高の美酒」と書かれている日本酒が12銘柄ほど書かれていますよ

「宝剣」、「大信州」、「十四代」、「而今」、「東洋美人」、「磯自慢」、「開運」、「ほまれ」がラインナップされています

至高の美酒は小徳利180ml、グラス60mlの量で提供されます

至高の美酒以外の日本酒は小徳利180ml、グラス90mlの量で出されます

お品書を見てみると「日本最高峰 至高の美酒」は小徳利が1480円~2000円、グラスが550円~850円になり

至高の美酒以外の日本酒は小徳利が800円~1200円、グラスが500円~700円になります

お品書に書かれていないお酒もありそちらの値段は聞いていないからわかりませんよ

天明(値段?)
20120905-2-16.jpg20120905-2-18.jpg

一升瓶の裏ラベルには「純米吟醸 荒走り 兵庫山田」「串駒 あまてらす スタッフ手汲み 限定品」と書かれています

刺身盛り合わせ(値段?)
20120905-2-19.jpg20120905-2-20.jpg

お品書には刺身は盛合せがとてもおすすめですと書かれています

金目鯛、平政、平目、いさき、ハタと5点盛りになっており金目鯛だけ少しボイルしていますね

店員さんが量を減らして提供出来る料理があるとの事でこの一品は減らしてもらいました

通常は1800円だがこの場合の料金は不明

日本酒に合う刺身と言う事のようで白身が多くマグロ、光り物、貝類も欲しいですね

正雪(値段?)
20120905-2-21.jpg20120905-2-22.jpg

愛山 純米吟醸と書かれていますね

丁度、刺身を注文している時で店主さんがそれに合わせてスッキリ系を出してくれました

ジャガイモと玉ねぎのポテトサラダ(値段?)
20120905-2-23.jpg

ポテトサラダという割りには玉ねぎ感が強く少しイマイチかな

先程の刺身と同様に量を減らしてもらい通常は680円だがこの場合の料金は不明

山廃 秋鹿(値段?)
20120905-2-24.jpg20120905-2-25.jpg

この銘柄は裏のラベルがないですね・・・表のラベルに書く事は書いているという事でしょうか

純米 槽搾直汲 山廃 秋鹿と書かれていますね

これも店主さん馬刺しに合わせてサッパリとした酸味の効いたお酒を出してくれましたよ

熊本直送馬刺し四種盛り(値段?)
20120905-2-26.jpg

先程の刺身と同様に量を減らしてもらい通常は1680円だがこの場合の料金は不明

遊穂(値段?)
20120905-2-30.jpg20120905-2-32.jpg

純米酒無ろ過生原酒と書かれており裏のラベルには垂れ口直汲みと書かれていますよ

手書きの字で垂れ口直汲みと遊穂に関するウンチクが書かれています

なんでも発酵の際に生じた炭酸ガスを含むことでわずかに泡を感じれるとの事でしたがもう舌が酔いでマヒしているかな

甘エビの塩辛(480円)
20120905-2-33.jpg20120905-2-34.jpg

刺身は白身が多かったからこのツマミは新鮮で良いですよ

磯自慢 特別純米(値段?)
20120905-2-35.jpg20120905-2-37.jpg

グラスで色々な銘柄を飲めるのは嬉しいがもう余り良くわからなくなってきましたね

亀治 東洋美人(値段?)
20120905-2-38.jpg20120905-2-40.jpg

この銘柄辺りが店主さんの一番のオススメになるのか

水茄子の浅づけ(520円)
20120905-2-41.jpg

秋鹿 純米吟醸(550円?)
20120905-2-42.jpg20120905-2-43.jpg

グラスに90mlで出されましたよ

カウンターに置いている一升瓶を一生懸命にデジカメで撮っていると

店主さんは「写真はいくら撮ってもただなんで」とどうぞどうぞと言う感じのサバケタ感じの方でした

醍醐の酒盗がけ(650円)
20120905-2-44.jpg

クリームチーズのような醍醐に酒盗が掛かっていて日本酒も進みますよ

而今 大吟醸(750円)
20120905-2-46.jpg20120905-2-48.jpg

最後に「日本最高峰 至高の美酒」での中の1つで量が60mlになりグラスのタイプが違いますね

どこかの日本酒バーで飲んだ時も思ったのですがフルーティー感があるお酒が人気のようですね

写真が多くて間延びしてしまうと思い一升瓶の裏のラベルはのせる予定ではなかったがまとめてここにのせました

天明                                    遊穂
20120905-2-17.jpg20120905-2-31.jpg

磯自慢                                   東洋美人
20120905-2-36.jpg20120905-2-39.jpg

而今
20120905-2-47.jpg

店主さんに日本酒をおまかせでお願いすると現在注文した料理を確認し選択してくれますよ

日本酒の種類が多く、時には店員さんがお酒が入っている冷蔵庫をジックリ見ながら考えているシーンもありました

会計をすると酔っ払って正確には覚えていないがたしか10500円~10600円でした

帰りにお店の外観の写真を撮るつもりでしたが酔ってスッカリ忘れてしまいました

日本酒の種類が豊富でグラスでも軽く飲めてしまうからつい色々と飲んでしまいまとまりのない記事になりましたね

次回に行く機会があれば1合ずつ銘柄を絞って飲む事にしますよ

住所:東京都豊島区東池袋2-62-10

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-24(Mon)

東京「マクドナルド」(ハンバーガー)

今日はこちらの方に所用があり東京駅に来ました

ここのところ色々なグルメ情報が発信されており少し歩いてみましたよ

「東京ラーメンストリート」は人気ラーメン店が8店ほど連ねているようですがさすがに人気ありますね

この界隈で働いているサラリーマンやOLとか食べに来れていいな

イヤこんな場所で食べてたりしていると時間はかかる金はかかるでそうはいかないのかな

朝ラーもあるようだし・・・朝余り食べないから個人的にはナシだけど

しかし良く考えてみると12時15分頃で思ったよりはお客さんの並びが今一歩という印象ですね

これはあくまで思ったよりはと言う事ですよ・・・この時間で並ばずに入れる店もあるし

またノンビリ出来る時に食べに来ましょう

昼はやはりサックリとファストフードにしましょう

丁度、マックのマークが見えたからそちらで・・・JR東京駅店になりますね

ハンバーガー「マクドナルド」です

『荒夜の酒場ハンター』東京「マクドナルド」編
平成24年9月5日の様子

(東京駅 マクドナルド)

世界の★★★マック
(ブログ)

ゴールドマサラはもう終わっていましたね

マックのカレー系を食べてみたかったが「ホット ゴールドマサラ」をと思っていたがもうこちらに変わっていました

チーズオージーデリMセット(610円)
20120905-1-03.jpg

ファンタグレープ
20120905-1-04.jpg

20120905-1-05.jpg


20120905-1-06.jpg

バンズを開けてみると・・・パテはないんですね

黒胡椒が散りばめられたパストラミビーフが数枚入っておりマック感が少ないが軽く食べ終了

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1東京駅一番街

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-23(Sun)

京成立石「蘭州」(中華料理)

もつ焼「宇ち多゛(うちだ)」でモツを食べ同じ京成立石でもう一軒飲んでみます

駅の反対側に行き座って飲めるが立呑み酒場を謳っている「さくら」の前を通りすぐ近くにある

中華料理「蘭州」です

『荒夜の酒場ハンター』京成立石「蘭州」編
平成24年9月4日の様子

(京成立石 蘭州)

店内は厨房を囲んだL字型のカウンターで10席ほど奥にはテーブル席もあります

店員は店主と思しき60代頃の男性と同年代頃の女性と30代頃の男性

見た感じは家族経営?という印象

貼紙のメニュー
(ブログ)

ビール(500円)
20120904-3-02.jpg

看板には餃子の店と書かれており当然の事ながら水餃子も注文します

卓上調味料
20120904-3-04.jpg

水餃子(350円)香菜(100円)
20120904-3-05.jpg20120904-3-06.jpg

水餃子にオプション?でパクチーをのせてもらいましたよ

店員さんが香菜と言っていたからパクチー=香菜になるんですね・・・

香菜の値段は会計時の支払額から算出しました

メニューを見てもらー麺と香菜麺の差額が100円で会計時の値段と合致します

水餃子は余り食べない方ですが皮の味が実感できてこれも良いですね

でも思ったよりモチモチ感は少なかったかな

牛すじ(500円)
20120904-3-07.jpg

中国回族料理と貼紙には書いていますね

中にはコンビ―フのような味がするモノもありました

作る工程が似ているから同じような味がするのでしょうが・・・

紹興酒(350円)
20120904-3-08.jpg

このお店は飲み物がビール、日本酒、中国酒と限定される為、ノンビリと飲むようではありませんね

回りがラーメンと焼餃子を食べている事だし・・・しかし、奥のテーブル席は宴会モードでしたよ

住所:東京都葛飾区立石4-25-1

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-22(Sat)

京成立石「宇ち多゛(うちだ)」(もつ焼)

京成立石に来ました

京成電鉄押上線京成立石駅から立石仲見世商店街に入るとすぐですね

もつ焼「宇ち多゛(うちだ)」です

『荒夜の酒場ハンター』京成立石「宇ち多゛(うちだ)」編
平成24年9月4日の様子

(京成立石 宇ち多゛(うちだ))(ブログ)

店内は煮込み鍋を囲んだカウンター席、テーブル席等多数

店員はいつものようにあんちゃんと言われているスポーツ刈りにした威勢のいいお兄さん等

あんちゃんは相変わらず元気に一升瓶の宝焼酎を小脇に抱えて梅割をお客さん注いでいますよ

店先には猫がウロウロしていたかな

ビール(小)(360円)
20120904-2-03.jpg

煮込み(1皿180円)
20120904-2-04.jpg

取り急ぎすぐ出る煮込みを注文・・・といっても別に急いでいるわけではありませんが

ハツモトやフワ、アブラ等が色々と入っており相変わらず独特な味わいのモツであり汁です

ナンコツ(1皿180円)
20120904-2-05.jpg

今日はカシラがなくなりナンコツが残っていましたよ

素焼きにお酢をかけてもらいましたが前回の訪問時もこのパターンだったようで次回は変化を付けます

別になにも変化する必要もないのですが・・・

ガツ(1皿180円)
20120904-2-06.jpg

ナンコツが同じパターンだったからと言ってもこの時点では気づいていなかったのですが・・・

珍しくガツをタレで焼いてもらいました生で食べる事が好きですが焼くと少し締まるのか小さ目に見えますよ

軽く飲んで次のお店に行きましょうね

住所:東京都葛飾区立石1-18-5

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-21(Fri)

王子「大勝軒 滝野川店」(つけ麺・ラーメン)

王子で昼飯を食べました

JR京浜東北線王子駅から歩いて6、7分でしょうか・・・ちなみに最寄駅は都電荒川線の滝野川一丁目駅になります

明治通りというか首都高速中央環状線沿いにあります

つけ麺・ラーメン「大勝軒 滝野川店」です

『荒夜の酒場ハンター』王子「大勝軒 滝野川店」編
平成24年9月4日の様子

(王子 大勝軒 滝野川店)(ブログ)

