FC2ブログ
2012-04-29(Sun)

森下「山利喜」(やきとん)

森下に来てみました
都営地下鉄大江戸線森下駅A6出口からすぐですね

やきとんの「山利喜」です

『荒夜の酒場ハンター』森下「山利喜」編
平成24年3月13日の様子

(森下 山利喜)20120313-1-02.jpg

ちなみに山利喜の「き」はちょうちんは「㐂」だが暖簾は「喜」なんですね

入口に入るなり右側には上り階段、左側には下り階段がありますね
入るなり階段の上(中二階?)から女性店員がこちらへどうぞと促がされます

入るとまさに上から目線で店員さんに言葉をかけられるというのも珍しいですね
中二階くらいのところまで階段を上り入口があり店員さんにどうぞと促がされます

店内は入口入って左手奥に大きな厨房と厨房に付随したストレートカウンターが8席だったかな
店内入口右手は4人掛けテーブルが3,4つあります

店員は店主らしき人が焼き台でこの人が煮込み以外の料理をほぼ担当していたかな
店主以外は煮込み担当の男性が2人ほど、その他接客は女性が何人いたかな

入口入って手前から3番目のカウンター席に座ります

この店は本館と新館がありここは本館になるようです

お通し(300円)
20120313-1-04.jpg

飲み物無難に酎ハイのレモン

レモンハイ(400円)
20120313-1-05.jpg

一口飲んでみると普通の酎ハイ、宮マーク入りのグラスだから金宮焼酎でしょうね

煮込み(580円)
20120313-1-08.jpg

名物といかおススメのようだから当然注文したこの煮込みだが580円で全体的に少し高めの値段ですね

モツに付いている脂がゴロゴロと絵的にもいい感じですね
一口食べてみるとアチッ少し猫舌系なのでこの熱さだと余り味わえませんよ

良く見ると器には思いっきりヒビが入っています

煮込み鍋                                 煮込みの仕上げ
20120313-1-03.jpg20120313-1-19.jpg

煮込み鍋で煮込んでからなおかつガス台で仕上げています
これだとさすがに器にもヒビが入りますね

この熱さだと・・・煮込み鍋から直の提供の方がうれしいんだがな

写真では見えませんが煮込みの器の下には小さな薄い鉄板のようなモノが敷かれていました

ウォッカ唐辛子
20120313-1-06.jpg

卓上調味料のように何カ所かこれが置かれていました
店員さんに聞いてみたらこれはやきとん等に掛けてみると味があっていいみたいな事を言っていた

軟骨タタキ(150円)
20120313-1-14.jpg

これは一日20本前後の限定品なので聞いてみるとまだありました
小ぶりだけど軟骨が入っていてすぐに売切れになりましたよ

グラスワイン 泡(650円)
20120313-1-15.jpg

焼き物はメニューに1人前2本300円と書かれていますが1人の場合は1本からでも良いと店員さんが行ってました
焼き方は(たれ又は塩)おまかせにしましたよ

レバ(150円)                               てっぽう(150円)
20120313-1-16.jpg20120313-1-17.jpg

レバ、てっぽう共にたれ焼で出てきました

たれは少しとろみのあるタイプでレバは昔ながらのレバと言う感じで良かったですね
てっぽうは見た感じがこれ「しろ」じゃないかと思える形状ですね

食べてみるとこれは「てっぽう」なのか、良く考えてみると「てっぽう」が圧縮されていて「しろ」のように見えるんですかね

ホタルイカと分葱のヌタ(600円)
20120313-1-20.jpg

酢味噌の味噌は煮込みの味噌と同様のドドメ色というか同じ味噌を使っているんですかね

分葱を食べてみるとほとんどボイルしていないようでシャキッとして限りなく生に近いですね
店主さんの料理に対するこだわりなのだろうが個人的には少しクタッとした葱のぬたがいいな

レシート
20120313-1-022.jpg

会計を済ませるとレシートをもらったので見てみるとやきとんのネタまで細かく書かれていました
大衆酒場を謳っているやきとん屋でレシートがあり、やきとんのネタまで書かれているのは凄いですね

レシートを確認するとたしかに「てっぽう」でした

住所:東京都江東区森下2-18-8

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-26(Thu)

新宿「ウッチャン」(もつ焼)

新宿は思い出横丁の鰻「カブト」で鰻を食べた後はもう1軒ほどこの近くで飲みます
さきほどの「カブト」から1,2軒隣だったかな

もつ焼の「ウッチャン」です

『荒夜の酒場ハンター』新宿「ウッチャン」編
平成24年3月12日の様子

(新宿 ウッチャン)

店内は厨房を囲んだコの字型のカウンター40人ほど座れるのでしょうか
店員は20代~30代の男性店員が4、5人いたかな

雑多な雰囲気で店主らしき人はわかりませんね
カウンター近く中央には焼き台があり串ものを焼いている人が30近いアフロヘアの男性

メニュー
20120312-2-02.jpg20120312-2-03.jpg

男のハイボール、女のハイボール、昔の女のハイボールとわけわからんものもありますね

ホッピー(480円)
20120312-2-04.jpg

シャリキンのようですね
店内の貼紙にはシャリキンの文字が見かけられたのでたぶんそうでしょう

ホッピーの値段が気になるところだが場所がと思いいつものように取りあえず納得

マカロニサラダ(280円)
20120312-2-05.jpg20120312-2-09.jpg

とりあえずおすすめ品からすぐ出てくるだろうこれを注文

あれっ、日付が間違っていますね
前に行った「カブト」の日めくりカレンダーが正しいですよ

なんこつ 声帯(170円)                        ちれ 脾臓(170円)
20120312-2-06.jpg20120312-1-12.jpg

なんこつは声帯で一番先のネタの中にはネギが入ってますねよ
しかしネギは好きだがこの手間は余り好きではないですね

焼き物には辛味噌が付いていてなかなかいい味出してますよ
オレンジ色っぽくて見た目は余り上品な感じはしないが・・・

だんご つくね(210円)
20120312-2-07.jpg

これボリューミーですね
どう見ても自家製ですね(違ってたりして)

中(250円)
20120312-2-08.jpg

上たん 上質部(210円)                        てっぽう 直腸(170円)
20120312-2-10.jpg20120312-2-11.jpg

たんは歯ごたえシッカリでいいですね
しかし上質部という説明は直腸や脾臓という表現と違いわかりにくいですね

味じゃが(100円)と味たまご(150円)                割ってみます
20120312-2-12.jpg20120312-2-13.jpg

こちらもおすすめ品から2つ注文したらお椀に一緒に入ってきました
煮込みの汁で煮たんでしょうかね

煮込みは食べていないんで余り定かではありません

住所:東京都新宿区西新宿1-2-7

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-24(Tue)

新宿「カブト」(うなぎ)

新宿に来てみました
JR山手線新宿駅西口から2分ほど歩きます
思い出横丁の中央付近と言えばいいのか

鰻料理の「カブト」です

『荒夜の酒場ハンター』新宿「カブト」編
平成24年3月12日の様子

(新宿 カブト)


店内は厨房を囲んだコの字型のカウンターで15席くらいあったかな
店員は焼き台には70代頃の店主、60代頃の男性、30代頃の男性

メニュー
20120312-1-06.jpg

この店は鰻の各部位を串で焼いている鰻の焼鳥屋みたいですね

壁紙に一通りとあり、えり焼3本、ひれ焼2本、きも焼1本、蒲焼1本となっています
れば焼は売切れの紙が貼っていますね
その時にあるネタによって一通りの内容も変わるようですよ