店内は厨房を囲んだコの字型のカウンターで20席ほどあるかな

店員は店主と思しき40代頃の男性、20~30代頃の男性が2人

券売機                                   食券
20120904-1-03.jpg20120904-1-04.jpg

卓上調味料                                 お願い
20120904-1-05.jpg20120904-1-06.jpg

ツーショット写真                              教え
20120904-1-07.jpg20120904-1-09.jpg

教えと言えば良いのでしょうか山岸さんが書いた色紙が飾られていますよ

もりそば(700円)                            麺
20120904-1-10.jpg20120904-1-11.jpg

そばというか麺の量が多く昼からこんなに食べると夜が心配ですよ

厨房ではチャーシューを1人分ずつサランラップに小分けしていましたよ

「ラーメン二郎」みたいなダイナミックさとは随分違う厨房の様子ですね

20120904-1-12.jpg20120904-1-13.jpg

麺はもう少しモチモチしていると思っていたが以外とそうでもないですね

もりそばのつゆは少し甘めですよ

単なるもりそばでチャーシューが結構入っている点が嬉しいですね

麺を完食しさすがにスープ割は夜飲めなくなると困るからヤメにしておきましたよ

住所:東京都北区滝野川2-10-3

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-20(Thu)

本郷三丁目「こくわがた」(うどん)

本郷三丁目で昼飯を食べました

東京メトロ丸の内線本郷三丁目駅から歩いてすぐですね

本郷通り沿いにありわかりやすいですよ

うどん「こくわがた」です

『荒夜の酒場ハンター』本郷三丁目「こくわがた」編
平成24年9月3日の様子

(本郷三丁目 こくわがた)(ブログ)

朝営業終了のお知らせ
20120903-1-03.jpg

製麺                                    製麺
20120903-1-04.jpg20120903-1-05.jpg

店頭ではうどんを打っていますよ

前に並んでいるお客さんうどんを打っている店員さんの写真を一生懸命デジタルカメラで撮っていますよ

店員さんが写真用にポーズをとろうとしていたがそのお客さんは人見知りなのかノーリアクションでした

店内は基本は立ち食いとなり奥にパイプ椅子に座って食べているお客さんがおり食べ終わると椅子を折りたたみかたずけていました

店員は店頭で麺打ちをしている通称「ミスター・デンジャー」といわれたプロレスラーの松永光弘さん似の方

厨房には男女3、4人ほどの店員さん

券売機                                   食券
20120903-1-06.jpg20120903-1-07.jpg

厨房で食券の番号と料理を把握し食券の番号順に料理が提供さます

薬味
20120903-1-08.jpg

フリーで取れるショウガと青海苔だが1ヶ所にしか置いてなく食べる場所によっては店員さんが必要に応じて入れてくれる

店内は余り広くない為、薬味ごときでお客さんをウロウロさせないようで・・・カウンターの各所に置いても良さそうだが

ひや大 HG 鶏天(500円)
20120903-1-09.jpg

HGというのは当然なにかしらの意味があるだろうがレイザーラモンを連想してどうなんだろう・・・もう忘れられているか

食べてみるとつゆはサッパリとしていて麺のコシは思ったより少ないですね

鶏天
20120903-1-10.jpg20120903-1-11.jpg

揚げたての鶏天はサクサクしていておいしかったですよ

隣には人見知り?のお客さんが食べており料理も一生懸命にデジカメで撮っていましたよ・・・麺を箸で持ち上げたりして

隣のお客さん麺を吸いこむ勢いがハンパないですね・・・バキューム何とかと言えばいいのか

食べる勢いは凄いが食べる量というかスピードはハンパなく遅いですね

うどんが後から来たのにこちらは食べ終えてとっとと退散しましたよ

帰りには出口でうどんを打っている職人さんが愛想よく挨拶してくれましたよ

住所:東京都文京区本郷2-39-7

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-19(Wed)

練馬「友愛」(居酒屋)

練馬に来ました
西武池袋線練馬駅北口から4、5分ほど歩きます

居酒屋「友愛」です

『荒夜の酒場ハンター』練馬「友愛」編
平成24年9月1日の様子

(練馬 友愛)(ブログ)

店内は入口右手に焼き台、ストレートなカウンターがあり6席ほど、左側にはテーブル席もあり、外にもテーブルが1つあり

店員は焼き台に店主と思しき60代頃の男性、接客は40代頃の女性、奥の厨房には30代頃の男性

やきとり・やきとん、手作り惣菜と看板に書かれていますが居酒屋としましたよ

ドリンクメニュー                               メニュー
20120901-2-03.jpg20120901-2-04.jpg

注文のメモ                                 椅子
20120901-2-07.jpg20120901-2-08.jpg

メモ用紙に注文するツマミを書きましょう

カウンターのパイプ椅子ユックリと飲むには少し難儀かな

ホッピーセット(400円)
20120901-2-09.jpg

ワン、ヒート
20120901-2-06.jpg

隣のお客さんが鉄板で焼かれた肉を食べており同じモノを注文しようとするともう終了との事でした

ワン、ヒートと言うA5の牛肉を軽く炙って食べるモノのようですよ

店主さん隣のお客さんに一生懸命に普段、牛肉を食べる時に火を通し過ぎていると説教?イヤ説明していましたよ

尚、このワン、ヒートの肉今日はA5となっていたが仕入れによってはA4になる時もあるようです

A4牛串焼(2本500円)
20120901-2-10.jpg20120901-2-12.jpg

店主さんの牛肉講義を横で聞いていてスッカリ牛肉モードになりというよりも外の貼紙を見てもこのお店取りあえず牛肉ですね

まあ、豚肉、鳥肉の焼き物もあり個人的には牛肉に対する思い入れが余りないんですが・・・

この串焼の焼き具合もワン、ヒートなんでしょうかね・・・もうチョイとレアでもいいのかな

醤油ベースのタレでニンニク、黒胡椒も効いていておいしいですよ

豚なんこつ(150円)
20120901-2-11.jpg

食べてみると多少のクセを感じたが・・・少しピリッとした味噌がのっていいですよ

えだまめ(200円)
20120901-2-13.jpg20120901-2-14.jpg

量が多いですね・・・でも豆人間なんで問題なし

揚餃子あんかけ(300円)
20120901-2-15.jpg20120901-2-16.jpg

メニューを見てチープでありB級グルメっぽくて何か魅かれてしまって注文

このあんかけがジャンクっぽくていいですね

中(値段は?)                               中(値段は?)
20120901-2-17.jpg20120901-2-18.jpg

枝豆が余りにも多いからで途中でツマミを頼まず飲んでいましたよ

カレーロール(250円)
20120901-2-19.jpg20120901-2-20.jpg

これもメニューを見てドンナンが出てくるかと思い注文

中身を見てみるとスカスカでおもしろいですね・・・これだけ中身の少ない料理も珍しいかと

外はパン生地のような皮にパン粉と中はカレーとチーズが少し入っており空洞状になっています

これだともう少しカレーにパンチ、辛さがあればいいかな・・・中途半端ですね

名刺                                    名刺
20120901-2-21.jpg20120901-2-22.jpg

隣のお客さんと牛肉談義に花を咲かせている店主さん何か食べたい肉があったら連絡してとお店の名刺を渡していました

ついでに?こちらにも名刺を渡してくれましたよ

このお店の店主さんお肉に関する話を熱心にお客さんに解説してくれて良い雰囲気のお店でした

住所:東京都練馬区桜台4-21-4

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-18(Tue)

京成立石「洋食工房ヒロ」(洋食)

京成立石で昼飯を食べました

京成電鉄押上線京成立石駅から立石仲見世商店街に入るといつもの暖簾が見えてきました

もつ焼「宇ち多゛(うちだ)」です

このお店には御飯はないから昼のランチと言う訳にはいきませんね

お店の前には20人以上も並んでいますよ、まだ開店してから1回転もしていないのか

昼飯を食べて戻ってきた頃には空いてくるだろうから軽く入ろうかな

立石仲見世商店街を通り抜け奥戸街道を四つ木方面へ歩きます

駅から歩いて約10分ほどだが歩いていると少し様子が変だな・・・イヤにこの界隈が賑わっている

黄色い帽子を被った小学生が並んでワイワイと楽しそうに騒いでいたりと何か様子が少し違うな

交番があったから何かイベントでも催しているのか聞こうと思ったがやめにした

『荒夜の酒場ハンター』京成立石「洋食工房ヒロ」編
平成24年9月1日の様子

(京成立石 洋食工房ヒロ)

メニュー                                   ランチタイムのお願い
20120901-1-02.jpg20120901-1-03.jpg

店内は入口入るとテーブル席のみで4つほどあり奥が厨房になっています

店員は店主と思しき40代頃の男性と同年代頃の女性が2人

20120901-1-04.jpg20120901-1-05.jpg

表彰状が飾られています・・・「食べログ」辺りのでしょうか

ランチメニューからハンバーグステーキと海老フライの盛り合わせを選びました

このお店のランチにはコーヒー又はバニラアイスが付きます

アイスコーヒーもあるかと思い聞いて見るとアリとのことでアイスコーヒー

                                       アイスコーヒー
20120901-1-06.jpg20120901-1-07.jpg

飲み物は先に出してもらいます

コーンポタージュスープ                          ライス
20120901-1-08.jpg20120901-1-09.jpg

コーンポタージュスープは濃厚ですね

店員さんに「御飯の量は大丈夫ですか?」と聞かれ「ハイ」と答える

ハンバーグステーキと海老フライの盛り合わせ(980円)
20120901-1-17.jpg

海老フライがそそり立っていますね

ハンバーグにデミグラスソース、海老フライにタルタルソース、ナポリタン、山盛りの野菜と完璧

裏から                                   タルタルソース
20120901-1-11.jpg20120901-1-12.jpg

ハンバーグや海老フライのボリュームもさることながら付け合わせの野菜の量が凄いですよ

上の人参から食べていると余り味がしないな・・・ドレッシングは掛かってないようだ

取りあえず野菜をデミグラスソースやタルタルソースに付けて少し食べていると

野菜の山の中腹あたりを良く見ると玉葱のスライスに隠れてマヨネーズを発見した

随分と凝る盛り付けをする?ものですね・・・何を狙っているのかな

ハンバーグ                                 海老フライ
20120901-1-13.jpg20120901-1-14.jpg

ハンバーグや海老フライ其の物もさる事ながらソースとかスープは手が込んでいますね

ハンバーグはフンワリとしていてソフトな食べ応えで食べやすいですよ

立石フェスタ2012                            お知らせ
20120901-1-15.jpg20120901-1-16.jpg

帰りは軽くもつ焼「宇ち多゛(うちだ)」ですよ

しかしどうも相変わらず賑やかだと思い何気に見たポスターをマジマジと見ると「立石フェスタ2012」の日付が

2012 9/1 ㊏と書かれていた 今日は立石フェスタだった・・・今頃気付いたか

イソイソと「宇ち多゛(うちだ)」を見に行くと表に25人ほど、裏にも20人ほど並んでおり減るどころか増えている

今日はお祭り気分も手伝って回転が悪いから無理・・・他の店を探します

「栄寿司」も15人位は並んでいるからこれも無理

「ミツワ」ではお母さんが仕込みの最中だけどこの状態だと酒だけでも出しとけばすぐ満員になりそうな雰囲気

立石仲見世商店街にある他の飲み屋さんも混んでおりこの時間にこの状態でこの辺りのお店に入るのもイマイチ

立石仲見世商店街を少し外れてみて「ゑびすや食堂」を覗いてみると座敷まで子供やら大人やらで一杯ですよ

こんな「ゑびすや食堂」見たのは初めて・・・失礼

「玄庵」等のおいしい蕎麦屋もあるからと思ったが洋食屋で御飯食べたし・・・気分的にこれもイマイチ

「倉井ストアー」は結構歩くから混んで入れなかったらショックなんでやめにしよう

祭りの時は早く引き上げた方が吉となる・・・ナンノコッチャ・・・撤収です終了

こんな事になんだったらヒロで少し飲めば良かった

住所:東京都葛飾区立石1-6-1

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-17(Mon)

札幌「クロスヴォールト(CROSS VAULT) 」(バー)

北海道観光を終え最後の〆はここ京王プラザホテル1階のバーになります

MAIN BAR(メインバー)と書かれていますがサブのバーはあるのでしょうか

バー「クロスヴォールト(CROSS VAULT)」です

『荒夜の酒場ハンター』札幌「クロスヴォールト(CROSS VAULT)」編
平成24年8月28日の様子

(札幌 クロスヴォールト(CROSS VAULT))20120828-4-04.jpg

店内は入口入って左側がカウンターで15席ほどかな入口入って右側はテーブル席が5つほどだったかな

店員は30代~40代頃の男性が3人

20120828-4-02.jpg20120828-4-03.jpg

テーブル席では8人ほどの団体さんが2次会ようでいますよ・・・領収書で飲んでいるんだろうな

チャージ(700円)
20120828-4-06.jpg

まあ、簡単なお通しといったところですね

明細書にはTABLE CHARGEと書かれています

ギムレット(1100円)
20120828-4-05.jpg

ジンベースで何か振りモノをショートでお願いしましたよ

葡萄を使ったギムレットをシェーカーを振って作ってくれました

飲むとキリリとしたのど越しで軽い果実の味とともにスッキリしておいしいですよ

明細書にはSPECIAL COCKTAILと書かれています

タリスカー10年(1600円)
20120828-4-07.jpg20120828-4-08.jpg

グラスに丸氷を入れ氷をミネラルウォーターで丁寧に洗いお酒を注ぎ出されましたよ

バーテンさんメジャーを使わずにボトルから直接グラスにウイスキーを注いでいますよ

スコットランドのスカイ島なる島で蒸留された癖のあるお酒でパンチもあり香りも強いですね

明細書にはSCOTH WHISKY HIGHと書かれています

カクテルはそれなりの値段でしたがスコッチウイスキーは路面店よりかなり高いですね

これで3泊4日の北海道旅行も終わり帰りは千歳空港で「かま栄」の蒲鉾?をばら売りしてところで買いましたよ

イートインコーナーという訳でもなく椅子が並んでいる休憩所のような場所でムシャムシャと食べました

長いようで短い夏休みだった

住所:北海道札幌市中央区北五条西7

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-16(Sun)

札幌「鳥源 札幌店」(焼鳥)

軽く札幌のラーメンを食べ飲みに行きますが順番おかしいですね

札幌駅西通り北口から歩いて2,3分かな

北海道大学のクラーク像の近くになるようですが像は見なかったですね

焼鳥「鳥源 札幌店」です

『荒夜の酒場ハンター』札幌「鳥源 札幌店」編
平成24年8月28日の様子

(札幌 鳥源 札幌店)

店内は入口入って左側に焼き台と厨房、厨房沿いにL字型のカウンター、テーブル席も数個あり奥には広い座敷もあります

店員は焼き台に品川庄司の「ミキティ~」の方に似ている20代頃の男性、調理は60頃の女性、接客が2人の女性

お飲み物
20120828-3-03.jpg

おしながき                                 本日のおすすめ
20120828-3-02.jpg20120828-3-10.jpg

レモンサワー(420円)
20120828-3-04.jpg

色々と店内を見る限りメニューは上記に掲載した写真だったか・・・その割りには酒類が高いかな

お通し(値段?)
20120828-3-05.jpg

焼物を注文して待っている間は浅漬けを食べながら待ちましょう

鳥串(1本137円)
20120828-3-06.jpg

こちらのお店はこの鳥串とかけそばが名物というかウリのようですよ

来るお客さんの殆どというより全ての方が5本以上注文しており良くわからず3本注文で少し恥ずかしいですよ

焼鳥のお皿もたぶん5本~位の注文が多いのでしょうか大き目のサイズで3本ではスカスカですね

良く考えてみると焼鳥がウリと言う事もさることながら他に頼むモノが余りないがな・・・失礼

3本しか注文していないから単なる鳥肉と玉ネギのねぎ間のみでしたが10本位注文するとキンカン等の違うネタも入るようですよ

酒を飲んでいて新しく入って来たサラリーマンのお客さんは鳥串2本を注文しており・・・なぜかホッとしました

ちなみにこの鳥串は塩焼きオンリーと言うなんとも味けないというか柔軟性のなさというか拘りがあるというか良くわかりませんね

自家製ソーセージ(420円)
20120828-3-07.jpg20120828-3-08.jpg

細長いヤツが2本と使っている肉質が良いからこの値段なのか既製品とは違う事はわかったが余り良さは感じられなかった

比較的普通のウインナーですね

天然水割りウイスキー(714円)
20120828-3-09.jpg

ここでまたニッカのひげのおじさんと飲む事になりましたね

ウイスキーを飲んでいると厨房で鳥さしみをさばいている様子が見えました

御刺身をしばらくの間休止させて頂きますと貼紙があったが魚の刺身はヤッテいないという事かと思い注文してみます

「すいません。ないんです」とか言っていましたよ

厨房で鳥肉をさばいて皿に盛っている様子が見えたが鳥さしみではなかったのか・・・

あげ焼(値段?)
20120828-3-11.jpg20120828-3-12.jpg

油揚げの中に長ねぎを入れて焼いておりこれも普通

後から常連さんらしきお客さん来て鳥さしを注文していましたがシッカリ通っていますね

常連さんを大切にするお店の対応は勝手だが・・・この状況で酒を飲む客の気持にもなって欲しい

住所:北海道札幌市北区北九条西4丁目7-4

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-15(Sat)

札幌「爐」(ラーメン)

札幌でまだラーメン食べていない事に気づき少し探してみます

「札幌ら~めん共和国」行って各店の様子を伺ってから決めようかと思ったが・・・

何やら変わったラーメンがありそれなりに良さそうな店が見つかりました

JR札幌駅から3,4分ほど歩きます

というよりも宿泊している京王プラザホテルの向かいにある札幌センタービルの地下1階です

ラーメン「爐」です

『荒夜の酒場ハンター』札幌「爐」編
平成24年8月28日の様子

(札幌 爐)

店内は入口入るとテーブル席が数個あり奥には厨房と厨房沿いにカウンターがあります

店員は50代頃の女性が1人で接客、調理等全て対応しラーメンを食べ終わる頃に同年代頃の店主と思しき男性が現れた

20120828-2-02.jpg

ビール中瓶(600円) 
20120828-2-03.jpg

柿の種が邪魔で見にくいですが北海道限定生ビールと書いていますよ

北海道限定と書いているが逆に限定で東京にも普通に出回っていますね

生ビール?えっ瓶ビールでも別に生ビールになるということか

スペシャルらーめん(1050円)
20120828-2-06.jpg20120828-2-07.jpg

北海道特産、いか・つぶ貝・ほたて貝其の他いろり吟製、スペシャルらーめんと貼紙に書かれています

見た印象ではスープが黒い点が大井町「永楽」のラーメンに少し似ていますね

簡単に比較は出来ないがこちらはホタテ等の魚介類が入り卵はないですね・・・一番の違いはやはり値段かと

スープは中まで黒くブラックラーメンですよ

餃子(520円)
20120828-2-08.jpg20120828-2-09.jpg

味は普通で餃子が7個はあるが少し高いですね

中途半端な時間に行った事もあるでしょうが店主らしき方が後から現れるというのはどうなんだろうか

住所:北海道札幌市中央区北五条西6

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-14(Fri)

二十四軒「海鮮食堂 北のグルメ亭」(海鮮料理)

北海道三日目にしてこのプランの基本の朝食を食べに札幌市中央卸売・場外市場へ行きます

ホテル8時30分発の「北のグルメ」の小型バスに乗って15分ほどしたかな

近くにある他のホテルのお客さんも乗せて観光客の誘致に熱心ですね

「北のグルメ亭」に駅で一番近いのは札幌市営東西線二十四軒駅になります

海鮮料理「北のグルメ亭」です

『荒夜の酒場ハンター』二十四軒「北のグルメ亭」編
平成24年8月28日の様子

(二十四軒 海鮮食堂 北のグルメ亭)

お店自体はこの辺りの市場に良くある魚介類のお土産屋が「北のグルメ」で奥に行くと食事処「北のグルメ亭」があります

蟹                                     魚貝類
20120828-1-04.jpg20120828-1-05.jpg

20120828-1-02.jpg20120828-1-03.jpg

店内は大小テーブル席が様々で、バリアフリーにも配慮されているようです

店員は厨房には50~60代頃の男性、接客は20~30代頃の女性です

朝食の基本メニュー
20120828-1-06.jpg

これが基本のメニューで差額を出せば以下のメニューがいただけるが少し悩むな

良く店内を見ていると電子マネーも使えるようだ・・・楽天Edyという

しかし、いつからEdyに楽天の冠が付くようになったのかな

ANAのEdyカードを持っているから使って豪勢な朝食にしてしまうか・・・意味がないか既定の朝食を味わおう

20120828-1-07.jpg20120828-1-08.jpg

①かに・鮭・いくら丼
20120828-1-09.jpg20120828-1-10.jpg

このメニューは【毛がに・たらば・鮭フレイク・いくら】と書かれていますよ

小鉢と味噌汁が付いています

食べた感じはいくらが口に入れた食感が良く美味で蟹は少しパサ付いていてイマイチ鮭はフレイクなんでそれなり

味噌汁は良く出汁が出て良く、小鉢も生の海苔のようでサッパリして全体として思っていたよりは全然良かった

20120828-1-11.jpg

海苔の佃煮かと思ったが生っぽく店内で海苔アワビかな試食サービスをしながら売っていましたよ

これにはさすがにアワビは入っていないようですね

20120828-1-12.jpg20120828-1-13.jpg

味噌汁の具は殻の形状から言って花咲ガニかな

食事を終え「北のグルメ」の魚貝類を見たりしていたが押し付けがましい売り込みもなく良い印象のお店でしたよ

住所:北海道札幌市中央区北十一条西22

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-13(Thu)

すすきの「福鳥 南三条店」(焼鳥)

小樽で寿司を食べホテルに帰るとトイレの水漏れは修理しましたと伝えられホッと安堵し少し飲む気になりましたよ

少し良くわかりませんがすすきの辺りへと足が向かっていました

札幌市営南北線すすきの駅から2分ほど歩きます

焼鳥「福鳥 南三条店」です

『荒夜の酒場ハンター』すすきの「福鳥 南三条店」編
平成24年8月27日の様子

(すすきの 福鳥 南三条店)20120827-4-02.jpg

ニッカウヰスキーのひげのおじさんこの画を見ると札幌というかすすきのに来たのかと思いますよ

店内は厨房を囲んだL字型のカウンターで20席ほどあるかな大きいですねテーブル席が4つほどあったか

店員は焼き台に30代頃の男性、調理に40代頃の男性、接客は20代頃の女性

メニュー                                  メニュー
20120827-4-03.jpg20120827-4-04.jpg

メニュー
20120827-4-05.jpg

暖簾に焼鳥専門と書いていますが牛、豚、鳥と揃っている点が北海道らしいか

ビール(580円)
20120827-4-06.jpg

女の子の店員さんにおススメを聞き豚を注文する

豚(480円)
20120827-4-07.jpg

焼き方はおまかせにしましたよ

こちらのお店も昨日行った居酒屋「しじみちゃん」と同様でタレがジュレ風なんですね

タレの味もまあ普通においしく・・・これで480円かと豚バラ2.5本分てところですかね

チューハイ グレープフルーツ(350円)
20120827-4-08.jpg

やっと氷彩サワーから免れてチューハイと書かれている以上流石に焼酎だよな・・・作っている様子見てなかった

牛さがり(国産)(480円)
20120827-4-09.jpg

塩、タレ、山葵醤油があり山葵醤油にしました

さがりという表現は関西方面と思っていましたがこちらでも使われているんですね

お漬物 ナスとキュウリ(320円)
20120827-4-10.jpg

普通においしいお新香でいいですね

店の様子は昔ながらの焼鳥屋さんと言う感じでいい雰囲気でしたよ

住所:北海道札幌市中央区南三条西2

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-12(Wed)