お飲物は黒ビールでつまみは一通り(7本1410円)にしましょう

エビス黒ビール(460円)
20120312-1-02.jpg

こんな感じで店主さん焼鳥のように焼いています
20120312-1-03.jpg20120312-1-11.jpg

きも焼(290円)
20120312-1-04.jpg

ビールを飲んでいると店主さんが常連らしき人と鰻の値上げについて話していてかなり嘆いていました
店主さんは「昔、穴子をやった時もあったよ」「結構売れたんだよ」と言っていた

商売もこういう事があると原価が高いだけに大変ですね

えり焼(1本160円)                           ひれ焼(1本160円)
20120312-1-05.jpg20120312-1-07.jpg

ビールも飲み終わり日本酒でも思ったが金宮焼酎があるのでこれにしました

キッコーマンの醤油さしに梅シロップのようなものが入ってますね
金宮焼酎を少し飲んでからトボトボと注ぎましょうね

飲んでみると味わいが多少マイルドになって飲みやすくなりますよ

焼酎(350円)
20120312-1-08.jpg

結構いい時間のわりにはお客さんは6割くらいの入りで店主さんは「今日は混まないなあ」と嘆いていましたね
この店、新宿「思い出横丁」の中でも歴史がありかつ著名店なんですけど

個人的には楽に飲めて良かったですよ

一口蒲焼(320円)
20120312-1-10.jpg

これは良く食べる蒲焼を焼鳥のようにしたものでまあ一番なじみのある味でおいしい

れば焼がなかったのは残念でしたが(早い時間で売切れになる?)鰻を気楽に食べれていいですよ
かなり年配の店主さんですが近くに座ったこともあり気軽に話してくれていい感じの方でした

住所:東京都新宿区西新宿1-2-11

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-22(Sun)

荻窪「やきや」(立ち飲み)

荻窪に来てみました
JR総武線荻窪駅南口から2分ほど歩きます
仲通り商店街を歩きCoCo壱番屋を左折しすぐです

立呑み「やきや」です

『荒夜の酒場ハンター』荻窪「やきや」編
平成24年3月9日の様子

(荻窪 やきや)20120309-1-02.jpg

入口入ってすぐに焼き台が見え空いているので目の前で飲むことにします

店内はコの字型カウンターかな(手前で飲んだので奥が良く見えなかった)
縦長のカウンターでそれなりに奥行きがありますね

店員は焼き台に60代頃の店主らしき男性と奥さんらしき女性の方

立ち飲みというか立呑みなんですね

御飲物、御品書
20120309-1-06.jpg

飲み物はホッピーがありこれにします

御品書を見ていると殆どがいかの料理になっています

ホッピー(320円)
20120309-1-03.jpg

これで320円はかなり安いですね

店主にいか大根を注文するが「いか大根は2月で終わり」と言われた
この一品は冬の定番メニューになるんですかね

珍味わたあえ(170円)
20120309-1-04.jpg

珍味にひかれて注文しました
わたがいい味出していてこれだったら日本酒でもいい感じだよな

きざみ穴子(170円)
20120309-1-05.jpg

これは名前通りの品で、タレが少しかかっておりいいですね

ホッピーを飲んでいると店主の奥さんらしき人が会計時に常連さんらしき人に「元気!!」と声をかけていた
ここは比較的常連率が高いのかなと思いつつ様子をうかがいながら飲んでいましたよ

中(160円)
20120309-1-07.jpg

中の値段は書いていないので計算してみたら160円でした
中、外160円ずつということになりますね

いかみみを焼いていますよ
20120309-1-08.jpg

メニューが少ないわりにいかみみの品の種類が3つもあったので1つ注文してみます

いかみみ焼(170円)
20120309-1-09.jpg20120309-1-10.jpg

いかみみってエンペラとも言われていますね
いかは身よりもげそやみみの方が味があって好きですね

住所:東京都杉並区荻窪5-29-3

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-20(Fri)

石川町「車橋もつ肉店」(立ち飲み)

石川町に来てみました
JR根岸線石川町駅南口から10分ほど歩きます
川沿いというか首都高速3号狩場線沿いに歩いて行くと車橋がありそのふもと?でもないですね

立ち飲み「車橋もつ肉店」です

『荒夜の酒場ハンター』石川町「車橋もつ肉店」編
平成24年3月8日の様子

(石川町 車橋もつ肉店)

店内は立ち飲みで立ち飲み用テーブルがあり壁際にもカウンターがありますよ
店員は焼き台には30代の店主らしき男性、40頃のオバチャン、20歳頃の女性、高校生頃の男子、小学生頃の男子

店員さんの様子を見ていると雰囲気は家族経営のように感じた

前金制となっており飲み物はお金と引き換えにもらい飲み始め、料理は出来次第店員さんが持ってきてくれます

ホッピー白(360円)
20120308-1-02.jpg

ホッピー黒もありますよん

豆もやし(140円)
20120308-1-03.jpg

結構、盛りのいいもやしですがこの写真だとわかりにくいかな

ホッピーを飲んでいると焼き台の店主らしき男性が小学生頃の男子店員にお客さんに聞こえる声で叱咤しています
「何回言ってもチンタラやっているから!!5分で終わらせろ!!」

この小学生頃の男子店員はこの店主の子供なんでしょうか
何回か大きな声で厳しく叱咤していました

レバ刺し(300円)
20120308-1-04.jpg20120308-1-05.jpg

普通においしいレバ刺でした

薬味がショウガ、ニンニク、ネギ、ゴマ油、おまけに白ゴマがかかっていたり、あと大葉もありますね
ただ、レバ刺の下に塩があったこれは他の薬味と同じように別盛りにして欲しいなあ

ハツ(100円)                             カシラ(100円)
20120308-1-06.jpg20120308-1-07.jpg

ちなみに焼き物の注文時に焼き方を聞かれ「おまかせで」と言ったが「おまかせはありません」と却下された

ハツはシオでカシラはタレで焼いてもらいました

焼酎の瓶?
20120308-1-08.jpg

この瓶から焼酎をジョッキに注いでくれますよ

中(180円)
20120308-1-09.jpg

使用済みのお皿は焼き台の前の決められた場所に皿の種類毎に重ねて置きます

お客さんが皿の上にレモンがのっていたまま重ねてしまうと高校生頃の男子店員に注意されます
生ゴミは生ゴミ用のゴミ箱がありそこへ捨てるよう

ジゴクドーフ(300円)
20120308-1-10.jpg20120308-1-11.jpg

オカカをどかすとネギやキムチダレのようなモノも見えてきました

コチラの店、話ではこの手の辛い系の料理も得意のようですがジゴクと言うほどの辛さではありませんね
辛さにそれほど強くないけど余裕で完食でしたから意識してマイルドにしているのでしょう

シロタレ(100円)
20120308-1-12.jpg

普通のおいしいシロでした

チューハイ小(360円)
20120308-1-13.jpg

缶酎ハイがジュース並みの値段で売っている中、いまだ比較的いい値段で売られているハイリキレモンですね

上牛ロース(150円)、上梅ササミ(150円)
20120308-1-14.jpg

手前が上牛ロースで塩胡椒で焼いているのでしょうかニンニクで食べるといいですね
奥の大葉に巻かれたモノが上梅ササミでまあその名の通りの一品ですよ

この店、お客の振る舞いについて色々ルールがあるようだが普通に飲む場合は問題なさそうですね(当り前)
高校生頃の男子店員さんは彼がレジをやっている時、横にある焼酎の瓶の写真を撮ろうとしている時、どいてくれましたよ