小樽「魚真」(寿司)

小樽で観光を終えどこで夜食をたべるか考えつつ少し探してみます

小樽と言えば寿司屋通りで沢山並んでいてどこが良いかわかりませんよ

結局、評判が良さそうで値段等との折り合いを考えた場合ここかなというお店にしました

本当は行きたいお店がありましたがもうなくなってしまっていたのです

小樽駅から中央通りを直進し4,5分歩くと右手にローソンがあり右折し2分程歩きます

JR函館本線小樽駅から8分ほど歩きます

寿司屋「魚真」です

『荒夜の酒場ハンター』小樽「魚真」編
平成24年8月27日の様子

(小樽 魚真)20120827-3-02.jpg

店内は入口入るとテーブル席が4つほど、奥に入って寿司屋特有のカウンター席、さらに奥には座敷もあるようです

席数等は多きくて良くわかりません

店員は寿司カウンター内に30代~60代頃の職人さんが4人程いたかな、接客はオバチャンが何人かはいた

暖簾
20120827-3-03.jpg20120827-3-04.jpg

お品書き                                  お品書き
20120827-3-09.jpg20120827-3-10.jpg

氷彩サワー                                 醤油
20120827-3-08.jpg20120827-3-11.jpg

おっと、ここにも氷彩サワーがありますよ

店員さんはプラスチックの容器が寿司用で陶器の土瓶に入っている方が焼き魚等用とか言っていたな

小樽ビール(650円)
20120827-3-06.jpg20120827-3-07.jpg

330mlで650円とは・・・余り貧乏人根性を出してはいけませんね

製造者を見るとなぜか怪しい名前が「アレフ」当然何の関係もないでしょうが・・・

それより賞味期限を見ると1カ月切れなんだなこれが・・・と思っていると小樽ビールは製造後4週間と短いようですね

お通し(値段?)
20120827-3-05.jpg

子持ちの海老入っていてツマミにいいですよ

銀だら(700円)
20120827-3-12.jpg20120827-3-13.jpg

焼き物のオススメをオバチャンに聞くとタレが自家製でどうのこうのと言っていたこの品を注文しましたよ

これはまあ普通の銀だらかなこれだったら魚三の方が・・・そんな事を言ってはいけませんね

魚真焼(イモ・うに・チーズ入り)(小)(450円)
20120827-3-14.jpg

この値段でこの量は半端ないですね

うにはともかくイモとチーズとコンビーフを合わせて焼いたらもう問題ないですね

お寿司 特上(10カン)(1800円)
20120827-3-15.jpg

おまけも付いて手頃でおいしい寿司ですよ

この値段でカニ、いいウニが入っているのはさすがに北海道ですね

どびんむし
20120827-3-16.jpg20120827-3-17.jpg

汁物メニューにもあるがこれはお寿司の特上に付いている品です

椎茸、海老等が入っていて優しい味でしたよ

梅サワー(450円)
20120827-3-18.jpg

やはりここも氷彩サワーでした・・・東京では余り見なくなったのですが

食べ物はある程度は認識していましたがお酒までは意識していなかった

小樽ビールときたので小樽ワインでも良かったかな

酢の物 ほや(400円)
20120827-3-19.jpg

梅サワー(450円)
20120827-3-20.jpg

これ飲み過ぎには注意ですよ

ガリ
20120827-3-21.jpg

最後にサッパリとガリで〆ました

場所は中途半端だが寿司屋という事ではなく居酒屋風でもありお酒の種類もそれなりに豊富で良いですね

安くて量もありおいしいお店でしたよ

住所:北海道小樽市稲穂2-5-11

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-11(Tue)

小樽「LeTAO PATHOS(ルタオ パトス)」(カフェ)

JR函館本線快速エアポートで札幌駅から小樽駅まで来ました

午前中は少し市内を回り軽い昼食を食べました

カフェ「LeTAO PATHOS(ルタオ パトス) 」です

『荒夜の酒場ハンター』小樽「LeTAO PATHOS(ルタオ パトス)」編
平成24年8月27日の様子

(小樽 LeTAO PATHOS(ルタオ パトス))

小樽運河                                  小樽オルゴール堂
20120827-2-03.jpg20120827-2-02.jpg

昼間に見ているとなんて事ない川だがこの場所で観光客の団体が記念撮影をしていますよ

アジア系の団体の観光客が結構いましたよ

20120827-2-05.jpg20120827-2-04.jpg

ここ北海道でも28度もあり湿気も多少あって蒸し暑いですよ

堺町通りでいいのかこの辺りで雨後の筍のように出来たLeTAO(ルタオ)の PATHOS(パトス)色々あり良くわかりませんね

20120827-2-06.jpg

1階ではパン製造、喫茶店、ショップになっており2階はカフェになりますよ

メニュー                                  メニュー
20120827-2-07.jpg20120827-2-08.jpg

メニュー                                  メニュー
20120827-2-09.jpg20120827-2-10.jpg

メニュー
20120827-2-11.jpg20120827-2-12.jpg

ケーキセット 生チョコロール(840円)
20120827-2-13.jpg

金箔ものって多少豪華な見て呉れというか外見にしていますね

甘さ控え目で良くわかりませんがこの店はこんな感じの味が多いのかなと思いましたよ

飲み物はコーヒー、紅茶、オレンジジュースからオレンジジュースを選択したがその写真を撮り忘れました

20120827-2-14.jpg

良く考えてみればこのお店はドゥーブルプレートが人気というかウリなんですね

住所:北海道小樽市堺町5-22

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-10(Mon)

札幌「グラスシーズンズ (GLASS SEASONS)」(バイキング)

昨夜は札幌の初日で軽く飲みユックリと寝ていたといきたかったが・・・

部屋のトイレの水漏れが23時頃から翌3時頃まで絶え間なく続き数時間眠れない状態があり気が付いたら寝ていた

こんな事になるのであればもっと酒を飲んでおけば楽に熟睡できたろうにと思ったがしょうがない

朝になりフロントにトイレの水漏れを連絡し調べてもらう事になった

この旅行は楽天トラベルのANA楽パックで3泊朝食付きを予約した

宿泊プランは「【市場で味わう、新鮮!海鮮丼】朝市で旬の魚介に舌鼓♪日本お土産アカデミー賞受賞の≪いくら丼≫は絶品!」

このプランどうやら朝食は札幌市中央卸売・場外市場の「北のグルメ亭」なる食堂で丼ぶりモノを食べる事が通常のようだ

良く調べておけば良かったが朝食を食べる毎にイチイチ小型バスで送迎されるとは・・・

フロントに確認すると朝食の差額は800円支払うと当ホテルで朝食が食べれるようだ

別に目の前にセブン―イレブンもあるし・・・と思ったが食べてみましょう

1階の「グラスシーズンズ (GLASS SEASONS)」か22階の和食「みやま」のどちらかを選択できます

「京王プラザホテル札幌」1階のバイキング「グラスシーズンズ (GLASS SEASONS)」です

『荒夜の酒場ハンター』札幌「グラスシーズンズ (GLASS SEASONS)」編
平成24年8月27日の様子

(札幌 「グラスシーズンズ (GLASS SEASONS))

店内は広く多少ゴージャスな感じでテーブル席が何個あるかわかりません

店員は少し年輩の男性や外国人のお客対応か中国系の女性等様々

パン類                                   ハム類
20120827-1-02.jpg20120827-1-03.jpg

ソーセージ類                                和食類
20120827-1-04.jpg20120827-1-05.jpg

こだわり牛乳
20120827-1-06.jpg20120827-1-07.jpg

ジュース類                                 コーヒー類
20120827-1-08.jpg20120827-1-09.jpg

選ばれし料理
20120827-1-10.jpg

ソーセージ、チーズ系で朝から責めましたよ

牛乳
20120827-1-11.jpg

普通においしい牛乳

カレー
20120827-1-12.jpg

食べてしまったが京王プラザ風カレーとか書かれていたかな

見えるのは野菜ばかりの欧風カレーというヤツか

この朝食【ご宿泊のお客様】は1800円とあり良くある話で元は取れてませんね

差額の800円すらイケてないですね

住所:北海道札幌市中央区北5条西7-2-1京王プラザホテル札幌 1F

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-09(Sun)

札幌「しじみちゃん 札幌西口店」(居酒屋)

気が付いてみると余り飛行機に乗る機会が少ないわりには飛行機の写真を撮っていないですね

当然、写真も撮る事が少ないから撮ってもいいのだが・・・興味がないということか

出発ロビーで待ちながら飛行機を見ていると機体には「ポケモン」のアニメが・・・

乗ったのはこの便だったかイヤこの仕様の飛行機は指定になっているだろうからそんな指定はした記憶がないな

ついでに思ったのは「JAL(日本航空)」の存在で少し前まで経営破綻で騒がれていたが今や当然のように世界を飛び回っている

倒産したのだからリセットしてしまった方がわかりやすく良いような気もするし紛らわしい

リセットするするしないはどちらが心理なんだろうか?

羽田空港から「ANA(全日空)」の便で千歳空港まで来ましたが予定より15分ほど遅れました

空港内を少し見てみるとかなり大きく色々なショップが並んでいますね

「ROYCE’(ロイズ)」や「LeTAO(ルタオ)」とか人気の商品が良く置いています

「じゃがポックル」は1人5個までなんて貼紙があり、そんなに人気があるかと思い北海道限定品と言う事で帰りには5個買うか

取り急ぎ快速エアポートで札幌まで行きますよ

札幌駅に着きこちらで宿泊する「京王プラザホテル札幌」に行きチャックインをします

駅から歩いて5分程度でしょうかこちら札幌はカラッとしているものだと思っていたら結構蒸し暑いですね

部屋で少し休みながら「食べログ」で飲み屋を検索し夜になり飲みに行きます

JR千歳線札幌駅西口から3、4分ほど歩きます

居酒屋「しじみちゃん 札幌西口店」です

『荒夜の酒場ハンター』札幌「しじみちゃん」編
平成24年8月26日の様子

(札幌 しじみちゃん 札幌西口店)(札幌 しじみちゃん 札幌西口店)

初日ということもあり?近場で妥協してしまいました

宿泊している「京王プラザホテル札幌」からは1分ほどで便利ですよ

(札幌 しじみちゃん 札幌西口店)

ドリンクメニュー                              フードメニュー
20120826-2-02.jpg20120826-2-03.jpg

メニューの色、照明や座る場所によって光って見えない部分や影になる部分もあり少し改善していかないとダメですね

フードメニュー                               フードメニュー
20120826-2-04.jpg20120826-2-05.jpg

フードメニュー
20120826-2-06.jpg

氷彩サワー巨峰(450円)
20120826-2-07.jpg

ここは札幌と言う事もあるのか氷彩サワー少し高めの値段になっていますね

お通し(値段?)
20120826-2-08.jpg

写真ではわかりにくいかもしれませんが鳥肉の照り煮かあんかけのようなモノで一切れが大きかったですよ

鰊切り込み(380円)
20120826-2-09.jpg

この品は店員さんに聞いて見ると北海道の名物だそうで鰊を麹で漬けた一品だそうです

鰊は別にいいが麹は特に好んで食べるほどではと思っていたがおいしかった

生ビールクラシック・中ジョッキー(450円)
20120826-2-10.jpg

考えてみればここは札幌だったと思い改めて?ビールに変更

ラーメン?サラダ?(S)(580円)
20120826-2-11.jpg20120826-2-12.jpg

店員さんはこれもゴマダレになっていて名物とか言っていたがサスガにこれは東京の居酒屋でも別にありそう

氷彩サワー梅(450円)
20120826-2-13.jpg

ビールを飲んでまたサワーに戻します

ホワイトブランデーを使っているこのサワー飲みやすくて気が付くと悪酔いイヤかなり酔ってしまった経験がある

最近は宝焼酎や金宮焼酎のサワーやハイボール系が多く居酒屋では少なくなってきたかな

このところハイボール人気でウイスキーが飲まれるようになり次はブランデー辺りに来るかな

秋刀魚塩焼き(300円)
20120826-2-14.jpg

北海道でもこの時期では安いか、しかし食べるにはまだ少し早いかな

自家製ポテトフライ(400円)
20120826-2-15.jpg

食べてみると自家製と書かれているだけあって少しオリジナルっぽい味がしたかな

鳥串、レバー串(各2本300円)
20120826-2-16.jpg

店員さんにタレがオススメと言われタレにしました

出てきた焼鳥を見てトロミのあるタレというか煮こごりのよう?イヤなんだジュレかなというビジュアル

こんなにプルンプルンなタレも余り見た事ないな北海道特有だろうか

タレの味はどうかだが別に普通のタレですね

住所:北海道札幌市北区北六条西6-1-4

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-08(Sat)

羽田空港第2ビル「譚料理長の広東家菜」(中華料理)

羽田空港第2ビルで昼飯を食べました

BIG BIRDの第2旅客ターミナルビル3F ターミナルロビーになるようです

たまには飛行機でも見てと思い・・・ではなくこれから北海道へ行きますよ

ANA(全日空)13時の便で千歳空港まで行きその後は札幌に行き滞在します

北海道で食べる店の様子などはこのブログで紹介したいと思いますが行動に若干の自由度がないからどうなるかわかりませんね

出発前の食事はこのお店にしましたよ

『荒夜の酒場ハンター』羽田空港第2ビル「広東家菜」編
平成24年8月26日の様子

(羽田空港第2ビル 広東家菜)20120826-1-02.jpg

店内は入口入って右側と左側にそれぞれテーブル席があり各20席ほどのスペースがあり入口中央裏が厨房になるようだ

店員は厨房は見えず不明、仕切りの接客はマネージャー風な40代頃の男性、料理提供等の接客に20代頃の中国系の20代頃の男女

20120826-1-03.jpg20120826-1-04.jpg

事前に何も調査していなかった為、広くて良くわかりませんね

取りあえず空いているいるお店(失礼)で適当に決めました

昔、テレビに良く出ていた「赤坂璃宮」譚総料理長の写真がありますね

ビルの中央側の店は混んでいたりそれなりの賑わいがあります

譚総料理長のブランドはあるがこの店の場合は少し外れにありそれなりの時間ですが空いていますね

坦々麺(1200円)
20120826-1-06.jpg

横からの写真も撮ってみましたよ

上から                                   麺
20120826-1-07.jpg20120826-1-08.jpg

スープを少し飲んでみると濃厚な感じで池袋「四川飯店」で食べた坦々麺より個人的には好きでいいですね

点心系も注文すれば良かったかと思いつつ麺だけで1200円となるとこれから遊びに行くのにそこまで出来ませんね

スープは酸っぱさや辛さは余りなくこの細い麺と合っており結構イケますね


20120826-1-09.jpg

コップの水を飲み干すも店員さんは気が付かずそのままでした

おいしい坦々麺でしたよ

それなりのモノを食べる訳だからやむを得ないとはいえ場所を考えると料理の提供までの時間が少しかかるかなと

住所:東京都大田区羽田空港3-4-2

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-07(Fri)

横須賀中央「中央酒場」(居酒屋)

横須賀中央に来ました

余り飲みに来る場所でもないから少し探索してみます

京急電鉄の横須賀中央駅が高架にある駅といえばいいのか2階にあります

駅前正面のエスカレーターで1階?地上?に降りて少し散歩ですよ

左側の少し細い路地を歩くと大衆酒場「亀松」があり『24時間オープン』だったか『24時間営業中』か書かれていますよ

さすがに「CoCo壱番屋」には地元のよこすか海軍カレーの文字がありますね・・・ココイチは名古屋ですけど

創業昭和3年元祖フランスパンと書かれた老舗のパン屋さん「ヨコスカベーカリー」もありますね

色々と考慮?し「亀松」の3軒ほど先のこのお店にしましたよ

京急電鉄京急本線横須賀中央駅から歩いて1、2分ですね

居酒屋「中央酒場」です

『荒夜の酒場ハンター』横須賀中央「中央酒場」編
平成24年8月25日の様子

(横須賀中央 中央酒場)

店内は入口入って左側にL字型のカウンターで20人ほど座れるかな大きく右側にはテーブル席が4つほど

店員はテーブル席にポツンと1人座っている店主と思しき60代頃の男性、調理や接客はほぼ女性で20代、30代等様々

20120825-1-02.jpg

ホッピー(450円)
20120825-1-03.jpg20120825-1-04.jpg

黒ホッピーもありますよ

ここのホッピーは氷なしのようですね・・・隣のお客さんは氷入りで飲んでいますよ

ぬた(450円)
20120825-1-05.jpg20120825-1-06.jpg

少しかき混ぜてみるとわかめが多めのぬたのようですね

味噌もいい味でマグロもいい色で美味ですね

レモンハイ(400円)
20120825-1-07.jpg

普通のレモンハイですね

海軍カレーカツ(700円)
20120825-1-08.jpg20120825-1-09.jpg

裏メニューになるようで店内の壁に書かれているお品書にはよーく探してみましたがないようですね

御飯がないのは飲んでいるから別に構わないが気になるのは値段でこの値段で御飯付きも多いんだがな

カツは若干の気持ちだけ多少大きいかという気がしますが・・・

そんなに横須賀海軍カレーのブランドが高いとは思わないが付加価値というかどうなんでしょう

味自体はピリッとした辛さがいいですね

このカレー良く見ると肉や野菜が良く煮込まれているのか見えません・・・横須賀海軍カレーの特長になるのか

カレーの辛さも手伝ってお酒も進んでいい気分になってきましたよ

レモンハイ(400円)
20120825-1-10.jpg

御計算書
20120825-1-11.jpg

少しですが飲んだり食べたりしましたがこのお店は相対的に料金が少し高めかと・・・この場所も関係あるのかな?

住所:神奈川県横須賀市若松町2-7

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-06(Thu)

神田「みますや」(居酒屋)

神田に来ました
JR山手線神田駅から6、7分ほど歩きます

東京メトロ丸の内線淡路町駅や都営新宿線小川町駅の方が近いようですが神田としました

居酒屋「みますや」です

『荒夜の酒場ハンター』神田「みますや」編
平成24年8月23日の様子

(神田 みますや)20120823-1-02.jpg

店内はテーブル席、座敷もあり思ったより広くテーブル数等良くわかりません・・・カウンターはなかったかな

というより真面目に店内の様子は見ていなかったですね・・・一番奥には厨房があります

店員はレジデスクと言えばいいのかその椅子には店主と思しき60代頃の男性が座っています

接客は東南アジア系の20代~30代の女性が数人、厨房には50代~60代頃の男性

お品書                                   お品書
20120823-1-03.jpg20120823-1-04.jpg

メニューにもしっかりと神田みますやと書かれていますね・・・神田でOK!!OK!!

お品書                                   お品書
20120823-1-05.jpg20120823-1-06.jpg

お品書                                   お品書
20120823-1-07.jpg20120823-1-08.jpg

お品書                                   お品書
20120823-1-09.jpg20120823-1-10.jpg

お品書                                   お品書
20120823-1-11.jpg20120823-1-12.jpg

お品書                                   お品書
20120823-1-13.jpg20120823-1-14.jpg

お品書
20120823-1-15.jpg

ある程度撮っていたつもりですが注文した品とかの歯抜けがありますね

やはり全部撮ってやるという腹積もりがない事がこの結果として表れてしまいイカンですね

少しオーバーですかね・・・何枚か載せればといい思って撮影していると重要な部分が漏れてしまう

お通し(値段?)
20120823-1-16.jpg

ビール(アサヒスーパードライ)(600円)
20120823-1-17.jpg

柳川なべ(800円)
20120823-1-18.jpg20120823-1-19.jpg

店員さんに料理とともに卓上の山椒を供されます

卵、牛蒡と一緒にグツグツと煮ており少し味は薄目ですね

駒形どじょうだと味と調理法とか随分違いがあるのかな

20120823-1-20.jpg20120823-1-21.jpg

どじょうがキチンと捌かれていて食べやすいですね・・・どぜう丸煮なる品もありますが少しグロそうで敬遠しました

暖簾にどぜうと書かれているからこちらの一品を食べてこそなんでしょうかね

季節のぬた(400円)
20120823-1-22.jpg20120823-1-23.jpg

マグロがいい色でトロケますね・・・野菜はネギだったかな

ぬたは多くの居酒屋さんで魚介類が入っている場合がありこれを食べると店の海鮮の良し悪しも安価でわかりやすいですね

ウメ酎?(350円)
20120823-1-24.jpg

ウメ酎だと思ったが失念・・・いずれにしても350円のサワー系を飲みました

少し離れた斜め向かいに座っているお客さん生ビールを飲みながら肉豆腐に御飯を食べています

良く見ているとお通しがいつのまにか中落ちorネギトロかなに細く切られた山芋も少しのっているモノに変わっていますよ

こちらは単なるもずく酢ですよ・・・そんなこと言ってはいけませんね

他のお客さんのお通しが見えてしまうと同じモノでは問題ないが当たり外れもありますね

というよりこのお客さんお通しを食べずに生ビール一杯と肉豆腐、御飯を食べてお会計して帰っちゃいましたよ

これってアリか・・・まあいわゆる極度の魚アレルギーということで

骨付ふぐビール揚(800円)
20120823-1-26.jpg20120823-1-27.jpg

少し変わった料理が目に付き注文してみました

ビール揚ということでしたが最初に珍しくビールを飲んで味が被ったのかな普通の天ぷらかと・・・

谺(こだま)(300円)
20120823-1-28.jpg

燗酒を飲んでみましょう・・・というより単純に値段が目に付いて何となく注文

お銚子にもかんだみますやと書かれておりバッチリ問題なしですよ

この暑い中でそれなりに飲みやすいお酒でした

店内はいかにも古い作りの飲み屋と言う感じで・・・てかまんまと言う事でしょうね

雰囲気のある飲み屋さんでした

住所:東京都千代田区神田司町2-15-2

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-05(Wed)

桜木町「福田フライ」(立ち飲み)

「宮川橋もつ肉店」でおいしい肉を食べもう1軒ほど飲みに行きます

桜木町駅から少し歩いてきたから駅に戻りましょう

こちらはもう住所は野毛になりますね

桜木町駅から見ても野毛へ行く地下連絡道の出口からも近いですよ

立ち飲み「福田フライ」です

『荒夜の酒場ハンター』桜木町「福田フライ」編
平成24年8月22日の様子

(桜木町 福田フライ)

店内は入口の扉等はなくオープンエアーな外観で入口左側にフライヤー、厨房で入口右側が立ち飲み場です

店員はフライヤーに70代以上の店主と思われる女性と30代頃の男性

メニュー                                  メニュー
20120822-2-03.jpg20120822-2-04.jpg

立ち飲みで料金前払い制のお店が多いようですがこのお店は後払い制になります

注文毎に店員さんが伝票?にペンで手書きしてますよ

チューハイ(400円)
20120822-2-02.jpg

特に濃いわけでもなく普通のチューハイですね

男性の店員さんは飲み物や魚類の調理で忙しそうでおかあさんの近くのお客さんの伝票管理が気になっているようです

かぼちゃ、砂ギモ(各140円)                       あさり(140円)
20120822-2-05.jpg20120822-2-06.jpg