店のルールに反した事をやった場合はキッチリ言うけどそれ以外の事は普通に感じたかな

住所:神奈川県横浜市中区石川町5-209

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-19(Thu)

北千住「徳多和良」(割烹くずし)

北千住に来てみました
JR常磐線北千住駅西口から5、6分ほど歩きます
きたろーど1010という商店街を日光街道に向かって歩き左手に「東京リカーランド」がありそこを左に曲がり1分も歩かないかな

割烹くずし「徳多和良」です

『荒夜の酒場ハンター』北千住「徳多和良」編
平成24年3月7日の様子

                                       こんな看板があります
(北千住 徳多和良)20120307-1-02.jpg

店内にはお客さんがいるみたいですが良く見ると準備中になっています
店内を覗いてみると女性店員さんにどうぞと促されます

店内は立ち飲みで厨房を囲んだL字型のカウンターになっていて15人ほど入れるかな
店主は60代頃の恰幅がいい男性、20~30代の女性3人、20代男性が1人

入口入って左手に立飲みスペースが空いているのでそこで飲むことにします

まずはメニューを見てみましょうね

20120307-1-03.jpg20120307-1-04.jpg

光って見にくいですが焼酎(金宮ベース)とありこの中からこれを選びます

レモンハイ(315円)
20120307-1-05.jpg

普通のレモンハイ

くじら刺(420円)
20120307-1-06.jpg

食べる機会が少ないのでまずはこれにしました

いい感じの色でいいですね
少し硬かったり筋っぽいのもありますがこれは柔らかくていいですね

鱈白子豆乳焚き(ぽん酢付き)
20120307-1-07.jpg20120307-1-08.jpg

そろそろ白子の季節を終わりかと思い注文しましたが良く見ると豆乳を使っていますね

豆乳は苦手なので少し後悔しましたが余り気にならない味でしたね
いい豆乳でも使っているのでしょうか、それは少し思い込みになってしまうかな

考えてみれば豆乳焚きでも最後にぽん酢で食べるから豆乳の味って消えてしまうのでは・・・

レモンハイ(315円)
20120307-1-09.jpg

天然鯛かぶと蒸し(525円)
20120307-1-10.jpg

料理を食べようとしていると隣に来たお客さんは「あら煮おいしそうだね」と言っていた
「鯛のかぶと蒸しですよ」と言ってあげました

隣のお客さんは出された料理をフラッシュを焚いて写真を撮っていましたよ
これ隣でやられるとイヤなもんですね

お店でフラッシュを焚いて写真を撮るような事はしませんがまあ写真を撮らない人にとっては五十歩百歩に思えるでしょうね

徳ハイ(315円)
20120307-1-11.jpg

徳ハイの「徳」は店の名前から由来しているのでしょうウイスキーの梅酒割になります

隣のお客さんは店員さんに「白子は醤油付けて食べるの」と聞いていた
ぽん酢が付いているのにと思いつつトンチンカンなこと言う人だなあ

店員さんに「出されたぽん酢で食べて下さい」と言われていた

その後隣のお客さん「知り合いが後で来る」と店員さんに言っていた
入口の看板の告知からして待ち合わせには不向きな店だと思うんだが

あら大根煮(315円)
20120307-1-12.jpg

少し真上から写真を撮ってみましたが余り食べたいと思う雰囲気ではないですかね

大根は良く煮えていていいですよ
しかし煮物に辛子というのも珍しいですね

白子といい鯛といい良く薬味系が添えられています
これは店主の経歴と関係あるのかもしれないが何れにせよいいお店でした

住所:東京都足立区千住2-12

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-17(Tue)

京成立石「江戸っ子」(もつ焼)

「ミツワ」を出てもう少し下町の京成立石を散歩してみましょうね

駅の反対も歩いてみましょう
踏切を渡ってみると「呑んべ横丁」なんて看板もありますよ
細い路地には飲み屋さんが並んでいますね

京成立石駅からみて横丁の出口と言えばいいのでしょうか

立石の関所 もつ焼き「江戸っ子」です

『荒夜の酒場ハンター』京成立石「江戸っ子」編
平成24年3月6日の様子

(京成立石 江戸っ子)

店内はストレートカウンターとS字型カウンターがつながった大きなカウンター席と6人掛けかな?テーブル席が1つ
ストレートカウンター中央が空いているので座ります

店員は焼き台担当の50代頃の男性店員と60代頃のオバチャン数人と男性2人が接客、酒、サイドメニュー担当

ハイボール(320円)
20120306-3-02.jpg

メニューの貼紙には「当店特製」と書いていますね
どこが特製だかわかりませんが色を見ると黄色っぽいシロップが入っているようですね

あっそういえばビールサーバーのような機械から直接グラスにハイボールを注いでレモンスライスを入れてましたよ
あの機械から直接ハイボールが出来るから特製なのかもしれませんね

つまみは何にするかな見ていると焼き物は4本ずつの注文ですね
いわゆる4本しばりと言うヤツですよ

しかも4本しばりでも注文はネタの組み合わせができるようだが少し変則的?ですね
もう焼き物は食べてきたのでここは煮込みにしときますよ

ここの焼き物はまたの機会にするかな・・・あと注文方法もね

とりあえず煮込みを注文すると「豆腐ないですけどいいですか?」と背の高い男性店員言われ「ハイ」と答えた

煮込み(320円)
20120306-3-03.jpg

豆腐はすぐ腹一杯になるし飲んでいる時は別に好んで食べませんね
でもその分モツを沢山食べる事になるから不健康と言えばそうなるな

コンニャクとか入っていて味付けはアッサリ目でおいしいですね

しかしこの煮込みは320円でしかも豆腐なし・・・もつ焼き4本でも320円で同じ値段だよな

カウンター上にはザルにおおざっぱに切られたキャベツが盛られていて食べ放題のようだ

マカロニサラダ(170円)
20120306-3-04.jpg

注文すると「ソースはかけますか」と背の高い男性店員に聞かれ「ハイ」と答える
箸はテーブルに設置されているがなぜか?背の高い男性店員に手渡される

天童よしみ似のママ?は厨房の中央付近で丸椅子にずっと鎮座していた

住所:東京都葛飾区立石7-1-9

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-15(Sun)

京成立石「ミツワ」(もつ焼)

「宇ち多゛(うちだ)」を出て少し下町の京成立石を散歩してみましょうか
散歩するまもなくすぐ近くにまたもつ焼き屋さんがあります

もつ焼「ミツワ」です

『荒夜の酒場ハンター』京成立石「ミツワ」編
平成24年3月6日の様子

(京成立石 ミツワ)

写真には写っていませんが入口の横外側には6,7人ほど座れるカウンターがあり一杯ですね
中を覗いてお姉さんに聞くと「テレビの下にお1人どうぞ」と言われ入ります

店内は入口左手には厨房、入口右手には4人掛けテーブル席が5つほど奥には座敷席があり10人ほどすわれるかな
ということでテーブル席につきますが既に3人も座ってますね