あさりも注文しましたがかぼちゃと砂ギモが出てきましたよ・・・ちなみに辛いソースでお願いしました

辛いソースと普通のソースがあるようなので辛いのにしましたよ

食べてみるとソースと言うより醤油ベースでニンニク、唐辛子が良く効いたソース?ですよ

店主と思われるおかあさんは「耳が遠くて」と言いながらあさりも注文したのですが・・・あさりは後から揚げてくれました

きゅうり(150円)
20120822-2-07.jpg

フライを黙々と揚げているおかあさんは隣のお客さんと少し話していましたが「一番下の子供」と言っていました

こちらの男性店員さんは年が離れているようだが親子なんですね

男性店員さんかなり伝票管理について言っていたのでどうかなとも思ったのですが親子であれば頷けるような会話でした

チューハイ(400円)
20120822-2-08.jpg

息子さんは伝票管理についてまだテンパッテいるようでおかあさんと話しているようです

念の為、飲んだモノや食べたモノ全て申告しておきました

息子さんは「ありがとうございます」と言っていましたよ

サンマ刺(500円)
20120822-2-09.jpg

サンマ刺の上にある小皿は肝醤油で少しショッパイ味でしたよ

今の時期にしてはこの値段は安いと思いつつ肉ばかり食べてきたからおいしい魚でした

チューハイ(400円)
20120822-2-10.jpg

ポテト(90円)、げそ(140円)
20120822-2-11.jpg

なかなかに和やかな雰囲気で飲めたが立ち飲みのわりには飲み物、料理の値段は少し高めかな

住所:神奈川県横浜市中区野毛町2-71

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-04(Tue)

桜木町「宮川橋もつ肉店」(立ち飲み)

桜木町に来ました
JR根岸線桜木町駅から5,6分ほど歩きます

京急線日ノ出町駅と桜木町の真ん中辺りになりますが地図で見ると微妙に桜木町駅の方が近いようです

桜木町の方が駅として大きく日ノ出町駅の方が小さいから感覚的には日ノ出町駅からの歩いた方が近く感じるかもしれません

立ち飲み「宮川橋もつ肉店」です

『荒夜の酒場ハンター』桜木町「宮川橋もつ肉店」編
平成24年8月22日の様子

(桜木町 宮川橋もつ肉店)

店内は入口入って左側に焼き台と厨房入口入って右側は基本立ち飲みで立ち飲み用の少し高目のテーブルが並んでいます

店員は焼き台に30代頃の男性、レジには20代頃の男性、接客には20代頃の女性

ドリンクメニュー                              フードメニュー
20120822-1-02.jpg20120822-1-03.jpg

過大な大声禁止のようですね

フードメニュー                               フードメニュー
20120822-1-04.jpg20120822-1-05.jpg

メニュー                                  貼紙
20120822-1-07.jpg20120822-1-06.jpg

イスは一脚100円で座り飲みもOKのようです

レジで飲み物、ツマミを注文し前金で代金を支払い飲み物は自分で持って行きツマミは後から出来次第店員さんに供されます

レジ担当の方は結構見た目は厳つそうですがまだ慣れていないようです

ポテトサラダを注文するも値段がわからないようでメモ書きのようなモノを見ながらレジを打っていました

レジ担当の店員さんはお客が注文すると〇〇さん焼き物ネタや刺し等と毎回〇〇さんカシラ1本タレでとか言っていた

ホッピー~(360円)
20120822-1-08.jpg

~の意味が良くわかりませんがセットという事かな

店員さんに「氷を入れますか」と聞かれ「ハイ」と答えます

氷なしの場合はシャリキンで氷入りの場合はシャリキンに角氷が4つほど入ります

ポテトサラダ(300円)
20120822-1-10.jpg

貼紙に父の味書かれているがどのような意味だろうか

このマヨネーズ、黒胡椒、カリカリベーコンがいいですね

ナンコツ(100円)                            カシラ(100円)
20120822-1-09.jpg20120822-1-11.jpg

ナンコツは塩で焼いてもらい食べてみると普通のナンコツでしたよ

慌てて少し食べてしまったカシラはみそで焼いてもらいましたよ

味噌焼の中では比較的サッパリしている方でこれは好きですね

リブ芯(300円)
20120822-1-12.jpg20120822-1-13.jpg

このご時世かどうかはわかりませんが良く焼かれていますね

芯の辺りはもっとレアで赤っぽいと思っていたが芯まで良く火を通していますね

空き瓶入れ
20120822-1-14.jpg

ホッピーを飲み終え次の飲物を注文しにレジへ行きホッピーの瓶をビール瓶のケースへ入れます

チューハイ(中)(360円)
20120822-1-15.jpg

牛レア―(300円)
20120822-1-16.jpg

貼紙に旧牛刺、炙り、ローストと書かれていますよ

「保健所の人が充分加熱して下さいと言っていました」とも書かれている一品です

そろばん(150円)
20120822-1-17.jpg

タレで焼いてもらいとりの首肉のようでおいしいですね値段は少し高めになるが

お役所の規制で少し料理も変更しなければいけないようだがこの辺りではおいしいモツが食べれるいいお店です

住所:神奈川県横浜市中区宮川町1-4

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-03(Mon)

板橋区役所前「おやまだ」(お晩菜・ふぐ)

板橋区役所前に来ました
都営三田線板橋区役所前駅から2、3分ほど歩きます

仲宿商店街にありここは旧中山道になるようです

そういえば「ときわ食堂」の記事を書いた時この辺りまでまた来るとは思わず大山駅としましたが・・・

やはり地図上で見ても「ときわ食堂」は板橋区役所前駅ですね

お晩菜・ふぐ「おやまだ」です

『荒夜の酒場ハンター』板橋区役所前「おやまだ」編
平成24年8月21日の様子

(板橋区役所前 おやまだ)20120821-2-02.jpg

店内は入口入って右側に厨房と厨房沿いにカウンターがあり7席ほど入口左側はテーブル席が2つほど

店員は店主と思しき30代頃の男性と20代頃の男性

おのみもの
20120821-2-03.jpg20120821-2-04.jpg

お晩菜と書いていますがお番菜が多いようなんだが・・・こちらは当て字なんだろうか

たべもの
20120821-2-05.jpg

お晩菜・ふぐのお店だが時期外れという事かふぐ料理はふぐ雑炊しかなかった

しかし、壁にはちゃんとふぐ調理師の免許が飾られていますよ

生ビール(エビス)(530円)
20120821-2-06.jpg

お通し(300円?)
20120821-2-07.jpg

お通しの値段は支払い額から差し引いて計算してみると300円だった

お通しにはお晩菜らしく?かどうかわからんが小海老のボイル・・・程良い量でノンビリ飲めますね

活〆平目刺身(850円)
20120821-2-08.jpg

エンガワも付いていたが身の方が歯ごたえが良くしっかりしていましたね

チューハイ(420円)
20120821-2-09.jpg

かぼちゃ照煮(300円)
20120821-2-10.jpg

かぼちゃの大学芋風と言えばいいのかホクホクしておいしく値段も手頃

海老団子(800円)
20120821-2-11.jpg20120821-2-12.jpg

海老は良くすり潰しているのかな・・・海老の食感は余り感じられなかった

明るい農村(520円)
20120821-2-13.jpg

店主さんが人当たりが柔らかいからおいしい魚を食べつつノンビリと飲めるかな

住所:東京都板橋区仲宿44-3

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-02(Sun)

池袋「蒙古タンメン中本」(ラーメン)

池袋で昼飯を食べました

JR山手線池袋西口駅から歩いて2分くらいでしょうか

真っ赤な看板が見えてきました・・・辛い物好き集まれで有名な蒙古タンメン中本です

『荒夜の酒場ハンター』池袋「蒙古タンメン中本」編
平成24年8月21日の様子

(池袋 蒙古タンメン中本)20120821-1-02.jpg

店内は2階にあり入口入ると奥に厨房と厨房沿いにL字型のカウンターが16席ほどかな

カウンターは純粋なL字ではなく店員さんが動きやすいようにでしょうか凹んでいる部分もあります

店員は20代~30代頃の元気な接客をしている若者が7人ほどだったかな

カウンター席の後ろにはデカデカと店員さんの写真も貼っています

券売機
20120821-1-03.jpg

メニュー                                  紙エプロン
20120821-1-04.jpg20120821-1-05.jpg

限定
20120821-1-06.jpg

辛さが2倍はこのお店だけやっているようですね

まあヘタレなんで卓上の唐辛子を少しふりかける程度で十分ですよ

卓上調味料                                 唐辛子
20120821-1-07.jpg20120821-1-08.jpg

蒙古タンメン(770円)
20120821-1-09.jpg20120821-1-10.jpg

味噌タンメンに麻婆豆腐がのっているとの事ですが味噌タンメン感がないですね

このような品だろうから文句言ってもしょうがないですね

この辛さ程度で十分かな五目蒙古タンメンは辛さ度が1アップするようだ

名前からして蒙古タンメンに五目がのっているだけだと思ったが辛さも微妙に変えているようです

まあ、いずれにしても北極ラーメンは無理だ

ショウガ、唐辛子
20120821-1-11.jpg

隣のお客さんは半丼、半麺のセットかな蒙古タンメンより真っ赤なブツを一生懸命食べてますよ

このお客さん食べる毎に卓上のティッシュを2枚ほど取り鼻をかんでいますよ

鼻をかむながらも大変だろうに良くそこまでして食べるなあと思いつつ

取りあえずかけた唐辛子の部分を食べ例によってむせながらも食べていましたよ

一年前頃にお店近くの西口公園でチラシを配っている店員さんがいたがこれだけのブランドがありながらこんな事しているか

この辺りは競争が激しくて大変なようですね

住所:東京都豊島区西池袋3-26-6

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-09-01(Sat)

池袋「三福」(やきとん)

「美登利」で寿司を食べもう1軒ほど飲みに行きます

今度は池袋駅西口で駅から歩いて直ぐです

やきとん「三福」です

『荒夜の酒場ハンター』池袋「三福」編
平成24年8月17日の様子

(池袋 三福)20120817-2-02.jpg

店内は入口入って直ぐに縦長なストレートカウンターが20席ほどでその奥にはテーブルもあり、2階もあります

店員は焼き台に板長やまさん、調理の男性、接客の中国系の人等色々

右の写真に板長さんの絵がありましたがクリソツで受けますね

お飲み物
20120817-2-04.jpg20120817-2-03.jpg

おしながきに書かれているやきとんのネタでかしらだけひらがなで他はカタカナなんですね

ボードメニュー                               ボードメニュー
20120817-2-05.jpg20120817-2-06.jpg

ホッピーセット(白)(450円)
20120817-2-07.jpg

ホッピー黒もありますよん

辛味噌
20120817-2-10.jpg20120817-2-11.jpg

これやきとんに付けて食べるとおいしいようですね

やきとんに付いている味噌は比較的ネットリしたタイプが多いようですがこれ緩めというか液体状にち近いですね

ツウのおつまみ                               マルナンコツ、タタキナンコツ(1本120円)
20120817-2-08.jpg20120817-2-09.jpg

ナンコツ、カシラを塩焼で注文すると板長のやまさんがナンコツはマルかタタキか聞いてきました

マル、タタキ、カシラ1本ずつとしましたよ

板長のやまさん結構親切でいい感じの方ですね

2本のそれぞれ違う部位のナンコツに辛味噌をかけて食べるといいですね

かしら(120円)
20120817-2-12.jpg

少し大き目で普通の豚肉の塊のような歯ごたえで京成立石「宇ち多゛(うちだ)」のようなしっかりしたモノとは違いますね

焼き方として塩・タレ・辛味噌があり隣のお客さんは辛味噌で焼いてもらっていますよ

この辛味噌ドップリと浸かっているより塩焼で七味代わりにかけると丁度いいかな・・・まあ、好みの問題

ホッピーなか(260円)
20120817-2-13.jpg

ホッピーセットの値段といいなかの値段といいどうしても近くの酒場「ふくろ」と比べてしまいますね

青柳ぬた(490円)
20120817-2-14.jpg

やきとんもおいしいが魚貝類も豊富でおいしいですよ

串カツ
20120817-2-15.jpg

串カツ(1本)(300円)
20120817-2-16.jpg20120817-2-17.jpg

やきとんと一緒でこれも鉄串でこの店は串物は全てこの串なんでしょうか

貼紙に気を魅かれ注文してみた串カツでしたが普通でした

この店のナンコツは120円でマルとタタキの2バージョン揃えている所がいいですね

あと、辛味噌も

住所:東京都豊島区西池袋1-27-1

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
プロフィール

ジプシー

Author:ジプシー
ウマイ酒、ウマイ物を求め巷の酒場、居酒屋をさまよっています

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

お気に入り
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
荒夜のグルメマップ
荒夜のグルメマップ
来客数
タグ