テーブル席に座って右手のテーブル席を見てみると空席が?
良く見るとテーブルの上には「予約席」の紙が置いてましたよ

店員さんは炭火の焼き台は60頃の女性、厨房には30頃の男性がお酒やサイドメニューを作っているようだ
接客が40頃のお姉さんで良く見ていると家族経営のようですね

焼酎ハイボール(320円)
20120306-2-02.jpg

焼酎の炭酸割りになるのでしょうか良く変わったシロップのようなものが入っているのもありますが・・・
これは純粋な炭酸割りになるのかな

刺し盛り(500円)
20120306-2-03.jpg

ブツ、ホッキ貝、シメ鯖とバランスの良い盛合せです

ブツも中トロっぽくていい感じの刺身ですね
シメ鯖もこぶがのっているところが良いですよ

焼酎ハイボール(320円)
20120306-2-04.jpg

ハイボールを飲みながらテレビでも見れるといいのですがテレビの下で見れませんね

隣のお客さんは店のお姉さんにもつ生のお勧めを聞いてました
「ガツがよく出ますよ」と言われ注文していました

ダンゴ(150円)、ネギマ(150円)
20120306-2-05.jpg

2本とも塩焼きでお願いしました
ダンゴはいわゆるツクネになりたぶん自家製になるのでしょうか
そんな感じの味わいですね

良く考えてみればもつ焼きのお店だが刺身と鳥系しか注文してませんでした
もつ焼は次回の楽しみにしときますね

住所:東京都葛飾区立石1-18-5

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-13(Fri)

京成立石「宇ち多゛(うちだ)」(もつ焼)

下町の京成立石に来ました
京成電鉄押上線京成立石駅から立石仲見世商店街に入ってすぐです

もつ焼「宇ち多゛(うちだ)」です

『荒夜の酒場ハンター』京成立石「宇ち多゛(うちだ)」編
平成24年3月6日の様子

(京成立石 宇ち多゛(うちだ))

店の外には1人並んでいましたがすぐに入れました

店内の様子はいかにも下町の酒場と言う感じで雑多な雰囲気です
カウンター、テーブル席が雑然とあり全部で50人ほど座れるのでしょうか

スキンヘッドの威勢の良さそうな30代頃の男性店員に中に促がされます

店内入って左奥の7人ほど座れるカウンター席に座ります
後ろには大きな鏡があり手前から2番目の席になります

ビール(小)(360円)
20120306-1-02.jpg

メニューが壁に貼っていますね
つまみになりそうなものはもつ焼き、煮込み、お新香です

近くでこれを注文している人がいたのでこれにしました

カシラ(2本で180円)
20120306-1-03.jpg

タレ焼でお願いしました

良く見てみると焼き方がマバラのようですね
モノがいいからですかね歯ごたえシッカリでおいしいですね

タレもかなりおいしくてサスガ下町の酒場という趣ですかね
あーそれと値段もね

ビールを飲みながらもつ焼きを食べていると
「あんちゃん」と呼ばれているスキンヘッド威勢のいい店員さんはお客さん1人ずつ注文済みのもつ焼きを確認しています
ナンコツを注文していたので「ナンコツ」言ったよと答えました

ナンコツ(2本で180円)
20120306-1-04.jpg

こちらは塩焼きです

ダイナミックに処理されたナンコツと言えばいいのか
ナンコツ自体は好きだけどさっき食べたカシラの歯ごたえは良かったな

近くに座っている夫婦らしき二人が「あんちゃん」にもつ焼きの注文方法を聞いていた
聞いているとナマはネタを1本ずつでも注文できるがが焼きは同じネタを2本単位での注文となる

シロナマ、ハツナマ(2本で180円)
20120306-1-05.jpg

奥にあるから目立たないけどシロはデカッ
ナマは醤油?のようなモノがかかっていますね

ナマといってもちゃんとボイルしてますよ
シロはでかくてウマッこれだとタレ焼きの方がおいしいでしょうね

住所:東京都葛飾区立石1-18-8

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-11(Wed)

赤羽「いこい」(立飲み)

またまた赤羽に来てみましたよ
JR埼京線赤羽駅南口から3、4分ほど歩きます

立飲み「いこい」です

『荒夜の酒場ハンター』赤羽「いこい」編
平成24年3月1日の様子

(赤羽 いこい)

ちなみにここは支店のようです
本店もこの近くにありますね

ともに場所が近いから本店と支店の場所の違いを一生懸命調べてました

この店のHPがあり本店、支店ともにGoogleMapにリンクが貼られて地図が表示されます
ちなみにクリックして確認すると本店、支店ともに本店の場所の地図が表示されます
良くわかりませんね

上の写真は正面から撮影した写真ですが正面右わきと言えばいいのでしょうか
若干わかりにくのですが入口がありそこから入ります

店に入って右手には厨房を囲んだL字型カウンターで立飲みなので椅子はありません
カウンター奥にも厨房がありオバチャンや若目の男性店員もいるようだ

手前のカウンターの厨房にはだみ声の昔の八百屋のオッチャンのような男性店員が主に接客

舌代
20120301-1-08.jpg

何を飲みましょうか
ホッピーありますね
アレレ黒ホッピーしかないようです

珍しいですよ
白しかない店はいくらでもあると思いますが黒のみの店はたぶん少ないかな

黒ホッピー(320円)                           黒ですね
20120301-1-02.jpg20120301-1-05.jpg

前金制の為、良く来るお客さんはカウンター上に千円札を置いてそのまま飲んでいる人もいる

煮込み(110円)                             薬味をどかします
20120301-1-03.jpg20120301-1-04.jpg

名物ということで煮込みを注文
モツは若干チープさを感じたがこの値段で文句はないです

マカロニサラダ(110円)
20120301-1-09.jpg

キャベツもしっかり敷いています

鍋には名物の煮込み、おでん、手前には皿に盛られた焼き魚も
20120301-1-10.jpg

げそわさ(110円)
20120301-1-11.jpg

焼酎の中(170円)
20120301-1-12.jpg

だみ声の店主らしきオッチャンがダイナミックに注いでくれた焼酎です

住所:東京都北区赤羽南1-5-7

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-09(Mon)

赤羽「米山」(やきとん)

赤羽に来てみました
JR埼京線赤羽駅東口から埼京線沿いに下り方面に5、6分ほど歩きます

焼豚「米山」です

『荒夜の酒場ハンター』赤羽「米山」編
平成24年2月24日の様子

(赤羽 米山)

店内は厨房を囲んだL字型カウンター席15人ほど入口外には4人掛けテーブル席が2つ?だったかな
別部屋と言えばいいのか見えないので不明だが10人ほど入れそうな小部屋も隣にはあるようだ

店員は50頃のキビキビとした口調の店主と70過ぎのおばあさんが焼き台担当

メニューは壁に貼っています
20120224-1-02.jpg

店主がお客さん全員に端から飲み物の注文を聞く

店主に「どうしますか?」と聞かれ、「ホッピー」と言った
店主さん取り急ぎお客さん全員の飲み物を作り配ります

これはサワーグラスにシャリキンを入れているところかな
ホッピー・サワー系の焼酎はシャリキンになるようです
20120224-1-03.jpg

ホッピー(450円)
20120224-1-04.jpg


ちなみに黒ホッピーもありますよん

卓上調味料
20120224-1-06.jpg

店主がお客さん全員に飲み物を出した後、メモ用紙とペンを渡されます
食べ物の注文を書きそのメモ用紙カウンターの上に置きます

店主にメモ用紙に書かれた注文を見ながら「刺はニンニクかな?ショウガかな?」と聞かれる
「ニンニクで」と言い、店主は「串は2本ずつ」と言っていた

お客さん全員に薬味を聞き終わるとおばあさんと店主が厨房で薬味をすりおろす

薬味
20120224-1-08.jpg

薬味好きの人間としては少ないな
薬味だけで飲んでもいいんだが

串物はお客さんが書いたメモ用紙を店主が集計しおばあさんに各ネタの本数を伝える
焼台近くにある冷蔵庫からネタを銀色のボールに出しお客さんに焼き方毎(刺、半焼、焼)に順番に提供されていく