焼き鳥 やきとん・まるば 新中野 やきとん・だいだら やきとん・いっぽ 金沢 もつ焼宇ち多゛ やきとんだいだら ときわ台 野町 御徒町 ビアホール 新大塚 川口 横浜 かき氷 小倉 中目黒 新宿三丁目 三軒茶屋 ゆる酒場 淡路町 浦野屋やきとんてるてる 有楽町 やきとん・豚燻 浮間舟渡 晩杯屋・大山店 やきとん酒場・マルコ やきとん・だいだら・沼袋店 名古屋 五十鈴川 鶯谷 バル 食安商店 北池袋 日比谷 丸忠かまぼこ店 西小山 駒込 西新宿 西船橋 新今宮 浦野屋やきとんてるてる・鍋横店 キリンとラガーまん 国分寺 国道 成増 大阪・天満 カーサデルヴィアッジャトーレ 赤坂見附 焼鳥日高 南越谷 立ち食い寿司 大阪・天神橋筋六丁目・天満 東向島 神谷町 金沢・野町 立ち飲み日高 大阪・北新地・西梅田 ケンタッキーフライドチキン 大阪・南霞町・動物園前・新今宮 大阪・東梅田 おさかなと タヴェルナ・ウオキン 松阪 東銀座 立呑み・おりはら 茅場町 もつ焼き・おとんば 折尾 小伝馬町 代々木公園 やきとん・赤尾 京都 横浜・石川町 京成大久保 平和通 凪〇 平澤かまぼこ 南阿佐ヶ谷 ラッキーフード 晩杯屋・大塚北口店 恵美須町 ますや 姫路 ホルモン道場 たきおか・2号店 イタリアンバル・UOKIN 大衆酒場・晩杯屋 立ち食いそば 伊勢路 アイスクリーム やきとん豚燻 三河屋酒店 目白 おでん二毛作 中野坂上 新開地 エアポート 小松空港 いたる・香林坊店 ミートブラザーズ 高砂 川端鮮魚店 ジガーバー・セントルイス 黒百合 ちょい吉 333(SASAMI) 近江町 バル・オルガン 大口水産・焼き焼きコーナー 金沢地酒蔵 金沢・ひがし茶屋街 箔一・東山店 焼き物 近江町市場コロッケ本店 もりもり寿司・金沢駅前店 ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ・KANAZAWA 近江町市場寿し 揚げ物 菊一 近畿大学水産研究所・銀座店 おかもと鮮魚店 下関 宮原酒店 高橋酒店(角打) 門司 有次酒店 俺のフレンチ・NINGYOCHO よーじやカフェ 羽田空港第1ビル はる屋 コンフォートホテル小倉 京寿司 吉野家・吉呑み 浪花ひとくち餃子・餃々・赤羽店 樽見 菜々兵衛 米久本店 たぬき 小倉鉄なべ本店 かどまん 天ぷら定食ふじしま 酒房・武蔵 京ばし松輪 仙川 ふくべ 四文屋・椎名町店 まんまる 焼とり・よね田・中野店 北海道厚岸・日本橋本店 小野屋酒店・飲食部 黒豚とんこつ・麺処・金田家 さくら水産 ギョバー・茅場町店 ニューカヤバ 第二力酒蔵 Wine厨房・tamaya大山 伊吹 い志井・本店 調布 番兵 秋葉原・紫・くろき もつ焼・でん・中目黒店 天七本店 Touch・know・me 魚金・本店 俺のイタリアン・KAMIYACHO 金沢・片町 豚丼 上野・御徒町 酒場・かっぱ 大衆酒場・かのや 串の介 武蔵家・大山 平澤かまぼこ・王子駅前支店 日々是君想 さわや 小柳 やきとり・山中屋 護国寺 東池袋・魚金 やきとん・浦野屋・てるてる 名大・富士そば・東十条店 炎天下 赤バル・RETZE・赤羽店 もつ焼き・ながしま 馬ん馬んいくどん もつやき・婁熊東京・るくま 根室食堂・道玄坂店 秀吉・大塚店 居酒屋きんぎょ 男体山 焼鳥日高・中井駅前店 大林酒店 串揚げ100円ショップ 江戸安 旭川・蜂屋・五条創業店 俺のイタリアン・新橋本店 日本酒バル・地酒屋・蔵 やきとん・なべ屋 京都・新福菜館本店 もつやきホルモン・登幸とん 山清酒店 もつ焼き・登運とん プチ・コニシ Blue・Bossa まぐろ人雷門出張所 大木屋・匠 かみや・関西風手打ちうどん シナノヤ酒店 田原町 花生食堂 国道下 カーサウオキン神楽坂 飯田橋 飯島酒店 ぼんそわ 豚娘 酒蕎庵まろうど コクミンショクドウ 丸松屋商店 もつ焼き・やまぐち 中村屋酒店 海鮮炉端・魚友 来来軒・赤羽店 鳥竹総本店 大山飛車角 帯広豚丼・白樺 立ち呑み処・おか田 野焼 俺のイタリアン・marche 味珍 検校 魚がし寿司 平家 壱ノ宮 いろは もつ焼き・かまや たちのみ文次 やきとん・幻のたんぽぽ 横浜商店 八郎酒場 てっちゃん エイヒレ ごっつり 是屋 おとんば・北千住店 川口酒店 酒喰洲 天王町 国民酒場・じぃえんとるまん・天王町店 心太 かくうち・3号店 大ちゃん 牛料理 天将 立ち飲み処・おおの屋 串焼き処・ディズ 俺の魚を食ってみろ!!西新宿店 流。 やすちゃん 甘味喫茶・だるまや餅菓子店 漢祭 立呑み・龍馬 串揚げ屋・千客万頼 海鮮三崎港 新井薬師前 神むら 新高島平 池袋・すしざんまい・つきじ喜代村・池袋東口店 一東庵 大戸屋・新宿東口中央通り店 百飲 韓二郎・池袋北口店 世界の山ちゃん・池袋北口店 魚がし日本一・池袋西口店 金子屋 アキバの酒場 魚升 スタンドヒーロー たる鉄 ビアバー ビアプラスプラス 串カツ 天丼 いわたや大衆食堂 大阪・蒲生四丁目 岩田屋酒店 酒場・やまと 大阪・北新地 堂島精肉店 魚庭本店 大阪・京橋 北新地たゆたゆ 大阪・中津 中央軒・大阪マルビル店 大阪・西梅田・北新地 岡室酒直販売所 徳田酒店 松葉総本店 大門・池袋店 ジョナサン・板橋大山店 尾花 俺のスパニッシュ ロックフィッシュ(ROCK FISH) ピッツェリア・ダ・アオキ・タッポスト 蕎亭・大黒屋 カステルモーラ・CASTELMOLA 大阪・梅田 たちのみや喜平 居酒屋・海鮮丼 タカマル鮮魚店・2号館 大西酒店 大阪・動物園前・南霞町・新今宮 丈ちゃん 寿司大 とんかつ八千代 魚がし・福ちゃん・2号店 明治神宮前<原宿> 原宿餃子楼 ふぶき・FuBuKi TAVERNA・UOKIN 日本酒研究所 たいめいけん ガスト・南池袋 はしづめ 広尾 蕎麦 かんだやぶそば 豚足のかどや 稲田酒店 大阪・なんば・難波 酒の穴 マルフク 大阪・恵美須町・動物園前 酒の奥田 但馬屋 酒蔵力・大宮東口駅前店 若月 アンデルセン・大阪空港店 ミッテラン2世 大安 内幸町 新橋・銀座 やきとり次郎・東口店 かんづめや らーめん破顔おおびる 渡酒店 金春本館 糀谷・京急蒲田 川崎新町 島田屋 いしはら食堂 PLAT・STAND・酛 串カツ田中・大山店 串屋横丁・大山店 浜川崎 歓迎・本店 折原商店 四ツ木製麺所 活力魚金 ドリンクスタンド・小島 加賀屋・池袋店 大越 無添くら寿司・池袋東口店 上喜元 三政 新木場 丸惣 オオモリヤ 赤鬼 鳥繁・総本店 さとちゃん 立ち飲みコーナー 三河島・荒川区役所前 家谷酒店 地鶏屋 焼きそば バー・キサラ あぺたいと・東武練馬店 荒川区役所前・三河島 光栄軒 立ち飲み・日高屋 立呑屋 半平 三州屋本店 やきとん・豚番長 室町砂場・赤坂店 ブルドック 立瓶 芳一・国分寺店 多古屋 らーめん大・練馬店 いっとく Tasting・BAR・柴田屋酒店 俺のだし 中華料理・悟空 立ち飲み・晩杯屋 鳥勇・武蔵小山駅前店 ゑえびす座・烏森本館 築地かねまさ 二重橋前 秋季皇居乾通り一般公開 鳥番長・上野昭和通り店 立ち飲みたきおか・2号店 海幸 西大島 大島 竹沢商店 都々井 立喰寿司 福久家食堂 中華東秀・沼袋店 しゃぶしゃぶ スエヒロ・池袋店 かね将 居酒屋・魚介料理 河岸頭 京成曳舟 三祐酒場・八広店 鳥増 王将 魚金・ゆりかもめ店 立呑み・とんかつ・まるや 来週軒 明神そば 亀有メンチ きつねや 吟八亭・やざ和 初代吉田 三四郎 蟹喰楽舞 あじろ 札幌・五丈原 BEBE 鳥もと・本店 酒ノみつや ぼっち庵 CoCo壱番屋・西武江古田南口店 小姑娘 七武会 浜とん たなぼた 立呑酒屋・寺島商店 BENTEN 日本大通り ・駅前店 パルデリコ 旅人酒場・武蔵 餃子坊・豚八戒 燗酒屋 ささもと・銀座店 加賀屋・新橋1号店 つけそば・丸長・目白店 桜なべ・中江 やなか 清瀧・池袋本店 もんじゃ・鉄板焼き 土手の伊勢屋 馬肉料理 俺のフレンチ・GINZA ツイテル(Tsui-teru!) 肉小屋 六文そば・須田町店 神泉・遠藤利三郎商店 渋谷・神泉 西村商店 亀戸ホルモン 第三秋元屋 タカセ・池袋本店 讃岐うどん・いわい 猿・大山店 もつ焼き・ウッチャン・新宿思い出横丁 三平酒寮・新宿中央口店 ます家 横浜・日ノ出町・桜木町 横浜・桜木町・野毛 ホルモン屋小泉・ジョンの店 銀座・君嶋屋 雨ニモマケズ とんかつ・やまいち 散歩・紅葉 四方酒店 日比谷・有楽町 登運とん 横浜・日ノ出町・桜木町・野毛 桐のや水産 横浜・桜木町 麺処・まるよし商店 海鮮処寿し常 神田まつや 竹むら 手打ちそば・菊谷 アガリコ(AGALICO) 俺のフレンチ・TOKYO 大衆割烹・三州屋・銀座店 浅草メンチ 地鶏の立呑み・浅草・安兵衛 和季 蓮根 中野ビール工房 ビアホール・レストラン さぼうる ランチョン 原田酒店 三岩 立ち呑み・晩杯屋・中目黒目黒川RS店 千両 土鍋・大餃子 五味鳥 小江戸 青砥 桜台TAPAS 四文屋・江古田北口店 いさ美寿司 武蔵屋酒店 臚雷亭 天野屋 明神下・神田川 づめかん・門前仲町店 鯨の登美粋 豚toko ざわさん PPAP・CAFE 梟小路 立呑み・さいごう 立呑み晩杯屋 割烹くずし・徳多和良 吉野家・築地1号店 玉子焼 海鮮丸豊 丸武2号店 江戸一別館 牛丼 ステーキ 熟成肉バル・肉賊カウぼーず 森田屋酒店 鈴木酒販 お好み焼き やすらぎのあん庵 金の字 EXPASA足柄上り 千石 十一屋能村酒店 炭火焼肉ゆうじ 鮨さいとう ジロリアン ばりこて やきとん弐ノ十 おにぎり 串一 てる美 よっちゃん まる福・船橋加賀屋支店 大衆酒場・待夢 きぬちゃん 西葛西 せきや商店 ますらお 浅草サンボア 宇奈とと・浅草店 高橋 ひょうたんなべ・雷門店 ロッテリア サ嘉ダチ 新富町 野毛ビストロZIP チャコールスタンド・ノゲ イタリアンバルバジル 青角 キンクラ 柳田屋 二〇カ屋長介 割烹大樽 宝町 びっくりうどん本舗 スタンドバー・マル 八丁堀 晩杯屋目黒川RS店 静岡 多可能 越後屋酒店 博多・かわ屋 吉野家・牛皿一丁 山海楽酒・およよ 埜庵・小池菓子舖 和牛銘菜・然 一心鮨光洋 一番館・中野サンモール店 やきとん酒場・マルコのガレージ ペペロッソ 東京餃子楼 富良野・唯我独尊 一徳 勝烈亭 ル・カフェ・ドゥ・ジョエル・ロブション ニューワールド・本店 神戸三宮 三宮 赤ひげ・本店 夢や 世界長直売所 鶴亀八番 元町 炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん 立呑焼鳥・阿佐立ち 赤松酒店 旧居留置・大丸前 石原商店 酒処・魚祥 イチゴー 堀口酒店 やきとん大黒 一升びん本店 白鷹三宅商店 豚捨 牛肉 くずし割烹・肴屋八兵衛 味仙 むぎつく 新静岡 浜松 あつみ 新浜松 和菓子・甘味処 赤福・内宮前支店 伝馬町 あつた蓬莱軒本店・蓬莱陣屋 水炊き 鳥彌三 秋吉ニュー神田店 香川一福 上前津 大衆酒場・末廣屋 魚椿 伊勢神宮内宮 どて串かつラブリー 久屋大通 大甚本店 新宿三丁目・五ノ神製麺所 幡ヶ谷 多聞酒蔵・まさいち屋・浮浪雲 札幌・我流麺舞・飛燕、まるは・BEYOND 寅屋天満 二劫 難波屋 大国町 ひといき 与作 アヒルストア 大衆酒場・BEETLE 丸木屋商店 今日が丑の日 もつ焼き・丸松 今池 平野屋 よるべ 元祖寿司 ラング 焼鳥どん さけときどきぶた つまみや 裏ヒロヤ 酒処・千歳屋 まぐろや黒銀 鍛冶酒店 石橋食品 近鉄日本橋 銀座屋 鳥万本店 御苑前・匠・達広 浜町 カタヤマ 立呑み魚平 五代目野田岩 ミクソロジーラボラトリー 赤羽橋 おでんの丸忠 やきとん山武 立呑風太くん ふみ屋 バール・青い印 大提灯 やきとん・ひなた ギョバー八重洲店 玉ゐ本店 サカナヤ・オアジ Touch 銀座ライオン・ビヤスタンド カフェ・カイラ パティスリー・エ・カフェ・プレジール 金色不如帰 know me・祭店 邦右衛門 品川や 饗酒堂・うろこ家 阿佐ヶ谷・SATOブリアン れとろ きらく 万世橋酒場 レバーランド 蒲田うなぎ家 もつ焼き・いとや 升本 大衆酒場・焼き鳥・桂 やるき 山田うどん 晩杯屋・道玄坂店 川崎・武蔵小杉 イタリアン酒場・ナチュラ 炭火焼鳥・くろちゃん 細雪 森本 中野富士見町 ヱビス記念館 晩杯屋銀座店 壱番館 京都四条烏丸・アウーム 根本酒店・NEMOTO 浜屋 笹塚 炉縁 ドラム缶・銀座本店 くら・新小岩店 鳥益 わか ゴディバ 自由が丘・ショコラモンサンクレール 炭火焼鳥わいわい・法政通り店 横濱崎陽軒シウマイBAR 線香花火 千曲食堂 もつ焼き★キャプテン どすこい四文屋 三河屋本店 銀座ライオン 100円酒バー・おやじ家 越谷 やきとん・やんぐ 南天・本店 立食いすし処・ちよだ鮨 新・南越谷 corazon・corazon 東瀛 ショットバー・タウザー 神保町食肉センター グルメ廻転寿司・まぐろ問屋三崎港 京橋・恵み屋 立って呑む・おかだ お多幸本店 もつ焼き酒場・豚坊 もつ焼・でん 居酒屋・豪 名古屋味噌・どて子 牛タン工房・鎌倉ハム つくば鶏・銀や タヰヨウ酒場 英洋軒 ひょうたん 煮込み屋ぐっつ 5丁目チキン・とりパニ 磯丸水産・十条銀座商店街店 天文館むじゃき なにわもん・ゆうや ヌードル・ラボラトリー・金斗雲 ビストロ・立ち飲み ローストビーフ大野 三国屋酒店 やすらぎ食堂 夢乃家 函館塩ラーメン・五稜郭 大衆酒場・寅圭 一球酒場 元祖立ち飲み・ホルモン亭 ぐっさん アイラ 朝日屋 萬作 洋菓子 晩杯屋・大森東口本店 新宿御苑前 中国ラーメン・揚州商人 青樹  立ち呑・破天荒 下赤塚 立呑処・でかんしょ 豪記 うさぎやCafe 居酒屋ビッグ・大 須賀乃湯 築地うなぎ食堂(にっしん太助) まぐろのみやこ 清陽軒 鮪おか戸 肉山 肉料理 焼鳥日高屋・ビーンズ戸田店 紫・くろ喜 戸田公園 ペンギンの屋台・仲宿店 Ata わいわい ひさご 立呑み・のんき屋 豊福 浅草もんじゃコロッケ 正ちゃん 味の笛・本店 立飲みいこい・支店 リンガーハット・駅前店・ちゃんぽん酒場 長万部・三八飯店 西横浜 小林酒店 埜庵 しん 小樽洋菓子舖・ルタオ Mrs.NewYork ミセスニューヨーク 玉子焼き 小田保 築地山長 十彩 鎌倉酒店・中野北店 味の浜藤・築地本店 喜久や 麦酒庵 お多幸 鳥やす支店 大島酒店 谷中 ひみつ堂 味治 打越酒場 大松・だいまつ あさひ 味の笛・神田店 立ち呑み・あかしや 軽井沢グーギーズベリー やきとり晩杯屋 加島屋酒店 こころ 盛苑 無鉄砲・中野店 晩杯屋本店 鳥勇本店 舟和 煮込みやまる。 立呑み・きど藤2 立ち食いうどん屋・酒 新橋・都営汐留 ひょうたん・江古田店 用心棒2階 Bar・Remuage・ルミアージュ まるけん ベンダースタンド酔心 立呑処へそ・烏森口店 でんじろう 札幌・にとりのけやき きんらん 立呑ひろし 博多うどん・よかよか 珉珉・中野店 ニユー浅草・中野店 大都会・北口店 立呑亭・帆立屋 大衆酒場・増やま 肉の店・鳥吉 博多鉄なべ餃子・なかよし ル・パティシエ・ヨコヤマ 魚べい そば吉 五丁目大衆酒場・極楽屋・中野店 さば銀スタンド 珍々軒 立飲み・たきおか3号店 銀座久兵衛 さかなと とり鉄 魚屋路 がってん寿司 西台 ホワイトはうす 大和町もつ肉店 東灯 一輝 スタイリスアジアン 飲食笑商何屋ねこ膳 いっぷく 立呑みひなどり アサヒスーパードライ新宿店 ニューもつよし 横浜・山手 丸竹商店 立ち呑み吞べえ 一由そば わが家の食堂 太平製パン 酒屋と角打ち・正幹 千駄木・根津・谷中 元祖やきとり串八珍 やきとんまるば VIVA 山多屋酒店 やきとん酒場マルコ 大塚餃子軒 日本橋・紅とん かんぱいじゃあ! そばうどん處・七福・弁天庵・西池袋店 井上竹商店 酒処みふね 魚屋ひでぞう 大阪焼きトンセンター 築地まぐろ寿司・又こい家 立呑・ホルモン串・千日前・えん 嵐山 新八茶屋 すいば・六角富小路店 すたんどばぁー楽 西利・錦市場店 四条烏丸 四条大宮 パティスリー・キハチ 鬼金棒 もつ焼・宇ち多゛ 温故知新 酒遊館・藤や 大衆酒場・一福 鯵家 大衆酒場・杯一 人生のスパイス 元祖・中野屋 築地虎杖・うに虎中通り店 井上 多け乃食堂 茂助だんご 角打ち・トンズラ 立呑家キンパチ バッカス ぢどり屋 角打・トンズラ 練馬縄のれん・てんてん ダイニングバー 立ち飲み屋 川口ブルワリー 十番 かっぱ寿司・板橋店 備長扇屋 でかんしょ 焼鳥日高・大宮一番街店 炭焼き勘九郎 旬の味・あべよし やきとん・たつみ もつ焼きとん将 グッドミート・バル だるまや まるいち商店 にしだ家 角打ち・新井商店 キリンシティ 来来軒 大衆酒場・串げん 和バル・おもち ema 名代・富士そば・ふじ酒場・ハッピーロード店 やきとり次郎 新井商店 東京馬焼肉・三馬力 新橋やきとん 三六 赤坂亭 立ち呑み処なかや 魚功 キッチンオリジン 弁当・居酒屋 やきとん幸ちゃん 晩杯屋烏森店 ドラム缶 やきとん赤尾 マルギン 銀座・日比谷 三ぶん やきとり鳥笑 ゆらぎ 晩杯屋・純情店 すっぴん酒場 バーミヤン・練馬豊玉店 鳥椿 カフェバー おいで家 新桜台 浅草厨房 白カレーの店・1/f 鳥昇 JU座 馬鉄 おけいすし 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おきてがみ
ブログランキング
月別アーカイブ
カテゴリ