メモ用紙には水餃子も書いていたが
カウンターに書き置いたメモ用紙を見ながら店主は「ごめん餃子はないんだ。昨日でなくなった」と言っていた

レバ刺(110円)
20120224-1-09.jpg

良くわかりませんがユッケ騒動からきた規制の影響なのかそう驚くほどの味ではなかったかな
でもおいしい

タン刺(110円)
20120224-1-10.jpg

これはいいですね
さすがと思わせる味だな まあ何がサスガか良くわかりませんが

ホッピー(450円)
20120224-1-11.jpg

半焼チレ(110円)
20120224-1-12.jpg

このチレは脂が付いてないようですね
スッキリとしてしまって限りなくレバに近いような気がする

ホッピー黒(450円)
20120224-1-13.jpg

この辺りで口直しにホッピー黒にしてみます

つくね(200円)
20120224-1-14.jpg

シャリキン(値段は不明)
20120224-1-15.jpg

ホッピーがセットで450円となる為シャリキンのみは250円になるかな?

マカロニサラダ(370円)                         ソースをかけます
20120224-1-16.jpg20120224-1-17.jpg

シャリキン
20120224-1-18.jpg

あっさり煮込み(550円)
20120224-1-19.jpg

名前といい汁の色といいあっさり系の煮込みです

住所:東京都北区赤羽1-64-7

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-06(Fri)

月島「岸田屋」(大衆酒場)

こんなブログを初めました
宜しくお願いします

月島に来てみました
東京メトロ有楽町線月島駅からもんじゃストリートを4,5分ほど歩きます

大衆酒場「岸田屋」です

『荒夜の酒場ハンター』月島「岸田屋」編
平成24年2月23日の様子

看板                                    外待ちの椅子
(月島 岸田屋)20120223-1-02.jpg

既に店は開店しているが店の前には椅子に座って待っている人が7人ほど
並びの後ろにつき待っていると細い路地の間となり近くにある室外機の風が寒く感じた

右の写真の椅子に座って待たされましたイヤ待ちました

20120223-1-03.jpg

入る前に若い女性店員さんに「奥の狭い場所になりますが」と言われる
外は寒かったのでそれなりに暖かければ良いのです

店内は厨房と独立したコの字型カウンター+壁沿いカウンターで計30席ほどかな
店員は20代女性3人で後から60代頃のおかあさんと呼ばれていた女性も接客

ちなみに接客はこの手の酒場では珍しく?比較的美形な20代頃女子店員3人でした

チューハイ(420円)
20120223-1-04.jpg

ぬた(450円)
20120223-1-05.jpg20120223-1-06.jpg

まぐろとたこの小ぶりなぶつ切りが2つほど入ってました
味噌はやや酸っぱめで個人的には余り好きではないですね

牛にこみ(480円)
20120223-1-07.jpg

店員さんに「葱お付けしますか?」と聞かれ「ハイ」と答えた

ハイボール(450円)
20120223-1-08.jpg

後から現れた60頃のおかあさん?に「狭い所でスイマセン」と言われた

肉どうふ(650円)                            豆腐
20120223-1-09.jpg20120223-1-10.jpg

ぎこちなく肉どうふの写真を撮ろうとしていると
ちょうど店員さんが注文した酒を持ってきて「スイマセン邪魔しちゃって」と言っていた

食べてみると牛にこみより肉どうふの方が好きでしたね

そろそろ日本酒ということで熱燗にいきます

清酒松竹梅(350円)                          清酒菊正(400円)
20120223-1-11.jpg20120223-1-12.jpg

席の後ろは狭くなっており煮込み等を運ぶ時に店員さんは「暖かい煮込みを持っている」旨をお客さんに伝えて通っていた

うにとネギトロ盛り(700円)
20120223-1-13.jpg

少し影になっている部分もありますがいい色のうにです
味はまあ普通でした

この店やはり人気があるようである程度の時間待つ事を覚悟しなければならない
何かの用事で遅い時間にこちら来た時、楽に入れる事を狙おうかな

住所:東京都中央区月島3-15-12

1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
2012-04-04(Wed)

ブログ開設

はじめまして本日ブログを開設しました
内容については見ていけばわかると思います
『荒夜の酒場ハンター』

第1回目は月島「岸田屋」です

それではまた更新までお待ちください



1日1回下記をポチッとお願いします
   ↓      ↓      ↓
にほんブログ村 グルメブログ 東京下町食べ歩きへ
関連記事
プロフィール

ジプシー

Author:ジプシー
ウマイ酒、ウマイ物を求め巷の酒場、居酒屋をさまよっています

にほんブログ村 酒ブログ 東京飲み歩きへ
にほんブログ村

お気に入り
カレンダー
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
荒夜のグルメマップ
荒夜のグルメマップ
来客数
タグ

町田 もつ焼宇ち多゛|うちだ もつ焼・丸松 チャイニーズバル・ゆずのたね 上大岡 阪東橋 福岡・博多 虎ノ門 浦和 立川 横浜・阪東橋 旭川 京成町屋 新杉田 成田 鶴見 明石 ブンカ堂 京急川崎 大正 立呑み・晩杯屋 船堀 四ツ木 大阪・堺東 ふみ家 大阪上本町 京成金町 えんま壱 天王寺 狸小路・すすきの 広島 弘明寺 大阪・野田 本川越 船橋 銀山町 動物園前・新今宮 府中 宇ち多゛|うちだ 尻手 大阪・難波 柳下酒店 豊洲市場前 京成高砂 経堂 篠崎 やきとん元気 ヤキトン☆イチバンボシ 立呑み・焼きとん・大黒 北朝霞・朝霞台 東神奈川 苫小牧 豊水すすきの 福島 淡路町・小川町・新御茶ノ水 大阪・あびこ やきとん・たくちゃん 伊勢佐木長者町 やきとん・よし田 いかのでん BOND|ボンド 元町・中華街 西梅田 一之江 たこといかのでん 西口やきとん 東葉勝田台 大阪・堺筋本町 大阪・十三 胡町 大衆酒場・かど鈴 ヤマタニ餃子店 やきとん・三福 国民酒場・じぃえんとるまん 三河島 兵庫・姫路 愛知屋 京都・西院 もつ焼ミツワ 新今宮・動物園前 田無 北九州市小倉 元祖立ち飲み屋 ヤキトン・イチバンボシ 福岡・天神 京都・嵐山 やきとんひなた ふれあい酒場ほていちゃん 兵庫・春日野道 栄町  狛江 埼玉・大宮 立ち飲み・勝 京都・河原町・祇園四条 京都・烏丸 大衆酒場・山ろく あじこう SAPPORO餃子製造所 ワールドワインバー 大衆酒場・おたる三幸 下町酒場・憩 氷屋ぴぃす 和浦酒場・本店 大衆酒場・高砂家 ちょっとばぁ とりあへず 立ち呑みやきとん・すわ 丸忠蒲鉾店 焼き鳥・錦 串焼・丸真 やきとん小国 八角本店 札幌シーフーズ・五十七番寿し 葭川公園 大衆割烹ゑびす 中華料理・鳳龍 花澤三友 楚々屋 立ち飲み日昇 浅見本店 内藤酒店 池袋西口 玉川屋酒店 酔来軒 焼肉チャンピオン 天下泰平酒場2号店 エビスバー 目利きの銀次 ふじ屋 回転寿し・トリトン 一軒め酒場 名酒センター のんきや やまと屋・5号店 アンケラソ 丑寅 スタンドあじと 丸進 丸徳 羽田空港国際線ビル モスカフェ 居酒屋・はせ 天ぷらつな八総本店 船橋屋本店 HUB 杉山商店 ホルモン焼・やしま 函太郎 焼鳥専門・伊志井 餃子とタンメン・天 お加代本店 工場直売店・かま栄カフェ 小樽洋菓子舗・ルタオ本店 炉端焼き・浜っ子 マルトマ食堂 もつ処・やまり 大通 若鶏時代・なると本店 みなと刺身専門店 ちょいのみてい ちょい虎 やきとり大雅 中野餃子やまよし やきとん大王 ふくしん 彦バル もつ焼きエンジン やきとりとお酒・角一 勝田台 大衆酒場・虎太郎 大衆酒場・菊富士2号店 とりあえず逢海 串揚げざんまい・なかなか 大阪(伊丹)空港 ウルフギャングパックピッツァ 足立酒店総本店 大阪・動物園前・新今宮 溝畑酒店 市場食堂・横浜橋店 スミザキ精肉店 そば田|立ち飲みのむ田 立飲み屋・大久 そば処港屋 広東料理・酔来軒 三吉橋フライ屋 肉呑処・平野精肉店 立ち呑み処・栄屋」玉ひも煮 立呑み・得一 大阪・布施 鉄道バー駅 まもる スナックパーク・阪神名物・いか焼き 酒処・ひらた 大阪・日本橋・難波 大阪・新今宮・動物園前 立呑み処・さんかく まぐろや黒銀・黒門市場本店 大阪・日本橋 スタンド三国 餃子マーケット 佐世保バーガービッグマン 福岡・赤坂|天神 小谷酒舗 酒処・ひろ 焼鳥さんの宮・警固店 福岡・赤坂 福岡・高宮 文治 福岡・博多・祇園 大久保酒店 かわ屋 福岡・薬院 立ち飲み・角屋 角打ち処・こば酒店 福岡・薬院大通 立ち呑み家・正木 大手町 もつ焼・三朝 本格焼酎の店・金魚 わんこ餃子・餃子は主食。 天丼てんや・丸の内北口店 焼きはまぐりSTAND 三喜屋酒店 夢市門 串揚げ角打ち・しらすくじら 旭軒・駅前本店 かわしろ商店 立ち飲み食堂・大賀花|ダイガバナ つるかめ食堂・歌舞伎町店 フレッシュネスバーガー 西武新宿 中華そば処・琴平荘 立飲酒場・富士見バル 東新宿 山根商店 やきとん酒場・やまと屋 鰻・むさし乃 柿島屋 いまがわ食堂 小陽生煎饅頭屋 千葉中央 ふぐ料理・生乃弥 立呑・稼鶏酒場 立ち飲み・ドラム缶 もつ焼・たつや もつやき亀田 大衆酒場・甲州屋 居酒屋・蔵 スタミナ串焼き・仲垣 餃子の店・おけ以 もつ焼・とんちゃん やきとん・あかり しらかめ 角打ち・わかさや とんかつ・小田保 もつ煮込み専門店・沼田 新宿栄寿司本店 よきこときく ビーフキッチンスタンド歌舞伎町店 喜美松 十三屋大光 炭火焼とり・安喜 酒処・奴 京都・二条城・北野白梅町 はたがやレバー 立喰酒場金獅子 大衆酒場肉のオカヤマ 田原町・浅草 浅草・立呑み・洒落者 牛豚もつ専門店・みやこ屋 根岸|蒔田 鳥勇・駅前店 居酒屋・ぴょん吉 寄り道ピザ酒場・Rocco 鳥初 越前屋田中酒店 和ガリコ寅 いわもとQ 炭火串焼バル・ボスとん もつ焼き・幸大 お食事処・ときわ 上野広小路 スタンドGonta やきとん龍・TATSU スタミナ苑 西新井大師西・志茂 三徳 しろ 赤萬 淡水軒 たこ磯 立ち飲み処・たなか屋 みどり食堂 もつ焼・稲垣 野口鮮魚店 串カツ屋・深川高橋店 魚三酒場・常盤店 むさし・新幹線店 寅圭 LORO 薬軒堀・八昌 立ち呑み・福本屋 立ち飲み・お食事処・とくとく ひな鳥素揚げ・月鳥 立飲Bistro-SHIN かつきり 大島や 鈴木屋 白金高輪 もつ焼き・ひろや 立飲み処・呑べえ たちのみねこ 松戸・中華そば・とみ田 立飲み・たきおか 函館麺工房・あじさい おたる巽鮨 大衆料理・ハッピー 立呑みやきや ゑびす屋食堂 大衆酒亭・玉河 ヱビスビール記念館 ビヤステーション恵比寿 俺のBakery&Cafe ほほほの北海道・室蘭焼鳥・いっぺえやっぺえ。 立川やきとん 大衆酒場・馬越 本八幡 吉野家・桜橋店 弘大Z 北新地 ウエダ商店 とよ ジャックとマチルダ 尼崎 白山 夢を語れ 中島南店 尼崎センタープール前 下山酒店 紅葉堂本店 宮島桟橋 大衆酒場・ときわ 立飲み居酒屋・ドラム缶 ベルアメール・京都別邸 下鴨茶寮 居酒屋・ヤッホー 立ち呑み・とーど 志茂 沼野酒店 元祖ニュータンタンメン本舗 もつ焼宇ち多゛・うちだ すずらん ゴールデンもつ はなみち 立ち酔い・超人 呑飲 やきとん希 もつやき・たろう もつやき石松 立呑み・二郎 ほんずなし 立呑み・千吉良屋 立ち飲み天下 街角おさやん あぶり清水総本店 城喜元 リオス・ボングスタイオ 横浜元町 フルミチ びすとろハヒフヤ 大衆割烹・藤八 森田食堂 第三鳥八 源蔵本店 猿猴橋町 一利喜 大衆酒場・ツバメヤ 女学院前 そらや 宮島口 うえの 集来軒 立町 ホルモン料理専門處・利根屋 袋町 重富スタンド やまと屋 あおば 晩杯屋・109店 まる助 焼きとん・まるや 焼鳥・えぶり 馬ヲムム 広島・袋町 魚寅 寅造 広島・本通 チャイナタウンデリ・富泰楼 恵比壽ビヤホール 鳥やき宮川 鶴見川橋もつ肉店 ゑびす とんちゃん 大衆酒場カネス 大衆酒場・ぎんじ 船堀食堂・百味家 あした家 立ち飲みこにし ステーキ俺のグリル・銀座並木通 仂く人の酒場・牛太郎 立ち呑み・三ぶん 住吉酒販 大衆酒場・魚問屋・魚政宗 一福 相模屋 焼鳥専問・鳥佳 中華酒場・風来坊・本店 立ち飲み処・五郎ちゃん 国民酒場あさひや・じぃえんとるまん ケイゾー・三条本店 成田屋酒店 ホームベース2 麺屋・たけ井 ささよし 三ノ輪・トイボックス、響くろ喜 大島酒場 立呑屋・佐々木 やきとり・鳥島 さとう おすもじ処・うを徳 二升五合 中島屋 酒房・まつい てら 樫尾酒店本店 布・折鶴会館 餃子酒販・大阪王 立呑みの・さのや 旬彩と海鮮・森田屋 明治屋 地魚処・スタンドふじ本店 海鮮屋台・ゆうだん丸 立呑み・ほるもんBar・おかだ みよし 本とさや うな鐡 蒼天・南口店 枡久 伊勢廣本店 天龍本店 維新號・銀座本店 やす幸本店 駒形どぜう本店 今半・国際通り本店 ぽん多本家 串揚げの四文屋・博多デイトス店 鰻割烹・伊豆栄本店 キョウト 祇園・にしかわ きくや つるかめ食堂 もつ焼き・エンジン 中野・新井薬師前 慈げん 立ち呑み十七番地 もつ焼きウッチャン 葉隠 巣鴨・千石 もつやきはる 大衆鶏豚酒場・寿や 大阪・西中島南方・人類みな麺類 千葉 ミュンヘン 酉あき そば切り・日曜庵 晩杯屋・ゼームス坂上店 柴又 浦野屋・焼きとんてるてる 立ち飲み処・呑うてんき いか焼き庵・頂 三代目むら上 立ち飲み処・豊後屋 やきとん秋元屋 金沢まいもん寿司 蕎麦のぶ もつ焼き・小江戸 かどや ゆたか食堂 両国 天ぷら・穴子蒲焼・助六酒場 鮫洲 青物横丁 ホリタ商店 晩杯屋・思い出横丁店 立ち呑み酒場・さくら 飯田屋酒店 ふじ 酒蔵天狗・ちょい呑み家 まるちょう ベアー・フルーツ 中洲川端|黒豚とんこつ・金田家 たちのみ処・かすが 南小樽・初代 河米・伊藤酒店 もつ焼・涌谷 ビヤホール・銀座ライオン もつ焼き・煮込み・楓 HAVESPI|SUGAR・MARKET|KURAND・SAKE 東京商店 たち飲み・吟 立ち飲み居酒屋・銀座ドラム缶本店 内田屋・西山福之助商店 丸辰有澤商店 一風堂スタンド 大衆酒場・鶴亀 立呑み酒場・神田屋 やまき 野方食堂 トミフク食堂 煮込みホルモン・丸藤 溝の口 急新子安 大口 石川屋酒店 酒房・半田屋・新世界店 萩之茶屋 鳥せい本店 伏見酒蔵小路酒蔵カウンター 大島元商店 近江屋別館 なんばや和 西成酒場成り屋 美加登屋酒店 子安 大衆食堂むらやま屋 割烹くずし・徳田和良 立呑処・しげきん 大衆酒場・ネオホマレ 立ち飲み居酒屋・金町製麺 大衆割烹・三州屋 元祖・釜めし春 赤とんぼ 大衆酒場・三平 すすきの・すし屋のさい藤 京成小岩 一力 河金・千束店 京都立呑・きよきよ スタンドミサキ そば処・呑み処・つつみ 巻き串・ぐるぐる 本郷三丁目|桃の実 奈良|NORMA MENSHO 永福町|ラ・ピッコラ・ターヴォラ 高松|本格手打・もり家 神楽坂|アトリエコータ 清瀬 みゆき食堂 伊勢末商店 大師前 湯河原|らぁ麺・飯田商店 桝屋酒店 北天下茶屋 千林 京の串揚げ・祇園囃子 北浦酒店 天神橋筋六丁目 京都河原町 すいば・四条河原町店 千林大宮 丹倉 奴ずし・寿し てんぐ 難破マルフク シバチョウ・酒柴長本店 大阪難波・近鉄日本橋 もつ焼・ブウちゃん 兵六 炉端のユーカラ カフェ・ヴェネツィアーノ 居酒屋・天金 和酒・角打・うえ田舎 男山酒造り資料館 焼鳥専門・ぎんねこ 田中酒造・亀甲蔵 蕎麦・藪半 がつや・しまざき すし屋高大 銘酒角打ちセンターたかの ニユー三幸きょうど料理店 かま栄カフェ・工場直売店 南流山・新旭川 やきとりの一平・札幌中央店 吉田パン 碇屋 もつ焼き・青角 もつ焼・ふじ井 炭火串焼き・ぶたいちろう うなぎ串焼き・くりから 立呑みパラダイス せいすスタンド 鈴木 串揚げ四文屋 リカープラザ モツの朝立ち ろばた大助・四条店 市場食堂・味処たけだ 松尾ジンギスカン 五反田・大崎広小路 もつ焼き・だるまちゃん 立ち飲み・ザキヤマ とんかつ・美濃屋 やしろ食堂 立ち呑み処・イチロー Gyu-tan工房・Lamp 激安立ち食い居酒屋・きぬちゃん ぼてふり 浅野屋 もつ焼き・ニュートンキン 哈爾濱|ハルビン餃子 喜多方・食堂はせ川 方南町 cocoo・cafe|コクウカフェ もつ焼酒場・六兵衛 札幌・らーめん空 伊勢周 立ち呑み処・ちび玉 ゾウとチャッカまん 大衆酒場・白熊ストア・商店 祇園・きなな 博多とりかわ・長政 やきとん・またら ラーメン星印×拉麺大公 立ち寿司横丁 十割蕎麦・韃靼穂のか 立ち飲み処・goodone やきとり将・たすく 立ち飲みコーナー・さつま 後院上ル 京都・烏丸御池 焼鳥割烹・川名 長崎ちゃんぽん・リンガーハット 饅頭餃子・ばんばん いづも にこみ鈴や 立ち呑みココロ 京都・北野白梅町・二条城前 京都・二条 嵐電駅ビアスタンド 老松 居酒屋ニューシンマチ 一膳 立ち飲み鉄板居酒屋・大吉 立ち呑み晩杯屋・南口店 博多長浜らーめん・ぼたん 串揚げ・四文屋 大衆酒場コグマヤ 梅田屋 さらしな総本店 大衆割烹・豊川 大衆酒蔵・幸楽 スエヒロガリ やきとん酒場・かね将 五反田「もつ次郎」もつ煮 まるかや 徳田和良 三条スタンド・たけ屋 すいば もつ焼・ミツワ もつ焼のんき 炭火串焼・楓 三度の飯より餃子好き・池袋餃子第一工場 喜多方・坂新 ふれあい酒場・ほていちゃん池袋東口店 やきとり・おばこ 大衆酒場・フジヤ 焼き小籠包・昌 下北沢・旧ヤム邸 ソラノイロ・池袋店 もつ焼マーちゃん やきとり鳥一・支店 もつ焼き・栄司 羽田市場食堂 シバチョウ 大阪・難波・日本橋 立ち呑み・あたりや食堂 立ち呑み・庶民 天ぷら大吉・ホワイティうめだ店 大阪・梅田・北新地 乾杯屋 酒房・一富士 うどん処・ごえん 京橋・銀座 やきとり自慢西やん 大衆サカバ39番地 北山形|ラーメン工房・あるますーぷ しだち屋 酒呑処遊び亭 立ち呑東陽 大泉学園 東陽町 焼鳥川名 箸処・写楽 ぼてふりの四文屋 酒蔵・あっけし 石神井公園 お勝ちそば蔦や 酒処かみや 中華珍満 もつ焼き・よう もつ焼・加賀山 もつ焼きたつや 麺飯食堂・八右衛門 大衆立飲・もつ刺すずき 炭焼鳥佳 焼き鳥かっぱ うなぎ串梅星 もつ焼つみき瓦 もつ焼き豚星 京成西船 おかわりや 駅前酒場 民生食堂・天平 名物やきとん・とみちゃん かあちゃん 京成中山 もつやき専門店カッパ なべ屋 金田家 いせや総本店 立呑みや・じゃんだら もつ焼き丸松 大黒屋 ふれあい酒場・ほていちゃん野毛店 ふれあい酒場・ほていちゃん 汐入 鮮魚と串焼き・鮮王 東北酒場・あらた お太幸 酒のデパート・ヒトモト ヒデヨシ商店 横浜飯店 三幸園 駿河路 玉泉亭 新川屋酒店 尾原商店 上野藪そば 立ち喰い寿し・寿し常 大衆酒場・和来|わらい 黄金町 大友 はちまき おでんお多福本店 釜飯と串焼き・麻鳥 和泉屋 鉄板食道・飯蔵 壱豚 鳥惠 立ち呑み処・ふくふく 上野御徒町・湯島 新橋やきとん・まこちゃん 沼津港・海将・Zero 赤提灯 大衆食堂2.0・とぽす 萬里・野毛本店 炭焼きバル&串焼きJ.J.ぽっち 松戸・中華蕎麦・とみ田 中華そば・天 立ち飲み・勝|Syou まんぼう 小樽ポセイ丼 立呑み・小江戸 花川戸・鮒中 いこい食堂 岩本町 菊屋 東京スカイツリー 立飲み屋・いっとん 鰻禅・うなぜん スタンドそば・秋葉原店 回転寿司・江戸っ子 雷門通り・尾張屋支店 浅草酒場・岡本別館(2号店) 藤田酒店 大衆酒場・喜七屋 立ち呑み・やったるで~ 大衆酒場・富士川 平和島 コリアンキッチン・SANKYU 焼とん・きむら うっちゃり 酒ば・すぎちゃんチ 日本酒立呑み・なおらいスタンド宮 樽平 赤札屋 立呑み晩杯屋・しんみち通り店 酒場・千代鶴 角打ちダイニング・SHARE 高野 千歳船橋 スタンドバーサカグチ 磯吉 立ち呑み・さわ好 ジロー’sテーブル アジアン食堂・てるてる 中華そば・四つ葉 京成千葉 区民酒場 餃子とワイン屋 さんちゃん 志木・北朝霞 えびすの安兵衛 神田・岩本町 うな串・焼鳥・う福 もつ焼き・にんべん やきとん・えいと|八一 ベビースターランド 鵬天閣・新館 入谷 村田酒店 どぜう・飯田屋 ゑびす|えびす 立飲み寿司・三浦三崎港・めぐみ水産 バラ巻・まきまき やきとり戎・スカイビル店 キンパイ酒店 肉匠酒場・丸信 曙橋 センリ軒 天房 クラーテル 角平 戎ビアホール 平尾酒店 田中屋酒店 旦過 旦過うどん すし将軍・西中洲店 博多大砲ラーメン・西中洲店 三桝 旦過「赤壁酒店 魚住酒店 いせや・北口店 門司港 市場食堂・よし 唐戸市場・活きいき馬関街・柳川水産 福よし やきとん・まことや 立呑み・晩杯屋SL広場店 餃子歩兵・銀座店 ホルモン焼・鶴松 太平 清澄白河・森下 鳥長 プレッセ・シブヤ・デリマーケット 立呑み晩杯屋・東口店 横浜・中華街 謝甜記・貮号店 桑原商店 加藤酒店 もつ焼きばん 深川・みのや本店 小川菊|おがぎく 杉田もつ肉店 さかえや食堂 愛知屋小林商店 大衆酒場・日高・南銀座店 タイスケ 角打ち・酒屋の隣 駿河屋 下田康生堂ぱん茶屋 ホワイト餃子・はながさ 小江戸蔵里内・ききざけ処・昭和蔵・鏡山酒造 奈良・麺屋NOROMA 寅屋本店 寅屋 やきとん・鈴なり やきとん・やんぐ本店 立花 立呑処・おかもと えびす大黒 高田屋・京店 あけぼのストアー 兵庫・三宮・花時計前 仮)ニユー・ダイトン・大衆酒場 大衆酒場・能登屋 鍵屋 沖縄大衆酒場・島人 居酒屋・千両 みさわ 串かつ二色 立呑み・あらき酒店 カナメ屋酒店 ほのぼーの 酒場透泉 大衆酒場・お多福 立ち呑み処・まる 焼鳥・おみ乃 炭焼き肉バル・カタマリヤング 杭瀬 立呑み・いそかわ 神戸東店 のぞみ青果 兵庫・尼崎・出屋敷 立呑み・1/2はんぶんこ 大阪・杭瀬 肉の宝屋 栄や キッチンジロー&ほろ酔いジロー 上中里 ちょい呑み福ちゃん 大坂屋・砂場本店 たから食堂 銀座ライオン・霞が関コモンゲート店 ろくふみ 所沢 ホッピーハウス三好 立ち飲み・とっちゃん もつやき・REN 東村山 居酒屋・百味 ニューあかり・権之助坂 人形町・田酔 根岸家 初代鳥真 もつ焼・カミヤ・本店 酒の店・笹新 酒処・大林 もつ焼・江戸熊 三国屋 立ち呑み・串吟 スタンド源ちゃん やきとん・えん家本店 浅草・魚料理・三州屋 大衆酒場・金吾 赤津加 台北餃子専門店 クランクビール・さかみちタップルーム 大吉 世界のビール博物館・東京スカイツリータウンソラマチ 海鮮・天ぷら・かば 和酒Pub庫裏 やきとんen 立ち呑み処・三文の徳 山谷酒場 遠州屋本店・高尾 砂場総本家 黄金町・阪東橋 安井屋 立ち呑みや・ますだ ミートステーション 牛若丸 立ち呑み英ちゃん 深川酒場 大力酒蔵 もつ焼・大渕 浅草・そば助 カタマリヤング 竹山食堂 だるまさん やきとん・一国 小島屋 串焼いしい 金子酒店 GYOZAOHSHO国際フォーラム口店 一圜 甘粕屋酒店 鎌倉屋 神田餃子屋本店 酔いの助・本店 黒船亭 吉池食堂 焼鳥寿起|すぎ 光寿司 銀座・天國・本店 明石ニユーワールド うなぎ・魚政 らーめん森や。 金舌 ピッツェリア・チーロ GYOZA・OHSHO・国際フォーラム店 串揚げ・フジヤマテキサス 京都・らぁ麺とうひち もつ焼き・大松 石川家食堂 大衆酒場・つよし 立ち呑み処・江戸っ子 田原屋酒店 大衆酒場・七星 京急蒲田 阪口酒店 鳥孝 よい処・ほのじ 餃子は一龍 おらが蕎麦 立ち飲み酒場・華丸 天神南・中洲川端 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
おきてがみ
ブログランキング
月別アーカイブ
カテゴリ